―――――――
ーーーーーーーーーーーーーー


梓「それじゃぁまたねー」

純「ばいばーい」

憂「またねー」


ーー梓の部屋ーー

梓「ふぅ……疲れた」

律「お疲れさん」

律「なぁ梓……」

梓「なんですか?」

律「あの……ごめん」

梓「なにがですか?」

律「いろいろだよ、いろいろ」

梓「そうですか……あ、携帯返します」

律「あぁ、ありがと」

律「あ、あのさ……私さ、好きだぞ? ……梓のこと」

梓「……律先輩」ギュッ

律「な、なんだ」

梓「律先輩が何を見たのか大体は予想つきます……。 でも……だからといって焦らないでください」

梓「代わり っていうのはお互い辛いじゃないですか」

律「ご、ごめん……」

梓「でも……嬉しいです」チュッ

律「……//」

梓「こっち向いてくださいよ?」

律「い、嫌だ」

梓「そんな恥ずかしがる必要ないじゃないですか」

ボフッ

梓「……律先輩は私とするの、嫌ですか?」

律「そ、そんなことない!……ぶっちゃけ唯より上手いし……」

梓「それは嬉しいですね 唯先輩より上手いなんて言われたら私……調子乗っちゃいますよ?」

律「……いいよ、調子乗って……。 その代わり梓のことしか考えられなくして……。」

梓「いいですよ、律先輩……」

ーーーーーーーーーーーーー

ーー翌朝ーー

梓「……」ジーッ

律「……」zzz

梓(可愛い…)ジーッ

ピーンポーン

梓(誰だろう、こんな早くに……)

