【第十四話】


 ‐三年二組教室‐


まき(夏休みも明けて、数週間が経った頃)

三花「……」

まき(私たちは悪夢ともいえる状況に立ち会っていた)

アカネ「……」

まき(私たちの前に広がる、色とりどりの液体たち……)

エリ「……」

まき(訂正。色とりどりの……)

まき「……珍味ペプシたち」


  *  *  *


まき(事の発端はエリちゃんの、あの一言)

エリ「さて、ここに集まってもらったのは、事件の火種である私たちと……」

三花「……」

まき(“そういえばこんなもの家にあったんだよねー”)

エリ「勇気ある無謀な挑戦者たちだ……」


 「…………」


まき(……結果沸き起こる、珍味ペプシへの好奇心!)

エリ「みんな、協力してくれてありがとう。さあ、始めようじゃないか」

エリ「珍味ペプシとの戦いを!」

まき(ざわめく教室! 期待を浮かばせる人々、青ざめる人々!)

まき(……)

まき(早退したい)


  *  *  *


アカネ「ペプシは全部で六種類」

アカネ「しそ、あずき、バオバブ、モンブラン、ピンク、ソルティーウォーターメロンね」

まき「聞けば聞くほどドリンクの味じゃないよねー」

まき「ところでピンクって何味?」

アカネ「いちごミルク」

まき「うおぇ……」

夏香「一体生産者はなにを思ってこんな味を……」

エリ「全く理解できないね」

圭子「だからこそ、挑戦したいと思ってしまう!」

エリ「怖いもの見たさってやつだね!」

風子「既に怖いもの認定されてる飲み物って……」

信代「飲み物の扱いなら慣れてるし、ある程度は私に任せてよ!」

慶子「あんたの家は居酒屋でしょ。コーラとなんの関係があるのよ」

潮「ペプシの水割り?」

慶子「気持ち悪い!」

三花「通はストレートかロックじゃないと〜」

アカネ「いやそれ普通の飲み方だよね」

三花「アカネはコーラ割りが好み?」

アカネ「それ結局ストレートになってるよね!?」

エリ「……さあ、まず開けるのは“ペプシしそ”! 飲みたい人は挙手をお願いします!」


 「はいはいはい!」


唯「あれ、和ちゃんどこ行くの?」

和「……気分が悪くて」

唯「大丈夫? ついて行こうか?」

和「ううん、平気よ……。生徒会にさえ行けば……」

唯「保健室に行こう、和ちゃん?」


  *  *  *


とし美「……これは一体どういう状況?」

紬「あら、とし美ちゃんは参加しなくていいの?」

とし美「なにが起こってるのかもサッパリなんだけども……」

律「そっか、とし美はここ二日休んでたもんな、無理もないか」

律「あれはいわば……」

律「……悪魔の儀式だ」

とし美「心底休んでてよかったと思うなあ」


  *  *  *


とし美「珍味ペプシコーラの試飲会かー……」

とし美「確かに悪魔的な儀式ね」

律「とし美は飲んだことあんの?」

とし美「うん、一度だけ」

律「どんな感じよ?」

とし美「どんな感じって……」

とし美「正直、それを思い出そうとしただけで……」

とし美「うおぇ……!」

律「な、なんか悪い! すまなかった!」

とし美「……とにかく、軽い気持ちで飲んでは駄目。手酷い仕打ちを喰らうよ」

紬「ちょっと興味あったんだけど、やめようかしら……」

とし美「その方が絶対いいね……」

律「そういえば、とし美はどのペプシを飲んだんだ?」

とし美「……も、モンブラン」

律「想像しただけで吐き気が……」

とし美「そうでしょ……?」

律「しかし同時に好奇心が」

とし美「えっ」

律「澪も一緒に飲めば怖くないな」

澪「えっ!?」


  *  *  *


エリ「はい、これペプシしそねー」

信代「確かに受け取ったよ」

慶子「ねえ、本当に飲む気なの? 本当に?」

潮「振り返るな、慶子。そこには何もない」

慶子「目の前にも混沌しか広がってないけど」

エリ「今度はペプシあずき!」

圭子「あえて危険な香りのする方へ行くよ!」

しずか「生きて帰って来てね……!」

圭子「これ、遺言状。もしものことがあった時は……」

春菜「うん。火葬場で一緒に燃やすよ」

圭子「それは駄目!」

エリ「お次は、バオバブ!」

夏香「全然味の想像がつかないね」

風子「怖い、怖い……」

風子「……あれ、和ちゃんは?」

夏香「具合が悪いって言って、保健室に行ってたよ」

風子「危険な香りを察知して逃げたか」

エリ「ペプシモンブランのお客様〜?」

三花「まきに一つ!」

まき「よりによってそれ!?」

エリ「じゃあ、三花はペプシピンク!」

三花「えっ」

アカネ「観念することね、三花」

律「こっちにもモンブラン二つくれ!」

澪「い、嫌だっ! こんな歳で死にたくないっ!」

エリ「そんなコーラを劇薬みたいに見なくても……」

アカネ「エリ、私はソルティーウォーターメロンをお願い」

エリ「はい、どうぞ」

アカネ「んっ」

エリ「これで私とお揃いだねっ!」

アカネ「全然嬉しくない」

まき「……エリちゃん、そろそろ」

三花「私たちも、覚悟は決まったよ」

エリ「よーし。それじゃ、いくよ」


 「いただきます!」


  ‐二年一組教室‐


後輩A「はっ? 保健室に行ったら、人でごった返してた?」

後輩C「あれはなにか大事件があったに違いない……」

後輩A「どこのクラスだかわかる?」

後輩C「先輩たちのクラス」

後輩A「……なにやってんスか、先輩方……」

後輩B「まき先輩がピンチであることを察知したんだけど、
 それは気のせいではないみたいだね」

後輩A「あー、先輩たちって全員同じクラスなんだっけ」

後輩B「保健室に急ぐよ!」

後輩A「止めなさい、悪化するから」

後輩B「それどういう意味さー」

後輩A「文字どおりの意味だよ」


  *  *  *


純「梓ー、今日部活だよね?」

梓「うん」

純「ちえっ、暇だったら遊びに誘ってたのに。どうやって時間潰すかなー」

梓「勉強しなさいよ……って、ああ、メールだ」

梓「……」

梓「純。今日、遊べることになった」

純「部活は?」

梓「中止。急な体調不良者が出たから、だって」

純「ふーん……あの噂は本当だったんだ」

梓「噂?」

純「三年生の教室でバイオテロが起こったらしいよ」

梓「そんなバカな……」

純「その教室では体調不良を訴える生徒が続出。
 被害者は共通して、こんな言葉を残していると聞くよ」

純「……面白半分で開発するな、とね……」

梓「誰に向けたメッセージなんだろう……」


  ‐三年二組教室‐


さわ子「それでは、ホームルームを始めようと思いまー……」

さわ子「……」

さわ子「……あの、真鍋さん」

和「はい」

さわ子「朝と比べて、席が異様に空いているような気がするんだけど……」

和「ああ、そうですね……。大体の人が早退しました」

さわ子「なにがあったの!?」

和「……実は」



和「どっかの誰かが学校に危険物を持ち込んだので」

エリ「人をテロリストみたいに言うな!」

アカネ「あながち間違ってないけどね……」

さわ子「えっと……どゆこと?」



第十四話「桜高バレー部の災厄」‐完‐


18