澪「・・・難しい」

唯「澪ちゃん、どしたの?」

澪「新曲の歌詞を考えてるんだけど、良いアイディアが浮かんでこない」

律「だったら私達も考えてみようぜ」

澪「でも歌詞の担当は私だし。歌詞を作らない私なんて、軽音部に必要ないし」

紬「そんな訳ないわよ。ベースを弾いて、歌も歌って、部もまとめて。澪ちゃん無くして軽音部は成り立たないわ」

唯「澪ちゃんこそ、軽音部の大黒柱だよね」

律「済みません。このクラブの部長って、誰でしたっけ」

唯「たはは。澪ちゃんって普段、どうやって歌詞を考えてるの?」

澪「写実というのかな。見た光景を歌詞にする時もあるし、イメージと想像を膨らます時もある」

紬「メルヘンチックな歌詞の時よね。澪ちゃんらしくて、私好きだわ」

澪「そ、そうかな」

唯「想像もだけど、見た物を歌詞にするのも結構大変だよね」

紬「テーブル、オルガン、窓、ギター。ここが軽音部の部室です」

律「・・・ストレートに表現するならそうだろうな」

澪「テーブル、カップのティアラを載せて。窓はカーテン身にまとい。オルガン踊ってギターが跳ねる。今日も部室はティータイム」

唯「わ。なんか、澪ちゃんっぽい」

律「良い意味でも、悪い意味でもな」

      • カチャ

梓「済みません、遅れました」

澪「二つのしっぽがゆらゆら揺れる。揺らめききらめき、梓参上」

梓「・・・なんですか、それ」

唯「澪ちゃんが考えた、あずにゃんのテーマ曲だよ」

梓「ああ、ツインテール」

紬「逆さで、下に顔があるなんて斬新よね」

唯「でもエビ風味で、意外と美味しいんだって」

律「誰が古代怪獣の話をしたんだよ」

唯「かしはかしでも、私は甘くて美味しいのが良いなー」

紬「うふふ。今準備するわね」

律「軽音部といえば、ムギの菓子がないと始まらないからな」

澪「そんな訳無いだろ」

唯「じゃあ澪ちゃんは、お菓子いらないの?」

澪「・・・さっきも言ったように、私から菓子を取ったら存在理由が無くなるんだ」

律「素直に、食べたいって言えよ」

唯「お菓子、かむばーっく」

律「意味が分からんわ」 ぽふ

澪「あはは」

梓(本当に意味不明だけど、これこそ軽音部だよな)

紬「今日は塩キャラメル風味のロールケーキでーす」

梓「・・・塩味が良いアクセントになってますね」

唯「甘いだけが人生じゃない。時には辛く苦い思いもあってこそなんだよ」

律「いや。唯が言っても、説得力の欠片もないんだが」

澪「ただ、こう美味しいと食べ過ぎるから困る」

唯「いらないなら、私が食べてあげようか?」

澪「いや。辛く苦しいのも、また人生。唯が言ったように、私も泣く泣くこのロールケーキを食べてみるよ」

唯「しどいよ、澪ちゃん」

律、紬、梓「あはは」



 5分後

律「ふー、食った食った」

澪「そろそろ練習するぞ」

律「食べてすぐ動くと、体に悪い」

唯「いっそ、このまま寝ちゃう?」

梓「牛になりますよ、冗談じゃなく」

紬「間を取って、もう一杯だけお茶にしましょうか」

澪「仕方ない。律、一つ貸しだからな」

梓「律先輩って、澪からの貸しを返した事ってあるんですか」

律「記憶にないな、全然。その内、100倍にして返してやるさ」

澪「全く、お前という奴は」

梓(そういう割には嬉しそうだし、やっぱりこの二人は良いコンビだよな)



  30分後

唯「・・・うれしいね♪」 じゃーん

律「結構良かったんじゃないか」

梓「はいです」

紬「やっぱり澪ちゃんの歌詞は素敵よね♪」

澪「そ、そうか?ムギの曲が良いからだろ」

唯「うん、うん。仲良きことは美しき哉」

梓(何故、実篤チック)

