エキシビジョン

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エキシビジョン一日目


  • 第1試合 ○クロベガンダム VS マンナンガンダム●
大会を彩るエキシビジョン第一試合は、未だ底を見せないネオ富山クロベガンダム対、関東予選決勝進出の実力者マンナンガンダム
「まずは動きを止める!」と『ホワイトアウト』で相手を凍らせるクロベ、タイミング悪くフローズンパックを使用していたマンナンは完全に凍り付き、
自慢の特殊装甲が機能しない。凍らせた部分に狙いを定め攻撃をかけるクロベ、「発破ッ!」 の一撃があらゆる攻撃を吸収してきたマンナンの特殊装甲を撃ち抜く
力技で試合を制したクロベガンダム、マンナンの特殊装甲にも弱点があったようだ

  • 第2試合 ○カルストガンダム VS ガンダムエレキテル●
次の試合はやはりまだ余力を残している両機、カルストガンダム対ガンダムエレキテル
激しく放電を行い電気を纏った攻撃をしかけるエレキテルに、自慢のドリルを振るった乱撃で対抗するカルスト
一進一退の攻防を見せる両者だが、ドリルランスにフグ毒を仕込んでいたカルストの毒がエレキテルに回って行く
しかしエレキテルもどうやって作ったのか人工いかづち雲を放ち、激しい雷撃と共に『雷電脚』で毒が回りきる前に相手を倒しきろうと攻めに攻める
激しい電撃を受けるカルストは雷を大地に逃がして軽減するという驚異の防御法で攻撃を耐え、『ショルダータックル』の一撃でついにエレキテルを撃破
「あんたとの戦い、中々シビレたぜ!」 とは勝利したカルストガンダムの言葉、エレキテルは更なる改造を加えられることとなったようだ

  • 第3試合 ○ガンダムレクサス・ガイナーレガンダム VS ガンダムアクアライン・カボスガンダム●
スピード自慢のレクサス・ガイナーレチーム対、フレッシュ爽やかなアクアライン・カボスチーム
『イグニッション』で加速するレクサス相手に霧の目くらましで対抗するアクアライン、だがガイナーレが素早く砂で水を吸収
シトラスブレードを振るうカボスも、ガイナーレの作った砂像と残像『蜃気楼』に戸惑わされる
スピードではかなわないと見た両機は、カボスがアクアラインを庇う形で牽制、アクアラインも『マリンミスト』でそれを支援する
霧に姿を隠したアクアラインは『タイダルウェイブ』からウミホタルミサイルで勝負をかけ、カボスも『フレーバービーム』でそれに続く
この攻撃が効を奏すも、あと一歩追い詰められず試合は延長戦へと突入
「ロスタイムも加速し続ける!」とさらにスピードを上げるガイナーレ・レクサス、アクアラインとカボスも連携をとりつつ対抗するが、
終了間際のレクサスのアシストからガイナーレの『サンドシュート』が綺麗に決まり、大会初のタッグ戦はレクサス・ガイナーレチームの勝利となった
なお試合終了直前、ガイナーレが麻酔銃を所持していたとの噂も流れたが、噂は噂のようである

  • 第4試合 ○パイレーツガンダム VS ハブガンダム●
一撃が怖いネオ沖縄ハブガンダム対、ネオ徳島の海賊パイレーツガンダム
開始直後から鋭い連撃をかけるハブ、かろうじてそれをかわすパイレーツは二丁のショットガンで激しく攻め立てる
銃弾の雨に押されるハブは毒を飛ばしパイレーツの強化マントを溶かす、「なんて武器使ってやがる!!」とパイレーツもマントを捨てて一気に勝負を決めに行く
急所に毒を撃ちこむべく攻撃をかけたハブを、銃撃を盾に迎え撃ち、サーベルを抜いての『ボーン・デスクラッチ』の連撃を叩きこんだパイレーツ
ハブの毒に苦戦しながらも素早いカウンターで勝利をもぎ取ったパイレーツガンダムであった

