♢♢♢

―居間―

律「あがったー」スタスタ

梓「あ、湯加減どうでし・た・・か・・・」

梓「・・・」

律「ん?なんだよ、人のことじーっと見て」ゴシゴシ

梓「あ、いや・・・その・・・」

梓(り、律先輩!!!完全にカチューシャ取ってる!!!)

律「?」ゴシゴシ

梓「ふ、服のサイズ大丈夫でしたか?(さっきもちょっと見たけど、やっぱ印象変わるなぁ・・・)」

律「あぁ・・・うん。ちぃーっとばかし上は小さい気がするけど大丈夫だったよ」ゴシゴシ

梓「そ、そうですか」

律「おう。色々ありがとな。湯加減もバッチグーだったぞ!!生き返った気分だったよ」ハハハ

梓「そうですか・・・それはよかったです。というか、髪ちゃんと乾かさないと風邪ひきますよ?」

律「ん?あぁ。いーのいーの!自然乾燥派だから!」

梓「自然乾燥でそんなにサラサラとか・・・」ギリッ

律「え?今もしかして歯くいしばった?」

梓「ちょっとドライヤー持ってきます」ダっ

律「え!?てか、そんな走らなくても!?」

梓「お待たせです」シャー

律「はええよ!?全然待ってねーよ!?」ガビーン

梓「まぁまぁ、いいからいいから。ほら、先輩こっち来てくださいよ」

律「え?いいっていいって。ホントにすぐ乾くからさぁ~」

梓「ダメです!!乾かさないと先輩のボクサーパンツ写真撮ってネットにうpしますよ!?」

律「なんだよそれ・・・・・・てか、うpってなんだよ・・・」

梓「いいからこっちにきてくださいってば!!」ガー

ブオー

律「うわ!?あ、あずさ!?あ、あつっ!?わ、わかったから、あつっ!?そんなに乱暴にしないで!?」

ブオー

梓「はー・・・先輩って髪サラサラですねー。どんなシャンプー使ってるんですか?」ガー

律「そ、そうか?シャンプーはとくには・・・あ、でも、今日は梓んちのやつだぞ」

梓「あぁ・・・ですね」ガー

律「あのシャンプーいいな!」

梓「そうですか?」

律「うん!今度から私も同じの使うことにするよ!!」ヘヘヘ

梓「気に入ってくれたなら、よかったです」ガー

律「ん!そしたら梓とおそろいになるな」

梓「え」ガー

律「ん?」

梓「い、いえ!?な、なんでもっ!!」ガーワシワシ

律「くはは、くすぐったいよ、あずさぁ」

梓「あ、す、すみません(さわりごごち、いいなぁ・・・)」ガー・・ワシ・・・ワシ・・・

律「てか、お風呂まで入らせてもらって、その上ドライヤーで髪を乾かしてくれるとかなんか悪いね」

梓「いまさらです。あとついでに言うと、洗濯と下着と服もですけどね」ガー

律「そでした」

梓「・・・」ガー

律「・・・」

梓「・・・さっき思ったんですけど、先輩ってネットしないんですか?」ガー

律「ネット?あー、インターネット?」

梓「はい(そこから!?)」ガー

律「んーまぁ、たまに音楽買ったりするので使うけど。調べ物とかはしないかなぁ」

梓「それはまたどうして。便利ですよ?ネット」ガー・・ワシ・・ワシ・・

律「便利なのはわかるんだけど。たいてい私がわからないことって澪が知ってるからなぁ。澪に聞けばわかるというか」

梓「・・・へー・・・へー( ^ω^)・・・」ガー・・ワシ・・・ワシ・・・

律「あぁ、だからネットの話したいなら澪とするといいよ。あいつ、わからなないことあったらすぐネットで調べてるからさ」

梓「(´ . .̫ . `)・・・そうですか。なら、今度そうしてみます」ガー・・・ワシワシ

律「お、おう・・・」

梓「・・・」ガー

律「・・・」

律(さっきは気にならなかったのに沈黙がきまづい・・・)

