~~~~~~~~~~

パチ

律「・・・朝・・・か?」

律「時間は・・・5:00か」

梓 スヤスヤ

律「・・・可愛いすぎだろ・・・」ナデナデ

梓「ふにゃ・・・」

律「ふふふ・・・」

律「もう少し寝るか・・・」

~~~~~~~~~~

梓「ふにゃ・・・」パチ

梓「・・・5:30・・・」

梓(早く起きすぎちゃった・・・)

律 グースカ

梓「先輩・・・好きです」チュッ

梓「時間通りに起きたら起こして下さいね・・・」

~~~~~~~~~~

律「ん・・・」

律「6:30か・・・朝風呂行こう・・・」

律「おーい、梓―」ユサユサ

梓「むにゃ・・・」

律「おーい、朝だぞー」ユサユサ

梓「むにゃぁ・・・しぇんぱぃ・・・オヤスミ・・・」スヤスヤ

律「寝言かよ!」

律「起きろってー」ユサユサ

梓「ふにゃぁ・・・」

律「ったく・・・」

律(>>664したら起きるかなぁ・・・?)

※頬っぺた同士くっ付けてスリスリ

律(スリスリしたら起きるかなぁ・・・?)

律「ほらほら梓ぁ~朝だぞぉ~」スリスリスリスリ

梓「んぅっ・・・ふぁっ!」

梓「しぇ、しぇんぱっ、どいてくださいっ」

律「いーじゃんいーじゃん♪」スリスリ

梓「どいてくださいって」ドン

律「いてっ・・・ひっでーなぁ」

梓「朝から変なことしないでください!」

律「唯だと喜ぶ癖にぃー」ブツブツ

梓「そ、そんなことより早くお風呂です!」

梓(恥ずかしすぎるんですよぅ・・・///)

~~~~~~~~~~

おんせん!

律「ふいー」カポーン

梓 ボー

律「梓、もうのぼせたのかー?」

梓「たまには静かに過ごしたいんです」

律「ふーん」

律「・・・」

律「梓、好きー!」ギュウゥ

梓「!」

律「本当、肌スベスベだな」

梓「や、やめてください!」

梓「それにさっき静かに過ごしたいって言ったばかりじゃないですか!」

律「なんとなく抱きしめたくなったから」

梓「理由になってません!」

梓「とにかく離れてください!」

律「ちぇーっ」

律「いいや、サウナ行くもん」

梓「好きにしてください」


~~~~~~~~~~

梓(そろそろ5分以上経つけど・・・)

梓(出てこない・・・)

梓(もしかして中で・・・!)

梓(・・・どーせ先輩のことだから私を寄せ付けようとしてるのかな・・・)

梓(・・・でももし・・・)

梓(ちょっと見るだけなら大丈夫だよね)

梓「失礼しまー」ガチャ

律「隙あり!」ガッ

梓「ふにゃっ」

律「へへー捕まえたぞぉー」

梓「やめてくださっ!熱いです!」

律「サウナで乳繰り合うのもまたいいぞぉー」

梓「いやぁっ!やめてください!」ジタバタ

律「へっへっへ・・・」

梓「嫌ぁぁ」ボコ

律「うぐぁっ」ドタ

梓「し、知りませんからね!」パタパタ

~~~~~~~~~~

おへや!

梓(先輩・・・そろそろ戻るかな・・・?)

