~~~~~~~~~~

梓「いっぱい付けましたよ先輩、嬉しいですか?」

律「嬉しいです・・・」

梓「そうそう、それでいいんですよ先輩」

梓「ただ私に従って喜んでればいいんですよ」

律「はい・・・」

梓「ねぇそろそろあそこ触ってもいいよね」クチュ

律「やぁっまだらめぇ!」

律「>>235触ってほしいよぅ・・・」ジト

※縫工筋

律「縫工線触ってほしいよぅ・・・」ジト

律は自分の太ももの縫工線を指す

梓「本当にしょうがないですねこの変態先輩さんは」

梓(指されなきゃどこか分からなかったじゃん・・・)

梓 ペロペロ

律「んんっ!うあぁ・・・」

梓「こーんなところでも感じちゃうんですね」クスクス

律「ああぁっそこ!」

梓「ここがいいんですか、せーんぱい」ペロペロ

律「うん・・・そこがぁ・・・いいのお・・・」ピクピクッ

梓「体、ピクピクして可愛い」ペロペロ

律「あずしゃぁ・・・そろそろ・・・やめてぇ・・・」

梓「どうしてですか、先輩?ここ舐めてくださいっていったの先輩ですよ」

律「これだけで・・・イッちゃうぅ・・・」

梓「自業自得です」

律「やあぁ・・・あずしゃにまだ触ってもらってないぃ・・・」

梓「どこをですか」ペロペロ

律「大事なとこぉ・・・」

梓「仕方ないですね。まったく。先輩なのに我侭すぎるんですよ」

律「ごめんなしゃい・・・」

梓「さて、どんなのがいいんですか」

律「えとね・・・
1. 指
2. 舌
3. 貝合わせ
がいい・・・」

※2

律「えとね・・・舌がいい・・・」

梓「分かりました。たっぷり気持ちよくさせてあげますからね」

梓 ニチュ・・・

梓が律の秘部を指で開く

梓「先輩のここ、すごい濡れてますね」ニヤニヤ

律「そんな・・・見ないでぇ・・・」

梓「嘘は駄目ですよ、先輩」

梓「それじゃ舐めますね」ペロッ

律「んあぁっ」ビクッ

梓 ペロッペロッ

律「んぅ!ああっ!」

梓「先輩のここすごいですよ、どんどん溢れてきます」ペロペロ

律「言わないでぇっ・・・んああっ」

梓「先輩のおツユ、美味しいですよ」ジュルジュル

律「やめっ・・・吸わないでっ・・・」

梓 ジュルジュル

梓 コクン

律「ハァ・・・ハァ・・・」

梓「先輩、まだ終わってませんよ」

律「これ以上やったらおかしくな・・・んあっ」

梓 ペロペロ

律「やめっ・・・やめっ・・・おかしくなりゅっ・・・んぅっ」

梓「おかしくなればいいじゃないですか」ペロペロ

律「いやぁ・・・」

梓が舌の動きを止める

梓「じゃあどうすればいいんですか?」

律「途中でとめないでぇ・・・」

梓「先輩が嫌っていうからやめてあげたんですよ」

律「しょんな・・・」

梓「早くどうすればいいのか言ってくださいよ」

梓「続けるのか、やめるのか、別のプレイにしたいのか」

律「えとね・・・」シュン

梓(先輩俯いちゃった・・・でもいじめるの楽しすぎるよう・・・)

律「>>241・・・して・・・///」

※りっちゃん赤ちゃんプレイ

