川07

【川】系統に戻る.

川07

起点 経由 終点 新設・変更 廃止・変更 担当営業所 備考
(1-1) 川口駅東口 青木中央小学校入口・前田東公園・有明橋・赤井一丁目 赤井折返場 1983年1月17日新設 1997年4月19日変更 川口営業所
(1-2) 川口駅東口 青木中央小学校入口→前田東公園→有明橋→赤井一丁目 赤井折返場 1997年4月19日変更 川口営業所 深夜バス、土曜・休日運休
(2-1) 川口駅東口 青木中央小学校入口・前田東公園・有明橋・赤井一丁目・赤井氷川神社 サンテピア 1997年4月19日変更 2001年3月28日変更 川口営業所 サンテピア発着へ変更
(2-2) 川口駅東口 青木中央小学校入口→前田東公園→有明橋→赤井一丁目→赤井氷川神社 サンテピア 1997年4月19日変更 2001年3月28日廃止 川口営業所 深夜バス、土曜・休日運休
サンテピア発着へ変更
(3-1) 川口駅東口 青木橋・南鳩ヶ谷駅・有明橋・赤井一丁目・赤井氷川神社 サンテピア 2001年3月28日変更 現在運行中 川口営業所 南鳩ヶ谷駅経由へ経路変更
(3-2) 川口駅東口 青木橋→南鳩ヶ谷駅→有明橋→赤井一丁目→赤井氷川神社 サンテピア 2008年3月30日新設 2017年3月21日変更 川口営業所 深夜バス、土曜・休日運休
(3-3) 2017年3月21日変更 現在運行中 川口営業所 深夜バス

路線解説

川口駅から赤井地区への路線として、1983年1月に新設された。従来の赤井地区は西川05などが運行してきたが、赤井折返場の開設によって新規路線として設定され、1997年に特養ホーム「サンテピア」の開業によって延伸された。本数も多く、赤井地区の住民を中心に終日に渡って混雑している。

川19などの乗り場と反対側に設置された乗り場を出たバスは、そのまま川口市役所の南側から青木橋へ向かい北上、南鳩ヶ谷駅で岩槻街道を僅かながら走行する。岩槻街道から離れたバスは独自区間に入り、新芝川に掛かる有明橋を渡ってから江戸二丁目交差点を左折し、赤井地区の中心部へ入る。川口からの乗客はこのあたりまで来るとかなり減り、赤井氷川神社の先を左折してからは閑静な住宅街となる。大型車同士のすれ違いが難しい赤井台、赤井田畑を通ると、左側に川口特別支援学校の校門が見え、坂を下りかけると終点のサンテピアに到着する。

2001年の埼玉高速鉄道開業によって本数が大幅に減らされ、同時に深夜バスが廃止、南鳩ヶ谷駅経由へ経路変更されたが、埼玉高速鉄道への利用者が大幅に少なかったことで輸送力が逼迫したため、再度増便のうえ深夜バスも復活している。

前面行先表示の経由地は「南鳩ヶ谷駅」が往復とも表示されるが、行先部分の上に表示されており、通常は行先の左側に配される国際興業バスの中では異彩を放っている。

サンテピアへは西川口駅からも西川04で慈林下車、徒歩5~6分でアクセス可能。