部室

澪「北陸へ~ 出かけましょう~ 行きたかった~ あのに~ほんへ~♪」

唯「澪ちゃん何歌ってるの?」

澪「最近CMでやってるだろ。北陸新幹線が金沢まで開業するんだ」

梓「そういえば最近よく聞きますね」

澪「だから乗ってみたいなぁ~って」

梓「確かに乗ってみたいですね」

澪「できれば一番列車に乗りたい…それは無理か」

梓「いくらなんでもそれは無理ですよ…」

澪「だよな」

紬「その必要はないわ」

唯「どうして?」

紬「ほらこれを見て」

唯「ほえ? 東京→金沢 かがやき501号 乗車日:2015年3月14日?」

澪「え!? ムギ!? そんなのどこで手に入れたんだ!?」

紬「斎藤に頼んでみどりの窓口でジャスト打ちさせてもらったの~ しかも8枚 グランクラスで」

梓「グ,グランクラスですか!?」

澪「それに8枚!?」

律「そうだぞ~ 和や憂ちゃん,あと佐々木さんの分もな」

澪「鈴木さんだろ」

梓「でもすごいですね,ジャスト打ちで8枚も購入できるなんて」

澪「わずか数十秒で完売だったからな」

紬「うふふ,楽しみだわ~」

平沢家

唯「ふふふふふふふ,ふふふふふふふふふふん~♪」

憂「なんか今日ご機嫌だね」

唯「そう,実はですね~ 憂にプレゼントがあるんだ~」

憂「何?」

唯「はい,これ」

憂「ん? 東京→金沢 かがやき501号 乗車日:2015年3月14日?」

唯「北陸新幹線の一番列車です!!」フンス!

憂「え!?」

唯「しかもグランクラスです!」フンス!

憂「マジで!?」

唯「そうだよ!!」

憂「え? 誰がこの切符を買ったの!?」

唯「ムギちゃんの執事が買ったんだよ」

憂「え? ジャスト打ちで!?」

唯「よく分からないけどそうみたいだよ~」

憂「すごい……」

翌日 登校中

和「唯,憂,おはよう!」

唯「あ,和ちゃ~ん!!」ギュー

憂「和ちゃんおはよ~う!!」ギュー

和「やれやれ,やっぱり抱きつくのね」

唯「あ,そうそう和ちゃん,これあげる」

和「え? 東京→金沢 かがやき501号 乗車日:2015年3月14日?」

憂「今度開業する北陸新幹線のかがやきの一番列車だよ!」

和「そうなんだ,じゃあ私先行くね」

唯憂(まさかのスルー!?)

和「というのは冗談として,よく切符を手に入れたわね。しかもグランクラスってかいてあるわね」

唯「そうでしょ」フンス!

憂「こんなの滅多にないよ~」

和「そうね,ありがとね」

唯「どういたしまして」

和「っと言っている間に学校に着いちゃったわね」

憂「じゃあ私はここで」

唯「うん」

憂たちの教室

ガラ

憂「純ちゃん,梓ちゃん,おはよう」

梓「あ,憂,おはよう」

純「おはよう」

憂「純ちゃん,梓ちゃんから聞いた?」

純「何を?」

梓「あ,すっかり忘れてた!?」

純「何,どういうこと!?」

憂「純ちゃん,単刀直入に聞くけど,北陸新幹線の一番列車に乗りたい?」

梓「衝突だね」

純「何,一番列車? 乗りたいけど,朝早いんでしょ?」

憂「まあそうだね」

純「朝早く起きるの面倒だからなぁ~」

梓「ちなみに澪先輩も行くけど」

純「!! 行く行く!!」

梓(変わり身早っ!)

