憂「こんにちは紬さん」


唯「ムギちゃんお出かけ?」


紬「用事が終わってお散歩してたの~」

唯「じゃあ、一緒にお散歩しようよ」


紬「嬉しいわ~」


憂「紬さんは普段どんな事してるんですか?」


紬「普段は家の事で色々忙しいの」シュン


憂「何かすいません…」


紬「憂ちゃんいいのよ~」


唯「じゃあ、今日は楽しもうよ!ねっ憂」


憂「うん!楽しみましょう」


紬「楽しみだわ~」

唯「3人で歩く時はこうするんだよ」ギュッ


紬「手を繋ぐの?」

憂「はい、そうですよ」ギュッ


唯「子供の頃にね私と憂と和ちゃんはこうやって歩いてたんだ」


紬「何だか楽しくなるわね~」


唯「あっ!川があるよムギちゃん行ってみようよ」


紬「うん」ニコッ


憂「お魚が泳いでるね」


紬「あれは何?」


唯「ザリガニだよムギちゃん」


紬「ザリガニ?」


憂「こういう小川の石の下とかに居るんです」


紬「凄い!初めて見たわ~」


唯「ムギちゃん、ザリガニ釣りした事ある?」


紬「ないけど、楽しそう」


憂「やってみますか?」


紬「やってみたいけど難しそう…」


唯「簡単だよ~家に材料取りに行こうよ」



  平沢家


唯「材料はこれだよ」


紬「割り箸 タコ糸 ちくわ?これだけで釣れるの?」


憂「はい、大丈夫ですよ」


紬「私、やってみたい!」


唯「うん!じゃあ戻ろうよ」



  小川


唯「先ずは割り箸にタコ糸をくくりつけて竹輪を結んでみて」


紬「こう?」


憂「はい、それからザリガニが居る場所に垂らしてみて下さい」


紬「うん」ぽちゃっ

ザリガニ「?」ツンツン


唯「まただよムギちゃん」


ザリガニ「…」ガシッ


憂「今です!」


紬「それっ!」


唯「釣れた!釣れたよムギちゃん!」


紬「やったわ~」


憂「紬さん、良かったですね」


紬「唯ちゃんと憂ちゃんのお陰だわ~」

唯「私もやろう♪」

憂「私も♪」


紬「凄いわ二人とも!どんどん釣れるわ~」




律「あれっ?唯と憂ちゃんとムギか?」

澪「本当だ何か楽しそうだな」


律「行ってみようぜ」


律「おーい何やってんだ?」


唯「あ~りっちゃんと澪ちゃん」


憂「澪さん、この間はご馳走様でした」

澪「こちらこそ楽しかったよ憂ちゃん」

律「あっ!そういえば2人で遊んだって言ってたな」


澪「何してるんだ?」


唯「ザリガニ釣りだよ澪ちゃん」


澪「見えない聞こえない」


律「楽しそうじゃん!私もやりたい」


唯「いいよ~はいっ」


律「おうっ!サンキュー」


紬「りっちゃん、澪ちゃん見て見て私ねこのザリガニ釣ったのよ」


律「すげぇじゃねぇかムギ!」


澪「凄いよムギ!」



梓「あれは先輩達と憂?」


純「本当だ何か楽しそう」


梓「先輩」


律「おう、梓」


純「何をやってるんですか?」


唯「ザリガニ釣りだよ純ちゃん」


紬「とっても楽しいわ~二人もやってみましょう」


梓「懐かしいですね」


純「やってみたいです」


唯「じゃあ、はいっ」


澪「私もやってみる何か怖いけど…」


梓「女子高生7人が小川でザリガニ釣りって何とも言えない図ですよね」


純「確かに…でもたまには良いじゃん」

澪「わっ!釣れた釣れた!りつぅ~取って取って」


律「わかったわかった騒ぐなって」


純「面倒臭そうに言いながらもやってあげるんですね」


梓「律先輩は澪先輩に頼られたら本当は嬉しいからね」


律「何だと―こうしてやる!」もふもふ


純「ひぇぇ~」


律「梓には唯の代わりにこうだ!」ダキッ


梓「うわっ!もう///」


澪「りつぅ~早く早く」


梓「ほらっ澪先輩が呼んでますって」


律「ちっ!これくらいにしてやるぜ」


憂「仲良いですね」クスッ


