~~~~~~~~~~

おふろば!

カポーン
律「ほーら、梓ごしごしー♪」

梓「また子供扱いする」プクー

律「ちゃんと梓も私を綺麗にしてくれよー」

梓「分かってますって」ゴシゴシ

律「お腹はどうかなー」ゴシゴシ

梓「ひゃっくすぐったいです!」

律「うりうり~」ゴシゴシ

梓「きゃっだめだって」

梓「わ、私も~」ゴシゴシ

律「わーそこダメって、くすぐったいって!」

梓「うるさいっです、やってやるです!」

律「やめろーっ」

~~~~~~~~~~

律「あー気持ちよかったっと」

梓「ふぁ・・・」

律「なんだぁ~もう眠いのかぁ?」

梓「はい・・・」ウトウト

律「そんじゃ寝るか」

律「ほら、もっとよれって」

梓「こ、こうですか?」

律「あーじれったいな、こうだよ」ギュウゥ

梓「ちっ近いっ!」

律「やっぱあったかいな~」スリスリ

梓「やめてくださいよっ・・・おっさんですか?」

律「梓が可愛いすぎて誰だっておっさんになっちゃうぞ~」スリスリ

梓「分かりましたからっもう少し離れてくださいっ」

律「あずにゃんのいけずぅ~」

梓「はいはい、そうですか」

律「まあいいや、電気消すぞ」

梓「はい」

律「それじゃおやすみ」

梓「おやすみなさいです」

~~~~~~~~~~

梓 ムクリ

梓(先輩より早く起きちゃった・・・)

梓(暇だなぁ・・・)

梓(そうだ、朝ごはんでも・・・と思ったけどここ私の家じゃないし・・・)

梓(先輩起こせば・・・でも迷惑かなぁ・・・)

梓(うーん・・・1.起こしちゃえ 2.もう一回寝よう)

※1

梓「先輩!起きてください!」

律「今日は学校無いぞー」ゴロ

梓「学校じゃありません」

律「じゃあめんどい」

梓「朝ごはん作りましょうよ~」

甘えた声なら先輩も反応――

律「うるさい・・・」

しなかったー!

梓「お願いだから起きてくださいお願いします」

律「そんなに私が必要かー?」

梓「はい!」

律「っしかたないなー 何もできない梓ちゃんの為に我等がりっちゃんが起床するとすっかー」

梓「流石に調子に乗りすぎです」

律「てへ☆ミ」

梓「朝ごはんを作りたいんですが」

律「あーもう少ししたら母さんが勝手に作ってくれるからいいぞー」

梓「お世話になっているんで私が何もしないのは申し訳なく思って・・・」

律「別にそんな気使わなくたっていいんだぞ」

梓「でも・・・」

律「分かった分かった、毒見役になってやるって」

梓「流石にそれはひどすぎです」ゴゴゴ

律「わ、分かったって、な?」

~~~~~~~~~~

梓「~♪」

律(なに作ってるんだろか・・・)

律(まぁ大人しく待っとくか)

~~~~~~~~~~

梓「できましたよ~」

律「フレンチトーストか?」

梓「はい。・・・恥ずかしいんですけどこれぐらいしか出来なくて・・・」

律「美味しければいいって」

律「ベーコンも添えてあるのか」

梓「はい、フレンチトーストは甘いのでしょっぱいものが欲しくなると思ったので」

律「梓は気遣いが上手いな」

梓「そんな///お世辞はやめてください」

律「まあまず食べてみないとな」

律「それじゃ、いただきます」

梓「・・・どうですか・・・?」

律「私の嫁になるにはまだ時間がかかりそうだな・・・」

梓「先輩が家事やればいいじゃないですか」

律「おい、誰が生活費稼ぐんだよ」

梓「もちろん先輩ですよ?」

律「そのなんでもやって当然みたいなのやめて」

梓「先輩なんだから 律「こういう時は先輩後輩かよ!」

律「いつもは「恋人同士なんだからため口でもいいじゃないですかー」とか言ってくるくせに」

梓「そんなこと言ってましたっけ」

律「言ってたぞ」

律「まぁいいや、割と美味しいし」

律「あ、そうだ。いいこと教えてやる」

律「砂糖を減らしてオレンジジュース入れると美味しいぞ」

梓「そうなんですか?」

律「そうだぞー。あとクロテッドなんか添えても美味しいし」

梓「クロテットってなんですか?」

律「えーっと・・・生クリームとバターの中間みたいなやつ。ほら、スコーンについてくるやつ」

梓「ああ、あれですね」

律「分かればいいや」

~~~~~~~~~~

律「はー。ごちそうさまでしたっと」

律「ありがとな」チュゥ

梓の前髪をあげると梓のおでこに口付けを一つ落とす

梓「こ、こちらこそ///」

律「ま、また何か二人で作ろっか」

梓「はい、いろいろ教えてください」

律「へへーっ、まっかしときなさーい」

梓「お願いします」

~~~~~~~~~~

梓「・・・で、今は何してるんでしょうか?」

律の部屋はレコードプレーヤーから流れる音楽に満たされ
ベッドの上では律が梓を後ろから包み込むように抱いていた

律「・・・何も」

律「なんとなく・・・抱きしめたかったから」

梓「気持ちは嬉しいんですけど苦しいです」

律「もうちょっと・・・」

梓「むぅ・・・」

梓「今日はどこか行ったりしないんですか?」

律「んー?・・・梓がどっか行きたいんなら行くよ」

梓「なんだか教は消極的ですね」

律「なんか眠くって」

梓「じゃあ少しわがまま言ってもいいですか?」

律「んー・・・いいよ」

梓「>>903」

※近所の公園

梓「公園へでも行きませんか?」

律「そうだな、気分転換に行くか」

そう言うとそそくさと玄関の方へ向かってしまった
私を置いていかないでくださいよ・・・

~~~~~~~~~~

休みの公園にはもう子供達が集まりつつあった

律先輩はその中から一つのベンチを選ぶと

律「よっこらせっと」

梓「お年寄りじゃないんですから・・・」

律「へいへい」

まったく、この人は口調とか気にしないのでしょうか・・・?

