梓「んっ・・・!」

律「さて・・・そろそろ挿れるか・・・?」

梓「///」コクリ

律「一本?それとも二本?」

梓「一本・・・で・・・///」

律「おっけ」

律「それじゃ・・・」チュプ

梓「~~~~!///」ギュウゥ

梓が律にしっかり縋り付く

律「そんなに感じてるのか・・・?」

律「もう少し挿れてくぞ」

律 ヌチュ・・・ツププ・・・

律「あと少し」

律 ヌルン

律「よし、入った」

梓「せんぱぁい・・・///」

律「大丈夫か?」

梓「大丈夫だから・・・好きなだけ・・・動かしてくださいっ・・・」

律「よし・・・ゆっくり動かすぞ・・・」

梓「はい・・・」

律 ヌチュ・・・ヌルル

梓「んんんっ!」

律 ジュプ・・・ヌチュゥ・・・

律がゆっくりと、しかしねっとりと指を動かしていく
梓の中で指を曲げてみたり膣壁を撫でてみたりする

梓「んっ・・・あっ・・・///」

律「梓のここ・・・すごい締め付けてくる」

梓「んぅ・・・せんぱっ・・・いぃ・・・!」

律(そろそろかもな・・・)

律「クリ、弄るぞ」

空いている親指で梓のクリトリスを撫でる

梓「ああっ・・・先輩!そろそろ・・・声がっ・・・!」

律「よしよし。こうしてやる」

律が少し口を開けると

そのまま梓の口に被せる

梓「~~~~~~~!」チュウゥ

律「んっんふっ」レロレロ

梓「んっ・・・んぅぅっ!」

淫らな水音と衣擦れの音、そして僅かに嬌声が漏れる

梓(アソコが・・・口が・・・気持ちいいよう・・・)


梓(もう・・・駄目・・・)

律「ふっ・・・んっ・・・」レロレロ クチュクチュ

律が少し指の動きを早める

そして

梓「んんっ・・・んうぅっ!」ビクッビクン

律(イったか・・・)

梓「ぷはっ」

梓「はぁ・・・はぁ・・・」ゴロリ

律「梓・・・可愛かったよ・・・」

梓「先輩・・・///」

~~~~~~~~~~

律「・・・あの・・・」

梓「何ですか」

律「何か私・・・凄い変態で・・・ごめん」

梓「いいんですよ。私はそんな律先輩も大好きなんですから」

律「でも・・・」

梓「いいんですって!それに・・・私先輩が・・・私を気持ちよくしてくれるの・・・すごい嬉しいですから・・・///」

律「梓・・・」

梓「だから・・・気にしなくてもいいです」

梓「でも」

梓「次は私が先輩を啼かせたいです!」

律「・・・へ?」

梓「だって先輩受けになるととっても可愛いんです!」

律「い、嫌だ!」

梓「私ばっかり恥ずかしい思いしなければいけないのって不公平だと思いません?」

律「確かに・・・でも嫌だ!」

梓「嫌なら仕方ないです。また今度、襲いますね」

律「やだあああ」

~~~~~~~~~~

律「ところでいつかホテルでも行かない?」

梓「それって・・・もしかして・・・」


律「うん、ラブホ」

梓「嫌です」

律「えー何でー」

梓「まず誰かに見られたらどうするんですか!」

律「変装してきゃいーじゃん」

梓「た、確かにそうですけれど!」

律「大きな声出しても大丈夫だしさぁ」

律「いろんなプレイも出来るぞぉ~」

梓「でも!」

律「行くんなら私も喜んで受けてあげるんだけどなー」

梓「むぅ・・・」

律「あ、年越しにゃんにゃんとかしよーぜ」

梓「ふざけないでください!」ゴッ

律「ぐはっ」

律「いてぇ・・・」

梓「あ、ごめんなさい!ついカッとなって・・・」

律「まあこっちも悪かった。スマン」

律「ということで詳細はまた今度なー」

梓(いつの間にか行くことになってる!)

~~~~~~~~~~

律「また暇」

梓「私は先輩と居るだけでいいんですが」

律「暇」

梓「んー・・・>>382なんかどうです?」

※ニコニコ動画

梓「んー・・・ニコニコ動画なんかどうです?」

律「あ、それ知ってるー」

梓「それなら話は早いです」

~~~~~~~~~~

梓「私のアカウントでログインしますね」カタカタ

梓「あ、私プレミアム会員なのでいろいろ出来ますよ」

律「へぇ~・・・」

律「あ、じゃあコメントの色もいろいろある訳?」

梓「はい、そうです。」

律「ほほー」

梓「じゃ、何検索しますか?」

律「んじゃねー>>385」

※律梓

律「んじゃねー律梓」

梓「・・・何ですかそれ」

律「将来梓とバンド組んだ時の仮称」

梓「まんまじゃないですか」

梓「まあいいデス・・・」カタカタ

梓「6件しかないじゃないですか」

律「えぇー」

梓「タグ検索に至っては4件しか無いですし」

律「まだまだ修行が足りんのう」

梓「何訳の分からないことを・・・」

律「ん、どした」

梓「なんですか、これ」

『【秋山澪誕生日記念】律が澪を呼び続ける動画』

律「」

律「わーたーしーはーやってないー」

梓「どこの尊師ですか。そんなことよりこれ、何ですか」

梓「私だけを愛してくれるって言ったのに・・・」ポロポロ

律「えっえっ!?」

律(おい・・・泣き出しちゃったじゃないか・・・)

