澪「椅子もない……」


澪「……それに…」




澪「部室もない」

澪「学校もない」

澪「地球もない」

澪「空気もない」


澪「ここはどこだ?」




唯「宇宙だよ 澪ちゃん」

澪「唯……」

唯「こまったね~」

澪「みんなは?」

律「ここにいるぜ~」

紬「やっほ~」

梓「にゃんにゃん」

澪「みんないたのか」

唯「うん」

澪「和たちは?」


和「危うく死ぬところだったわよ」


澪「なんだ いるじゃないか」

和「あんたたちのせいで死ぬところだったのよ」

澪「え」

和「覚えてないの?」

澪「んぐ… 何も思い出せない」

律「あちゃ~ まぁ仕方ないか」

紬「むぎゅ」

唯「澪ちゃんも運が悪かったね~」

梓「私達だって運が悪かったですよ」

唯「そうだね~ でも、軽音部は運が良い方だと思うよ」

律「そうだな…」

澪「佐藤さんとかは?」


純「鈴木ですよ」


梓「あ、純」

澪「なんだ みんないるじゃないか」

和「そうでもないわよ」

唯「……」

澪「唯?」

唯「……」

澪「そ、そうだ! 憂ちゃんは!?」

唯「……」

澪「ど、どこにいるんだ!? 憂ちゃん!?」



憂「ここにいますよ~」



澪「い、いるじゃないか! 良かった~」

澪「唯、なんで黙ってたんだよ!」

唯「あ、寝てた~」

律「目開けたままかよ!」ビシッ

澪「ふぅ じゃあ、これからどうするか」


さわこ「ちょっと、私を忘れてるわよ」

一同「あ、いたんだ」

さわこ「ひどい!」プンプン

梓「その歳でやめた方が良いですよ」

さわこ「ひどい!」プリプリ

律「キモイぞ さわちゃん」

紬「私は可愛いと思いますよ~」

さわこ「ありがと!ムギちゃん!」

紬「何勘違いしてるんですか? 私自身が可愛いって意味ですよ」

さわこ「紛らわしいタイミングで言うんじゃないわよ!」


澪「あの~ なんでみんな冷静なんだ? 宇宙だぞ ここ」


律「そういうお前も冷静ジャン」

澪「まぁ 息できるし  でも、少し戸惑ってるぞ 記憶もないし」

澪「あれ?  トンちゃんは?」



一同「」シーン

唯「そっか 澪ちゃんは忘れてるんだね」

澪「さっきからそういってるじゃないか」

梓「そうですね 説明してあげましょうか」




梓「地球が無くなった理由を」





澪「」ドキドキ




~~~回想編突入~~~

さわこ「始まりました~  桜高相撲大会!!」

和「解説と実況は私と、さわこ先生で行います」




純「私も目立てるかなぁ」

梓「モブだけど大丈夫だと思うよ」

純「モブじゃないよ!」

憂「そうだよ~ 純ちゃんはモブじゃなくてモップだよ」

純「二人とも酷い!!」



さわこ「はいはいやめやめ 今から試合が始まるんだから」

和「さぁ!三年生の入場です!!」



ガラガラガラ


和「ひぃいいいいいいらさわぁあああああ唯ぃいいいいいいいいいいいいいい」ドドドーン

唯「フンスゥウウウウウウウウウウウウ」


さわこ「やるきマンマンね」

和「この日のために、アイスは我慢したそうですよ」

さわこ「その行いに意味はあるのかしら」

和「平沢選手 意気込みの方を」


唯「優勝して、アイスをたくさん食べたいです!  うんたんうんたん」


和「なるほど よくわかりました  では試合頑張ってくださいね」

唯「フンスフンスフンス」



憂「お姉ちゃん可愛い」

梓「はいはい」

純「」モップモップ



和「続いては、田井中ぁあああああああありぃいいいいいいつぅううううううううううううううう」

律「んほぉおおおおおおおおおおおおお」


和「律選手は、この日の為に弟さんをオナ禁させたらしいです」

さわこ「ムゴイ」

和「弟さんは、我慢汁が大変らしいです」

さわこ「ご冥福をお祈りします」


和「律選手 何故聡君にオナ禁をさせたのですか? あと意気込みを」

律「なんとなくだぁああああああああああああ」

律「そして私は勝って、ポルシェを買うんだぁあああああああああ」

和「そうですか 頑張ってくださいね」



梓「聡君かわいそう」

憂「じゃあ、処理してあげれば?」

純「う、憂///」


和「続いては、ことぉおおおおおおおおおおおおおぶき、ツムゥギィイイイイイイイイイイ」

紬「むぎゅぅううううううううううううううん」


和「紬選手は、この日の為に、斉藤執事の猥褻画像を撮影したぞうです」

さわこ「ゴクリ  それはいくらで買えるのかしら?」

和「斉藤さんが良いんですか?」

さわこ「男なら誰でもいいわ」

和「ここまで落ちたか」


和「琴吹選手の意気込みは?」

