北浦01

【北浦】系統に戻る.

北浦01

起点 経由 終点 新設・変更 廃止・変更 担当営業所 備考
(1) 北浦和駅西口 大戸・南元宿・道場・下大久保 大久保浄水場 1985年10月1日変更 浦和営業所
(2) 北浦和駅西口 大戸・南与野駅入口・埼玉大学・下大久保 大久保浄水場 1985年10月1日変更 1990年5月16日変更 浦和営業所 南与野駅・埼玉大学経由へ経路変更
(3) 北浦和駅西口 二度栗山・南与野駅入口・道場・下大久保 大久保浄水場 1990年5月16日変更 1994年5月1日変更 浦和営業所 二度栗山・道場経由へ経路変更
(4) 北浦和駅西口 大戸小学校・南与野駅北入口・埼玉大学・下大久保 大久保浄水場 1994年5月1日変更 1998年7月16日廃止 浦和営業所 埼玉大学経由へ経路再変更

路線解説

北浦和駅から埼玉大学を経て大久保浄水場方面へ向かう路線で、北浦和駅発着路線では最も古い。当初は埼京線が開通しておらず、1985年10月1日の埼京線開通による再編で南与野駅入口・埼玉大学経由へ経路変更、さらに1990年5月に実施された埼玉地区の都内乗り入れ路線を対象とした再編では、都内へ乗り入れないにも関わらず再編対象路線に挙げられ、二度栗山・道場経由へ再変更、埼玉大学は経由しなくなった。

その後も運行を続けていたが、埼玉大学へは北浦03のみでは対応しきれなくなったため、1994年に埼玉大学経由へ再々変更されている。起終点の変更が全く無いまま途中経路の変更が多く実施された路線である。1998年7月16日の埼玉地区大規模再編によって廃止されて以降、埼玉大学へは北浦03と数度の変更を経て志03-3が運行している。

北浦03が西武バスとの共同運行、かつ深夜バスも運行しているのと比べれば、当初から埼玉大学を経由していれば多少長生きした路線だったかもしれない。