澪「なんで私も誘ってくれなかったんだよ!!」

澪「私もムギと! ムギと一緒に……!」

律『は? いやいや、朝誘ったじゃんか…』

澪「…あ」

律『おいおい…』

澪「…ごめん律…なんでもない…」

律『…………澪〜』

澪「なに?」

律『おまえさ、ムギのことどう思う?』

澪「え…!?」

律『アイツさ…すごくいい娘だよな。今時いるのかってくらい素直で感動屋だし』

澪「な、何を言ってるんだ…律?」

律『澪もそう思わないか?』

澪「お、思うよ! 律よりもずっと! ずぅ〜っと! 思ってる!!」

律『お、おお…そっかそっか…』

澪「なんだよっ…なんなんだよ急にっ!」

律『いや…私今日ムギに…』

律『…ううん、悪い。なんでもない』

澪「なんだよ! はっきり言えよ!!」

律『さ、さっきから何怒ってるんだよぉ〜…』

澪「…は! い、いや…ごめん……勉強しててカリカリしててさ…はは」

律『そっか、悪かったな。じゃあ取り合えず切るわ』

澪「ごめん…律…」

律『まあ気にすんな! じゃあな〜』プチ

澪「うん…」

澪(…)

澪(もう…認めるしかないのかな)

澪(きっとムギと律はお互いを……)

……………………………
…………………
………

ぶかつ後!

唯「ふう〜。もお疲れたよぉ〜…あいすぅ〜〜」

梓「今日は珍しく唯先輩頑張ってましたね!」

澪「そうだな…じゃあ、帰ろっか」

律「…」

紬「…」

スタスタスタ…

唯「あずにゃ〜ん、お腹すいたよ〜」ギュッ

梓「ひゃぁ! …だから抱きつかないでくださいよぉ〜…」

… …

澪「…」チラリ

澪(なんだろう…律とムギ…急に大人しくなって)

律「…」

紬「…」

律「う!」

律「あいたたた…お腹いたいな〜…」

澪「! おい、大丈夫か…?」

律「わ、私ちょっとトイレ寄ってから帰るわ」

律「みんなは先帰ってて!」ダッ

澪「おいおい…」

唯「りっちゃん、人がアイス食べようと思ってるのになんてお下品な!」

梓「別にいいじゃあないですか…カレーよりマシですよ…」

唯「! あずにゃん、今日の晩御飯カレーなんだ!」

梓「!! うぅ〜…」

紬「…あ、あの〜、私も実は…」

唯「ムギちゃん家もカレー!!?」

紬「そ、そうじゃあなくて、トイレ行ってくる! 先帰っててね!」ダッ

澪「あ…!」

唯「ムギちゃん家はカレーじゃあないけど、ムギちゃんもカレーなんだ…」

梓「ややこしい言い方しないでくださいよ…」

澪(な、なんだよ…アイツら……)

澪(今思えばなんか2人ともウソ臭かったな…)

澪(ま、まさか今頃2人で!!)

澪「…!」

澪「わ、悪い! 私もカレー…じゃあなくて! トイレ!!」

梓「み、澪先輩まで!」ガーン

唯「あずにゃん…晩御飯ウチ来る…?」

梓「そうしようかな…」

澪「くっ…はぁはぁ」ダッ

澪「…なんでもっと早く気付かなかったんだっ…!」

澪「どこだ! 2人ともどこに…」

澪「!!」

澪「部室の明かりがついてる…!」

澪「…」ソォ〜

澪「いる…確かに部屋の中に2人とも…」

澪「声きこえる……。 何を話してるんだ…?」

律「メール見たよ…こないだ言ってたアレ…本気だったんだな…」

紬「うん…」

律「冗談か…違う意味かと思ってたよ…まさかムギが…」

紬「冗談なんかじゃあないの…本当に…好き…なの」

澪「!!」

澪(やっぱりか…そうなんだ…)

澪(わかってはいたつもりだけど…今、完全に現実を突きつけられた…)

澪「…」グスン

律「そうか…ムギの気持ちはわかったよ…」

紬「りっちゃん…私、どうしたらいいか本当にわからないの」

紬「もう…どんどんキモチが抑えられなくなって…」

澪(私の出る幕はもう無いな…これ以上聞いても仕方ない…帰ろう……)

律「ごめんムギ…私にはどうしてやることも出来ないよ」

澪(…な!?)

