赤20

【赤】系統に戻る.

赤20

起点 経由 終点 新設・変更 廃止・変更 担当営業所 備考
(1) 赤羽駅東口 赤羽岩淵駅・荒川大橋・元郷新道・前田・変電所・鳩ヶ谷市役所 鳩ヶ谷 2001年3月28日変更 鳩ヶ谷営業所
(2) 赤羽駅東口 赤羽岩淵駅・荒川大橋・川口元郷駅・南鳩ヶ谷駅・変電所・鳩ヶ谷庁舎・新井宿駅 川口市立医療センター 2001年3月28日変更 現在運行中 鳩ヶ谷営業所 新井宿駅経由へ経路変更

赤20-2

起点 経由 終点 新設・変更 廃止・変更 担当営業所 備考
(1) 赤羽駅東口 赤羽岩淵駅・荒川大橋・元郷新道・前田・変電所・鳩ヶ谷市役所・鳩ヶ谷 川口市立医療センター 1994年5月1日新設 2001年3月28日廃止 鳩ヶ谷営業所
(2-1) 川口元郷駅 南鳩ヶ谷駅→変電所→鳩ヶ谷庁舎→新井宿駅 川口市立医療センター 2004年12月16日新設 2009年4月1日廃止 鳩ヶ谷営業所
(2-2) 2013年2月16日新設 現在運行中 鳩ヶ谷営業所 土曜・休日運休

路線解説

赤羽駅から鳩ヶ谷市内の中心部である鳩ヶ谷ターミナルを結んでいた路線で、東京方面への通勤路線および生活路線として多数運行されてきた。1994年に川口市内最大の医療機関である「川口市立医療センター」が開院したのに合わせて枝番が新設され、最盛期は現在の主力路線である赤21よりも本数が多かった。

2001年3月に埼玉高速鉄道が開業したことで赤21と共に本数が半減されたが、埼玉高速鉄道への乗客の推移が予想を下回ったことで赤21は次第に増回された。一方の赤20は新井宿駅経由へ経路変更されたものの、医療センター発着路線としては川23蕨06の本数が毎時2〜3本が確保されているのに対し、赤21と桜町二丁目まで並走することもあって本数は毎時1本程度、運行時間帯も医療センター開院時間帯の午前~夕方の運行に抑えられた。現在では、毎時5本の中で赤20:赤21の割合が1:4となっている。

2004年〜2009年までと2013年から、平日限定で川口元郷駅始発の赤20-2が運行される。川口元郷駅7:55発→医療センター8:18着の片道1便で、医療センター利用者の声を受けて、診療開始時間に合わせて設定されているものである。