紬「言いたい事を言い合えるって素晴らしい事だと思うわ~」


唯「だよね~でも、不思議だよね」


憂「何が?」


唯「だって~みんな楽しい事に吸い寄せられるように集まったんだもん」


梓「みんなで遊んだら楽しいからですよ」


純「何となく楽しい事がありそうでここに来ちゃったもんね」


澪「うん、私達も急に行きたくなったんだ」


律「不思議だよな~」


紬「神様が集まらせてくれたのよ~」


憂「仲間が集まったら何をしていても楽しいですね」


律「しかし、随分釣れたな」


紬「逃がしてあげましょう」


唯「あっ!ムギちゃん、あそこに大きなザリガニが居るよ」

澪「本当だ…ボスかな?」


梓「かもしれませんね!どのザリガニより大きいです」


純「強そうだな…」

律「行け!ムギ!最後にあのボスを釣り上げようぜ」


紬「うん!」


唯「まだだよムギちゃん」


憂「もう少しです」

律澪唯梓純憂「今だ!」


紬「それっ!釣れたわ~」


唯「あっ…このザリガニ」


憂「片方のハサミが使えないんですね」

律「こんなにデカイのに可哀想だよな」

澪「なぁ、ムギ他のザリガニは逃がしてこのザリガニは飼ってやらないか?」


梓「無理ですか?ムギ先輩」


紬「そうね~お医者様に見せて治して貰うわ」


純「良かったねザリガニ君」


唯「ムギちゃん、名前つけてあげようよ」


紬「うーん…ザリ助なんてどうかしら?」


憂「可愛いと思います!」


律「良かったなザリ助」


澪「ムギみたいな優しい人に飼われるなんて幸せだぞザリ助」


梓「ザリ助も喜んでる感じですね」


純「このー幸福者」

紬「これから宜しくね~ザリ助」


ザリ助(女の子なんだけど…)


律「何かずっとじっとしてたら暴れたくなってきたぜ!」


唯「私もだよ!りっちゃん」


憂「私もです!」


紬「運動しましょう~」


澪「鬼ごっこしよう!」


梓「澪先輩とは思えない提案ですけど、やりたいです!」


純「皆さん元気ですね…私も参加します!」


和「あら、貴女達何やってるのよ?」


唯「和ちゃん!和ちゃんも鬼ごっこしようよ」


和「高校生にもなって鬼ごっこって…」


律「あら?優等生の和ちゃんは鬼ごっこ苦手なのかな?」


和「何ですって?この鬼ごっこの鬼神と呼ばれた私に随分と舐めた事を言うのね律?」


律(おい、本当かよ唯)


唯(本当なんだよりっちゃん)


澪「じゃあ、始めるぞ!」


紬「何だかわくわくするわ~」


梓「鬼ごっこの鬼神…」


純「ふふっ…鬼ごっこの悪魔と呼ばれた私のライバルになりますね会長」


憂「純ちゃん本当?」


純「すいません嘘です」


律「嘘かよ!」


唯「あはは」


和「ジャンケンで鬼を決めるわよ!」


和純憂梓律唯紬澪「ジャーンケーンぽんっ!」


和「私が鬼ね、みんな全力で逃げなさいよ?」


律「よっしゃ!始めるぜ」


唯「和ちゃん勝負だよ」


憂「手加減しませんよ!」


紬「最後まで逃げ切るのは私よ~」


澪「いや、私だぞムギ」


梓「やってやるです!」


純「それ逃げろー」



 わーわーキャーキャー


律「ぜぇぜぇ…もう走れねぇ」


澪「はぁはぁこんなに走ったのって何年振りかな…」


唯「楽しかったよぉ~」


和「はぁはぁ私の腕も落ちたわね…」


憂「もう無理です…」


紬「私はまだ大丈夫よ~」


純「何だかスッキリしました」


梓「汗でびしょびしょです…」


唯「そろそろ帰ろうよ」


律「そうだな、また明日な」


紬「うん♪また明日」


澪「筋肉痛になりそうだな」クスッ


和「それも心地よいかもよ」


梓「動けるかな…」

憂「大丈夫だよきっと」


純「たまには良いよね、こういうのもさ」


唯「じゃあ、みんなバイバイ」

2
最終更新:2013年03月06日 22:29