3900番台

3900番台

3900番台(KC-LV832L・KL-LV834L1)は、2000年から2003年にかけて導入された大型CNGノンステップバス。

車両

埼玉地区において3000番台(LV832L・KC-LV832L・KL-LV834L1)の導入が進められる中、2000年に初の大型CNGノンステップバス(キュービック)が浦和へ納車された。社番はCNGノンステップバスであることを示すために、3900番台が新たに付与された。同年末には増備車である3902が川口へ納車されたが、こちらは同年行われた東京モーターショーで展示されたサンプルカー(エルガ)を塗装変更してそのまま導入したため、3901は唯一のキュービックCNGノンステップバスとなった。

2000年10月16日の浦和・大宮営業所閉所以降は、2003年の増備車(3903~3914)を含めて全車が川口または西浦和への配置となった。2012年までにCNGノンステップ車の完全淘汰が進められ全廃となり、一部は山梨交通へ移籍したほか、神戸空港関連として神戸バスへと高松港ジャンボフェリー向けへ1台ずつが移籍した。しかし、CNG車はガスボンベの耐用期限の関係から移籍先からも姿を消しており、先行きは長くないと思われる。

外観

最大の特徴は何といっても屋根上のCNGタンクで、3000番台と区別するために3000番台+900が追加されている。

内装

モーターショー出展車をそのまま国際興業へ納車させた3902のみ、座席モケットが従来車と異なっていた。

運用

登場当初は管内の最混雑路線などで使用していたが、末期は通常のノンステップバスと同様に管内全路線で使用されていた。

平成12年式 KC-LV832L

社番 最終配置 登録番号 転属履歴 摘要 出入口表示 車検月 移籍先
3901 西浦和 大宮200か・213 ←浦 S 3 山梨交通(除籍)

平成13年式 KL-LV834L1

社番 最終配置 登録番号 転属履歴 摘要 出入口表示 車検月 移籍先
3902 川口 大宮200か・403 S 1 山交タウンコーチ(除籍)

平成15年式 KL-LV834L1

社番 最終配置 登録番号 転属履歴 摘要 出入口表示 車検月 移籍先
3903 川口 大宮200か・793 SE 1 高松港ジャンボフェリー
3904 川口 大宮200か・794 SE 1 山梨交通(除籍)
3905 川口 大宮200か・799 SE 1 山梨交通(除籍)
3906 川口 大宮200か・800 SE 1
3907 西浦和 大宮200か・775 SE 3 山梨交通(除籍)
3908 西浦和 大宮200か・776 SE 3 山梨交通(除籍)
3909 西浦和 大宮200か・781 SE 3 山梨交通(除籍)
3910 西浦和 大宮200か・782 SE 3 山梨交通(除籍)
3911 西浦和 大宮200か・797 SE 3
3912 西浦和 大宮200か・798 SE 3 神戸バス(除籍)
3913 西浦和 大宮200か・803 SE 3
3914 西浦和 大宮200か・804 SE 3 山梨交通(除籍)

FrontPage >> 車両配置状況 >> 3900番台