第17話「律誕」

                -/⌒^:7ニ==- ミ、_
              /: : / : : /: :厶:\ヽ: :}\⌒ヽ
            /: : :.:/: /: :|/    ̄`⌒^'くリ: ハ
              /: : : : | : i: : |/⌒       ∨: :
           ′: : : :| : |: : レ-=ミ     `ヽ:!: : |
          .: : : : : : :| : l: :〃_,ノハ     x=、|: :│
           / : : : : ⌒| : l 小 V::ソ    r':ハ リ: :│
.          厶: : : 〈 ^(l: 人: |      、ヾン /: : :|
           厶イ \_|: : : N  ''      '' {: : : |    8月21日  今日は私の誕生日だぜ
           ∠:/: : |: : : |     ー ‐   八| : '
            /: : : |: : : ト         イ: : iV
              //{: : : : : |  `  ..__/|V| : リ
               ヽ八: :l‐┐r─┴ト、:| | :/
                  /7ヽ| /=ヘ.   | ト、|/
            _ . イ /| / ∧ハ /| |    、_
        /     ∨/∨ /「¨| ∨/ ∨     `ヽ
          /  /  く / { l/{ | | ノ/ /     / }
        {.  |  /|  しイl | |'J/ 〃夲癶夲∨ /

ピリリリリ!!



