【第十七話】


和「投票の結果、文化祭での、このクラスの出し物は、
 ロミオとジュリエットに決まりました」

曜子「よしよしよし……」

俊美「ふふふ……計画通り……!」

アカネ(佐々木さんと柴矢さんの方からとてつもないオーラを感じる)

エリ(なにかを企んでいる……?)

澪(な、何故か酷い寒気が……!)

和「続いて役を決めたいと思います。まずはロミオとジュリエットの役ですが」

まき(そういえば三花ちゃん、どうせ劇やるならお姫様やりたいとか言ってたなー)

とし美(ならここはジュリエット役に、三花を推薦するべき?)

三花(みんな、信じてるよ〜)

和「投票で決めたいと思います」

和「白紙を配りますので、そこにそれぞれの役に相応しいと思う人を、
 書いていってください」


  *  *  *


アカネ(さて、投票タイムだ)

アカネ(ジュリエット役には三花を入れるとして……。
 ロミオ役は誰だろう)

アカネ(このクラスって結構カッコいい人多いから決め辛いけど……。
 ここは、澪ちゃんでいいかなあ。去年のライブも見たけど結構良かったし、
 本番になれば決めてくれそうな気がする)

俊美(フフフ……)

アカネ(……)

アカネ(この投票、裏で強大な力が働いているような気がする……)

曜子(秋山さんのロミオ! 秋山さんのロミオ!!)


  *  *  *


和「では、開票を始めます」

和「秋山さん。秋山さん。えー……私。岡田さん」

澪(さっそく二票も!?)

まき(自分の名前を見て、明らかに嫌そうな顔してたなー、和ちゃん)

和「秋山さん。松本さん。秋山さん。秋山さん」

美冬「はっ、私!?」

ちか「入れといたよー!」

美冬「余計なことを……」

澪(今度は三票もー……)

和「秋山さん。岡田さん。私。立花さん」

唯「和ちゃんもいいペースだね、頑張れ〜」

姫子「和を応援してるの?」

唯「うん! 私の中のロミオは和ちゃんなんだよ〜」

和「……そこ、私語は謹んで」

姫子(ご機嫌斜めのロミオさん……)

和「秋山さん。秋山さん。私。秋山さん」

アカネ(和ちゃんも頑張っている方だけど、澪ちゃんが圧倒的だね。
 これは決まりかな)

澪(もういっそのこと殺して)

和「秋山さん。岡田さん。佐藤さん。私」

アカネ「……はっ?」

和「佐藤さん。秋山さん。立花さん。秋山さん」

アカネ(な、なんで私に投票されてんの!?
 ……いや、犯人はあの子たち以外考えられない……)

三花「てへっ」

エリ「てへっ」

アカネ(案の定すぎるでしょー!)

和「私。佐藤さん。岡田さん。秋山さん」

アカネ(しかももう一票!?)

とし美「てへっ」

アカネ(とし美かあああ!)

和「岡田さん。秋山さん。私。秋山さん」

ちずる「春菜も大人気だね」

春菜「うん、投票した人を三人まで言い当てられるぐらい、
 なにか仕組まれているような気がするけれどね」

ちずる「人聞きが悪いな〜」

春菜「顔に出てるよ?」

圭子(ばれてる)

しずか(ばれてる)

和「立花さん。秋山さん。松本さん。秋山さん」

澪(……現実に別れを告げる時が来たか)

和「立花さん。秋山さん」

和「……というわけで、三年二組の出し物“ロミオとジュリエット”のロミオ役は、
 秋山澪さんに決定しました」

唯「おお、澪ちゃんが主役!」

紬「すごいわ〜」

曜子・俊美(いよっしゃああああ!!)

律「良かったなー、澪! ……あっ」

澪「……」

律「あーきやまさーん」

澪「……」

律「……気絶してるな」

アカネ(そこまでっ!?)


  *  *  *


アカネ(その後の澪ちゃん必死の異議申し立ても実らず)

アカネ(結果、りっちゃんをジュリエット役に道連れすることで、
 主役決めは幕を下ろした)

アカネ(それから他の役と、道具製作にあたる人を決めて、
 一先ずの活動を終えた私たちは……)

三花「……」

エリ「……」

とし美「……」

まき「……」

アカネ(なんとなく招集をかけていた)

三花「えっと、アカネ? これだけ人を集めて、どうしたのかな〜?」

アカネ「んっ?」

三花「怖い怖い目が笑ってないごめんなさい」

アカネ「まあ私が言いたいのは、この一点のみ」

アカネ「……なんで私に入れたの」

三花「面白そうだから」

エリ「面白そうだから」

とし美「面白そうだから」

アカネ「異口同音ッ!」

とし美「そんな怒るほどに嫌だったの?」

アカネ「怒ってるわけじゃないけど、本当勘弁してよ……。
 私は主役なんて柄じゃないんだしさー……」

三花「そんなことないよ〜。アカネはカッコいいし〜!」

エリ「よっ、このイケメンッ!」

アカネ「ありがとう、それは女子にとって褒め言葉かは疑問だけど」

アカネ「ところで三花に五票入ってるのは、
 ここにいる五人が投票したからってわかるんだけどさ」

三花「あれ、さりげなく私が自身に入れたことになってないかな〜?」

アカネ「私には三票しか入ってないのよね。
 ここにいる四人が入れたとすれば、四票入れられているはず……」

まき「……私だよ」

アカネ「……まあ探すまでもなく、消去法でそうなんだけど」

まき「理由、聞かないの?」

アカネ「一応聞いておこうかな」

まき「私にはどうしても許せなかったんだよ」

アカネ「私がロミオをやること? そうだったなら大歓迎なんだけど」

まき「ううん、アカネちゃんにはロミオをやって欲しかったよ」

まき「でもそれなら、エリちゃんがジュリエットじゃないと駄目でしょ!?」

エリ「えっ、私!?」

まき「エリちゃんが相手じゃないアカネちゃんのロミオなんて……」

まき「即興で組まされたお笑いコンビでしかないよ!!」

アカネ「お笑いコンビなの!?」

まき「ここで圭子ちゃんのさっきの言葉を借りるとね」

まき「アカネちゃんがロミオだったら、ジュリエットはエリちゃんしかいないじゃん!」

三花「それは盲点だった!」

アカネ「いやいやいやー……」

まき「ボケがいなかったら、ツッコミが困るでしょ?」

アカネ「結局お笑いコンビかっ!」


  *  *  *


とし美「まあ結局他人事になったわけだしさ」

アカネ「そうは言うけど、とし美だって私に投票したんでしょ?」

とし美「まあね。折角だし、いいんじゃないかなと思って」

アカネ「その無邪気さがえげつないんだよ……」

とし美「私は結構本気でアカネのロミオも見てみたいと思っていたよ?」

アカネ「……とし美には完敗だわ」

とし美「えっ?」

まき「ところで三花ちゃんはパリスって人の役になったみたいだねー」

アカネ「私、ロミオとジュリエットの話は知らないんだけど、
 そのパリスってどんな人なの?」

とし美「えーと、一言で言ってしまえば……」



とし美「ジュリエットと結婚しようとする、ロミオの恋敵?」

アカネ「なにがなんでもジュリエットを自分のものにしたいのか、あの子は……」

まき「それは捻くれすぎだよ、アカネちゃん」



第十七話「桜高バレー部の投票」‐完‐


21