飯02

【飯】系統に戻る.

飯02

起点 経由 終点 新設・変更 廃止・変更 担当営業所 備考
(1-1) 飯能駅 東飯能駅・岩根橋・永田会館・新寺・原市場・上赤沢
さわらびの湯非経由
名栗車庫 現在運行中 飯能営業所
(1-2) 飯能駅 東飯能駅→岩根橋→永田会館→新寺→原市場→上赤沢
さわらびの湯非経由
名栗車庫 2004年9月1日新設 2019年8月26日廃止 飯能営業所 深夜バス、土曜・休日運休

飯02-2

起点 経由 終点 新設・変更 廃止・変更 担当営業所 備考
(1) 飯能駅 東飯能駅・岩根橋・永田会館・新寺・原市場・上赤沢・さわらびの湯 名栗車庫 現在運行中 飯能営業所

路線解説

飯能駅から名栗方面へ向かう路線は飯能営業所の主力だが、この飯02が最主力路線である。名栗車庫は山々を背後に車両が10台前後停車可能な敷地を持つ「操車場」で、車庫と名乗っているが一般的な車庫機能は持っていない。飯能営業所が開設された際に「名栗営業所」として設置され、当初は名栗営業所も所管路線を有していた。その名栗営業所が現在の飯能営業所(飯能駅前)の位置へ移転すると同時に路線と所属車両は全て飯能営業所へ集約され、名栗営業所は「飯能営業所名栗出張所(分車庫)」へ格下げされた。格下げ後も行先表示は「名栗車庫」と表記されているが所属車両は存在せず、現在では名栗地区から直接飯能駅へ向かう早朝便と、一度名郷・湯の沢へ向かってからすぐに飯能駅方面へ折り返す便に充当される車両の夜間滞泊が目的で、乗務員の詰所も存在する。以前は配車係も存在したが、現在は無人化されている。

飯02の深夜バスは、2004年9月に西武池袋線下り電車に接続する形で新設された、飯能営業所初の深夜バスで、当初は23:33発だったが、後に23:30発に繰り上げられた。飯能駅23:30→名栗車庫0:13着の1便のみ運行され、2019年8月23日(金)出発便まで運行された。

2017年6月現在、名栗車庫発飯能駅行きの初便は平日5:32発、土休日5:40発である。

2019年3月16日のダイヤ改正で、「天覧山下」停留所が「市民会館・博物館」へ名称変更された。

名栗車庫から先の名郷、湯の沢へ向かう飯01が18時台に終車(飯能駅発)を迎え、それ以降は飯03飯06と共に運行される。