午前零時になり、日付が変わったことを示すアラームが部屋に鳴り響いた

8月21日が到来し、今年も幼馴染であるあいつの誕生日がやってきた

澪「おい、律ー。日付かわったぞ、起きろー」ユサユサ

律「んぅー…zzz……」

アラームが鳴り終わると同時に私は律を起こしにかかったが 全く起きる気配がない

少しゆする力を強めても、相当深い眠りに落ちてしまっているのだろうか、一向に瞼が開かれる様子はなかった

しばらくして、 私は律を起こすことを諦め椅子に腰をおろす

澪「まったく…。何が『仮眠とるから12時になったら起こして〜』、だ」

そんな恨み言をつぶやきながら 私は気持ちよさそうに眠る幼馴染の寝顔を見つめる


澪「この分だとプレゼントあげるのは明日になりそうだな」

用意してきたプレゼントを握りながら独り言ちる

せっかく今日は泊まることになったんだから、日付が変わったらすぐに渡したかったのに…

律「……ムニャムニャ…zzz」

そんな希望もむなしく、ベッドの上に横たわっている本日の主役は 相変わらず夢の中の世界を満喫中のようであった

澪「はぁ……。私も寝るか…」

ため息を一つついた後、私は椅子から立ち上がり あらかじめ敷いておいた布団に寝転がる

澪「あ……電気消さなきゃ」

照明をつけっぱなしのことに気づき、私は布団から起き上がり スイッチを切りに向かった


澪「……」

しかしスイッチに手をかけた瞬間 少しばかり名残惜しいという気持ちがどこからか湧いてきた

澪「せっかく12時まで起きてたのに、このまま寝るのはなんか勿体ないよな…」

なぜこんな気持ちが湧いてきたのかは分からないが、少し考えたあと、寝る前に自分だけであいつのことを祝ってやることにした


なるべく音を立てないように注意しながら、私は再びベッドの上ですやすやと眠る幼馴染のもとへ向かう

澪「少し、緊張するな」

私は一度大きく深呼吸をした後、寝台上の眠り姫の耳元に祝福の言葉を囁いてやった

澪「ハッピーバースデー、律」

祝辞を述べ終えると、心なしか 律の口元が少し緩んでいるように見えた


澪「さて、今度こそ寝なきゃな」

私は再び立ち上がり、スイッチのもとへと向かう


スイッチに手をかけると、どこからか寝言が聞こえてきた

律「ん……みおぉ〜……zzz」

澪「ふふっ…、まったく。明日また祝ってやるからな」

照明のスイッチの音が響いたあと 部屋には二つの寝息のみが 静かにこだましていた





第18話「たいふう!」

ある台風が接近中の日、学校から休校の連絡が伝えられる中、軽音部の部員たちは何故か音楽室に集っていた…。



ゴォォォォォォォォ……


唯「雨風が強くなってきたね……」

紬「えぇ……」

律「まったく。誰だよこんな台風の日なのに学校あるとか大嘘言ったのは……」

澪「お前だ!!」

澪「まったく。律がいけないんだぞ。連絡網きちんと回さないから……」

律「だってー、今朝はお父さんとお母さん、両方いなかったんだし仕方ないじゃーん!
  そんな状況下で私がきちんと起きてて連絡網回せると思うか!?」

澪「知らないよそんなこと!」


梓「はぁー…。そろそろこの辺も暴風域に入ったみたいですしねぇ……。しばらく帰るのは無理かもしれませんね」

唯「えぇー!? ってことは今日はもう帰れないかもしれないってこと!?」

梓「仕方ないでしょう。今回の台風は十年に一度ってくらい大型のものらしいですし」

唯「じゃあ今日はここに泊まることになるかもしれないってこと…?」

紬「それは由々しき問題ね……」


澪「確かに、ケーキとかしか食料がないもんな…。今日一日これだけで過ごせるのかどうか…」

紬「それに枕がないのも重大な問題だと思います、隊長!」

澪「ここでも枕投げするつもりだったの!?」

紬「だって…お泊まりと言えばやっぱり枕投げかなって」テヘッ

澪「そもそも枕投げするような気分にならないと思うけどな…」


律「てかそもそも布団がないのも問題だな。今日はここで雑魚寝かー?」

梓「ま、まだ今日は帰れないって決まったわけじゃありませんから……」

律「いーや!梓、帰れなかった時のことを考えて、今から寝る場所を確保しておかなければならーん!」

梓(…こういう時だけ無駄に部長っぽい!)

唯「でも寝る場所って言ったって……。そんなのあるの?そこのソファーに一人くらいなら寝られそうだけど……」

律「よくぞ聞いてくれた唯隊員! こんなこともあろうかと、実は音楽準備室に寝袋が3つほど、ストックしてあるのだよ!!」

唯澪紬梓「おぉー……」


紬「結構何でもあるのね、音楽準備室って♪」

澪「いやいや、どう考えてもうちの学校だけだから。てかどこから持ってきたんだよ……」

律「まあ細かいことはいーじゃんいーじゃん。これで泊まることになっても安心ってことだしな!!」

梓「ちょっと待ってください。寝袋は3つしかないんですよね?」

律「ああ。ちゃんと3つ取り揃えてるぞ!」

梓「で、そこのソファーに一人寝るとすると…」

唯「……あれ?ってことは誰か一人は床ってこと?」

律「…………そうなりますわね」

澪「全然安心じゃなかった!!」


律「よし!じゃあ誰か床で寝たい人!!」

澪「いるわけないだろ!」

律「えー、でも誰かが床で寝ないとな なわけだし……」

紬「じゃあジャンケンで決めるのはどうかしら?」

唯「ええー、それじゃつまんないよ」

梓「じゃあ唯先輩は何がやりたいんですか?」

唯「よくぞ聞いてくれたよあずにゃん! ここはババ抜きで決着をつけることを提案します!」

律「おっ、そっちの方が確かに面白そうだなー」

紬「トランプは私が持ってます!」ジャーン

澪(…さすがムギ!)



