浦12

【浦】系統に戻る.

浦12

起点 経由 終点 新設・変更 廃止・変更 担当営業所 備考
(1) 浦和駅西口 市民会館入口・常盤四丁目・南元宿 道場 1974年3月1日廃止 浦和営業所
(2) 浦和駅西口 県庁前→中浦和駅→田島 高畠 1993年3月16日新設 1997年4月16日廃止 西浦和営業所
(3-1) 浦和駅西口 市民会館入口・常盤四丁目・南元宿・道場 桜区役所 2003年11月16日新設 2010年2月8日変更 西浦和営業所
(3-2a) 浦和駅西口 市民会館入口→常盤四丁目→南元宿→道場 桜区役所 2010年2月8日変更 2018年4月1日変更 西浦和営業所 平日運休
(3-2b) 桜区役所 道場→南元宿→常盤四丁目→市民会館入口 浦和駅西口 2010年2月8日変更 2018年4月1日変更 西浦和営業所
(3-3) 浦和駅西口 市民会館入口・常盤四丁目・南元宿・道場 桜区役所 2018年4月1日変更 現在運行中 西浦和営業所
(3-4) 桜区役所 道場→南元宿→常盤四丁目→市民会館入口 浦和駅西口 2010年2月8日新設 現在運行中 西浦和営業所 深夜バス、土曜・休日運休

浦12-2

起点 経由 終点 新設・変更 廃止・変更 担当営業所 備考
(1) 浦和駅西口 市民会館入口・市役所・南元宿・道場 桜区役所 2010年2月8日新設 現在運行中 西浦和営業所

路線解説

浦13(浦桜13)と並んで、浦和駅西口から道場・桜区役所方面へ向かう路線。初代の時点で既に道場まで運行しており、浦13が大久保農協(現・大久保支所付近)までの運行であることからその途中折返しとして運行していた。1974年に道場折返しを廃止した後は空き番だったが、1993年に西浦和営業所が開設されると、浦和駅西口発着路線の入庫専用として高畠までの運行で復活した。西浦和営業所の出入庫は経路の関係から出庫・入庫で経路が大きく異なっていたが、営業所付近の交差点でUターンが可能になったことから4年で発展的解消を遂げた。

2003年11月の大規模再編によって再び浦12が使用されることとなったが、今度は初代・道場止まりからやや先に行った桜区役所発着となった。さいたま市の政令指定都市化で浦和駅西側が「桜区」となり、桜区役所が開設されたことで新設されたものである。しかし、既に浦13では桜区役所を経由することを示す「浦桜13」が運行していたこともあって、「桜」を付けない浦12では誤乗を招くのでは無いかと危惧されたが、そこは西浦和営業所の努力で防げたと言える。

2010年2月のダイヤ改正で、浦13と同様に浦和駅周辺の経路を市役所経由へ変更したことで浦12-2が新設され、早朝~午後の浦12は全て浦12-2で運行することとなった。これによって浦12は大減便を受け、桜区役所発が早朝から朝ラッシュ時までの散発数本と夜間および深夜1便、浦和駅発は2018年4月1日から全日夜間数本の運行となった。