律「その・・・赤ちゃんプレイ・・・して・・・///」

梓「はぁ?」

梓「先輩は本当に変態なんですね」プッ

律「いいもん・・・変態で」

梓「はいはいそうですか」

律「う・・・うえー!んあー!」

梓「・・・はいはい何が欲しいのですか」

律「うえー!うえー!」

梓「これでどうですか、律ちゃん」チュゥ

律「ん・・・」チュゥ

梓が律の口内に舌を差し込む

律「んぅ・・・あぁ・・・」

梓「んっ・・・ぷはぁ」

梓「これで満足ですか?律ちゃん」

律「う・・・うえっ・・・うあー!」

梓「はいはい次は何が欲しいんですか」

律「んぎゃあ、んぎゃあ」

律が梓の胸に手をかける

梓「お腹がすいたのですか」

梓「しかたないですね」

梓が律の体を抱き上げ頭を自らの胸元に持っていく

梓「はい、どうぞ///」

律「あー」チュウチュウ

梓「んっ・・・くはっ・・・」

律 チュウチュウ

梓「ちょっ・・・舌で乳首を!・・・撫で回さないで・・・!」

律「ん~」レロレロ

梓「んっ・・・だめぇ・・・」

律が口を離す


梓「これで・・・満足ですか?律ちゃん」

律「んあー」チュウッ

律が反対側の乳首に吸い付く

梓「ああっ・・・」

律 チュウチュウレロレロ

梓「んあっ・・・もうっ!」

律がまた口を離す

梓「はぁ・・・はぁ・・・これで・・・いいですか・・・律ちゃん?」

律 ニパー

梓「じゃあそろそろ正気に戻ってください先輩」

律「んぎゃー!んぎゃー!」

足をばたつかせて駄々をこねる律

梓「全く・・・何をすればいいんですか」

少し股を開く律

梓「もう・・・とんだ変態赤ちゃんですね」

梓「いきますよ・・・」

梓 クチ

梓が律の秘部に指を差し込む

律「んああ!うあぁ!」

梓「変態律ちゃんは早くイッちゃってください」クチュクチュ

律「うあぁ!んぎゃあ!」

梓 クチュクチュクチュ

律「あ・・・あ・・・んああああああっ」ビクンビクン

律「はぁ・・・はぁ・・・」

梓「イきましたか?先輩」

律「ん・・・」

律「ありがと・・・」

梓「はいはい」

律「ところで」

律「梓は気持ちよくなりたくないのか?」

梓「い・・・いいですっ///」

律「こんなもの持ってきたんだけど」

鞄を漁る律

律「ほら」

梓「ね・・・猫耳ですか・・・?」

律「そう、あずにゃんプレイしたいんだけど」

梓「い、嫌ですよ!」

律「えー・・・」シュン

梓「あ・・・」

梓(どうしよう・・・先輩すごい落ち込んじゃった)

梓(でもすごい恥ずかしそうだし・・・)

1. 付き合ってあげる
2. しないでおく

※1

1. 付き合ってあげる
梓「しょっしょうがないですね。いいでしょう///」

律 パアァッ

梓「それじゃ髪をまとめてくるので用意しておいて・・・ください///」

律「りょうかーい」

ゴソゴソ

梓(ああ・・・ちょっとドキドキしちゃう・・・)

ツインテールにした梓が戻ってくる

梓「先輩、準備できましたか・・・って」

梓「えっ・・・」

梓(猫耳だけじゃない・・・!?)

