山椒魚って本を読んでいるうちに眠ってしまったらしい。

重い体を起こしてあくびをした。

「ねぼすけがようやく目を覚ましたな。」

「あぁ、澪か。おはよ~。」

ただ普通に喋っただけなのに澪の機嫌が悪くなった気がする。

「何をのんきにおはよ~なんて言ってるんだ!?」

「あぁ、昼だね。じゃあこんにちは~。」

あれ?ますます澪の機嫌が…

「違う!?違うぞ!?」

「あれ、もしかして…こんばんは?」

あ、何かものすごい殺気が。

「…た」

「…は?」









「お腹へった!?」




「…へ?作るの私?」

「べ、別に律が嫌ならいいけど…」

「い、いや作るけど二人で一緒に作るって選択は?」

「…律のご飯が食べたい。」



めんどくさいだけじゃ…?

将来はニートになってそうだな。

いや、死んでるけど。



「じゃあ、今日の昼ご飯はハンバーグ。」

「やった!」

………



「ごちそうさま」

さて、山椒魚の続きを読むか。

この話の筋は簡単だ。

一匹の山椒魚が、岩屋に閉じこめられてしまう。

頭がつっかえて、出るに出られない。

山椒魚は目高を見る。蛙を見る。

彼らは自由に水を行き来している。

「あ!梓と約束してたんだった、急がないと…」

………


「梓、ごめん。」

「…大丈夫です。」

「本当にごめんな。」

「…行きましょうか。」

目があったけど、梓は笑ってくれなかった。

自分でも驚くほど傷ついた。

澪と似たような顔して、そんなことするなよ。

しかも、どうして今日に限って髪を下ろしてるんだよ。

余計に澪を意識しちゃうだろ…


「あのカフェのケーキ美味しいみたいですよ。」

そうなんだ、と私は頷いた。

歩くたび、足を進めるたび、気持ちが落ちていく。

平気な振りして、会話を続けた。

「ムギのオススメのカフェなんだよな。」

「はい、ムギ先輩のお父さんの系列のカフェみたいです。」

梓はどんどん歩いていく。

振り返りもしない。

いつもなら肩を並べて歩いたのに…

小走りで梓を追いかけているうちに、

いつのまにかカフェを追い越していた。

「こっちですよ。」

梓の呼びかけに思わず言葉が出た。

「ごめん。」

「お店、入りましょう。」

「ごめん」

何度も謝ってしまう。

カフェは豪華で綺麗だった。

中に入るとたくさんの店員さんが、

口を合わせて言う。

「いらしゃいませ!」

客席はざっと見るかぎり二百くらいか。

窓の側の席に私たちは静かに腰かけた。

「すごいな、いろいろと…」

「さすがムギ先輩ですね。」

「そうだな。」

席についてから、

私たちはたくさん喋った。

楽しく話してるわけではなく、

間を埋めるため、口を動かしてるだけだった。


梓との関係がおかしくなったのは、

この間のことだった。

軽音部のみんなに澪のことがバレて、

みんなでパーティーを開こうってことになった。

パーティーは澪の家でやった。

メンバーは私、梓、澪、唯、ムギだ。

憂ちゃんも誘ったが、

せっかくなので軽音部の皆さんでやって下さい、

…そう言われた。

「「澪ちゃん!」」

最初に唯とムギが澪を見た瞬間、

すごい盛り上がったんだ。

梓も澪の隣で笑ってた。

そしたら、

「あずにゃんと澪ちゃんって似てるね!」

…唯がこう言った。

「そうだ!梓ちゃん、髪を下ろしてみてよ!」

ムギも言う。

「…えぇ!?嫌ですよ。」

たぶん、日本人形みたいだからって気にしてるんだろう。

だけど、

唯が無理矢理言って、

結局、梓は髪を下ろしたんだ。

髪を下ろした梓と澪はよく似ていた。

「りっちゃん、似てるよね!?」

確かに似ている。

でも私は前から思ってた。

梓が軽音部に入部した時から澪と似ているなって。

だから、

「やっぱりな!梓が入部した頃からそう思ってたんだ。」

そしたら唯は、

「だからすぐに元気になったんだね!」

「…ん?」

「澪ちゃんがいなくなってから、
 りっちゃんって元気なかったじゃん?
 でもあずにゃんが入部してから元気になったから!
 あずにゃんと澪ちゃんが似てるからなんだ~」

