【第八話】


 ‐某体育館‐


エリ「……」

アカネ「……」

三花「……」

とし美「……」

まき「……」

三花「……い」

後輩B「いやあ、ついに来てしまいましたねインターハイ予選!」

後輩B「この会場! 緊張感! 情熱!」

後輩B「全く、どれをとっても、さすがというべきですか!
 予選とはいえ、空気が違いますねえ!」


 「……」


後輩B「……って、あれ? どうしたんですか、先輩方。
 なにやら意気消沈というか、ローテンションというか」

後輩A「お前はもっと自重しろ」


  *  *  *


三花「えっと、出鼻を早々に挫かれたわけだけど」

三花「……来たね、この日が!」

エリ「来たね!」

三花「今年の私たちの目標は、インハイ出場。そして優勝」

三花「今日はその目標への一ステップに過ぎないけど……、
 それでも気を引き締めていこう!」

まき「おー!」

アカネ(……インハイ予選の初日が、ついにやってきた)

アカネ(今日は三戦して、また来週に三戦。
 そこでも勝ち抜けば、ついに県大会に出場することができる)

アカネ(そして、県大会で勝ち抜けば……、もちろんインハイ出場)

アカネ「……よっし、絶対ここは勝ち抜くからね!」

エリ「おっ、アカネのノリがいつもと違うぞ!」

とし美「最後の試合の、始まりだからね。
 ここで出しきらなくちゃ、いつ出すのって話だよ!」

エリ・まき「今でしょ!」



 「いつやるのか? 今でしょ!」

 「いつ勝つのか? 今でしょ!」

 「誰が優勝するのか? ……私たちでしょー!!」



後輩A「……先輩、ちょっと声大きいです。
 このままじゃ私たち、めちゃくちゃ恥ずかしい人たちです」

後輩B「楽しそうで、いいなあ」

後輩C「うん、とっても良い」

後輩A(来年の私たちの姿が見えた気がする)


  *  *  *


三花「それじゃ、先生からお話を伺いたいと思います」


 「よろしくお願いします!」


顧問「えー……三年生は、先日もお話したように、
 これがあなたたちにとって、高校最後の公式試合です。
 悔いを残さないように」

顧問「……といっても、失敗する人もいるでしょう。
 でもその時は、バレーボールがチーム戦で良かったと、心から思いなさい」

顧問「あなたのフォローは、みんなでする。
 だからみんなのフォローは、あなたがしなさい。わかったわね?」


エリ・アカネ・三花・とし美・まき「はい!」


顧問「それから二年生」

顧問「あなたたちも、試合には出てもらうことになります。
 本来なら、こんな厳しい試合に二年生は出させたくないところですが、
 三年は五人しかいないので仕方ありません」

