「《楽園の巫女 博麗霊夢》」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

《楽園の巫女 博麗霊夢》」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *《楽園の巫女 博麗霊夢》
  効果モンスター・デュアル
  星4/光属性/魔法使い族/攻 1800/守 1500
  このカードは光属性モンスターとして扱わない。
  このカードは融合・シンクロ素材モンスターとして使用する事はできない。
  このカードは墓地またはフィールド上に表側表示で存在する場合、通常モンスターとして扱う。
  フィールド上に表側表示で存在するこのカードを通常召喚扱いとして再度召喚する事で、このカードは
  効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
  ●このカード1体を対象とするモンスター効果を無効化する。
   このカードが攻撃する時、相手モンスターの攻撃力がこのカードよりも高い場合、
   ダメージステップの間だけ「相手モンスターの攻撃力+500」の値になるよう
   このカードの攻撃力はアップする。
 
 
 咲夜さんCGI開始から長い年月をかけ、オリジナルカード第4期で実装1000枚記念として満を持して登場した東方Projectの主人公。
 デュアルモンスターでありながら再度召喚せずとも効果を持ち、尚且つ通常モンスターとして扱われる。
 
-光属性として扱わない永続効果は事実上無属性と言う事であり、TAG FORCE等で出てくる《クリアー・レイジ・ゴーレム》等を髣髴とさせる。
+光属性として扱わない永続効果は事実上無属性と言う事であり、TAG FORCE等で出てくる[[《クリアー・レイジ・ゴーレム》]]等を髣髴とさせる。
 だが光属性には豊富なサポートカードもあり、特に《オネスト》等の恩恵が受けられないのは少々厳しい。
 
 融合・シンクロ素材にならない永続効果は構築次第で利点と化す。
 《DNA改造手術》で機械族にされても《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》の素材にならず、コントロール奪取されてもシンクロ召喚されない。
 尤も、アドバンス召喚やその他のリリース系統には無力ではあるのだが。
 デュアルデッキに組み込み使用する場合、《超合魔獣ラプテノス》の素材に出来ない点は注意が必要。
 
 デュアル化後の第一の能力は《カオス・マジシャン》と同じモンスター効果への耐性能力。
 テキストは若干違うが、モンスター除去系の効果モンスターには刺さるだろう。
 《ニュードリュア》《ライトロード・ハンター ライコウ》《スナイプストーカー》《ならず者傭兵部隊》、帝モンスターなどの
 効果を防く事が出来るため、相手がこのカードを戦闘破壊できずモンスター効果に頼ろうとした場合に有効となるだろう。
 《剣闘獣ガイザレス》等で同時に複数を対象に取られた時や、《N・グラン・モール》等の効果には無力だが。
 
 そして最後の効果、攻撃力上昇能力は永続効果であり、理論上このモンスターは殴っていく場合どんなモンスターにも打ち勝つ事ができる素敵な効果。
 《冥王の咆哮》《プライドの咆哮》だろうが《収縮》が飛んでこようが、相手を上回るのだ。
 仮に《オネスト》が実装されようと、こちらから殴る場合は一方的に殴り倒せる。
 「攻撃を行った場合必ず勝利し相手に500の戦闘ダメージを与える効果」という風に考えてしまって良いだろう。
 流石に《炸裂装甲》等は防げないのだが、攻撃が通ってさえしまえば勝てるのは下級としては破格である。
 《正統なる血統》から再度召喚するだけで高攻撃力モンスターが殴り倒されるのは相手からすればたまったものではない。
 
 //ねむくてぶんしょーしりめつれつだわ!
 
 通常時の攻撃名は&bold(){「パスウェイジョンニードル!」}
 デュアル時の攻撃名は&bold(){神霊「夢想封印!」}
 効果発動時メッセージ「&bold(){霊夢の主人公補正が炸裂した!}」
 
 ・補足
 
 -原作・アニメにおいて―~
 東方project作品全体を通しての主人公。空を飛ぶ程度の能力を持つ不思議な巫女。
 その何者にも交わらぬ空気は属性を持たない効果と素材にならない効果、
 どんな相手をも上回る主人公補正はバトル時の効果に現れていると言える。
 
 //-神話・伝承において―~
 
 //**関連カード
 //-[[《カード名》]]
 
 
 
 *FAQ
 
 ・Q:相手の場の《邪神アバター》に効果モンスター状態のこのカードで攻撃を仕掛けました。ダメージステップ時、攻撃力はどうなりますか?
 ・A:このカードの攻撃力がその時点での《邪神アバター》の攻撃力より+500ポイントアップしたあと《邪神アバター》の永続効果により《邪神アバター》の攻撃力が100ポイント上回ります。