~~~~~~~~~~

ガガンゴゴン

律(梓、寝ちゃったなー)

梓 スヤスヤ

律(多分電車に乗るとすぐ寝ちゃう人間なんだろうな・・・)

梓 スヤスヤ

律「おっと・・・乗り換えか」

律「あずさー・・・」

梓 スゥスゥ

律「・・・」

律「仕方あるまい」

律「よっこらせっと」

梓 スヤスヤ

律「次の電車までまだ暫くあるな・・・」

律「とりあえずベンチベンチっと」

梓「・・・むにゃ」パチ

梓「ふにゃっ」

律「起きたか?」

梓「えっ・・・やっやめてください!」

梓「早くっ!降ろして下さいっ!///」

律「はいはい」

梓「も、もうしないでください!///」

律「なんだよーお姫様抱っこは女の子の夢だろー」

梓「は、恥ずかしいんです///」

律「恥ずかしがる梓も可愛いよ」

梓「むぅ・・・///」

~~~~~~~~~~

律「来たぞー」

梓「分かってますよ」

律「ローカルだしやっぱりガラガラだなー」

梓「あそこ座りましょうよ」

梓が指さしたのは妻板側のボックスシートであった

梓「ここだとあまり冷気もこないしいいですよ」

律「おっけー、よいしょっと」

律「ふい~」ドサ

律「夏だったら窓開けるんだけどなぁ」

梓「最近の電車はクーラー積んでますから普通開けないんじゃ・・・」

律「ここの路線のはいつも開けてるぞ」

梓「へぇ、そうなんですか」

律「さて、暫くろくに会話できなくなるぞ」

梓「どうしてですか」

律「この電車古いから凄い煩いんだよ」

律「もう発車するぞ」

プシュ、ゴゴン

律「揺れるから注意しろよ」

梓「はいはい」

ガゴン

梓「きゃっ」

律「ほら、言っただろ。揺れるって」

梓「古い電車ってこんな感じなんですね」

ウゥゥゥゥゥゥン

律「そろそろ梓の聞こえなくなってきた」

梓「分かりました。車窓でも眺めておきますね」

ウゥゥゥンガガンゴゴン

~~~~~~~~~~

律「着いた~」

梓「つ、疲れました・・・」

律「さて、まずフロント行って部屋に行くか」

~~~~~~~~~~

律「うん、なかなかいい感じの部屋だな」

梓 グテー

律「梓、大丈夫かー?」

梓「ちょっと疲れました・・・」

律「すぐお風呂行ってもいいけど、それともご飯の後にする?」

1. すぐ行く
2. 後で行く

※1

梓「すぐ・・・入りたいです・・・」

律「それじゃ行こうか」ゴソゴソ

律「梓も必要なもの持っていけよー」

梓「はい・・・」ウトウト

~~~~~~~~~~
おんせん!

律「髪洗うの手伝ってやろうか?」

梓「あ、大丈夫です」

律「ま、いいじゃん。たまには手伝わせてよ」

梓「それじゃ・・・お願いします」

律「しかし本当に梓の髪綺麗だな」

律「まるで澪みたいだ」

澪という言葉に反応し、唇を尖らせる

律「あれ、もしかして怒ってる?」

梓「当然です」

律「そんな怒るなよ~」

梓 ムッ

律「・・・ごめん」

梓「どうせ私は澪先輩の代わりなんでしょ」

律「そんなこと無いって」

梓「どうせそうです」

律「仕方ないなぁ梓は」

律「これでも信じないか?」

梓「え?」

梓の顔をこちらに向けさせると

律 チュウ

梓「!///」

律「ん・・・これでも信用出来ないか?」

梓「も、もうっ!分かりました、信用します///」

律「それでいいの」

~~~~~~~~~~

律「あー生き返るー」

梓「お年寄りですか」

律「うるさい」

律「あ、いいこと思いついた」

律「梓、こっち来いよ」

梓「嫌です」

律「どうして」

梓「どうせいやらしいことしてくるだけですから」

律「りっちゃん傷ついた」

梓「だってそうじゃないですか」

律「今回は違うって」

梓「やめてください」

律「まあまあいいから」

やや強引に梓を引き寄せ膝の上に座らせる

律「へへ、揉んでやる」

梓「ふぁあ・・・」

胸・・・ではなく肩を揉む

律「どうもさっきから肩凝ってるように見えたからさ」モミモミ

梓「・・・ごめんなさい、ひどいこと言ってしまって・・・」

律「まあまあ、いいってことよ」モミモミ

梓「・・・気持ちいいです」

律「それは良かった。嬉しいよ」

梓「えへへ・・・///」

~~~~~~~~~~

律「さて、そろそろ出るか」

梓「そうですね・・・」ウトウト

律「梓、本当に大丈夫か?」

梓「なんだか・・・とっても眠たいです・・・」

律「よしよし分かった。じゃ、出よっか」

梓「はい・・・」ウトウト

