……次の日から、和ちゃんが私の家に泊まりに来てくれることになりました。

 といっても、憂が帰ってくるまでっていう約束だから、たったの3日だけ。

 和ちゃんは憂のベッドを使うことになっていたけれど、

 わたしが寂しくて、結局和ちゃんを私のベッドに呼び寄せたのを覚えています。

 だけどおかげで、私はとてもよく眠れたものでした。

 そして、予定通りに翌日憂が退院することになった晩のこと。

唯「和ちゃん……あのね、今日もいいかな?」

 ほんとうは不安なんてもうなかったと思います。

 だけど私は、それまでと同じように和ちゃんをベッドに呼びました。

和「ええ、わかってるわ」

 和ちゃんは嫌な顔ひとつしないで、むしろ笑顔でそう答えてくれました。

 しあさっては終業式という日で、とても寒い夜だったのに、

 その笑顔を見ただけで、私はぽかぽか暖かくなったのでした。

和「電気消すわね」

 和ちゃんが言うと、部屋がまっくらになりました。

 布団がめくられて、私の隣に温もりが横たわります。

和「唯ちゃんは、やっぱりまだ心配?」

 それでもお布団の中もお部屋の空気もなんとなく冷たくて、

 私はほうっと息を吐いてみます。

 やっぱり、白い息が広がりました。

唯「……憂のこと?」

和「うん。私が来てからはよく眠れてるみたいだから、どうなのかしらって」

唯「……怖いよ。ううん、病気はもう大丈夫だって思ってるけど」

唯「いつかは、いつだって、いなくなっちゃうものなのかなって」

 自分でも何を言っているのかよくわかりませんでした。

 だけどなんでか、和ちゃんの前では「寂しくない」とだけは言いたくなかったのです。

 だって、私が寂しくなかったら、和ちゃんはこうして泊まりにきてくれないのですから。

和「そうね……突然の別れがない、とは言えないわね」

唯「うん、だから……」

和「憂ちゃんのこと、大事にしないとね」

唯「……わかってる。もし、いつそんなことがあっても、憂が悲しくならないぐらいに……」

 真っ暗闇のなかで目を開いたまま、私はぼんやりと答えていた。

 枕に乗った首の辺りから、とくとく、血の動く音が聞こえて、

 そのリズムはいつもより少し速く感じました。

和「……唯ちゃんなら大丈夫だよ」

 枕元の化粧台に、和ちゃんの眼鏡が乗る音がしました。

和「さぁ、寝ましょう」

 ベッドが深く沈む感覚がします。 

 夜の中に引きずり込まれていくような……だけど、布団の中はだんだん暖まってきています。

唯「和ちゃん」

和「なあに?」

唯「ほんとにありがとね。私、和ちゃんがいなかったら……すごく辛かったと思うから」

 ふふっ、と笑い声が左耳をくすぐりました。

和「大袈裟よ」

 そして、またその呼吸が落ちついて、深くなって、眠りに落ちそうになってしまいます。

唯「ん、……」

 私は体をもぞもぞ動かして、和ちゃんに近づきます。

和「なによ……?」

唯「えへへ……」

 和ちゃんの体に抱きついて、ゆっくり、強く抱きしめていきます。

和「甘えんぼね」

唯「……そうじゃなくってね」

和「?」

唯「和ちゃん、ほんとにありがとう」

和「さっきも聞いたわよ」

唯「……あのね」

 ちょっと顔を上げて、和ちゃんをじっと見ました。

 和ちゃんの手が私の髪にふれて、そっと頭を撫でていきます。

 優しい微笑みに、見つめ返されていました。

唯「私、和ちゃんのこと大好きだよ」

和「唯ちゃん……」

唯「だから、和ちゃんのこと、すっごくすっごく大事にする」

和「えぇ。私もよ」

 わたしは、いっそう強く和ちゃんを抱きしめて、

 和ちゃんの胸元に顔をうずめました。

唯「……だからっ……ずっと、そばにいてね。いなくなったりしないでね」

 和ちゃんが一瞬驚いたように感じられました。

和「……当たり前じゃない」

 しばらくしてから、和ちゃんがそう答えました。

和「明日も学校あるんだからもう寝ましょう、ね?」

唯「……うん」

和「唯、ちゃん?」

 私は頷いたものの、抱きしめた腕を離せませんでした。

唯「……このまま、寝ちゃってもいいかな?」

和「いいけど……」

 けど、と言って、和ちゃんはそれ以上続けませんでした。

 私は和ちゃんに覆いかぶさって、和ちゃんの匂いを抱きしめながら、

