【第九話】


 ‐三年二組教室‐


エリ「アカネ、なに飲んでるの?」

アカネ「これ? コーヒーだけど」

エリ「ちょっと貰っていい?」

アカネ「はい、どうぞ」

エリ「どうもどうも」

エリ「……」

エリ「……」

アカネ「エリ?」

エリ「……わ、我が人生に、一片の悔いなし……!」


 「ばたんっ」


アカネ「え、エリーーー!?」


  *  *  *


まき「……それで、ブラックコーヒーを飲んだエリちゃんが、
 こうして倒れてるわけなんだね?」

アカネ「そうなの」

まき「なるほどー」

まき「アカネちゃんが悪い!」

アカネ「えぇっ!?」

まき「折角だから言っておくとね……」

まき「ブラックコーヒーは劇薬と寸分の違いも無いんだよ!」

アカネ「私はそれを好んで飲んでるわけだけど」

まき「アカネちゃん……」

アカネ「何で窓の外を見ながら私の名前を呼ぶの」

まき「お空へ旅立った、アカネちゃん……」

アカネ「私ここにいるよ!?」


  *  *  *


三花「私はブラックでも飲めるよ〜」

まき「そ、そんな……」

エリ「三花もブラックサイドに堕ちていたなんて……」

アカネ「あっ、エリが復活してる」

エリ「帰ってきて三花! その身がブラックサイドに染まりきった時、
 無事で済まないことは周知の事実だ!」

アカネ「いや、初耳だけど」

アカネ「というかさ、二人とも微糖じゃないと飲めないってこと?
 それとも加糖ぐらいじゃないと駄目なの?」

まき「私は加糖じゃないと飲めないかなー」

エリ「私は微糖!」

エリ・まき「えっ」


 「…………」


アカネ「どうしたの二人とも?」

エリ・まき「お前は敵だ!」

アカネ「はぁっ!?」


  *  *  *


三花「いつの間にか、三つの派閥に分かれちゃったね〜」←無糖派

アカネ「“どうでもいい派”ってないのかな……」←無糖派

三花「私もそれに入りたいところだけど、
 あの二人の真剣さを見てると遠慮しちゃうんだよね」



エリ「シュガーサイドに溺れると、コーヒー本来の味が楽しめないぞ!」←微糖派

まき「ブラック飲めないエリちゃんには言われたくないよ!」←加糖派



三花「さあ、この場を沈めることが出来るのは、アカネだけだよ」

アカネ「えっ、なんで唐突に責任押し付けてるの?」

三花「さあ!」

アカネ「……こういう役回りだってことは、理解してるけどさー」

まき「砂糖を少しでも入れてる限り、私と変わりないね!」

エリ「なにを! 微糖と加糖の大きな差を認めないというのか!」

アカネ「いや、まきの言うことももっともだとは思うよ」

アカネ「仕方なく無糖派として意見すると、
 正直、微糖派のエリも、加糖派のまきと変わらないね」

エリ「いやいや、微糖派はバランス重視なんだよ。
 砂糖の甘さとコーヒーの味わい、そのコラボレーション!」

エリ「……それに、アカネもアカネだよ」

エリ「“佐藤”アカネっていう名前のくせに、“砂糖”を入れないなんて!」

アカネ「んなこと知るか!」

エリ「今からでも“無糖アカネ”に改名しないと、詐欺罪に値する。
 カトウも、そう思うよね?」

まき「……えっ、私?」

エリ「そうだとも“加糖まき”!」

まき「私、和嶋だよ!?」


  *  *  *


まき「……全く、好みの問題ほど、厄介で頻出する問題はないよ」

まき「そう思わない?」

アカネ「そう言われてみれば、その通りかもしれないね。
 どうせ永遠に決着つかないし」

アカネ「でさ、話は変わるけれど」

まき「うん?」

アカネ「まきが加糖派っていうのは、イメージ通りだったね」

まき「そういうのは本人に言うことじゃないと思うけどなー」

アカネ「私も加糖が全然飲めないわけじゃないけどね。
 でもやっぱり、ブラックが飲めそうな人って、なんとなくわからない?」

まき「それはあるかも」

まき「例えば和ちゃんとか、姫子ちゃんとか」

アカネ「その二人は大人っぽさが溢れてるね」

まき「私が加糖派に見えるのは百歩譲って許すとして、
 逆に加糖派に見えるのは……」

まき「しずかちゃん?」

アカネ「いや、しずかちゃんは“コーヒー牛乳派”じゃない?」

まき「……あっ、なるほどー」

アカネ・まき「あはははっ」

しずか「……」

まき「あっ、しずかちゃん。
 今ね、誰が加糖派の人間かってことをー……ふがっ!?」

しずか「……」

アカネ(む、無言でまきの口に何かを注いでいる!?)