紬「いいの…こっちこそごめん…ただ聞いて欲しかっただけなの…」

律「冷たいと思われるかもしれないけど、はっきり言うよ…」

律「ムギがどうするか…ムギ自身の問題だよ…」

紬「そう…よね…」

澪(り、律のヤツっ……! ムギとキスまで済ませといてっ、なんて無責任なことを!!)

ドア「バターン!」

律紬「!!」

澪「ふざけるなっ! 律!!」

律「澪…?」

紬「み、澪ちゃん!!?」

澪「ムギはなぁ! 本気で悩んでたんだよ!! 本気でお前を…!」

澪「それをっ……! なんだよ弄ぶだけ弄んどいて! 他人事みたいにっ!!」

律「おいおい…澪? どうしたんだよ急に…」

紬「えっと…澪ちゃん…落ち着いて…」アセアセ

澪「何こんなヤツ庇ってるんだよムギ!」

澪「私なら…私なら絶対にムギに冷たくなんてしないっ…何よりも大切にするのに…!!」

紬「!!」

律「…」

律「ふ…ふはは」

澪「何が可笑しいッ!!?」

律「ふふ…丁度良いじゃんムギ!」

紬「…!」

律「そんじゃ、私帰るわー。トイレにでも寄ってからな」クス

澪「ふ、ふざけるなッ!! 律!!!」ガシッ

律「…」

澪「勝手な真似ばっかり!! 何とか言えよ!!」

律「ナントカ」

澪「お前〜〜っ!!」

律「…アタマを冷やせ」

澪「…なっ!」

律「さっき言った言葉を忘れるな」

澪「何を偉そうに!」

律「ムギの言葉をしっかりと聞けよ…」

紬「…りっちゃん」

律「じゃあな、ムギ。あとはお前自身の問題だ…」

澪「またッ!! お前は……!!」

紬「澪ちゃん!!!」

澪「!!」ビク!


紬「すぅ〜〜〜……」

紬「…………ふぅ…」

澪「…?」

紬「……ありがとう、りっちゃん。やっぱりりっちゃんに話して正解だったわ」ニコッ

律「はは…私は何もしてないって」スタスタ

ドア「ガチャン」

澪「………! くっ…」

澪「ムギ…」

紬「澪ちゃん……」

紬「聞いて? 澪ちゃんに告白したいことがあるの」

澪「いいよ…今更私が聞いたって…」

紬「…お願い……」

澪「そっか…いつだか言ってたな……秘密は私にも話さなければ気が済まないのか?」

澪「……ムギは誰にでも平等で優しいから」

紬「平等…」

紬「そうね…私…出来る限りみんなと仲良くしたいから…出来る限り平等に接してきたわ…」

澪「わかってるよ…」

紬「でも、好きな人にはどうしても…他の娘たちと同じになんて…出来なかった」

澪「…律のことか」

紬「??……違うわ」

澪「!? え!!」

紬「大好きな人には、どうしてもイチゴの大きいケーキをあげちゃう…」

紬「大好きな人には、少しでも多く、私の淹れたお茶を飲んで欲しい…」

紬「大好きな人が、大好物のガトーショコラを食べてる…その顔を見るのが何よりの幸せ…」

澪「む、ムギ…?」

紬「ふふ…みんなに内緒にしてたつもりだったけど、随分前に唯ちゃんだけにはバレてたね…」


紬「私…ずっと澪ちゃんを見てた」

紬「出会ったときから澪ちゃんが好き」

澪「…え」

澪「そんな…」ジワッ

澪(ムギも私と同じキモチだったなんて…)