律「梓、膝?いい?」

梓「え?なんですか?」

律「こうするの」ドカッ

矢継ぎ早に律先輩は私の膝の上にその頭を預けてくる

律「へへー気持ちいいなぁ~」

梓「先輩、恥ずかしいですって!はやくどいてください」ヒソヒソ

律「えぇ~?折角一緒に来てやったのに」

梓「そんな押し付けがましい・・・」

梓「そ、それにチラチラ見られてますよ!///」

律「みんな私たちの関係に嫉妬してるんだな~」

梓「違いますから!とにかくどいてください!」

律「うーんしょうがないなー、じゃあ続きは家でっと」

梓「そうしてください!」

律「暇だなー」

律「あ、そうだ」

律「ちょっと待ってて」タタタ

梓「ど、どこへ・・・行っちゃった・・・」

~~~~~~~~~

律「へへへ、これ買ってきたぞ~」

梓「なんですかそれ」

律「まあ見てろって」

律先輩は飛行機の描かれた紙袋から何やら発泡スチロールの板切れを取り出し組み立てていく

律「これでよしっと」

律「いくぞー」

律「それっ」

律先輩の手から離れたソレは数m飛翔し着陸した

梓「なんですか、それ?」

律「ソフトグライダーってものだけど」

梓「はぁ」

律「まあこういうのって男子が飛ばすものだしな~」

律「まあこういうのって男子が飛ばすものだしな~」

律「ほら、梓も」

先輩は私の手にその大きさの割に軽い飛行機を持たせる

梓「こ、こうですか?」

先輩を真似て飛ばしてみる
しかし飛行機は放物線を描いてすぐに降下してしまった

律「ヘタだなぁ梓は」

梓「ムッそんなことありません!」

律「ほほーう、じゃあ私を超えてみてよ」

気がつけば律先輩の思惑通り飛行機飛ばしに夢中になってしまっていた

梓「はぁ、はぁ、見てくださいよ、やっと超えましたよ」

律「はは、偉い偉い」

梓「馬鹿に・・・しないでくださいって・・・」

律「うん?馬鹿になんかしてないぞ?」

梓「先輩はいつもどこか子供扱いするから嫌です」

律「ごめんって、ほらよしよし」

梓「そういうところのことを言ってるんです!」

~~~~~~~~~~

律「そろそろ腹減ったな」

梓「そうですね」

律「梓昼ごはん決めてよ。外食でもうちに帰ってもいいし」

梓「>>919」

※家に帰ってハンバーグを一緒に作って食べる。

梓「お家に帰ってハンバーグ食べたいです」

律「またハンバーグかぁ?太るぞぉ~」

梓「むぅ、どうせ私が太ったら先輩も太りますよ」

律「私は大丈夫だ、多分」

まあ先輩の料理で太れるのは幸せなんだけどね

律「んじゃぁまあ家に帰るかぁ」

律「ほら」

当然のごとく手を差し出してくる

梓「帰りましょうか」

私も当然のごとく握り返す

~~~~~~~~~~

律「それじゃちょっとチャリ飛ばして材料買ってきて作るから部屋で待ってろよ」

梓「はーい」

律「それじゃ~」

~~~~~~~~~~

先輩の部屋で雑誌を読んでみたりしてだらだらしていると下の方が騒がしくなってきた
そろそろ作り始めてるのかな

梓「行ってみよっか・・・」

梓「先輩、順調ですかー?」

律「こら君、ここからは企業秘密だ」キリッ

梓「なに訳わかんないこと言ってるんですか・・・」

律「梓は部屋で待ってろよー」

梓「待ってるだけなんて嫌です」

律「いいんだよ、たまには先輩の世話になれ」

梓「もう、仕方ないですね」

律「梓が今度料理作ってよ」

梓「分かりました、考えておきます」

あ、そうか
私が作ってあげればいいんだ

でも何作ろう・・・

~~~~~~~~~~

律「出来たぞ~」

熱く焼けた鉄のプレートの上にハンバーグと人参のグラッセや馬鈴薯を乗せてある

律「へへ、この前は人数が多かったからこの皿使えなかったんだよ」

梓「わぁ・・・レストランみたいです」

律「そう言ってくれると嬉しいな 今日は煮込みハンバーグだぞ」

律「それじゃおあがんなさい」

梓「それでは・・・お先にいただきます」

その熱さに注意しつつハンバーグを口へ運ぶ

梓「ふぁっ!」ハフハフ

律「おいおい、慌てるなよ」

熱い、けれど美味しい

梓「お、美味しいです」

律「それは良かった。もっと食べろよ」

梓「言われなくてもそうします!」

私がまた食べ始めたのを確認すると律先輩も食べ始める


二人だけで食事をとるってこんなに素敵な時間だったっけ


41
最終更新:2012年11月19日 23:18