律「ん?」

梓「・・・」ガー

律「なあ」

梓「・・・なんですか?」

律「もしかして、梓、晩ご飯中だった?」

梓「そうですけど、どうしてですか?」ガー

律「いや、食べかけのまま料理がおきっぱだからさ」

梓「あー・・・ですね。もう冷めちゃったかな」ガー

律「私が風呂に入ってる間に食べとけばよかったのに」

梓「洗濯機まわしたり、びしょぬれの誰かさんが歩いたあとの廊下を拭いてたりとかしてたので」ガー

律「そいつはご苦労じゃったのぉ!」

梓「なんのキャラですかそれは」

律「あはは!いつも1人で食べてるのか?」

梓「そうですね。親が2人とも家にいないことが多いんで」ガー

律「さみしくない?」

梓「もうなれっこですよ」ガー

律「・・・そっか」グゥ~

梓「おなかすいたんですか?」ガー

律「す、すまんっ!?くそぅ!控えおろう!私のお腹ぁああああ」グゥ~

梓「いえ、べつにいいですけど。恥ずかしいのは律先輩ですし」

律「たしかにめっちゃはずいわ。・・・夕飯の時間になる前に家に帰ろうと思ってたからなぁ~」

梓「・・・」ガー

律「む、無言であきれるなよ・・・一応後悔してるんだからな?川見に行ったの!」

梓「よし、もう乾きましたね!」

律「あぁ・・・だな(シカト・・・)じゃあ・・・カチューシャを」スッ

梓「あ・・・」

律「ん?なんだよ。あーやっぱこの見え方がおちつくなぁ~」カポ

梓「あ・・・いえ、その・・・り、律せんぱい!!」

律「ん?」

梓「そ、そのですね、か、カチューシャを―」

がたがたがったたた

梓律「」ビクッ

律「か、風強いなぁ~りっちゃんちょっとびっくりしちゃったよー」アハハ

梓「び、びっくりした・・・」ドキドキ

律「つーか、さっきなんて言ったんだ?カチューシャがなんだって?」

梓「え?・・・あ、−な、なんでもありませんっ!」アハハ

律「そうか・・・」グー

梓「またおなか鳴らして」

律「たはは・・・これやっぱ恥ずかしいな」ケラケラ

梓「もう・・・カップめんくらいしかないんですけど、それでいいですか?」

律「え?いいの!?」

梓「いいですよ。おなか鳴らされっぱなしも困りますし」

律「わーい。あずさありがとー!」ガバッ

梓「うわっ!?抱きついてこないでくださいってば!?」

律「ていうか、今日泊めてくれ!!」ギュ

梓「えぇ!?って、は、離してくださいよぉ!?」シタバタ

律「ちょっとくらいいいじゃん。いつも唯にぎゅってされてるから慣れっこだろ~」

梓(うわ~うわ~り、律せんぱいに抱きしめられてるっ!?ど、どどどど、どうしよう!?どうしよう!?)

律(お?あんだけうるさかったのに大人しくなった。唯効果すげぇな・・・)

梓(うわわわ・・・てか、はっ!!泊めるって一体・・・え?え!?)

律(ちょっと唯がうらやましくなったのはりっちゃん内緒にしとく☆)

