さわ子「デートよデート!しらばっくれても無駄!」

律「いや女同士でデートはおかしいだろ」

さわ子「そういう垣根はとっくに越えてるのよ!」

律「しらねぇよ!」

さわ子「寂しいのよ!めちゃくちゃ寂しいの!」

律「だからって間違ってないか色々と~」

さわ子「あたためてよ!ぎゅっとあたためてよ!」

律「やっぱどっかおかしいなこの人」

さわ子「面と向かって言わないでよ!心の中で留めておいてよ!」

律「一応傷つくのか!」

さわ子「あ、返事はいらないわね決定事項なんで」

律「ひどすぎるだろ!」

さわ子「別にいいじゃんどうせ暇なんだろデコ」

律「さりげなくデコって言った!」

さわ子「一応傷つくのね!」

律「当たり前だ!」

さわ子「じゃあこれ!切符とか色々!」

律「すげえ強引だなマジで。こりゃ男が引くわけだわ」

さわ子「な・・・なんですって?」ピクピク

律「あっ・・・ごめん!ほらっミラー!」カッ

さわ子「笑えねぇよ」

律「じゃあミラー返し!(手鏡)うわ自爆した!」

さわ子「・・・ねえ男装してよ」

律「は?」

さわ子「りっちゃんが男装すればデートしても変じゃないじゃん」

律「何でだよ」

さわ子「あれ?どこぞの美男美女カップル?ってなる」

律「ならねえよ!」

さわ子「冷静よ私は」

律「尚の事悪いわ!」

さわ子「そう・・・」

律「遊びに行くの付き合ってもいいけど男装は却下ね!」

さわ子「仕方ないわね」

律(ハッ!いつの間にかこっちが妥協してもらってる感じに!?)

さわ子「でもちゃんと約束は守りなさいよ」

律「は、はぁ・・・」

さわ子「社会に出たらなんたらかんたら」

律「そこはちゃんと言おうよ・・・」



CM

ちんぽ「つかぬ事を聞くが」

ちんぽ「つかぬ事を聞いてやる」

ちんぽ「まんこ同士が貝合わせならちんぽ同士は何て言うの?」

ちんぽ「知りたいかそれ?」

ちんぽ「知りたい」

ちんぽ「ごめん知らないわ」

ちんぽ「分かってた」

※兜合わせ



…日曜日

律(おっせ~なさわちゃん)