顧問「どれだけ失敗しても、それは私の責任です。
 だから、先輩たちに引けを取らない、全力のプレーを見せてみなさい」


 「はい!」


顧問「そして一年生」

顧問「あなたたちは、先輩たちのプレーをよく目に焼き付けておきなさい。
 この子たちは意外と、結構な実力の持ち主よ」

顧問「これからの成長は、ここで得るもの次第で大きく変わると思いなさい」


 「はい!」


顧問「私からは以上です。三花、あとはお願い」

三花「わかりました」

三花「……まあ、三年に言うことはさっき言っちゃったし。
 一年生にも、同じような内容になっちゃうしな〜」

三花「というわけで、とりあえず二年だけに一言!」

三花「私たちに遠慮しないで、ガンガンいこうぜ〜!」

まき「……それ結局、先生と同じようなこと言ってないかな?」

三花「それを言うなっ」

後輩B「三花先輩、質問があります」

三花「どうぞ〜」

後輩B「まき先輩を愛でることも、遠慮しなくていいんですか?」

まき「えっ」

三花「私たちを唸らせるプレーを見せてくれたら、三十分間だけ許可するよ」

まき「ええっ!?」

後輩B「じゃあ私、早速次の試合に出ます!」

まき「さ、三十分って長くないかなー?」

後輩B「いえ」

後輩B「“まき先輩可愛がり隊”として、
 その時間制限は大変厳しいものであります!」

まき「……なんて不穏な響きの部隊なんだろうねー」


  *  *  *


 「第一試合の開始時刻が迫りました。
  選手の方は、決められたコートの側で待機していてください」


とし美「始まるんだね、やっと」

アカネ「しばらくは終わらないけどね」

とし美「いつになく言うね、アカネ」

アカネ「うん。この大会が終わったら私、きっともう、
 バレーボールをやることはないと思うから」

とし美「えっ?」

アカネ「決めたよ、私。専門学校に進む。
 ……絶対、美容師になるって夢を叶えるんだ」

アカネ「だから今だけは……。目の前の夢を、追っていたいの」


 「第一試合を開始します! 選手の方は、コートに集まってください!」


  *  *  *


後輩A(第一試合が始まった)

後輩A(先輩たちは、去年の秋ぐらいに行われた新人大会で、
 地区優勝を果たした実力者)

後輩A(さすがにこの試合も優勢みたいだけど……)


後輩B「……」


後輩A(あいつガッチガチじゃん!)

後輩A「本当大丈夫なのかな、あいつ……」

後輩C「無理もないよ。この試合で硬くならない方が難しい」

後輩A「……そりゃそうだね。
 私たちもいつ入るかわからないし、覚悟を決めておかないと」


  *  *  *


 「ありがとうございましたー!」


三花「一回戦、突破!」

三花「次もこの調子でいくよー!」

エリ・とし美「おー!」

後輩B「……」

まき「どうしたの? 勝てたんだよ?」

後輩B「いえ、まあなんといいますか……」

まき「……よしよし」

後輩B「うぇっ!?」

まき「人のことは散々撫でておいて、
 自分が撫でられると、こうなっちゃうんだねー」

後輩B「あああああの……」

まき「身体がカチコチだよ? もっとリラックスしないとー」

後輩B「せ、先輩からそんな撫で撫でされてしまったら、
 余計身体が動かないといいますか……」

まき「うん」

後輩B「……無理に背伸びしてまで手を伸ばす先輩が、
 可愛すぎるといいますか」

まき「私の心遣いと努力を返してくれるかなー!?」


  *  *  *


まき「もう、結局あの子には最初から最後まで振り回されそうだよ!」

アカネ「せっかく先輩風吹かせたかったのに、反撃にあったもんね」

まき「……でも、嫌いではないんだよねー」

アカネ「やっぱり可愛い後輩の一人ってこと?」

まき「うん」

アカネ「そっか。うん、それなら良かったね。良い後輩と巡り合えてさ」

まき「良かったよー」

アカネ「……あっ、これって両想いになるのかな?」

まき「両想い?」

アカネ「うん。互いが互いを、“可愛い!”と思っているじゃない」

まき「アカネちゃん、どうして鎮火しかかった火に油を注ぐの?」


  *  *  *


 「本日行われる試合は、全て終了しました。
  皆さま、お疲れさまでした。
  お忘れ物のないよう気をつけて、お帰り下さい」


三花「みんな、今日一日お疲れさま。
 おかげで今日は乗り切ることが出来たよ」

三花「次の試合は来週にあるから、
 それまで今以上に自分を磨くように。お願いね」

三花「それじゃ、今日は解散! ありがとうございました!」


 「ありがとうございました!」


 ‐外‐


三花「……いえ〜い、一日目突破〜!」

とし美「もう、解散した途端これなんだから」

三花「良いじゃん、良いじゃん。嬉しいものは、嬉しいんだからさ〜」

とし美「本当、今日はお疲れさま。まだまだ続いていくけどね」

三花「当然! とし美も、色々ありがとねっ」

エリ「二人ともー! 早く行こうよー!」

とし美「……呼ばれてるよ?」

三花「そうみたいだね〜」

三花「……あっ、ごめん!
 すぐに追いかけるから、ちょっと先に行っててくれる?」

とし美「ん、わかった。……みんな、ちょっと待ってー!」

三花「……」

三花(……あった、あった)

三花「カメラ起動っと」

三花(本日もバレー部は順調。来週の試合に向けて、絶好調の滑り出し)

三花(……だからこそ、まだ終わらせない)



三花(この一枚を、優勝までの軌跡とするまでは)



第八話「桜高バレー部の意志」‐完‐


11