梓「と、と、と泊めるってどうしてですか?帰ってくださいよぉ!?」

律「いや、お前お前。この風と雨が吹き荒れる中私に帰れっていうのか?」

がたがたがったたた

梓「・・・」

梓「たしかに」

律「な?せっかくあったまったのに、こんなので外でたら風邪ひいちゃうよ」

梓「・・・」

律「だから、泊めてくれよ。どうせ明日は日曜日だし!な?いいだろ?」

梓「・・・まぁ、べ、別にいいですけど・・・」

律「けど?」

梓「1つ条件があります」

律「え?なんだよ、条件って・・・てか、せこっ。せこっ。普通に泊めろよ」

梓「う、うっさいですっ!」ジタバタ

律「だーからあばれるなっての!本当に猫みたいなやつだな、梓って」

梓「な、なんですかっ!?それっ」

律「なんというか、『懐いた』と思って近づいてもそっぽ向かれるみたいな?あはは」

梓「・・・」

律「まぁ、唯ならそんなことないんだろうけどな!やっぱ、私じゃダメってことか」

梓「・・・そ、そんなこと・・・ないもん・・・」ボソッ

律「ん?なんて?」

梓「そうかもしれないって言いました」

律「だろ?やっぱな。唯は梓手懐けふのほんっとうまいよな!で、条件ってなんだよ」

梓「(そんなことないもん!)あ・・・、え、えと・・・そ、その(なんか、恥ずかしくなってきた)」

律「ん?ほら早く言ってみろって。おかしなことじゃなきゃなんでもするぞー?泊めてくれるなら」

梓(こ、これ言って、ひ、ひかれたりとかは・・・しない・・・よね?)チラッ

律「あずさ?」

梓「あ、あの」

律「うん」

梓「今日泊めるかわりに」

律「かわりに?」

梓「か、」

律「か?」

梓(い、言え!言うんだ!!せっかくのチャンス!!フイにするべからず!!)ゴクリ

梓「か~か、かかかかk」

律「お前はカラスか?」

梓「カチューシャとってくださいっ!!!」

律「へ?カチューシャ?なんで?」

梓「な、なんででもです!?と、取らないと泊めませんからっ!?」

律「ふーん・・・よくわからないけど・・・」スッ

梓「あ・・・!」

ふぁさっ

律「カチューシャ取るだけで泊めてもらえるならいくらでも取るってーの」ニシシ

梓「・・・(やっぱ、いい・・・うん、すごくいいよ・・・カチューシャなし)」ボー

律「あ、あずさ?どした?やっぱ、変かな?カチューシャないと。でも、梓が取れって言ったんだからな?」

梓「あ、い、いえ!!すごく似合ってます!!」

律「うお!?いきなり大声だすなよっ!?」ビクッ

梓「あ、す、すいません」

律「まぁ・・・似合ってるならよかったよ・・・あはは・・・」グ~

梓「・・・」

律「・・・」

梓「・・・とりあえず、お湯わかしますから、家の人にでも連絡してください」

律「あ、うん。電話かりるな」


♢♢♢

律「・・・」ジー

梓「・・・」モグモグ

律「・・・なぁ」ジー

梓「はい、なんでしょうか」モグモグ

律「3分間の有効活用ってしらないか?」グー

梓「経験上、3分でなにかしようとすると必ずタイムオーバーして気づいたときには麺がのびちゃってるのが大半なので大人しく待つことをおすすめします」モグモグ

律「だよな~」ジー

梓「・・・さっきからなんですか?人のほうみて・・・」パクッ

律「いや、おいしそーだなぁって思って」

梓「そうですか?」

律「うん。でも、それなのに梓はまずそーに食べるなぁーって思って見てた」

梓「・・・おいしいですけど」

律「でも、まずそーに食べるね」

梓「そんなにですか・・・?」

律「おう。なんか、味のないガムを噛みながら『味がある』って思い込みながら食べてるみたいな顔してる」

梓「私、そんなまずそうに食べてます・・?」モグ・・・

律「梓っていつも一人でご飯食べてるの?」

梓「まぁ、・・・両親が2人とも家になかなかいないのでそうなりがちですね」モグ

律「そっかぁ」

梓「はい・・・」

律「・・・」ジー

梓「・・・」モグモグ

律「・・・」ジー

梓「・・・」モグッ

律「・・・」ジー

梓「・・・あの」

律「ん?なに?」

梓「そんなに見られると・・・食べにくいんですが・・・」

律「気にすんなって」

梓「いや、気にしますよ・・・」

律「いいからいいから!ほら食べた食べた!!」

梓「だから嫌ですってば・・・なんで見てくるんですか?」

律「だってヒマなんだもん、3分経つまで」

律「だから、梓でも観察してようかなって思って」

梓(ただのヒマつぶし・・・)