唯「よーし!じゃあ順番決めるじゃんけん、いっくよー!」

澪「って結局ジャンケンするんじゃん!!」


澪「…はい。誰が床で寝るかはジャンケンで決めような。ほらそこトランプ配らなーい」

唯律「えー」ブーブー

梓「ジャンケンの方が早く決まるし、いいじゃないですか。ほら、はやくやりますよ!」

律「ふっふっふー、残念だったな、みんな。このおまじないがある限り、私はじゃんけんに負けないのだよ!」グッ

唯「おー、手を組んでねじって手の間の隙間を覗き込むおまじないだね!よーし私も……」グイッ

澪「なんで説明口調!?」

紬「見えた! この手の形は…? ダイナマイト…?」

唯「ムギちゃん言っちゃダメだよ〜」

紬「ごめ〜ん」

梓(てか思いっきり反則技のような……)

澪「ほら、そろそろやるぞ。最初はグー!」

律「待って!もうちょっとで見えるから!」

澪「……最初はグー」スタスタ

律「あ!わかりましたすぐ始めます!すぐ始めるからそのグーの手を下ろして!!」



律「じゃあいくぞー。最初はグー!じゃんけんぽーい!」

・・・・・・



律「」

唯「りっちゃーん、お〜い」ユサユサ

律「」

澪「かれこれ30分たったわけだけど……。まったくいつまでこの状態なんだ律は」

梓「まあ一発で一人だけパー出して負けたわけですし…。ショックが大きかったのかもしれませんね…」

唯「勝利のチョキ!!」

律「」



紬「みんなー、ケーキの準備ができたわよ〜」

律「えっ?ケーキ!?」ガバッ

澪「あっ、復活した」

・・・・・・

ゴォオオオオオオオオオオオ


梓「…しかしほんとに雨が止む気配がありませんね……」

澪「どうやらここに来て台風の速度が遅くなってるらしいな。本当に冗談抜きで今日は帰れなさそうだ……」

律「ひゃぁ〜ひゃいふうはんへはくなへはひひのに!!」モグモグ

澪「お前は食べながらしゃべるな!」

唯「本当だよねー。台風なんてなくなればいいのにねー」

澪「そして何故聞き取れる!?」


梓「しかしまさかここまで強い台風だなんて想像もしてませんでした」

澪「ムギの家とかならこんな台風でも安全そうだけどな」

紬「もう、澪ちゃんたら。私のうちはそんなに大層なものじゃないわ」

律「そういやムギの家って行ったことないなー。やっぱあれなのか?スゲーでかいのか?敷地は東京ドームくらいとか!」

紬「さすがにそんなに大きくはないわー。甲子園くらいかしら?」

梓(どちらにしろ相当大きいような……)