律「ういーただいまー」ヨロヨロ

梓「おかえりなさいです」

律「あの後サウナで気絶してて・・・」

梓「自業自得です」

律「まあすぐ気を取り戻したから助かったけど」

梓「それはよかったですね」

律「そんなことより梓さぁ」ギュウゥ

梓「・・・また、なんですか?」

律「あのさ」ポン

梓「きゃっ」ドサ

律「えっちしよ?」

梓 カァーーッ

梓「せ、先輩!今何時だと思ってるんですか!?///」

律「何時かは分かんないけど・・・とりあえず朝だな」

梓「朝からする人がどこに居ますか!?///」

律「んー・・・ま、そんなこといいじゃん」

梓「そ、それにこんなところで大声だしたら・・・///」

律「ま、それもいいじゃん」

梓「服に手かけないでください!」

律「えー・・・」

梓「とにかく今は駄目です!せめて家に帰ってからにしてください!」

律「んー・・・じゃ、>>670してくれたら我慢する」

※面白い話

律「んー・・・じゃ、面白い話してくれたら我慢する」

梓「な、何ですかそれ!///」

律「そのまんマ、私が笑うような話。できなかったら朝ごはんが梓になるだけ」

梓「そんなこと出来ませんって!」

律「ほらほらはやく~」ムニムニ

梓「揉まないでって・・・分かりました・・・とりあえず一つ」

律「おうおう頼むぞ~」

梓「アメリカの話なんですけど」

律「うんうん」

梓「子供の誕生日パーティーをやってたんです」

梓「それでケーキのロウソクを消してさぁいただこうって時に」

梓「突然巨漢が乱入してきたそうなんです」

梓「それでいきなり復讐だ!って言ってケーキを貪って逃亡したそうです」

梓「あ、これ実話です」

律「・・・さて、朝ごはんを頂くとするか」ムニムニ

梓「ももももう一話お願いします!」

律「じゃ、もう一話だけ」

梓「えーっとえーっと」

梓「!」

梓「こんなのはどうでしょうか」コチョコチョ

律「ふひゃっ!おまっ!」ゲラゲラ

梓「笑ったからいいですよね」

律「こらっ!話で笑ってないってっ待てっ」

梓「お先に行きますね!」ダッ

律「こらっ待てっ!」

~~~~~~~~~~

梓「これ美味しいですね」モグモグ

律「私は梓が食べたかった・・・」

梓「寝言なんか言ってないでさっさと食べちゃってください」

律「へいへい」

~~~~~~~~~~

律「梓、忘れ物無いかー?」

梓「無いですよ」

律「じゃ、出るか」

~~~~~~~~~~

律「じゃチェックアウトは私が済ませておくから先行ってて」

梓「分かりました、先行ってます」

~~~~~~~~~~

律「特急と鈍行、どっちで行こうか?」

梓「鈍行って結構時間掛かりますよね・・・」

律「えーっと・・・5時間ぐらいかな」

梓「ちょっと疲れるかもしれませんね・・・」

律「よし、私がお金出すから好きな方選べ!」

梓「え、でも・・・」

律「心配するなって。素直に好きな方選びな」

梓「じゃ、じゃぁ・・・」

1. 特急
2. 鈍行

※2

律「鈍行でいいの~?」

梓「はい、これ以上先輩の負担を増やしたく無いので・・・」

律「物理的には負担だけどな」ボソ

梓「?」

律「いや、なんでもない」

~~~~~~~~~~

やってきた電車はクロスシート

ドア近くの4人がけにならないシートを確保すると

律「ほら、梓は窓側行け」

梓「あ、ありがとうございます」

律「う~、寒いなぁ」

律「えっと」ゴソゴソ

律「ほら、これブランケット」

律「梓も使いな」

梓「いろいろありがとうございます」

律「おぉさむ」

律「それじゃオヤスミ」

梓「寝るんですか?」

律「この電車3時間ぐらい乗るし」

梓「駅近くになったら起こしますね」

~~~~~~~~~~

ガカンゴコン

梓(・・・ちょっと眠たくなってきちゃった・・・)

梓(う~ん・・・まだちょっと時間あるし・・・)

1. 寝る
2. 起きてる

※1

梓(・・・寝ようっと)

~~~~~~~~~~

梓「んぅ・・・」

梓「ここは・・・どこかな・・・?」

律 スヤスヤ

梓「えーっと・・・あ、あと2駅!」

梓「先輩、起きてください」ユサユサ

律「ん・・・もう・・・乗り換えか・・・?」

梓「あと2駅ですよ」

律「・・・じゃあついたら起こして」

梓「え、えぇー?」

律 クカー

梓(私だって眠いのに・・・)

~~~~~~~~~~

梓「先輩、もう着きますよ」

律「ん・・・分かった」

律「ふぁーあ」

列車が減速し始めると荷物を慌てて纏め出す

律「よし、忘れ物無いしと」

律「行くぞー」

梓「あ、待ってくださいよぅ」

梓(眠い・・・)

~~~~~~~~~~

暫くすると乗り換え電車がやってくる

律「じゃ、この電車も1時間ぐらい乗るから」

律「駅に着いたら起こして」

梓「ま、また寝るんですか!?」

律「それじゃオヤスミ」グウ

梓「もう・・・」

しかし梓も寝起きであったから当然

梓(・・・眠くなって来ちゃった・・・)

梓(まだ30分ぐらいあるし・・・一眠りしよ)

律梓 スヤスヤ


30
最終更新:2012年11月20日 00:01