澪(でも…だったら…なんで)

澪「…律を気にしてたのは…何なんだよ…」

澪「私が覆いかぶさったとき…律に見られて慌ててた」

澪「律ばっかり見てたり、ポッキーゲームのあと律にあやまってた」

紬「…だって、澪ちゃんの好きな人はりっちゃんでしょ?」

澪「…へ? な、なんだって!?」

澪(そんなわけないだろ! 私だってムギが…)

紬「だから…私…りっちゃんの前で…誤解されちゃうようなことばかりしてたから…」

紬「申し訳ないなぁ、って…」

———「ち、違うの!!、違うのよりっちゃん! 本当に違うの!」

———「りっちゃん、いないわよね?」

———「ごめんなさい…りっちゃん」

澪「………。あれは…全部、私と律に気を使ってたのか…」

澪(ムギ…自分のことよりも私たちのことを…)

澪「あ! …でも、律と2人だけで出かけたり、今日だって律と2人きりで…!」

紬「うん…きっと澪ちゃんとりっちゃんは好き合ってると思ったから…まずはりっちゃんに私の気持ちを打ち明けてみたの」

紬「澪ちゃんのこと…相談に乗ってもらってたの…」

澪「そうなんだ……」

澪(私はバカだ…ただ嫉妬したり、自分の事しか考えてないし…ムギはこんなにも優しいのに)


澪(でも…腑に落ちない)

澪(ムギは、私が律のことを好きだって思い込んでる?)

澪(それなら、何故このタイミングで告白を?)

澪(なんか…焦ってるみたいだ)

紬「話ズレてきちゃったけど…」

紬「もう全部スッキリさせたいから、続けるね?」

澪「な、何を…」

紬「あと二つ。澪ちゃんに大きな隠し事があるの」

澪「!!」

澪「キ、キスのことだな!」

澪「そうだよ! ムギはあのとき『好きな人の口にキスした』って言ったよな!?」

澪「誰なんだよ! 一体何がウソで何が本当なんだよっ…!」

紬「…ウソなんてついてないわ…」

澪「…え? だって、私はムギとなんてした覚えは…」

澪「…あ」

紬「…ごめんなさ…本当にごめんなさい…」ブルブル

紬「私一度……部室で寝ていた澪ちゃんに……勝手に…」グスン

澪「…!!」

澪「そう…だったのか…」

紬「ごめ…なさ……ごめん…なさい…」ポロポロ

澪(なんだよ、そんなことで……私は未遂だけど…ほとんどおあいこだし///)

澪(ていうか、起きてるときにやってくれよ…勿体無い…)ガクリ


澪(いやいや! そうじゃあない!)

澪(寝ていた私に…キ、キス!?)

澪(いくらなんでも強引すぎる…ムギらしくない…?)

澪(まぁ、私が言うのもなんだけど///)

澪「…ムギ」

紬「…許されるわけ…ないよね」グスングスン

澪「私は別に怒ってないよ、ムギ」

澪「ただ気になるんだ。どうしてムギがそんな強引な行動に…?」

澪「理由が知りたいだけ…」

紬「…」

紬「…初めては、どうしても澪ちゃんが良かったから……」

澪「!? ど、どういうこと…?」


紬「私が自分の欲望に忠実な人間ってことよ…」

澪「ウソだよ…私はムギがどんなに他人想いかを知ってるぞ!」

紬「私は澪ちゃんが思ってるほど立派な人間じゃあないよ?」

紬「貪欲で…我慢が足りなくて…心の奥では贔屓ばかり…」

澪「そんな…ムギはいい子だよ…そんなフウに自分を言うなよ…」

紬「じゃあ…私が…澪ちゃん見ながら、いつも何考えていたかわかる…?」

澪「…え?」

紬「…私は澪ちゃんの全てが欲しいの」

紬「その真っ黒でサラサラな髪も…ちょっとつり上がった目も…」

紬「スタイルの良いカラダも…白くてキレイな脚も…」

紬「誰よりも真面目で頑張り屋の性格も…怖がりで繊細な心も…」

紬「全部…全部…」

澪「ムギぃ…」グスン

澪(そんなの私だって…同じだ…ムギの全て…手に入れられたらって、ずっと…)