唯「執事さんとかもいるんだっけ?なんだか羨ましいなー」

紬「唯ちゃんだって憂ちゃんがいるじゃない♪」

唯「えへへ///そうでした///」

律「確かに憂ちゃんいれば執事なんて要らなそうだなー。というわけで憂ちゃんくれ!!」

唯「ダメだよ!憂はあげられないよ!」

律「じゃあアタッシュケースいっぱいのケーキと交換で!」

唯「うーん……?」

澪「いやいや、そこ悩むとこじゃないだろ」

唯「ってダメダメ!憂はそんなものとは交換できないよ!」

梓「まったく。唯先輩はいっつも食い意地はってるからそんなことで悩むようになっちゃうんですよ」

唯「ひょんなほとないほん!!」ムシャムシャ

澪「わかった。わかったからとりあえず食べながら喋るのはやめろ」


律「あっ!閃いた!」

紬「? どうしたの?りっちゃん急に?」

律「いや、こんな台風の日こそ安全なムギの家に泊まるべきなんじゃないかなって」

澪「……は? いやだって律、外はあの有様だぞ。いくらムギの家の人でもそもそも迎えにこられるわけが……」

紬「来れますよ?」

澪「来れるんかい!!」


唯「じゃ、じゃあ今日はムギちゃんの家に泊まれるってこと!?」

梓「で、でもムギ先輩の家って確か一ヶ月くらい前から予約が必要なハズじゃあ……」

紬「大丈夫よ〜。今日はこの台風でちょうど予約のキャンセルが結構あったから」

律「! そうなのか!なら安心だなー!」

律「よーし!今日はムギの家に泊まることにけってーい!!」

澪「ムギ、本当にいいのか? こんな突然だけど」

紬「大丈夫よ、澪ちゃん!私にまかせて!!」

キィィィィン……


澪「あ、こんな台風のなか飛行機が飛んでるぞ…。大丈夫なのかな」

梓「……てかあの飛行機こっちに向かってきてません?」

律「てか明らかに近づいてきてるじゃねえか!! うわっ!!校舎とスレスレのとこ通ってったぞ今!」

唯「うわぁ!!こ、校庭に着陸したよ!!」

律「一体何が起こってるんだ…?」

紬「あっ、迎えが来たみたいね。みんな、行きましょ?」

唯澪律梓「……えっ?」


唯「えっ!!? あ、あの飛行機ムギちゃん家のなの!?」

紬「そうよ〜。まあ私の家のものって言うよりは家そのものだけどね」

梓「い、意味がよくわからないのですが…」

紬「つまりあの飛行機が私の家の一つってことよ〜。最近は学校から帰ったら毎日いろんなところを旅してるの♪」

澪「ム、ムギが言ってることが凄すぎてにわかには信じられない……!」

律「あっ、だから予約制なのか」ポンッ

澪「そしてお前はあっさり納得するな!!」


紬「さっ。じゃあみんなそろそろ行きましょ?」

唯律「はーい」スタスタ

澪「なんでそんなにお前らは普通の反応なんだよ!」

唯「えー?だってなんだか楽しそうじゃん?」

律「それに飛行機なんて滅多に乗れるもんじゃないしなー。しかもあれだろ?ファーストクラスとか体験できちゃうかもしれないんだぜ

!!」

梓「さ、さすがにそんなのはないような…。ね、ムギ先輩?」

紬「? あるわよ?」

梓「ってそれもあるんですか!!」


梓「はぁ……。何だか凄すぎて言葉が出ません…」

澪「私も夢なんじゃないかって思えてきた…」ツネー

律「みおー!!これは夢なんかじゃないぜ!!」バシッ!

澪「…ありがとう律。これが夢じゃないってよーくわかったよ」ニマァ

律「あ、あはっ。す、シミマセン」



律「よーし!気を取り直して!! みんな!ムギの家に乗り込むぞーっ!!」

律「…………ってあれ?」

唯「飛行機が……?」

梓「いなくなってますね」

澪「そしていつの間にか雨も上がってるな。どうやら台風がここにきてスピードを上げて通り過ぎてったらしい」

律「え、えぇー!? じゃあもしかして……」

紬「ごめんなさいみんな…。その、台風が通り過ぎたから予約キャンセルって話は無しになったって……」

律「やっぱりかーい!!」



梓「ま、まあでもこうして雨があがったわけですから。私たちもそれぞれ家に帰れば……」


ピンポンパンポーン

校内アナウンス『最終下校時刻を過ぎたので、昇降口の扉が自動ロックされました。
        校門の方も間もなく施錠しますので、校庭にいる学生方は速やかにお帰りください』

