-梓

ファーストインプレッションは、もったいない先輩…でした。
出るところは出ていて、顔のパーツも整っていて、筆舌しがたいほど綺麗な髪で--。
それなのに太い眉毛のせいで、ちょっと野暮ったい。

他の先輩たちとのやり取りから、優しくて丁寧な人だとは感じていましたが、その程度で。
特に良い印象も悪い印象もありませんでした。

そんなムギ先輩のイメージが変わったのは、軽音部に入ってしばらくしてからのこと。
ある昼休みのことです。

お昼ごはんを済ませた私は、中庭にいました。
憂が唯先輩のところは行ってしまい、手持無沙汰だったし、学校を探索することにしたのです。

花壇に目をやりながら歩いていると、ふと金髪の後ろ姿が目に入りました。
ひと目でわかりました。ムギ先輩です。

ムギ先輩は座りこんで何かしているようでした。
何をしているか気になり近づくと、先輩はこちらに気づきました。

「あれ…中野さん」

「こんにちは。琴吹先輩……あ、その子」

「ええ、迷いこんだみたいなの」

「猫さん…」

「ふふふっ」

「?」

「猫さんだなんて、随分かわいらしい言い方だなって」

「う…」

「気にしないで、褒めてるんだから」

なんだか出鼻を挫かれた気分です。
先輩はそんな私のことなど気に留める様子もなく、猫を撫でています。
喉元を撫でられたその子は、気持ちよさそうに、ニャァと…。

「私も撫でていいですか?」

「ええ、もちろんよ!」

「おいでー」

猫は素直に近寄ってきて、顔を差し出しました。
まるで撫でてくれと言わんばかりに。

「ふふ、素直な猫さんねぇ…」

「はいです」

「そういえば中野さんはどうしてこんなところに?」

「ちょっと学校探索です」

「ふぅん…この学校広いからわかりにくいでしょう?」

「はい。でも、最近はだいぶ慣れてきました」

「そっか。ねぇ、よかったら私が案内しよう…」

「ん?」

「…探索は自分でやるから楽しいんだよね。ごめん、忘れて」


探索は自分でやるから楽しい、というムギ先輩の発想は面白く感じました。
私は何度か校内探索に出ていましたが、それは所詮暇つぶしで。
面白いかどうかなんて考えたこともなかったのです。

でも振り返ってみれば、結構探索を楽しんでいたかも…。


「あの、琴吹先輩」

「なぁに?」

「やっぱり案内をお願いできませんか?
 1人での探索ならいつでもできるので」

「ふふ、そっか。
 じゃあ、この子とはお別れね。バイバイ」


猫は名残惜しそうにムギ先輩が離れていくのを見ていました。


「さて、どこか案内して欲しいところはある?」

「えっと…」

「特にないんだ?」

「ごめんなさい…」

「中野さんが謝ることないわ。順に見て回りましょう」


中庭、特別教室、部室練、会議室…特にあてもなく、私達は歩きました。
ムギ先輩は施設が見えるたび熱心に説明してくれたので、軽い気持ちで案内を頼んだのが申し訳なく思えました。


「…と、これくらいかしら。もういい時間だし」

「そうですね」

「じゃあ、またね」

「あの…」

「どうしたの?」

「今日はありがとうございました。
 それから…ごめんなさい!」

「どうして中野さんが謝るの?」

猫と戯れている先輩を邪魔してしまったこと。
軽い気持ちで案内を頼んでしまったこと。
私の中では「申し訳ない」ことなのだけど、うまく説明できそうにありませんでした。