  • 第5試合 ○Eガンダム VS アマテラスガンダム●
ネオ佐賀Eガンダムとネオ三重アマテラス、共に謎の多い両機である
Eガンダムは『邪馬台国古代砲』を放ち、それを皮切りに格闘戦へと持ちこもうと一気に接近
対するアマテラスも『ビーム天岩戸シールド』でEガンダムの攻撃を防ぎつつ『大神ブレード』で迎え撃つ
「ネオ伊万里特殊装甲ナメんなよ!」と激しく打ちかかるEガンダムは、機敏な動きで攻撃を叩きこんでいく
押されるアマテラスは『フラッシュレイン』で対抗するも、Eガンダムの手数の多さに圧倒される
試合の流れを作るEガンダム「今日も全力で行くぜ・・・。誰かが最期に見たEガンダムが手抜きのEガンダムだったら申し訳ない!」と
余裕を見せずに全力でアマテラスにぶつかって行く。「あまり調子に乗るなよ・・・!」と未だ諦めぬアマテラスは最後の逆転をかけ、
スーパーアマテラスとなり『獄光』『シャインセイバー』の連撃で勝負を決めに行く
だが飛び蹴りを始めとしたEガンダムの猛攻はとどまることを知らず、『エィガ一刀両断』にてついに膝をつくアマテラス
多彩な技と軽い身のこなしを見せたEガンダムの勝利で、本日のエキシビジョンマッチは終わりを告げた

エキシビジョン二日目


  • 第1試合 ○うなぎガンダム VS スノウガンダム●

  • 第2試合 ○オウミガンダム VS スサノオガンダム●

  • 第3試合 ○ゲンカイガンダム VS サナダガンダム●

  • 第4試合 ○ガンダムロックハンド・キシュウガンダム VS ガンダムリンゴスター・アシッドガンダム●

  • 第5試合 ○ハブガンダム VS サンクチュアリガンダム●

エキシビジョン三日目


  • 第1試合(特別試合) ○中国・四国勢 VS ガンダムデビルスリープ●

  • 第2試合 ○アトミックガンダム VS モッコスガンダム●

  • 第3試合 ○ビリケンガンダム VS クロフネガンダム●

  • 第4試合 ○ガンダムサンピーチ VS ガイナーレガンダム●

  • 第5試合 ○サンクチュアリガンダム・ニッコウガンダム VS ミツクニガンダム・よさこいガンダム●

エキシビジョン四日目


  • 第1試合 ○ガンダムアクアライン VS うなぎガンダム●

  • 第2試合 ○AAガンダム・アトミックガンダム VS ビリケンガンダム・オウミガンダム●

  • 第3試合 ○ガイナーレガンダム・ガンダムアクアライン VS ガンダム黒霧島・ゲンカイガンダム●

  • 第4試合(バトルロイヤル) 勝者:セントラルガンダム

  • 第5試合 ○アマテラスガンダム VS クロベガンダム●

  • 第6試合 ○クロフネガンダム VS ガンダムエレキテル●

  • 第7試合 ○ガンダムネイガー VS サンクチュアリガンダム●

エキシビジョン五日目


  • 第1試合 ○ガンダムシンゲン・ガンダムテンチジン VS うなぎガンダム・ハブガンダム●

  • 第2試合 ○スサノオガンダム VS スノウガンダム●

  • 第3試合 ○サンクチュアリガンダム VS モッコスガンダム●

  • 第4試合 ○ショウギガンダム VS ガンダム黒霧島●

  • 第5試合 ○カルストガンダム・ガンダムロックハンド VS スノウガンダム・クロユリガンダム●

  • 第6試合 ○ガンダムルミナリエ VS よさこいガンダム●

エキシビジョン六日目


  • 第1試合 ○ソノマンマガンダム VS オウミガンダム●
頭部に輝く特殊装甲を施したネオ宮崎ソノマンマガンダムと、どんな時でも計算で勝利を導くネオ滋賀オウミガンダムの一戦
「どげんかせんといかああああん!」と意気込み充分のソノマンマガンダム、試合開始直後からマンゴーボムによる怒涛の連続攻撃を仕掛ける
対するオウミガンダムはやはりいつも通り計算しながらの立ち上がり
ネオ宮崎の特産品・マンゴーを食べながら勝利法を計算していたオウミガンダムだったが、それはソノマンマガンダムの罠だった
食べることに意識を割かれたオウミガンダムはなかなか計算がはかどらない上、さらには食べ過ぎで機動力ダウンという致命的ミスを犯してしまう
当然ソノマンマガンダムは攻撃の手を休めることはなく、終始試合をリードしたソノマンマガンダムがこの一戦を制した