律「てか、さ」

梓「はい?」

律「その端によけてあるグリーンピース食べないのか?」

梓「・・・あーこれはですねー、そのぉー・・・」

律「もしかしてグリーンピース嫌いとか?」

梓「・・・」

律「図星?」

梓「・・・だって、おいしくないですもん・・・豆」

律「豆って・・・もしかして梓、豆類嫌いなの?」

梓「・・・」

律「ん?嫌いなのか?」

梓「だって、・・・もそもそして口の中の水分全部吸い取られる感じがして・・・」カチャ

律「へ~~なんか意外だな~~」フーン

梓「意外って、なにがですか?」カチャカチャ

律「いや、だって普段私にあれこれ言ってくる梓にこんな好き嫌いがあるとはね~」ヘー

梓「それとこれとは関係ないじゃないですか。嫌いなものは嫌いなんですから・・・」カチャカチャ

律「それ、どうするんだ?」

梓「なにがです?」カチャカチャ

律「だから、その今お前がスプーンカチャカチャしてもてあましてるグリーンピース達だよ」

梓「捨てますけど・・・」

律「なんだとぉ~~~!?」ガタッ

梓「ひぅ!?」

律「食べ物を粗末にするなんてだめだぞっ!!梓!!」

梓「そ、それはわかってますよ・・・ていうか、声おおきいです、先輩」

律「もったいないとか思わないのか!!」

梓「いや、それは思いますけど・・・でも、それ以上に食べたくないんですもん・・・」カチャ

律「じゃあ、あーん」

梓「・・・は?」

律「いや、だから、あーん」

梓「・・・」

律「」アーン

梓「・・・えっと、・・・わけがわからないんですけど」

律「だから、梓が食べないなら私が食べるっつーこと!!ほら、食べさせて」

梓「そーですか・・・って!えぇ!?ななななな、なんで私が律先輩に食べさせないといけないんですか!?」

律「だって、グリンピースを箸で食べるのめんどいじゃん。スプーン使ってるんだから食べさせてくれてもいだろ?こっちは食べてやるって言ってるんだから!」

梓「食べてやるって・・・別に食べてくれだなんて頼んでないんですが・・・どうせ捨てればいいんだし・・・」

律「だから、捨てるのもったいってーの!!私が食べるっていってるんだからさっさと食べさせてよ!」アーン

梓「えっぇえええ・・・まじですか・・・?」オソルオソル

律「私はいつだってマジだっ!!」アーン

梓「・・・」

梓「・・・」

律「」ハヤクー

梓「・・・じゃ、じゃあ・・・」カチャカチャ

梓(・・・は!こ、これってもしかして間接キス・・・!)チラッ

律「はやくしろよ~~なかなか口あけてまつのきついんだぞー」アーン

梓(絶対間接キスとか気にしてないんだろうなぁ~・・・)

梓(まぁ、女の子どうしだし・・・ね)カチャカチャ

梓(澪先輩ときっとこういうこと、たくさんしてるんだろうなぁ~・・・)カチャカチャ

梓「・・・うらやましいな」ボソッ

律「ん?なんか言ったか?」アーン

梓「いえ、なんでもないです。はい、どうぞ」スッ

律「お!」パクッ

梓「・・・どうですか?」

律「うむ・・・」モグモグモグモグ

律「とてつもなく・・・豆味だな」モグモグゴックン

梓「でしょうね・・・まぁ、ありがとうございます。捨てる手間がはぶけました」

律「おいしいのになぁ~豆」

梓「きっとおいしいって思う人が食べればいいんです、そういうのは」

律「ふーん。まぁ、梓はバナナとたい焼きが好きで、グリンピースが嫌いってこった」

梓「そういうことですね、はい・・・」

梓(・・・私の好きなもの・・・覚えててくれてるんだ・・・)

律「お!そろそろ3分経ったかな?」

梓「でしょうね。もういいと思いますよ」

律「うわーい!!おなかすいたよ!!いっただっきま~すっ!」ペリッ

梓「あ、先輩、これ、後入れの油!!」スッ

律「おっ!!サンキュ~」スッ

梓(あ・・・)

律「♪~」ピッ ダバダバー

梓(手が・・・ちょっとふれた)ウワワワッ

律「うめーうめーおなかすいてるときのカップラーメン神すぎー」ズルルルルルル

梓「・・・」

律「うっめー」ズルルルルル

梓(この人・・・雰囲気づくりとかきっと苦手なんだろうな・・・)

梓(女の子同士で雰囲気もなにもないかもしれないけど・・・)

律「ん?梓、私の顔になにかついてる?ずっと見られてるけど」ズルッ

梓「いえ・・・なにも」パクッ

律「あ、ラーメンくう?」スッ

梓「いりませんっ!」パクッ

律「そっか」ズルッ

梓「・・・」モグモグモグモグ

梓(きっと私の一方通行なんだ・・・こんな気持ち)

律「・・・」ズルッ

律「・・・らーめんうまー」


3
最終更新:2013年04月14日 22:14