紬「わたし、相撲で優勝するのが夢だったの~」


和「なるほど いつも通りですね 流石貴族」


梓「あ 次は」

純「この大会の本命だね」

憂「ドキドキするね」


和「三冠なるか!?秋山澪ぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

澪「ふふ 私は何も語るまい」


さわこ「流石王者」

和「貫禄がありますね」

さわこ「オーラが見えるわ!」



和「秋山選手、今回も勝ちを狙いますか?」

澪「愚問だ」



純「流石澪先輩 カッコイイ」

憂「やっぱり王者なんだね~ でも、私はお姉ちゃんを応援するよ!」

梓「流石憂だ」



和「さて、今回の相撲の内容は、すっぽんもどきに決めてもらいましょう!」

さわこ「さあトンちゃん 選んで」

トン「」ぷかぷか

ノーマル相撲  乳首相撲   膣相撲

トン「ぷかぷか」


和「ノーマルと乳首相撲の方は秋山選手が優勝してしまいましたからね」

さわこ「ここは、空気を読んで、トンちゃんには膣相撲を選んでもらいたいですね」


トン「」ジャバジャバ



紬(膣だけはいやだ膣だけはいやだ!)

唯(膣だけはいやだ膣だけはいやだ!)

膣(律だけはいやだ律だけはいやだ!)

梓(逆ですよ 律先輩)

膣改め律(こいつ、脳内に!)


トン「」ばしゃ!!


和「え、選んだぁあああああああああ    こ、これは!!」

さわこ「膣相撲だぁあああああああああああああああああああああああああ」

和「わぁああああああああああああああああああああああああああああ」


憂「さすがトンちゃん 空気を読んだね」

純「軽音部のペットは凄いなぁ」

唯「のぉおおおおおおおおおおおおおおおん」

紬「のぉおおおおおおおおおおおおおおおん って言うのが夢だったのぉ!」

律「あんのぉおおおおおおおおおおおおおん」メザメルパワー

澪「ふふ これが定めか」


和「澪選手はお膣いてますね」

さわこ「王者らしいお膣きぶりです」


憂「うわ~」

純「下ネタだぁ~」ナミダメ

梓「純かわいい///」

純「ぽっ」

和「では、ルール説明はさわこ先生が」


さわこ「ルールは簡単 膣の中のクリトリツに洗濯バサミをつけて引っ張り合うだけです」

さわこ「お豆が千切れるか、ギブアップしたら負けです」

さわこ「なお、洗濯バサミが取れてしまっても負けです」


和「みんな分かったかしら?」



唯「うひゃぁ 痛そうだねぇ」

律「まぁ、私はこの日の為に聡をオナ禁させてきたから余裕だな」

紬「それに何の意味が?」

澪「ふふ 無駄口を叩く暇が有るのかね?」

唯「ふーんだ! いくら澪ちゃんが強くたって負けないもんね!」

律「余裕こくのも今のうちだぞ!」

紬「あらあら~」


和「では、試合を始めます」

和「基本は総当たりでいきたいと思います」

さわこ「じゃあ、対戦のペアを決めます」

ドンチャラララ ドンチャラララ

ぴん

和「決まりました 一回戦目は……」



和「田井中ぁあああ律VS琴吹紬ぃいいいいいいいいいいいいいいい」



律「私たちが最初か」ヌギヌギ

紬「よろしくね りっちゃん」ヌギヌギ

律「お手柔らかに頼むぜ」ガチ

紬「うふふ お互い頑張りましょ」ガチ


和「洗濯バサミはセットしましたね?  では、」


和「試合開始ぃいいいいいいいいいいいいいいいい」ゴーン

紬「しゃらんらしゃらんらぁあああああああ」

ミチィイイイイイイイイイイイイイイイイ

律「んぐやぁぁああああああああ  痛てぇええええええええええ」

紬「んほぉおおおおおおおおおおおおおおお」

ミチミチミチミチィイイイイイイイイイ

律「はははっ! 甘いなぁあああああ」

むぎゅん

紬「んあ/////」




憂「す、すごい!」

梓「膣の絶妙な回転により、ムギ先輩のクリトリツが刺激されてる!!」

純「い、色っぽい////」


和「なんて凄い戦いでしょうか」

さわこ「これよ!これを求めていたんだわぁああああああああ」

紬(りっちゃん、やっぱり男らしくてカッコイイ////)

律「へへっ どうだ? 今なら降参しても良いんだぜ?」

紬「ふふっ  私だって負けない!」


むぎゅるるん


律「ぁ… ん///」

紬「あらあら やっぱり可愛いわね りっちゃんは」

律「へへ/// よせやい  褒めたって…」

律「勝負は譲らないぜ!!」

クリッ

紬「あ///いや///あふれちゃうぅううううううううう」


プシャァアアアアアアアアアア


和「お!?紬選手、イってしまったぁあああああああ」

さわこ「くんかくんか」


2