後輩B「いやあ、勝ちましたねえ、まき先輩」

まき「何もしないで勝てたねー」

アカネ「……」

まき「アカネちゃん?」

アカネ「……はあ」

まき(落ち込んでおられる)

アカネ「後で謝らないと……」

まき(あくまで謝るのはこちら、と。律儀だねー)

後輩B「ところでまき先輩、今まさに第二試合が行われているわけですけど」

後輩B「なかなかKOになる気配がしませんね」

まき「そうだねー」

後輩A「そこ、元々バレーにKOなんて無いから!」

三花「よそ見してる暇なんてあるのかな〜?」

とし美「それっ!」

後輩A「しま……っ!?」

とし美「……はい、ゲームセット。私たちの勝ちね」

後輩B「あーあ、よそ見するから……」

後輩A「あんたのせいでしょ!」

後輩C「あそこでよそ見しなければー……」

後輩A「こいつのせいなんだからー!!」


  *  *  *


後輩C「さてついに決勝戦となりました」

後輩C「今度の解説には怪我から復帰したエリさんを招いております」

後輩C「エリ先輩、よろしくお願いします」

エリ「よろしくねー」

後輩C「さてこの試合、一人だけ二年生が紛れてしまっていますが……」

エリ「どっちかというと二人なのでは?」

後輩C「なるほど」

後輩C「おや、まき先輩がこっち睨んでます。図星だからでしょうか」

エリ「まき選手の表情が一層険しくなる! これは試合にも期待できそうです!」

後輩C「そんなこんなしてるうちに、両チームの選手が立ち位置についたようです。
 先にサービスを打つのは、とし美選手ですね」

エリ「とし美選手は安定性に定評のある選手です。きっちり決めてくれることでしょう」

後輩C「卓球のエリ選手に比べたら、間違いないでしょうね」

エリ「それどこで聞いたの」


とし美「行くよ! それっ!」


後輩C「そういえばビーチバレーは二人なので、
 レシーブした人が相手のコートに打ち込むことにもなりますよね」

エリ「そうだね」

後輩C「まき先輩大丈夫なんですか?」

エリ「えっ?」

後輩C「いや、今レシーブしてたので……」

エリ「あー、大丈夫大丈夫」

エリ「ちっちゃいけどジャンプ力は人並み以上だから」


まき「ちっちゃくないよー!!」


後輩C「おっとまき先輩、叫びながら怒りのスパイク! これは強烈!」

エリ「ちっちゃいわりには、なかなかの威力です。
 しかしとし美選手、悠々とレシーブをしますねー」

後輩C「三花選手、うまくとし美選手の位置に合わせてトスを上げた!」

エリ「さあ決めてくれるか、とし美選手!」


とし美(三花、いいボールをありがと)

まき(……来る!)

とし美「くらえっ!!」


エリ「おおっと、とし美選手、狙いが正確だ! 空いてる場所めがけて、ボールが突き進む!」

後輩C「しかし元セッターのまき選手は一味違います!
 必死に追いつこうと、手を伸ばしながら灼熱の砂浜にダイブ!」


まき(届けえええーーー!)

後輩B(まき先輩……!)

とし美(……っ!? ダメだ、届く!)

まき(ふふ、甘いねとし美ちゃん……私の実力を舐めてもらっちゃ困るよ……)

まき「それっ! そっちいったよ!」

後輩B「はい、まき先輩! 任されちゃいました!」

後輩B(やっぱりまき先輩は凄いなあ……あんな身体でも、あそこまで出来るんだもん……)

後輩B(私の一生の憧れです、先輩!)