憂「はいじゃあ切符あげる」

純「ありがとう。…ん? グランクラス?」

憂「グリーン車よりも更に上のクラスの席のことだよ」

純「そんな凄い席に一番列車として乗ることができるの?」

憂「そうだよ」

純「憂よくお金あったな」

梓「純,この切符を買ったのはムギ先輩の執事なんだよ」

純「え? ムギ先輩が!?」

憂「そうだよ」

純「さすが大金持ちのムギ先輩だなぁ」

放課後

律「さてと,全員に話したか」

梓「はい,大丈夫です」

紬「みんなに渡ってうれしいわ~♪」

澪「斎藤に感謝しないとな」

梓「そうですね」

ガチャ

さわ子「みんないる~」

律「お,さわちゃん」

さわ子「今日のお菓子はな・に・か・な~♪」

紬「今日のお菓子はシュークリームよー」

唯「わ~い,ムギちゃんありがとー!!」

ヒラヒラ

さわ子「ん? 何これ?」

唯「あ!!」

さわ子「ん? 東京→金沢 かがやき501号 乗車日:2015年3月14日?」

唯「さわちゃんそれ私の!!」

さわ子「これは一体どういうこと?」

唯「あの……えっと……」オロオロ

紬「北陸新幹線の一番列車です!!」

さわ子「北陸新幹線の一番列車?」

唯「は,はい……」

さわ子「あなたたちが乗るの?」

澪「はい,そうです…」

梓「あと,和先輩と憂と純です…」

さわ子「それだけ…?」

梓「はい……」

さわ子「あんたたち……」

唯律澪紬梓「は,はい……」

さわ子「何で私も誘ってくれなかったのよー」

唯律澪紬梓「え…?」

さわ子「羨ましいわ~ 一番列車でしょ? しかもグランクラス? 最高じゃないの~」

澪「あ,はい……」

唯「先生は仕事があると思って,あえて呼びませんでした」

さわ子「そんなこというのはこの口か~!!」

唯「ギャー!!」

律(天然って怖い……)

さわ子「でもその日吹奏楽部の大会で引率しなきゃならないから無理だけど」

律「おい」

紬「まあまあお茶でも飲んで落ち着きましょ?」

澪「いや練習だろ…」

梓「そうです!! 練習するです!」

律「まあまあまあまだ紅茶全部飲み終えていないし……」

澪「全く… それ飲んだら練習するからな」

律「はーい」ズズズ…

開業前日の放課後

唯「いよいよ明日が開業だね」

澪「そうだな」

梓「でも明日朝6:16発車ですのでそれに間に合わないといけませんね」

唯「憂が起こしてくれるから大丈夫!!」フンス!!

梓「唯先輩は自分で起きれるようになりましょう」

律「6:16か,4時起きだな」

澪「大丈夫かな…」

律「じゃあ明日の準備のために,今日は終了!!」

澪「勝手に決めるなよ…」

律「だって,明日早いから早く寝ないといけないだろ」

澪「まあそうだけどさ…」

律「はいはい,解散!!」

平沢家

唯「ただいまー」

憂「おかえりー」

唯「御飯はー?」

憂「もうできてるよー」

唯「さすが憂!」

憂「だて明日早いんだもんね」

唯「うんうん」

憂「それにしても明日楽しみだなぁ~」

唯「だね♪」

翌日 AM4:00

ジリリリリリリリリ

唯「うーん…」カチャ

唯「んー…」

ガチャ

憂「お姉ちゃ~ん,そろそろ起きないと」

唯「んー,あと5分…」

憂「ダメでしょ? 今日は新幹線に乗るんでしょ?」

唯「んー…」

憂「全く…」カチ

ブブブブブブ

唯「にゃあ!?」

憂「ほら起きて!!」

唯「はぁ,びっくりした… 何するのよ」

憂「お姉ちゃんが起きないからマッサージしてあげたのに」

唯「だからって股間に当てるのはどうよ?」

憂「ちゃあちゃんと起きてよ」

AM:5:50 東京駅

梓「唯先輩,おはようございます」

唯「あ,あっずにゃあん~ おっはよ~」ダキ

梓「にゃ,抱きつかないで下さい!!」

唯「よいではないか~」

梓「ふにゃ~ 唯先輩……」

澪「唯は相変わらずだなぁ」

律「そうだな」

純「澪先輩,おはようございます!!」

澪「あ,お,おはよう…」

和「ごめん,遅れたわ」

澪「あ,和,おはよう」

憂「和ちゃん,おはよう~」ダキ

唯「おはよう~」ダキ

和「抱きつくのはやめなさい」

梓「そういえばムギ先輩は?」

律「そういえばいないな」

唯「寝坊じゃないの」

梓「ムギ先輩に限ってそれはないでしょう」

澪「ちょっと電話してみよう」

プルルルルル

紬『もしもし?』

澪「お,ムギ,今どこにいる?」

紬『東京駅だけど?』

澪「東京駅!? 私たちも東京駅だけど?」

紬『どこにいるの?』

澪「丸ノ内線の改札口のところ」

紬『あ,そんなところ? 私八重洲の方でずっと待ってたんだけど』

澪「あ,そうなんだ」

紬『今からそっち行くわ』

澪「了解~♪」プチ

澪「どうやらムギは八重洲の方にいたみたい」

律「なるほど」

紬「みんな,お待たせ~」

唯「あ,ムギちゃん」

紬「ごめんね~」

律「いいっていいって」

澪「ムギには感謝してるもんな」

紬「そんなことないわ」

和「私も感謝してるわ」

梓「すみません,そろそろ移動した方が…」

和「あ,そうね」

律「確かかがやき501号だっけ?」

澪「23番線か」

新幹線ホーム23番線

唯「うわー,すごい人だかりだね」

和「そりゃ一番列車だからね」

純「カメラを持った人がいますよ」

律「なにせ一番列車だから記念になんだろうな」

澪「グランクラスは12号車か」

梓「そうみたいですね」

放送「まもなく,23番線に,かがやき,501号,金沢行きが12両編成で参ります。……」



2