梓「先輩ちょっとそこ」

唯「押さないでよ~」

梓「そんなこと言ったって……う゛っ……きつ」

唯「いきなりツイスターっぽくなってきたね」

唯(あずにゃんのパンツ見えそう)

梓「重っ、唯先輩乗っからないで下さい!」

唯「そう言われてもねえ」

梓「早く次行きましょう。次は唯先輩の手足と色を決めますよ」



梓「よく見たら右手でした」

唯「おっとぉ?」

梓「? 何してるんですか?」

唯「な、なんでもないよ!」

※右手黄色

唯「右手黄色ね」

唯「よいしょ」


唯「ふう。両手足つけられると少し楽になるね」

梓「くっ……つ、次は私の番ですね」プルプル

唯「おっあずにゃんもノッてきたね!」

梓「違いますっ! いいから早く!」プルプル

唯「ほいじゃあずにゃんの手足と色を指定~」


※左足青

3