澪「…なら、最後の秘密ってなんだよ……」

澪「全部それだろ!? キスも告白も! それが引き金なんだろ!?」

紬「…」

澪「話して」

紬「…」

澪「聞くから」

紬「…」

澪「ムギの全てを受け止めるから!」

紬「私…」

紬「……ねぇ、澪ちゃん? 『みんなで同じ大学行こう』って言ってくれたよね」

澪「…あ、ああ?」

紬「嬉しかったよ。澪ちゃんなんて推薦蹴ってまで、私の志望校に合わせてくれた」

澪「それくらい大したことじゃあない…(それだって、正直下心半分だ……)」

紬「幸せだった…その日のうちに死んじゃおうかって、思った」

澪「死…!? ム、ムギ!!?」ドキリ

紬「ごめんね澪ちゃん、実は私…みんなと大学へは行けない」

澪「———!」

紬「みんなと…澪ちゃんと、もうお別れなの」

澪「な なにを———」

澪(何を言ってるんだ? ワケがわからない)

紬「私ね、もうすぐ結婚することになったの」

澪(ケッコン?)

紬「最後の秘密——私には将来を誓い合った殿方がいるの」

澪(イイナズケってヤツか? ハハ、サスガおじょうサマ)

紬「まだ、直接顔も合わせたこと無いんだけどね…」クス…

澪(あったコトもないようなヤツと…?)

紬「本当は…大学卒業まで待ってもらう予定だったんだけど…」

紬「急にその人がね、来年から会社のロサンゼルス支社を任せられることになってね」

紬「だから、結婚を早めて、一緒に向こうで暮らすことになったの」

澪(ハハ…ロスどすか…。なんか急にハナシがブットビすぎてて…)

澪(ていうか何の話だっけ?これ)

澪(ムギが好きな人は秋山澪さん、ムギは会ったこともない男と結婚して海外へ、律は…どうでもいいか)

澪(アタマがおかしくなりそうだ…最初はただムギと律がイチャつくのを止めにきただけなのに)

紬「ふぅ……これでお終い」

紬「じゃあね、澪ちゃん」

紬「…って、お別れを言うのはちょっぴり早いわね」クスッ

紬「…りっちゃんとお幸せにね」

澪「…!!」

紬「…実はりっちゃんにも聞いちゃったんだ。『澪ちゃんのこと好き?』って」

紬「りっちゃん…『澪はただの親友だ』って言ってたけど…うふふ」

澪(違う…! 私が好きなのはムギなのに……)

澪(て、ていうか、何でそれを言わないんだ私!?)

澪「む、むぎ…」

紬「なあに、澪ちゃん?」

澪(言え! 早く言ってしまえ!!)

澪「私も……私の好きな人も……」ゴニョゴニョ

紬「うん?」

澪「む…」

澪(いや!!)

澪(言ってどうなる…ムギの運命を変えられるのか? 私が?)

澪(相手の男はきっと会社ぐるみの付き合い…海外…支社長…)

澪(言ったら…ますます無念なだけだ……ムギをより悲しませるだけ…)

澪「む…無理せず…頑張れよ…」

紬「………うん、ありがと」

澪「あ、あとさー、ムギは一つ誤解してるよ」

紬「え?」

澪「私にとっても律はただの親友だよ」

澪「れ、恋愛感情なんてあるわけないさ、ははは」

紬「…そう」

澪「うん、そう」

紬「…うらやましいな」


……………………………
…………………
………



6