律(何か言わないと・・・)

律「>>388」

※あずにゃんペロペロ(^ω^)

律(いや・・・ここは行動だな)

律(よし・・・)

律 ペロペロ

律は梓の涙をひたすら舐めはじめる

梓「!?」

律 ペロペロ

梓「セン・・・パイ・・・?」グス

律「ほら、もう泣くのをやめてくれ」

律「せっかくの可愛いお顔が台無しじゃないか」

梓「だって・・・」

律「これは昔の話。それに澪はただのいい幼馴染だ」

律「私はちゃんと梓だけを愛してる。これは本当な」

律「だからもう泣くのはやめてくれ」

梓「は・・・い・・・」

梓「ごめんなさい」

律「いやいや、いいって」

律(なんとか落ち着いたな・・・)

律「ところで次、何検索してみよう」

梓「私ですか・・・?じゃあ>>392でどうでしょう?」

※唯梓

梓「私ですか・・・?じゃあ唯梓でどうでしょう?」

律「・・・それは私に対する嫌がらせなのか」

梓「153件ありますよ」

律「もういい聞きたくない」プイ

梓「我侭言わないでください」

律「だってー」

梓「うるさいです」

律 シュン

梓「さてどれを観ましょうか」

律「観なくていいからえっちしよー」グダグダ

梓「うるさい」

律 シュン

梓「じゃこれにしましょう」

>>395はttp://www.nicovideo.jp/search/%E5%94%AF%E6%A2%93?track=videowatch_search_keywordからお一つ選んでください

※旅立たの日に

梓「再生っと」

律「ミエナイキコエナイ」

梓「直視してくださいよ」

律「やーだー」

梓「さあ早く」

梓は律の首根っこをつかむと

梓「うぅ重い」ズズズ

律「ちょっやめっ」

画面の方向を向かせる

律「あ゛~~~~~~~~~~~~」

梓「うるさいです」

~~~~~~~~~~
律「割とよかったな」

梓「態度が180°変わってますね・・・」

律「まあほら、あれよ、素敵やん」キリッ

梓「・・・」

律「突っ込めよ!」

梓「つまらなかったので」

律「うるせー」

律「ところで」

律「お前唯とべったりしすぎだろ」

梓「そうでしたっけ」

律「どんだけべったりしてるんだよってぐらい」

梓「はあ」

律「私ももっとべったりしたいのに・・・」

梓「澪先輩がいるじゃないですか」

律「お前と澪は違うんだ」

梓「律先輩・・・」

律「特にお胸の辺とか」

梓「怒りますよ」プルプル

律「冗談冗談」

梓「折角いい雰囲気だったのに・・・」

律「いーじゃんいーじゃん」

梓「一瞬体を許そうかと思ったぐらいです」

律「もう何回もしたことあるじゃん」

梓「いつも大体先輩が強引かあとは・・・その・・・///」モジモジ

律「梓急にSになるときあるからなー」グヘヘ

梓「うるっさいです」ゴッ

律「いってーなコノヤロー」グリグリ

梓「先輩っ痛いですって」

律「暴れるなって」

梓「やー!」ゴソゴソ

梓「やっと開放された・・・」

律「梓一回暴れだすと止められんな・・・」

梓「先輩にだけは言われたくないです」

律「うるせー」

梓「次何で検索します」

律「私に優しい内容にして」

梓「はいはい、>>403にしましょう」

※日用品バンド

梓「はいはい、日用品バンドにしましょう」カタカタ

律「にちようひんばんど?」

梓「そのまんまの意味です。とりあえずこれでも見てください」カチッ

~~~~~~~~~~

律「なんかこれ楽しーな」

梓「楽しいですよね」

律「よしやろ 梓「それはやめてください」

律「えー面白そうじゃん」ブーブー

梓「私たちとは方向性が違います」

律「梓のけちー」

梓「どうして先輩が部長で軽音部がやってこれたのかさっぱり分かりません」

律「そりゃりっちゃん先輩が才色兼備だからですよー」キャピキャピ

梓「・・・寝言は寝て言って下さい」

律「いつまでも好き放題発言できると思うなよ中野ぉ!」

梓「はーいはい」

律「あっさり長されたー」

梓「はいはいそうですね(棒)」

律「あー棒読みしたー」

梓「先輩が訳わかんないことしか言わないからですよ」

梓「あーあ、なんでこんな先輩を好きになっちゃったんだろ」

律「えーなんだよそれー」

梓「一瞬見せるかっこよさに騙されちゃったんだろうな・・・」

律「えぇい黙れ黙れ!」

律「次は>>406で検索してやる!」

※けいおん!!の田井中さんが寂しくならないOP


19
最終更新:2012年11月19日 22:11