「そうなんだ、りっちゃんって澪ちゃんのこと好きなんだもんね!」

唯もムギも悪気はなかったと思う。

悪いのは私だ、

澪のことが好きって言葉で、

顔が熱くなった。

きっと顔を真っ赤にしてたんだ。

「あはは!りっちゃんってば、顔が真っ赤!」

この時、気がつけば良かった。

澪が怒っている顔だったこと。

梓が下を向いていたこと。

だけど私は、

「そうだよ!澪のことが好きだ、悪いか?」

めっちゃ冗談っぽく言ったはずだった。


「じゃあ、なんなんですか?」

「…?」

「私は澪先輩の代わりなんですか!?」

「…あ、」

「私は律先輩がこんなに大好きなのに…!」

「…っ!」

「律先輩の馬鹿ッ!」

梓はそう言って外に飛び出た。

私は、

梓とよく遊んだりすることが多かった。

理由は…好きだから。

澪に似てるからじゃない。

ありのままの梓が好きだ。

同姓を好きになるなんておかしいよな?

でも、

梓の可愛らしいしぐさも、

いつも笑顔にしてくれる声も、

梓の何もかもが好きなんだ。

両思いだったんだ。

だけど嫌われちゃった。

でも、同姓を好きなるのおかしーし。

いろんな考えが頭の中をかけ巡り、

私はただ泣いていた。

今、目の前にいる梓は…

「…どうしたんですか?」

…違う。

「私、律先輩のこと嫌いです。」

…やめて。

「二度と私の前に現れないで下さい。」

………



…律?

…律ってば?

「…律?いないのか?」

「あぁ、いるぞ?」

澪の部屋で山椒魚を読んでいたら、

澪が部屋に入ってきた。


「何か眠そうだな?」

「あぁ、さっきまで寝てた。」

梓と気まずい雰囲気でカフェにいる夢をみた。

そして、唯の家でパーティーしたことを思い返せば、

涙が自然と溢れてきた。

「どうした、律?」

「別に。」

「そうか…」

静かな部屋の中、

澪はどうしたらいいか戸惑ってる。

私はただ澪を困らすだけ。


そんな中、

口を開いたのは澪だった。

「山椒魚を読んでたよな?」

「…うん。」

「どうだった?」

「…うらやましいなって思った。」

「うらやましいって話じゃないだろ?」

「ほら、山椒魚も蛙も穴から出なかったじゃん。
 だけど、蛙の最後の言葉って、ある種の許しだと思って。」

梓の顔が浮かんだ。

なんで、こんな話したんだろ。

私は黙り込んだ。

「律、間違ってないか?
 山椒魚と蛙って最後まで喧嘩してたぞ?」

「え?澪の方が違うと思うけど?」

「だって、睨み合ったままで…」


あ、と澪が声を漏らした。

「どうした?」 

「思い出した!
 私と律が読んだのは結末が違うんだ。」

「…違う?」

「作者は山椒魚を書き直したんだ。
 確か、最後の方を大幅に削ったって。」

「でも、この本は澪の部屋から持ってきたけど。」

「確か、マ…お母さんに貸したままだな。」

「…えー。」

「…あ。」

「今度は何だ?」

「お腹すいた。」

「…」

「また何か作ってくれよ?」

「…仕方ないな。」

涙はいつのまにか消えていた。

山椒魚は結局、どうしたんだろう。

蛙は許したのか、許さなかったのか。

わからないまま、私はキッチンに向かう。





第六話「山椒魚(改変前)」  おわり



7