さわ子「いや~ん待ったぁ?」

律「・・・何故フリフリのメイド服?」

さわ子「あら?好みじゃなかった?」

律「やっぱ頭おかしいだろあんた」

さわ子「張り切って選んだのに!デリカシーないわね!」

律「どっちがだ!一緒にいるこっちの身にもなれ!」

律「所でなさわちゃん」

さわ子「うん?」

律「実は私サプライズを用意している」

さわ子「なんですって!?」キラキラ

律「いやそんなすごい期待されても困るけど」

さわ子「違うわ!そのりっちゃんの心意気に感動してるの!」

律「はぁさいですか」

さわ子「で、何?カモ~ン!」

律「ムギ~出てきていいぞ~!」

さわ子「へ?」

紬「・・・さわちゃん」オズオズ

さわ子「へ?」

紬「来ちゃった!」

律「というわけだ!驚いたか!」

さわ子「へ?」

律「驚いてくれた様で何よりだ」

紬「迷惑だって分かってたけど、どうしようもなかったの!」

さわ子「なっなんじゃそりゃあああああ!!」

紬「だって先生、見ているだけじゃ幸せになれないって言ってくれたじゃないですか!」

さわ子「はうっ!?」

律「正直良かったよ~、ムギが来てくれて。
こんなのと一日中一緒かと思うと気が滅入るもん」

さわ子「ひどいわあああああ!!りっちゃああああああん!!」

紬「・・・あの私やっぱり帰り・・・」

さわ子「いやっ!分かったわ!りっちゃんは私を捨てた男と一緒よ!」

律「はい?」

さわ子「期待させるだけさせておいてポイするのよポイ!」

律「ていうかそっちが無理矢理誘ったんじゃん・・・」

さわ子「ムギちゃ~ん!私の味方はムギちゃんだけ!」ガバッ

紬「あらあらうふふふ」ニコニコ

律「すげえなムギは・・・これを許容するのか」


…水族館

さわ子「見てムギちゃん!サンマよサンマ!」

紬「わぁ~すごいね~!」

律「そんなのいつも食卓に並んでるだろ・・・」

さわ子「こっちは伊勢海老よ伊勢海老!」

紬「赤い!赤いよ!」

律「いい加減食材から離れろよ」

紬「・・・」ボー

律「何だムギ~そんなにマンボウ好きなのか?」

紬「シミュレーションしてるの」

さわ子「分かるわ」

律「分からん」

紬「いずれりっちゃんにも分かるわ」

律「別に分かりたくないけど」

さわ子「りっちゃんはどんな魚が好きなの?」

律「う~ん・・・サケかな」

さわ子「りっちゃんも食べ物じゃん」

律「うん!おいしいし!」

紬「おいしいよね!」

さわ子「そんなもんよねえ」


……

紬「ねえさわちゃん手を繋ぎませんか?」

さわ子「ええいいわよデートだし」ハシッ

律「あっじゃあ私も私も~!」ハシッ

さわ子「そこでムギちゃんとかよ!」

律「ムギは渡さんぞ!」

さわ子「ナニィー!貴様いい加減にしろよ!?」

紬「まあまあまあ」

律「ここでさわちゃんとも手を繋いだらぐるぐる回ってしまうだろ」

紬「あらなんか楽しそう」

さわ子「お花畑ならありね」

律「私は目が回りやすいからパス」

さわ子「ドラムの癖に根性ないわね」

紬「むしろ回ってもいいじゃない」

律「イヤだ吐くわ私」


…お昼

さわ子「何か好きなもの頼みなさい」

律「おっ!教師っぽいねえ!」

さわ子「教師だけど教師関係ないし」

紬「私マカロニグラタンにします」

律「じゃあ私ナポリタンで~!」

さわ子「ナポリタン顔してるもんね」

律「ナポリタン顔って何!?」


…映画

律「ほう全米がなんとかってやつか」

さわ子「そうなんとかってやつ」

律「やる気ねーなぁ」

さわ子「そろそろ疲れたのよ若くないし」↓

紬「そんな事ありません!さわちゃん若いよ!」

さわ子「へへへありがとう!映画館でイチャイチャしよか」

律「やはりそれが目当てか」

さわ子「ていうかそれしかないじゃん」

さわ子「あ~ムギちゃんの腕枕~」

律「マジで観る気ゼロだな」

紬「うふふふ」

さわ子「もう寝るわ自宅さながらに」

律「いや待てまだ始まってもいないぞ」

さわ子「Zzz・・・」

律「寝つきいいな!」

紬(あっあの人死ぬな・・・)

さわ子「・・・」サワサワ

紬「ひゃっ!?」

律「ん~?ムギどした~?」

紬「な、何でも・・・ひゃんっ!」

さわ子(いいケツしとるやんけ~・・・)ウヒヒ

律「あぁ・・・私も眠くなってきた・・・奢りだったからって食いすぎたわ」

律「Zzz・・・」

さわ子(邪魔者の機能停止を確認・・・これより本格的に実行に移る!)プチプチ

紬(さわちゃん何で私の服のボタン外してるの)ドキドキ

さわ子(行くわよ!)スルルッ

紬(やだっ服の下に手が・・・!)

さわ子(ふふ・・・若いわねすごい弾力だわん)プニプニ

紬「さ、さわちゃん・・・こんなトコでそんなトコ・・・あっ」

さわ子「シッ!周りに気付かれちゃうわよ!」ヒソヒソ

紬「!!」

さわ子(ふふっ真っ赤になっちゃってかわいい・・・
最初りっちゃんみたいなイケメンがいいって思ったけど、
私は受けより攻めの方が合ってるのかも知れないわ!)

紬「いいです・・・さわちゃんなら」プルプル

さわ子(あらかわいい事いってくれるわね)サワサワ

紬「うっ!」ピクッ

さわ子(でもそろそろやめてあげた方がいいかしらね)クニュクニュ

紬「やぁっ・・・んっ!そこぉっ!」

さわ子(これはちょっと刺激が強すぎると思うし)グリグリ

紬「・・・はっ・・・はぁんっ!」

さわ子(流石にここまでしたらマズいだろうし)ズプズプ


律「何してんじゃエロ教師!」スパーン

さわ子「あらりっちゃんお目覚め?」

律「起きるわボケ!!」

紬「・・・」ボー

律「ムギ!交代しろ!あぶねえ!あぶねえよこいつ!」

さわ子「ほほほ良かったムギちゃん?」

律「バーカバーカ!」バシバシ

紬「・・・」コクッ


……

さわ子「じゃあムギちゃんは私が送っていくわ」

律「ざけんなー!ムギは私が守るっ!」

さわ子「確かに調子に乗りすぎた。今は反省している」

律「腐れメイド早く帰れ!」

さわ子「むふふっ!じゃあまたねムギちゃん!」スタスタ

紬「・・・」コクッ

律「もし一人で来ていたら・・・おぞましすぎる・・・」


…翌日

律「お~っす!」

唯「うぃ~っす!」

紬「・・・」ボー

律「お、おいムギ大丈夫かよ?」

紬「えっ?りっちゃん来てたの?おはよう」

唯「今日のムギちゃん上の空だね!さてはボケかな!?」

律「ムギもお前にだけは言われたくないだろ」

唯「分かる。私もりっちゃんにだけは言われたくない」

律「このボケが」

唯「うわ~んムギちゃん!りっちゃんがいじめるよぅ~!」ガバッ

紬「あんんっ!」ビクッ

唯「わっ何かごめんムギちゃん・・・」

紬「い・・・いいのよ何でもないのうふふ・・・」

律「本当に大丈夫なのかよおい・・・」


…職員室

さわ子「あら和ちゃんまた来たの?」

和「はい先生のついでに用事もあったもので」

さわ子「だけどね~、分かっちゃったのよ先生」

和「何がですか?」

さわ子「男の代わりに女の子に手を出してみて・・・
最初はりっちゃんやあなたみたいな人がいいかなって
思ってたんだけど違ったわ」

和「あっイヤな予感がします」

さわ子「やっぱね~、私は攻める方が合ってるのよ!
あんた達もそっちでしょ!どっちかっていうと?」

和「それは職員室で大声で話す様な内容じゃないです」

さわ子「だからね、私決めたわ!ムギちゃんに!」

和「ガガーン!」

さわ子「ごめんね~、和ちゃん~!」

和「敗者復活ー!」

さわ子「ないよ」

和「ガガーン!」


…昼休み

さわ子「ムギちゃん今日はちょっと顔赤いんじゃない?」

紬「そっ・・・そんな事ないです」

さわ子「はは~ん・・・さては」バッ

紬「・・・」

さわ子「やっぱりこんなオモチャで遊んじゃって・・・」

紬「さ、さわちゃんがこんなエッチな娘にしちゃったんだよ!」

さわ子「ふふっ我慢出来なかったって訳ね・・・」ペロッ

紬「さわちゃぁん・・・」ウルウル

さわ子「待たせたな!」


お幸せに!


おわり



最終更新:2010年01月05日 02:18