後輩C「おっと、なにやら爽やかすぎて逆に気持ち悪い笑顔でトスを上げている!」

エリ「純粋すぎるとああなるんですねー」

後輩C「ところでエリ先輩は先程純粋な愛を叫んだら、KOされたわけですけど」

エリ「うかつでした」

後輩C「そのKOにしたアカネ先輩はどこへ行ったのでしょう?」

エリ「そこら辺で飲み物買って、頭冷やすとか言ってましたね。
 ところでそちらの相方も見当たらないわけですが、どこへ行ったのでしょう」

後輩C「……あれ。本当にいませんね。どこ行ったんでしょう」


  *  *  *


後輩A「アカネ先輩!」

アカネ「……あれ、どうしたの。ついて来てたの?」

後輩A「一人でどこに行くのかなと思って。迷惑でしたか?」

アカネ「ううん。別にいいよ」

後輩A「……良かったです」

アカネ「でも皆のところにいなくていいの?」

後輩A「えっと、なんというか、聞きたいことがあったんです」

アカネ「なに?」

後輩A「アカネ先輩っていつからあんなにエリ先輩と仲良しなんですか?」

アカネ「ぶふっ!」

後輩A「ずっと聞きたかったんですよ」

アカネ「よりによって最悪のタイミングでかましてくれるね……」

アカネ「……エリはねえ、一年の頃に部活で会ったのが最初。
 初めは落ち着きのない、元気な子だなあと思ってただけだったよ」

アカネ「でも色々な面倒事に巻き込まれていくうちに、私には無いものを持っていることを知って」

アカネ「あとは流れで、仲良しになったんだ。別に面白いエピソードなんかは無いよ」

後輩A「無いものを持っている……」

アカネ「誰でもそうなんだけどね。皆、私に無いものを持っている。
 でもとりわけエリはそれがわかりやすくて、話していたいと思ったんだよ」

後輩A「それは……私もそうでしょうか?
 先輩に持ってないものを、私も持ってるんでしょうか?」

アカネ「うん」

後輩A「……」

アカネ「……それじゃ、戻ろうか。私も頭冷えてきたし」

後輩A「……先輩!」

アカネ「どうしたの?」

後輩A「私にとっての先輩も、そうでした。ずっと追っていきたいと思ってます」

アカネ「ふふ、本当どうしたの? そんなこと言うキャラだっけ?」

後輩A「い、今だけは腹を割って話そうかと……思って……」


  *  *  *


後輩C(……)

後輩C(思い返せば、あいつが先輩に直接カッコいいと伝えられたの、
 後夜祭のたった一度きりなんだよねえ)

後輩C(ヘタレすぎるなあ……面白いけど)

エリ「試合終了ーっ!」

後輩C「あ、終わった」

エリ「三花・とし美ペアの勝利!」

三花「とし美、ナイスプレイだったよ〜!」

とし美「そっちこそね!」

まき「負けたー……」

後輩B「さすがに先輩二人を相手にすると辛いですね。
 でも、私たち後輩も健闘したと思いません?」

まき「健闘したと思うけど、私たち後輩ってどういう意味?」

アカネ「試合終わったんだ」

三花「アカネおかえり〜。調子はどう?」

アカネ「まあいつも通りに戻ったよ」

後輩A「……」

後輩B「あれ、なんでアカネ先輩と一緒にいるの? てか試合見てくれてなかったの?」

後輩A「どうせあんたが足引っ張って負けるだろうし、見なかったよ」

後輩B「ひどくない!?」

後輩A「まだまだ先輩たちには適わないよ、私たちなんか」

後輩B「いやいや、部長は過小評価しすぎだよ。私たちだって結構食らいついてたんだから」

三花(……お、部長って呼ばれてる)


  *  *  *


後輩C「それじゃあ私たちは行きますね」

後輩A「お先に失礼します」

エリ「じゃあねー!」

後輩B「では、まき先輩はこちらへ……」

まき「なんで」

後輩A「ほら、行くよ! ここに来てまで先輩に迷惑かけないの!」

後輩B「ああ運命は残酷だ……!」

三花「まあOGとして呼べばいいしさ。ねっ?」

アカネ「そうだね。時間空いてれば、練習手伝うこともできるよ」

後輩A「はい!」

とし美「……そしていつか、合宿で後輩をしごく側に回るんでしょ?」

三花「もちろんそれが最終目標だよ〜」

後輩C(ご愁傷様と言っておくよ、未来のバレー部たち……)

後輩A「……それでは、この辺で」


 ‐ホテル‐


まき「じゃ、おやすみー」

アカネ「うん、おやすみ」

アカネ「……ふう。今日は一段と疲れたわ」

エリ「まさか後輩たちが揃って出てくるとはね」

アカネ「あとエリがあんな爆弾発言してくるから」

エリ「えー、いいじゃん。私の愛を受け止めろ、アカネっ!」

アカネ「あ、こら! 抱き付くなって!」

エリ「えへへ」

アカネ「まったくもう……。ほら、明日帰るんだから、早く寝るよ」

エリ「んー」

アカネ「……もう。こんなに甘やかしてあげるのは、ハワイにいる間だけなんだからね」

エリ「優しいなあ、アカネは」

アカネ「はいはい。おやすみ、エリ」

エリ「おやすみー」


  *  *  *


エリ「……」

エリ「……アカネ、寝た?」

アカネ「……」

エリ(……完全に寝られたかな。一歩遅れてしまった)

エリ(まあでも、その間は私が主導権を握っているのですよ。
 つまりは悪戯し放題ってやつ?)