~~~~~~~~~~

律「ご飯美味しいな」モグモグ

梓「ふぁい・・・」ウトウト

律「・・・本当に大丈夫か?」

梓「は・・・い・・・」

律「・・・布団敷いておくか」

~~~~~~~~~~

梓「ん・・・ぅ・・・」ウトウト

律「こりゃ駄目だな」

律「よっこいせっと」

律は梓を抱き上げると

律「ふー・・・これでいいか」

梓を布団に寝かせた

律「それじゃおやすみー」ゴロゴロ

寝室の襖を閉め居間に戻る

~~~~~~~~~~

律「さて・・・私もそろそろ寝るか~」

律「梓はどうしてるかなーっと」ゴロゴロ

梓 スヤスヤ

律(よく寝てるな)

律(それじゃ私も・・・おやすみー)ゴソゴソ

~~~~~~~~~~

梓「ん・・・」

梓「・・・真っ暗・・・」

梓(えっと・・・夕飯食べてて・・・)

梓(寝ちゃったんだっけ・・・)

律 スヤスヤ

梓(先輩、横で寝てるんだ・・・)

梓「へへ・・・布団に入っちゃえ」

梓「ふんふん」ゴソゴソ

律「んぅ・・・」スヤスヤ

梓(あったかい・・・)ギュウ

梓(先輩・・・大好きです・・・)

梓(おやすみなさい・・・)

~~~~~~~~~~

律「ん・・・朝・・・か」

律「朝風呂にでも入ろうかな・・・って」

腰の当たりが異常に重たいことに気がつく

律「・・・やっぱり」

梓 スヤスヤ

律「全く・・・食べちゃうぞ~仔猫ちゃんめ」

梓 スヤスヤ

律「・・・冗談は置いておいて、風呂行くか」ゴソゴソ

律「置き手紙だけ書いておこっと」カリカリ

律「それじゃ行ってきまーす」

梓 スヤスヤ

~~~~~~~~~~

梓「・・・あれ・・・」

梓「先輩・・・どこ・・・?」ウトウト

梓「・・・メモ・・・?」

梓「朝風呂に行ってきます・・・って」

梓(ひどいじゃないですか・・・一緒に行きたかったのに・・・)

梓「いつお風呂行ったんだろ・・・まだ間に合うかなあ・・・?」

1. 律を追って行く
2. 部屋で律を待つ

※1

1. 律を追って行く

梓(まだ間に合うよね・・・)

梓は布団から這い出し着替えを準備する

梓「寒い・・・」

寒さが身に染みる

~~~~~~~~~~

律「ふい~極楽極楽っと」

律「朝風呂は誰もいないからいいな~」

ガラガラ

律「ん・・・」

湯気の中に目を凝らすと見慣れた人影

律「おぉー梓か」

梓「ひどいじゃないですか。一人で行っちゃうなんて」

律「ごめんごめん。髪洗ってあげるから」

梓「しょうがないですね」

~~~~~~~~~~

律「~♪」ワシャワシャ

梓「もうちょっと丁寧にやってください」

律「へーいへい」

律「しかし本当に梓の髪、綺麗だよ」

梓「澪先輩に似て、ですか?」

律「あ、まだ根に持ってるのかよ~」

梓「だって結構悔しかったんですよ。あれ」

律「そうか・・・悪かったな」

梓「許しませんからね」

律「じゃあどうすればいいんだよ~」

梓「ずっとお詫びしてください」

律「どうやって?」

梓「ずーっと私と一緒に居てお詫びしてください」

律「・・・分かった」

梓「えへへ、ちゃーんとお詫びし続けてくださいね」ニコニコ

律「分かったわかった」ワシャワシャ

梓「だから、もっと優しくしてください!」

~~~~~~~~~~~

律「体も洗ってあげるよ」

梓「いえ、大丈夫ですよ」

律「いーからいーから」

梓「分かりました・・・お願いします」

律「おっけー」

~~~~~~~~~~

律「人の背中洗うのって割と楽しいよな」ゴシゴシ

梓「・・・先輩の感性はよくわかりません」

律「えー分かんないのかよ」

律「ま、いいや」ゴシゴシ

~~~~~~~~~~

律「梓、足開いてよ」

梓の体を一部を覗いて全て洗ってしまった律が囁く

梓「・・・恥ずかしい・・・です・・・///」

律「なんでだよ。誰も居るわけでもないのに」

梓「でも・・・///」

律「夜もっと恥ずかしいこといっぱいしてるじゃん」

梓「っ・・・!///」

律「ま、いいや。自分で洗えるよな?」

梓「馬鹿にしないでください!」

律「ほい、タオル。それじゃ先露天の方に戻ってるわ~」

梓「は、はい」

梓(どうしてだろう・・・ちょっと寂しい・・・)

~~~~~~~~~~

梓「失礼します」チャプ

律「お、こっち来なよ」

梓「はい・・・えっ」

律「確保―」ギュッ

梓「ちょっ、恥ずかしいですって///」

律「大丈夫。どうせ誰も来ないって」ギュウゥ

梓「むぅ・・・」

律「梓、肌とってもスベスベ」

梓「くすぐったいです」

律「ふふっ可愛い可愛い」ナデナデ

梓「もう・・・///」



28
最終更新:2012年11月20日 00:00