ーーーーーーーーーーーーー

ガチャッ


唯「やっほー」

梓「あ、唯先輩、おはようございます」

唯「おはよー、ねぇねぇ今ちょっと空いてる?」

梓「……。」

唯「頼みたいことがあるんだけど……」

梓「……お断りします」

唯「ま、まだ何も言ってないよ」

ドタバタ

唯「誰かいるの?」

梓「いえ、風じゃないでしょうか? とりあえず帰ってください、また電話しますんで」

唯「やだよ、絶対電話してくれないでしょ?」

梓「……じゃあちょっと待っててください」

唯「うん」


ーー梓の部屋ーー

梓「律先輩……行ってきます」

律「うん……でも」

梓「わかってます、ややこしいことになるようなことは言いません」

律「……じゃあ頼んだ」


ーーファミレスーー

唯「あずにゃんなにかいる?」

梓「いえ、大丈夫です」

唯「そっか、じゃあ早速本題に入るんだけどさ」

唯「あずにゃん、りっちゃんと付き合ってるの?」

梓「恋人と別れてすぐの人が他の人を数日で好きになると思ってるんですか?」

唯「っていうことは付き合ってないんだね?」

梓「付き合ってはないですけど、好き合ってはいますよ」

唯「あずにゃんの家にりっちゃんいるよね?」

梓「……。」

唯「隠しても無駄だよ?」

梓「……はい、いますけど」

唯「あのさ、りっちゃん返してほしいんだよね」

梓「……は?」

梓「なに言ってるんですか?」

唯「付き合ってないんでしょ? じゃあ返して」

梓「なぜですか? 唯先輩には新しい恋人ができたと聞きましたけど」

唯「やっぱり、りっちゃんが良いかなって」

梓「……なんですかそれ、自分勝手過ぎます」

唯「自分勝手っていうのはわかってるよ、でもりっちゃんはまだ私のこと好きでしょ?」

梓「そんなわけないです」

唯「どうしてそう言い切れるの?」

梓「だって昨日も好きって言ってくれましたよ、唯のこと忘れさせてって」

唯「あずにゃん、それはもしかしたらりっちゃんに利用されてるだけかもしれないよ?」

唯「つまり、私の代わりってこと」

梓「……最低ですね」

唯「いくらでもいいなよ。 りっちゃんは私を必要としてるでしょ?」

梓「律先輩は唯先輩を必要となんてしてません」

梓「私を必要としてるんです」

唯「じゃあこうしようよ、帰ってりっちゃんにどっちが好きか聞いて」

唯「りっちゃんが選んだほうにりっちゃんを譲るってことにしよう?」

梓「唯先輩にだけら譲りたくありません。 どうせまた同じことを繰り返すだけです」

唯「それはりっちゃんが決めることだよ、私たちが話し合っても解決しないだろうしね?」

梓「……わかりました、それでいいでしょう」

唯「じゃあまた電話してね」

梓「はい、失礼します」

ーー中野家ーー

ドタドタ

律「あ、おかえり」

梓「律先輩、私と唯先輩、どっちが好きですか?」

律「え?」

ドサッ…

律「え、え? 梓? どうした? ちょっと痛いんだけど……」

梓「唯先輩のこと、まだ好きなんですか?」

律「な、なんでそんなこと聞くんだよ……」

梓「答えてください」

律「……わからない」

梓「じゃあ私は?」

律「……わからない」

梓「わからない、じゃないですよ……好きですよね?」

律「……」

梓「昨日は好きって言ってくれたじゃないですか……!」

律「……もうわからないんだ……好きってなんなのか、愛ってどうやって受け止めてきたのか……」

律「もう全部わからない……」

梓「っ……」



ーーーーーーーーーーーー

「もうわからないよ……」

「どうすればいいの……? これから何をして生きていけばいいの?」

「もう全部わからない……わからないよ……」


ーーーーーーーーーーーーーーー


梓「……すいません、変なこと聞いて」

梓「もうこの話はやめます、ごめんなさい」

律「……」

梓「……私下に行きますね」

律「待って」ギュッ

梓「なんですか?」

律「……唯のところには戻りたくない」

梓「……」

律「梓と居たい……」

梓「本当ですか?」

律「うん……」

ーーリビングーー

梓「っていうことですから」

唯『ほんとに? 裏あわせとかしてない?』

梓「してませんよ」

唯『そっかぁ、残念。 じゃあもう切るよ』

梓「あ、待ってください。 おかしな真似はごめんですからね」

唯『そこまで性格悪くないよー たぶんね。』

梓「絶対ですよ」

唯『どうかな? あ、もう切るね」

梓「えっ、ちょっ……切れた……」

梓「憂に監視でも頼もうかな……」

ー梓の部屋ーー

梓「お待たせしました……ってなにやってるんですか!?」

律「え、あ……」

梓「そんなことしちゃだめですっ、早くそのカッター離してください……」

律「ご、ごめん……」

梓「大丈夫ですか? 今消毒とか持ってくるのでそのまま待っててくださいね?」

律「……うん」

ーーーーーーーーーーーーーー


梓「はい、これでいいですよ」

律「……」

梓「……痛いですか?」

律「ごめん……」

梓「謝ることないです」ギュッ

律「梓は……怒らないのか?」

梓「どうして怒らなきゃいけないんですか」

律「唯はすごい怒ったぞ……。 いっぱい……叩かれたし」

梓「……今何て言いました?」

律「だから……叩かれたって……」

梓「どこを?」

律「……体」

梓「ちょっと見せてもらえますか?」

律「嫌」

梓「お願いします……」

律「……ちょっとだけだぞ……」

梓「はい……捲りますよ?」

律「うん……」

梓「……」ペラッ

梓(いつもは暗いとこでしか見ないから全然気づかなかった……脇腹のとことか……背中にアザがある……)

梓「……律先輩、ちょっと私出掛けてきます」

律「え、どこに行くの?」

梓「すぐ帰ってきますよ」

ーー平沢家ーー

唯「珍しいね、あずにゃんから家に来てくれるなんて」

唯「で、どうしたの? 返しに来てくれたの?」

梓「唯先輩……ほんと見損ないましたよ……」

唯「なんでー?」

梓「律先輩がいっぱい叩かれたって言ってましたよ」

唯「うん、いっぱい叩いたもん」

梓「……どうしてですか」

唯「躾みたいなもんだよ」

梓「ただのDVじゃないですか!」

唯「うん、そうとも言うね」

梓「なんでそんな平然としてるんですか! おかしいですよ……」

唯「うん、そうだね。 でもリスカしてたの怒ったのは何も間違ってないでしょ?」

唯「何度も注意しても直さないりっちゃんが悪いと思わない?」

梓「律先輩は悪くないです! 悪いのは唯先輩です!」

唯「りっちゃんの恋人気取りなんだ?」

梓「うるさいです!」ガシッ

唯「痛いよ、あずにゃん」

唯「ここで私を殴るの? 勇気があるね?」

梓「っ……」

ガチャッ

憂「ど、どうしたの……?」

唯「なんでもないよ」

梓「……もう律先輩に近づかないでください」パッ

唯「あずにゃんが近くにいるから怖くて近づけないよー、なんてね」

梓「……失礼します」

ガチャン…

憂「……どうしたの?」

唯「面白いことになってきたねー」

憂「……?」

ーー帰り道ーー

梓(最初からよく考えてみるとどこか様子がおかしかった節はあるよね……なんでもっと早く気づかなかったんだろう……)

梓(いつかの私みたいって思ってたけど……私より明らか酷いじゃん……ほんと)

ーー中野家ーー

梓「ただいまです」

律「おかえりー」

梓「あの、律先輩、少しお話が……」チラッ

律「え、あ、あの……」

梓「大丈夫ですよ、怒ったりしません」

律「そ、そう……」

梓「……律先輩、いいですか? その……リスカしたら跡が残って後々後悔しますよ……ほら」

律「それって……猫に引っ掛かれたって言ってなかったっけ?」

梓「違います……実は私も……。 一緒です」

律「そうだったのか……」

梓「でもまぁ……無理にやめろとは言いません」

律「……?」

梓「それして律先輩の気が落ち着くなら、自分に傷ついちゃいますけど……別にいいと思うんです」

梓「だからといってやりすぎはダメですよ? 本当にどうしようもないときだけです」

梓「約束してくれますか?」

律「……」

梓「無理なら別の方法考えましょ? だから無理なら無理でいいんです」

律「……やめる。 もうやらない……」

梓「ほんとですか?」

律「うん、約束……」

梓「はい、約束ですよ」ギュッ

梓「それともっと私に頼ってください」

律「頼る?」

梓「はい、なにかあったら必ず言ってください」

律「うん……っ」

梓「……どうしました?」

律「い、いや……ちょっと……頭痛が」

梓「大丈夫ですか……?」

律「っ……」ギュッ

梓「律先輩……?」

律「……あ、治まった……」

梓「ほんと大丈夫ですか?」

律「うん、大丈夫……」

ピーンポーン

梓「誰でしょう……見てきます」

律「うん」

ガチャッ

唯「やっほー」

梓「……なんですか?」

唯「りっちゃんに会わせてよ」

梓「嫌です」

唯「いいから」ドンッ

梓「ちょ、やめてくださいよ!」

唯「りっちゃーん」

梓「勝手に入らないでください!」

ーーリビングーー

唯「りっちゃんー?」

律「……?」

唯「一緒に帰ろう?」

梓「律先輩、着いていっちゃだめです」

唯「ねぇりっちゃん、聞いてる?

律「……」

唯「ねぇあずにゃん、りっちゃんなんか変じゃない? あずにゃんなんかしたの?」

梓「唯先輩じゃないんですからなにもしてませんよ」

律「えっと……どこかで出会いましたっけ?」

唯「……ん?」

梓「……律先輩?」

律「……え?」



3