  • 第2試合 ○ミツクニガンダム・サナダガンダム VS キシュウガンダム・カボスガンダム●

  • 第3試合 ○ガンダムアクアライン・ガンダムサンピーチ VS AAガンダム・グラバーガンダム

  • 第4試合 ○セントガンダム VS Eガンダム●

  • 第5試合 ○ガンダムリンゴスター VS ゲンカイガンダム●

  • 第6試合 ○セントラルガンダム・ガンダムレクサス VS ニッコウガンダム・コウラクガンダム

エキシビジョン七日目


  • 第1試合 ○キシュウガンダム VS ガンダムシンゲン●
本日のエキシビジョンマッチ第一試合は、関東予選を勝ち抜いたネオ山形ガンダムシンゲン対ネオ和歌山キシュウガンダム
得意の奇襲で先制をかけるキシュウは、隙をついてのウメボシハンマーで攻撃、さらに横から後ろから意表を突く連続攻撃でシンゲンを苦しめる
軍略には自信のあるシンゲンは、この奇襲にもうろたえずモビル騎馬隊での波状攻撃を狙う。それを察知したキシュウは距離を取ってのバズーカ砲撃を始め、
ヒットアンドアウェイで的を絞らせない。「貴様程度では山を崩すことなどできぬ!!」と言い放つシンゲンであったが、
キシュウの連続攻撃の前に惜しくも敗退。奇襲で流れをつかんだガンダムキシュウが試合を制した

  • 第2試合(特別試合) ○ガンダムデビルスリープⅡ VS ガンダムファイターズ●
まさかの復活ガンダムデビルスリープの侵攻に立ち向かうガンダムファイターズ
ネオ鳥取ガイナーレ、ネオ奈良セント、ネオ山梨シンゲン、ネオ新潟テンチジン、ネオ長野サナダ、ネオ宮城マサムネと、そうそうたるメンバーである
「よし、俺に続け野郎ども!!」と飛び込んでいくマサムネ、セントもにやにや笑いのままそれに続き、まずは一撃を入れる
シンゲン・マサムネ・サナダの三機は『武士道ダイナミックスペシャル』で三位一体の攻撃を仕掛けるも、デビルスリープはデビルスリープヘッドを出現させ、
数の不利を覆そうと仕掛けてくる。「このメンツじゃあ少し見劣りするかも知れないけど俺はがんばるぜ!」とガイナーレも砂像残像を作り出す『蜃気楼』でファイター達を支援、
デビルスリープヘッドの猛攻を「喰らうわけには!!」と避けるテンチジンも、ヘッド一つを抑え込んで互角に渡り合う
ガイナーレの『サンドシュート』にひるんだデビルスリープにサナダの槍捌きが決まり、デビルスリープを徐々に追い詰めていく
かと思いきやさらに六本のヘッドを呼ぶデビルスリープ、ガイナーレの『蜃気楼』のアシストからマサムネの一撃がデビルスリープに深手を負わせるも、後一歩と言う所で逃してしまう
ガンダムファイターズは善戦したがパワーアップしたガンダムデビルスリープを止めることはできず、ついに本土への侵入を許してしまった
現在デビルスリープはネオジャパンのどこかに潜伏しているという・・・

  • 第3試合(無効試合) AAガンダム・Eガンダム VS アンダムエレキテル・よさこいガンダム
本日の三試合目はタッグマッチ、AA・Eチーム対、エレキテル・よさこいチームである
「フハハハハ!天才科学者参上である!」とパワーアップして帰って来たエレキテルは、人工いかづち雲で雷撃を仕掛け、よさこいも得意のステップが冴える
「二度も負けられるか!」「がっぺむかつくっ!」とE・AAも一歩も譲らず力押しの反撃。冷却弾につかまったよさこいを狙い、E・AAチームの怒濤のラッシュが決まる
 ・・・が、試合終盤、突如試合を繰り広げていたファイター達、のみならず観客運営全員が凄まじい眠気に襲われる
次々と会場が眠りに落ちて行く中、密かにほくそ笑む影。なんと前戦を逃げ延びたデビルスリープが会場を襲ったのだった
しかし今回は試合を中断させただけで退いたデビルスリープ。その狙いは定かではないが、皆が眠りから覚めた頃には既に姿を消していた・・・
この試合は不慮の事態により今大会初の無効扱いとなり、デビルスリープの襲撃を知らない委員会による後の調査では、
取り逃がしたデビルスリープの光線と似た波長が検出されたと言う報告があったそうである

エキシビジョン八日目


  • 第1試合 ○ガンダムレクサス VS アシッドガンダム●

  • 第2試合 ○ガンダムテンチジン VS ガンダムネイガー●

  • 第3試合 ○ガンダムサンピーチ VS ガンダムリンゴスター●

  • 第4試合 ○ミツクニガンダム VS Eガンダム●

  • 第5試合 ○マンナンガンダム VS スノウガンダム●

  • 第6試合(特別試合) ○ガンダムファイターズ VS ヒゲ●
最終更新:2009年08月08日 00:02