しずか「……」

まき「ふがっ、ふがっ」

アカネ(怒ってる、怒ってるよ……)

しずか「……」

アカネ(あっ、終わった……)

しずか「……ふう」

まき「し、しずかちゃん、これ……」

しずか「うん」

まき「……ミルクティーだね?」

しずか「そう。私は紅茶派だよ」

しずか「だからコーヒーなんて絶対飲まないからっ!」

アカネ「えっ、そこに怒ってるの!?」


 ‐体育館‐


後輩A「私はブラックでもいけますね。
 たまに微糖にしてみたり、その日の気分次第ですが」

三花「そっか、私やアカネと同じタイプか〜」

三花「聞いてなかったけど、とし美は何派?」

とし美「私も、なんでも飲めるよ」

とし美「でもどっちかといえば、無糖の方が良いかな。
 砂糖を入れる手間が省けるし」

三花「そこかいっ」

とし美「でも、ファーストフード店でコーヒーを頼むとき、ちょっと面倒なんだよね。
 なにも言わないでいると、確実に砂糖もミルクも付いてくるから」

三花「いちいち“砂糖とミルクはいりません”って
 言わないといけないのがね〜」

後輩A「そこはただ“ブラックで”と一言だけ言えば、
 全部済むんじゃないですか?」

とし美「えっ?」

三花「えっ?」

後輩A「えっ、まさか知らない感じですか!?」


  *  *  *


三花「……とし美、今日は凄い発見をしちゃったね」

とし美「うん。これで今週末の予選は突破出来る気がする」

後輩A「コーヒーの頼み方一つで突破される、
 相手チームに同情したいところです」

三花「こら、他人事じゃないんだよ?」

後輩A「……そうですね。私も頑張らなくては」

後輩A「しかし、三年生が五人だけっていうのも少ないですよね。
 どう頑張っても試合のメンバー全員三年生というのが、不可能なわけですし」

とし美「そうだね、団体競技としては少ないかもしれない」

とし美「でも、ね?」

三花「そうだよねえ」

後輩A「……はい? どういうことです?」

三花「あとを任せられる、頼りになる後輩には困ってないってことだよ〜」

後輩A「……や、やめてください、恥ずかしい!」


  *  *  *


後輩B「加糖しか飲めない先輩、超可愛い!」

まき「思ってた通りの反応だよ!」

後輩B「こちらとしても、思ってた通りの嗜好でなによりです」

まき「そういうそっちはどうなの?」

後輩B「安心してください、先輩。
 先輩を愛でる上で、加糖だけしか飲めないなんてあり得ません……」

後輩B「私はどんな味でもウェルカムです」

まき「つまりそれは私より大人だよって言いたいのかなー!?」


  *  *  *


エリ「アカネ、私は決心したよ」

アカネ「なにを?」

エリ「例えば、コーラは甘くなければいけないよね」

アカネ「まあそうかな」

エリ「それと同じで、コーヒーは微糖でなくてはいけない。
 世界中の人がそう認める日まで、私は戦うと決心したんだ……!」

アカネ「一生かかっても無理だと思うけど」

エリ「……でも、私とて馬鹿ではない」

アカネ「馬鹿だよ」

エリ「小さなことが出来なければ、大きなことはもってのほか。
 だから私は、目の前のことから手をつけることにしたよ」

アカネ「それってつまり……」

エリ「……まずはアカネ、覚悟しとき!」

アカネ「うわ、やっぱり! てか、なんでいきなり方言なん!?」

まき「アカネちゃんも口調変わってるよー」

エリ「そこで私が使うのは、このコイン。そして紐」

アカネ「えっ」

エリ「この二つをひっ付けて、アカネの顔の前で揺らす」

まき「……」

エリ「……アカネは微糖派にな〜る、微糖派にな〜る……」

アカネ(……な、なんて古典的な催眠術……)

まき(懐かしさを覚えるよ……)

エリ「微糖派にな〜……」

エリ「……」

アカネ「……エリ?」



エリ「……私、超微糖派です」

まき「これ、催眠には成功してるのかな?」

アカネ「さあ……」



第九話「桜高バレー部の白黒」‐完‐


12