ピンポンパンポン


梓「」

唯「……だそうですけど」

澪「雨上がっても結局帰れないんじゃん!!」


律「あれ……?ということは私が寝るところは…?」


唯「床だね」

澪「床だな」

紬「床ね」

梓「床ですね」


律「」



純「…こうして軽音部にとって、今日の台風の日はいい思い出となりましたとさ」

憂「めでたし、めでたし♪」

律「めでたくねーし!!!」

おわれ


?話 「一番くじ」

音楽室


ガチャ

律「ちょりーっす」

澪「やあ律。やっと来たか」

律「あれ?今日は澪だけか。今日何かあったっけ…?」

澪「何いってるんだ律。今日は一番くじ戦争の日じゃないか」

律「は…?せ、戦争……?な、何言ってるんだ澪。熱でもあるのか?」

澪「ああ!私は今けいおんの一番くじへの情熱に満ち溢れている!!」

律「は、はぁ?」

澪「よし、律。それじゃ早速行くぞ」

律「行くってどこにだよ」

澪「決まってるじゃないか。けいおんの一番くじを引きに行くんだよ。さあ行くぞ律!!」グイッ

律「強制的に連れてくつもりかよ!!」

律「でもその何だっけ……一番くじ?ってのはどこでやってるんだ」

澪「今回のはホビーショップとか、ローソンとかでやってるみたいだな」

律「へぇ…。おもちゃ屋さんだけじゃなくてコンビニとかでもやってるのか」

澪「ただ今回の戦争には一つ問題がある」

律「戦争って…。そんな大層なもんでもないだろうに」

澪「いや、一番くじを甘く見るな律!! 現に私は過去のくじで、沢山の犠牲者を目にしてきたからな」

澪「買い占められて引けなかった者、目の前で売り切れて引けなかった者、自転車が壊れてて戦地に赴けなかった者…
  過去にはたくさんの犠牲者がいたんだ」

律「いや最後のは犠牲っていうか自己責任だろ」

澪「とにかく!今回は開催店舗も少ないし激戦が予想される! ここで立ち話してる場合じゃない!行くぞ、律!!」

律「ってか何で私も行かなきゃなんないんだよ!澪一人で行けばいいじゃんか」

澪「馬鹿だなぁ。もし回数制限があるところに当たったら困るだろ? だから人数は多いに越したことはない!!」

律「現金なやつだ!!」

・・・・・・

律「…で?まずはどこに向かうんだ?」

澪「最初はここから一番近いローソンに行こうと思う」

律「ここから一番近いってなると…。あぁ、校門を出てすぐのあそこのローソンだな」

澪「いや、そこじゃない。そこは開催店舗じゃないからな」

律「え?じゃあどこだよ」

澪「隣の学区にあるローソンだ」


律「は?隣の学区…!?それって結構遠くねぇか?5kmくらいあるぞ」

澪「さっきも言ったけど今回は開催店舗が少ない。だから仕方ない」

律「でもなぁ…。自転車で行くにしても結構疲れるぜ…?」

澪「大丈夫だ。今日はパ…お父さんの車を借りてきてある」ジャーン

律「そういやお前免許持ってたっけ…(※4話参照)」



澪「というわけで早速向かうぞ律!!」

律「はいはい」

・・・・・・

澪「ふぅ…。流石に車だとわりとすぐについたな」

律「なんかいつも通りにしかみえないけど…。本当にくじなんてやってんのか?」

澪「くじの景品は見えないところに置いてあるかもしれない。ほら、行くぞ律」

律「あ、私も行くのね…」


ティンローン

店員「いらっしゃいませー」

澪「さて、くじはどこかなっと…」

曽我部「あ、秋山さん!?」

澪「そ、曽我部先輩!?どうしてここに!?」

曽我部「もう///私はもう高校卒業したんだから先輩呼びなんてしなくていいのに」

曽我部「私はけいおんのくじを引きに来たの。近くにやってるところここしかなかったから…。もしかして秋山さんも?」

澪「は、はい!私もです。」

曽我部「やだ凄い偶然ね///。 今日はくじ引きに来て本当に良かったわ」


律「先輩はもうくじ?は引いたんですか?」

曽我部「私も今来たところだったの。それで、今から引こうと思ってたところなの」

澪「じゃあ曽我部先輩、お先にどうぞ」

曽我部「えっ?いいの?」

澪「先に来てたのは曽我部先輩ですし。それに後輩の私から先に引くなんてできませんよ」

曽我部「ありがとう秋山さん。じゃあ先に引かせてもらうわね」

曽我部「すみませーん!けいおんのくじ、5回お願いしまーす!」



16