唯「そう言えば私達って、あまりアドリブ入れないよね」

梓「アドリブ、ですか」

唯「そうそう。・・・サンキュー、あずにゃんっ、パワフルあずにゃんっ。にゃん、あず、あず、にゃにゃっ。さあ、みんなも一緒にっ。みたいな、あれ」

律「いや。元の歌詞が分からんし、何から何までさっぱり分からん」

澪「とはいえ、アドリブ自体は面白そうだな。次の曲用に、少し考えておくか」

律「それだと、アドリブじゃないだろ」

澪「でもアンコール曲も事前に準備をするんだから、間違っては無いんじゃないかしら」

律「ああ、そうか」

唯「アンコール曲って、もしアンコールが起きなかったらどうするのかな」

梓(結構怖い事言う人だな)



   夕方 コンビニ前

唯「冬は、肉まんが一層美味しいよね」 ほふほふ

紬「うふふ♪」

律「暖かい部屋で食べるアイスも、結構美味しいぞ」

澪「確かに」

梓「冬は寒くて辛いですけど、楽しみ方は色々あるんですね」

唯「あずにゃんは、どうやって楽しんでる?」

梓「律先輩じゃないですけど、暖かい部屋から窓越しに雪を見るのは風情があると思います」

唯「つまりは、雪見大福だよね」

律「何がつまりかは、全然分からんけどな」

紬「でも雪って、歌詞になりやすいわよね」

澪「見た目が綺麗だし、すぐ消えるから儚いしな」

紬「なんだか、澪ちゃんのイメージと重なるわよね」

澪「儚いかな、私」

律「たまに、おぱんちゅ履かないだろ」

澪「そんな訳あるか」 ぽふ

紬「ぐふふ♪」

梓(ぐふふ?)



   夜 平沢家リビング

唯「・・・やっぱり澪ちゃんは、雪のイメージが合ってると思うんだ」

憂「それだと、梓ちゃんは猫かな」

唯「ムギちゃんは、ふわふわぽわぽわな綿雲だよ」

憂「律さんは?」

唯「キレンジャーだね」

憂「もう、お姉ちゃんったら」

唯「たはは」

憂「そういうお姉ちゃんはお日様だよね」

唯「そんなに暑苦しい?」

憂「いつも元気で優しくて、そっと温かく包み込んでくれるからだよ」

唯「もう、憂はそんな事ばかり言って」

憂「私は、思った事を言っただけだよ」

唯「ありがと、憂♪」

憂「お姉ちゃん♪」



  翌朝 3年生教室

唯「・・・って憂が言ってました」

和「憂にも困ったものね。一度私が、良く言って聞かせないと」

唯「しどいよ、和ちゃん」

律「うーっす」

和「どちらかと言えば、太陽は律でしょ」

律「私、そんなに輝いてるか?」

唯「おでことかね」

澪「でもこれは輝いてる訳じゃなくて光を反射してるんだから、太陽よりも月だと思うんだ」

和「なるほど、考え方を改めないといけないわね」

律「人のでこで、真面目に議論するのは止めてもらえますか」

紬「みんな、おはよー」

律「確かにムギは、綿雲だな」

紬「私、そんなにふっくらしてる?」

唯「そうじゃなくて、ふわふわぽわぽわしてるって事だよ」

紬「ごめんなさい、ちょっとイメージするのが難しいんだけど」

澪「簡単だ、ムギ。ふわふわは柔らかさと軽やかさ。ぽわぽわは暖かさと浮き立つ感じ。そして同じ音を二度続けてテンポとリズム感を出し、さらに韻を踏む事で音の余韻を醸し出す」

律(本気で言ってるから、突っ込む気にもなれん)



   2年生教室

純「イメージ?どうせ私はモップとか、そういう話でしょ」

梓「自分で言わないでよね」

憂「純ちゃんは風だよね」

純「風?」

憂「自由で、どこにでも解け込んで。みんなに笑顔を運んでくれるから」

純「憂だけだよ、そんな事言ってくれるのは」

憂「みんな思ってても、口に出さないだけかも知れないでしょ」

純「本当に憂は優しいよなー。私からすれば、天使みたいだよ」

憂「ふふ♪」

梓(なんかこの二人、甘酸っぱい匂いを醸し出してるな♪) くんかくんか


2