「…中野さん」

「…はい」

「ふふ、唯ちゃんが中野さんに抱きつく理由がわかったかも」

「え…」

先輩は戸惑っている私に近づき、そっと頭を撫でてくれました。

「先輩が、先輩風を吹かせるのに理由なんていらないのよ
 少しでも後輩の役に立ちたくて、先輩は必死なんだから」

語りながら、優しく髪を撫でてくれる。

「ふふ、中野さんの髪はさらさらね」

「先輩の髪だって…」

「触ってみる?」

「いいんですか?」

「もちろん」




私は恐る恐る、手を伸ばした。


…あの時のことは、今でも覚えている。


ただ先輩の髪を触るというだけなのに。


ほんの数十センチ手を伸ばすだけなのに。


それがひどく特別なことに思えて。


どうしようもなく、心臓がざわついて。


あぁ、これが「ときめく」ってことなんだと----







ムギ先輩の髪はさらさらで。それから--

--とてもいい匂いがした。





私が「もったいない先輩」を好きになったきっかけは、その一件なのだけれども。
そのきっかけが「好き」という言葉に昇華されるまでには時間がかかった。

他の先輩に気づかれないようにこっそり目で追って。
ムギ先輩と目が合うとサッと逸らして。

そんなとりとめのない、それなりに楽しい時間を過ごしてきた。

そんな私の変化に他の先輩たちもムギ先輩も気づいていない…と思っていた。
でも、それは大きな間違いでした。

とある夏の日。
澪先輩が夏風邪気味なため、部活はお休みだというメールが来た日。

私は部室に行きました。
特に理由はありません。
強いて言うなら、誰もいない部室を探索してみたかったから…かもしれません。

部室にはムギ先輩がいました。

「あら、梓ちゃん」

「ムギ先輩? 今日部室は休みだって」

「あー…そうなんだけど。ちょっと氷を処分したかったから」

「氷…あ、お茶のですか?」

「うん。部活で出すお茶に入れてる氷なんだけど」

部活が突然休みになることはしばしばある。
その度にムギ先輩はこの作業をしているのだろう…。

「梓ちゃん?」

「?」

「何か考えこんでたみたいだけど」

「な、なんでもないです。
 あ、そうだ!
 良かったら、ちょっとお話しませんか?」

「ふふ、名案ね!
 氷さんもそのほうが浮かばれるでしょうし」

氷さん。
その響きがおかしくて笑いを堪えていると、あっという間にアイスティーが出てきた。

冷たいお茶を飲みながら、部室でしばし談笑。
話したのは、休日の過ごし方、友達のこと、律先輩のオデコのこと。

ふと、話題が途切れる。

ムギ先輩はグラスに口をつけ、コクコクとアイスティーを飲みはじめた。

ふたりきりだったからか。それとも夏の日だったからか。

私はムギ先輩の唇から目が離せなくなってしまった。

アイスティーを飲み終えた先輩は、こちらを向くと、悪戯っ子みたいに笑った。

それから私の方へ歩いてきて、唇を重ねた。

そっと触れる程度のキスの後、すぐ唇を離した先輩は「勘違いじゃないよね」と呟いた。
「勘違いなわけないです」と返すと、舌で私の唇を抉じ開けた。

突然のことで頭が真っ白になった私のことなどお構いなしで、ムギ先輩は私を愛しはじめた。
舌は生き物のように私の口内で暴れまわり、涎が2人の口から滴り落ちる。
キスを続けたまま、先輩は器用に私の服を脱がせて、胸を愛撫しはじめた。

トクン

トクン

突然だったけど--
突然過ぎたけど--
ムギ先輩と愛し合うんだって実感が湧いてくる。

私も懸命に舌を絡めて、快楽を貪った。
ムギ先輩は乳首を暫く攻めた後、私の大事なところを攻め立てた。

私が十分に濡れたのを見計らい、先輩は唇を離した。
2人の息は荒い。
十分な酸素を補給した後、今度は私のほうからキスをした。
再び舌を絡めながら、ムギ先輩の指で…私は達した。


「ムギ先輩」

「なぁに」

「ファースト・キスですか?」

「ええ」

「どんな味がしました?」

「えっと…」

「ムギ先輩も?」

「うん…」

「衝撃的すぎて、味わう余裕なんてありませんでした」

「私も。アイスティーの味なんだろうけど、その直後に梓ちゃんの味を知ってしまったから」

「…」

「どうしたの?」

徐ろにキスをして、舌を入れた。

「ムギ先輩の味を覚えておきたくて」

「ふふふ」

愛の告白も、高校生らしい葛藤もないまま、私とムギ先輩の関係がはじまった。
と言っても、特に何か変わったわけではない。
たまに2人で遊びに行くようになった程度である。
学校生活でも、部活でも、身の振り方を変えるようなことはしなかった。

ただ、それでも先輩たちは2人の変化に気づいたみたいだ。
その上で何も言わないでくれたのは、とても有り難かった。

一番変わったことは…定期的に愛し合うようになったことだ。
私はあの日から…正確に言うとあの日以前から、ムギ先輩を性的な目で見てきた。

あの日以降、私はムギ先輩を見ると、どうしようもなく発情してしまうようのだ。

男子高校生なんて猿みたいなものだなんて言うけど、女子高校生は猿以下かもしれない。
そう思えるくらい、どうしようもなくムギ先輩を求めてしまう。

部室で、ラブホテルで、先輩の家で。
何度も何度も愛しあった。

2人でインターネットを見ながら研究もした。
その成果もあり、二人同時に達することもできるようになった。

爛れた日々。
でも幸せな日々。

そんな日々が永遠…とまではいかずとも、しばらくは続くと思っていた。
けれども、私は気づいてしまったのだ。

一緒にいるうちに、どんどん先輩について理解していった。
ムギ先輩は、誰かを助けることに喜びを感じる。

それは例えばお茶を入れることだったり。
あるいは唯先輩の面倒を見ることだったり。
とにかく、誰かを助けて喜んでもらうことに、最上の喜びを感じる。

もちろんムギ先輩自身の願望(例えば食欲)もあるけれど、
それ以上に、ムギ先輩の根っこに「奉仕による喜び」がある。


最初は小さな違和感に過ぎなかった。
ムギ先輩の「赤い顔」を見たことがない、という小さな違和感。

でも、ムギ先輩について知っていくうちに、
ムギ先輩について理解していくうちに、
違和感は疑念へと変わっていきました。

もしかしたら、ムギ先輩は----

ある日。
私達はホテルにいた。

お互いに下着姿になった後、私はムギ先輩を押し倒した。
先輩はニコニコしている。
いつもはムギ先輩が終始リードしてくれる。
きっと先輩は「今日は梓ちゃんがリードしてくれるのかしら」とでも思っているのだろう。

私はムギ先輩の目を覗き込む。
ムギ先輩は目を逸らさない。

覚悟を決めて、私はその問を発した--



「ムギ先輩は私のこと好きですか?」



言ってから、少し後悔した。



2