病室



律「憂ちゃん、大丈夫だからな」



和「憂は強い子よ、きっと大丈夫」



紬「そうよ、憂ちゃんが病気なんかに負ける訳ないもん」


純「そうですよ、憂だもん」



梓「それに憂は唯先輩の妹です」



唯「…」ガチャッ



律「ゆ、唯…」



紬「どうだったの?」



唯「ちょっと外に来て欲しいんだ」





唯「憂、助からないって」



和「なっ…そんなまさか」



梓「嘘ですよね?」



純「憂が死ぬなんてそんな…」



唯「さわちゃんがね」




さわ子「唯ちゃん、憂ちゃんはもう手の施しようがないわ」



唯「そ、そんな…嘘だよね?」



さわ子「残念ながら本当よ…」



唯「憂が死んじゃう…」



さわ子「何時、急変するかわからない状態なの」



唯「…」



さわ子「唯ちゃん、もうすぐ憂ちゃんの意識が戻る」



唯「うん」



さわ子「憂ちゃんにこの事を伝える?伝えない?」



唯「…」



さわ子「辛いと思う、だけど…」



唯「今日、1日だけ考えさせてくれないかな?」



さわ子「わかった、唯ちゃん」



唯「はい」



さわ子「助けてあげれなくて…ごめんなさい」



唯「さわちゃんのせいじゃないよ」





律「そ、そんな…」



紬「憂ちゃん…」



梓「憂が何したって言うんですか!」



和「あんなに良い子なのに…」



純「憂…」



律「澪にも知らせないとな…」



唯「そうだね、行って来るよ」



唯「皆は憂の傍に居てあげて」



病室


菫「失礼します」



直「失礼します」



純「スミーレ、直」



菫「今日から憂先輩の担当になりました」



直「全力で看護にあたります」



紬「ありがとう、憂ちゃん喜ぶわ」



プール



唯「澪ちゃん」



澪「ゆ、唯…憂ちゃんは大丈夫なの?」



唯「憂ね…」



澪「う、うん」



唯「助からないんだって」



澪「えっ?」



唯「何時、急変するかわからないんだって…」



澪「そ、そんな…」



唯「澪ちゃん」



澪「う、うん」



唯「憂の事好き?」



澪「好きだ!」



唯「ありがとう、澪ちゃん」



澪「唯、包丁持って来てくれないかな?」



唯「何に使うの?」



澪「大切な事なんだ」



唯「自殺するつもりなら駄目だよ」



澪「違うって、頼む」



唯「わかった」



唯「はい、包丁だよ」



澪「ありがとう、唯」


澪「唯、人魚が何故人間を敵視するか?理由わかる?」



唯「苛めるから?」



澪「違う、人魚の肉はどんな病をも治して不老不死になれるんだ」



澪「だから、人間は人魚を欲した」



澪「悪い人魚はそれを利用して人間を殺した」



澪「でも、人間も人魚も悪い奴ばかりじゃない」




澪「それを憂ちゃんが、そして皆が教えてくれた」



澪「私は憂ちゃんが好きだ」



澪「だから、私は…」





唯「澪ちゃん、まさか…」



澪「ふんっ!」ザクッ



唯「澪ちゃん!何を…」



澪「うっ…」ぽたぽた



澪「こ、これを憂ちゃんに…」



唯「み、澪ちゃん手当てしないと!」



澪「早く憂ちゃんに食べさせるんだ!早く!」



唯「う、うん!」



病院


憂「はぁはぁ」



律「お、おい急に苦しみ出したぜ」



梓「ナースコールを!」



菫「どうしました!」



紬「菫、憂ちゃんの様子が…」



直「こ、これは…」



菫「凄い熱…それに血圧も低い」



直「SPO2もかなり低い」



菫「先生を呼びます」



直「皆さんは外に出て下さい」



さわ子「急変したのね!」



和「憂が…憂が…」



さわ子「落ち着いて、大丈夫だから」



さわ子「酸素の用意を」



菫「はい!」



直「先輩、必ず助けます」



病室 外



律「た、助かるよな絶対…」



紬「助かる絶対助かる」



梓「私達が信じてあげないでどうするんですか…」



純「憂…」



和「唯に電話してくる」



唯「何でタクシー捕まらないの!」


唯「待ってて貰えば良かった…馬鹿だな私」ぐすっ



唯「和ちゃんから電話だ」



唯「もしもし?」



和「唯、憂が急変したわ…」



唯「えっ?まさか、こんなに早く…」



和「直ぐ戻って来て!」



唯「わかった!」



唯「ど、どうしよう…そうだ!」プルル



唯「お願い出て…」



唯「今すぐ私の家に車で来てお願い!」



唯「訳は後で話すからお願い来て!」



唯「早く早く…」



ブッブー



晶「唯、乗れ早く!」



菖「早く乗って!」



幸「ただ事じゃないんでしょ?早く」



唯「み、みんな…うん!」



6