エリ「えい」

アカネ「ん、んー……」

エリ(あ、あれ、起こしちゃった? うわー、こっち向いてきたし)

アカネ「……すぅー……」

エリ(なんだ、ただ寝返りうっただけだった……よかった……)

エリ(……しかしアカネって、こうして見るとホント綺麗だよね)

エリ(どうしてんなにも、アカネは綺麗なのかな。
 どうしてこんなにも、ずっと近くで見ていたくなっちゃうのかな)

エリ(うん……、どうして……こんなに近くで……)

アカネ「……」

エリ「……」

アカネ「んー……」

エリ「——っ!?」

エリ(えっ……わ、わたし今なにしようとしてた? えっ!?)

エリ(……わかんない。わけわかんない! ……なにこれ!)

エリ(ああ、もう……、なんなのさ……)

アカネ「……」

エリ(……きっとすごく眠いんだ。だからなんだよ……、うん……)

エリ(早く寝よ……おやすみ……)


 ・

 ・

 ・


 ‐機内‐


エリ「……」

エリ(ああ、楽しかったなー、ハワイ。色んなことがあった、うん)

エリ(海は綺麗だし、時間は自由に使えるし、ご飯は……ポイ以外は美味しいし)

エリ(ホテルは……アカネたちと一杯過ごせたし……)

エリ(……)

エリ(とっても充実してた。身体も心も大満足の毎日)

エリ(……)

エリ(……日本まで、あと少しだ)


 ‐日本に着いて数日後・三年二組教室‐


和「……机を前の方に集めて……うん、そうそう」

和「もう一列いりそうね」

信代「りょうかーい」

曜子(ま、まさかの幸福……夢なら覚めないで!)

アカネ「……軽音部もやることが凄いよね」

まき「このタイミングで教室ライブだもんねー」

まき「黒板、あとはなに書こうかなー」

アカネ「適当に可愛くお花とか書いちゃえば?」

エリ「ふふふーん」

アカネ「……エリ、それはなにを書いたの?」

エリ「羽の生えた熊だよ!」

アカネ(さすがの発想と言うべきか……可愛いけど)

律「おいーっす」

律「……え、いいの?」

和「あら」

信代「あとで拭けばいいじゃん」

エリ「主役たちの入場だね」

まき「りっちゃん、持つよー」

律「サンキューな」

唯「黒板可愛い〜!」

エリ「まだまだ半分しかできてないけどね」

律「ロンドン的なテイストも加えてくれよな!」

まき「安心して。ここに“国際的女子高生”って書いといたよー」

澪「こ、国際的……?」

エリ「あと私は“ロンドンがえり!”って書いたよ!」

律「……なあエリ」

律「それってロンドンが“エリ”ってことか?」

エリ「いかにも」

アカネ「えっ」

紬「ふふっ……ロンドンがエリちゃんなんて……!」

梓(ムギ先輩がツボった!?)

エリ「あとは黒板上部に名前を書こうかなーって思ってるんだけど」

エリ「普通の名前を書くんじゃ、つまらないよね?」

澪「いやそこは普通でいいから!」

エリ「そう? 澪ちゃんの候補としては、“みおったん”とかあったんだけど」

梓「あの、私はなんて書かれる予定だったのでしょうか?」

エリ「“あずにゃん”」

梓「唯先輩のせいですよ!!」

唯「ここで私が怒られるの!?」

まき「それじゃ二人は普通に書くとしてー」

まき「ムギちゃんはどうする? よく呼ばれてるあだ名ってある?」

紬「あだ名ねー……うーん……」

唯「ムギちゃんのあだ名かー……」

アカネ「……その“ムギ”って、あだ名じゃないの?」

唯「あっ」

紬「そっか! アカネちゃん、鋭〜い!」

アカネ(本人が自覚してなかったのか……)

律「定着しすぎて、あだ名って感じがしないよなー」

澪「……おい律、まだ終わってないんだぞ」

律「悪い悪い。まだ運ぶものあるんだよな」

律「それじゃ、もう一仕事してくるわ」

唯「いってらっしゃ〜い」

律「お前はこっち側だ」

唯「ひええ〜……!」

まき「頑張れー」


  *  *  *


31