律「さ、梓、早速ベッドに行ってくれ」

梓「え、ちょっ・・・待って」

律「さあさあさあ」

やや強引に梓をベッドに押し倒す

梓「あの・・・猫耳以外のものはなんですか?」

律「へへーおたのしみ」

梓(怖い・・・)

律「まずは猫耳な」

まず梓の頭に猫耳を装着する

律「これでもいいんだけど・・・やっぱりリアリティーを追求するとこれだな」

梓「く・・・首輪!?」

律「高かったんだぞー」ニヤニヤ

梓「やぁ・・・恥ずかしいです」

律「えぇーご主人様に逆らうつもりかー」ニヤニヤ

梓「で、でも!」

律「ほらほら~」カチャカチャ

梓「あぁ・・・///」



律「さて、これで終わりだぞ」

梓「え・・・尻尾・・・」

梓「でもそれどうするんですか・・・」

律「え、当たり前じゃん。お尻の穴に差し込むんだよ」

梓「やっやあぁ!」

律「こら、逆らわない」グイ

律が梓をひっくり返す

梓「ど、どうか!それだけは!」

律「駄目駄目~♪」

律「まあ心配するなって、ローション塗るし」

梓「やあぁ・・・///」

律「さて、入れるぞ」

律が梓のお尻の穴を広げる

梓「いやぁ!らめぇ!」

律「それ!」グググ

梓「ああっやあっ!」

律「あとちょっと~」

ヌルン

律「よし、入ったぞ」

梓「ああぁ・・・」グスッ

律「さて、これからは人間の言葉を喋ったら駄目だぞ、あずにゃん」

梓「え、えぇ~」

律「ほら早速」

梓「ん・・・にゃ・・・にゃあ?」

梓(こんなの恥ずかしすぎるよう///)

律「あー可愛い可愛い」ダキッ

梓「にゃあっ///」

律「よしよーし」ナデナデ

梓「にゃぁ~」

律「ふふっ可愛いな、私の仔猫ちゃんは」ナデナデ

梓「にゃ、にゃあ~」

梓(そろそろ他のところも弄って欲しいです・・・)

律「ん~何かして欲しいのかな~?」

梓「にゃあにゃあ」コクン

律「ふん、何してあげようかな~」

律「うん、>>253しよーしよー!」

※舐めあう

律「うん、エッチしよーしよー!」

律「いや、今それをやってるんだった・・・」

律「うぅむ・・・」

梓(今わ、私って先輩のペ、ペットなんだよね///)

梓(ペットは・・・ご主人様を助けるんだよね///)

梓(よ、よし。まず私が打開しなきゃ!///)

梓 ペロペロ

梓が律の顔を舐め出す

律「ちょっくすぐったいって」

梓「ふんふん」ペロペロ

律「くすぐったいってば」アハハ

梓「ふんふん」ペロペロ

律「こらっやめんか!」クスッ

律が梓の肩を掴み強引に離す

梓「にゃぁ・・・」シュン

律「まったく可愛い仔猫ちゃんめ」

律「お礼にチューしたげる」

梓「!」

律がまず梓のおデコに口付けを落とす

律「・・・」チュッ

梓「にゃあ・・・」トロ

律「ふふ・・・あずにゃん可愛いよ」

律は唇をそっと離す

そしてまた鼻に口付けを落とす

律 チュッ

梓「にゃ・・・」

律 ペロッ

唇を離す瞬間鼻の頭を少し舐める

梓「にゃっ///」

律「ふふ・・・」

耳に移る

今度はキスというより甘噛み

律 ハムハム

梓「にゃあぁ・・・///」

律「そっか、あずにゃんはお耳が弱かったねー」クスクス

梓「んにゃぁ・・・」

両耳を均等に甘噛みしていく

律 ハミハミ

律「あずにゃんのお耳、美味しいな」

梓「///」

律「この柔らかいほっぺにもしちゃおーっと」チュッ

梓「にゃっ///」

律 チュッチュッ

両方の頬に口付けを落としていく

梓「にゃあ~」トロン

律「ふふ・・・もうトロンとしちゃって」

律「それじゃここにも」チュッ

顎に口付けを落とす

そして

律「私の可愛い仔猫ちゃん・・・」チュウ

梓「んっ・・・」チュウゥ

律が梓の口内に舌を差し込む

律「んふっ・・・んん」スゥ

律の舌が梓の口内を蹂躙する

律「んっんっ」レロレロ

梓「ふっふっ・・・」

そんなことが暫く続いて

律「ぷはっ」

律が唇を離すす頃には

梓「・・・」ボーッ

梓はすっかり上の空であった

律「あずにゃん飲み物でも飲むかー?」

梓「・・・にゃあ」コクン

律「よし、じゃあ梓の家の冷蔵庫って勝手に開けてもいいのかな?」

梓「にゃん」コクン

律「じゃちょっと待っててな」


14
最終更新:2012年11月19日 23:40