 いつの間にか眠ってしまっていました。

――――

唯「……」

 思い出せば、その翌日からだったと思います。

 和ちゃんが私のことを、呼び捨てで「唯」と呼ぶようになったのは。


 はじめはわがままが過ぎて怒られてしまったと思ったのだけれど、

 それにしては和ちゃんの態度はむしろ私に甘えてくるかのような、

 今までにない付き合い方をしてきていました。

 だから私は、それを和ちゃんの変化として、

 なにも考えずにほうっておいたのです。

 事実、教室でも呼び捨てというのは流行っていたものです。

 ちゃん付けで呼び合っている子もいましたが、少数派だったはずです。

 和ちゃんもその影響で、大人への変化をしただけだと思っていました。

和「ちょっと、唯? ほんとに顔赤いけど」

 だけど、違います。

 いや、大人への変化というとちょっと間違っても無い感じですけど。

 和ちゃんはなにも勘違いなんてしていなかったのです。

 確かに私に好きだと言われて、付き合いだしていたのです。

 私がそれを知らないだけでした。

和「……唯?」

 足元がふらつきます。

 近くの塀にもたれて、背中にしょっていた新しいカバンが潰れてしまいました。

唯「う、うそだ……」

 あの日、というかあの夜。

 私が伝えた好きという言葉は、まぎれもなく愛しているという意味で発したものでした。

 付き合おうという意志があって言ったわけではないはずです。

 だけど翌日になって、和ちゃんに呼び捨てにされたとき、

 私の中の熱い熱い気持ちが、すーっと冷めてしまうのを感じました。

 あの、なにかを失う感覚は、よく覚えています。

和「……」

 和ちゃんを好きになったはずでした。

 和ちゃんと付き合うことになるはずでした。

 なのに私は、ひとりで嫌われたと思って、

 自分が傷つかないように、和ちゃんに好きと言ったことさえ忘れたふりをして。

唯「和ちゃん……」

 和ちゃんが、私の前に立ったかと思うと、両腕が私の耳の横を通っていきました。

 ちらりと目をやると、和ちゃんの手がブロック塀についています。

唯「……あ!?」

 ――追いつめられている。

 そんなことはすぐにわかりました。

 背後にはブロック塀で、左右は和ちゃんの腕で塞がれて、簡単に逃げられるとは思えません。

唯「ちょ、ちょっと和ちゃん!?」

和「……いいわよね、唯」

唯「あぅ……」

 それに、和ちゃんの目がじっと私を見つめて、体がうまく動きません。

唯「ま、待って、待とうか和ちゃん!」

和「今更待ってられる余裕ないわよ」

 いつもの調子で頼んだら、いつもの調子で断られます。

 もうなんか本格的にだめな感じです。

唯「わ、わかったから! ちょっとだけ、ちょっとだけ時間を!」

和「……」

 このやりとりさえ面倒なのか、和ちゃんは腕を曲げ、ぐっと顔を近づけてきました。

 こんなに近くで、恋人とまっすぐ見つめ合うのは初めてです。

唯「ま、ってよぉ……」

 あぁ、もう声に力も入りません。

 和ちゃんの視線が、私のくちびるのあたりにちらちら浮気しているのがよく見えます。

 それは私も同じかもしれませんが。

和「……たとえこれで唯に嫌われても、私はキスするから」

 嫌うはずがありません。

 ぶんぶん首を振ります。

 しかし、いくらなんでも心の準備というものが必要なのです。

 まだ気持ち的には付き合って1分経ってないんですよ。

和「……ごめんなさい。大好きよ、唯……」

 和ちゃんの顔がさらに近づきました。

 もうだめです。

 ここは覚悟を決めましょう。

 ぎゅっと目を閉じて、どうにも震えてうまくいかないけれど、くちびるをちょっと突き出しました。

 これで和ちゃんのキスを受け入れる姿勢は万全盤石でしょう。

 あとは……抱きしめたりすればいいのかな。

 和ちゃんの吐息を感じました。

 和ちゃんのくちびる、どんな味がするんでしょうか。

 ファーストキスは甘酸っぱいといいますが、和ちゃんはなんだかその限りでない気がします。

 でもこれでものすごく優しくて甘いキスなんてされたら、

 それこそあの、いわゆる悶死というものをやってしまうんじゃないかと思います。

 やっぱり私、和ちゃんのことが大好きみたいです。

和「唯?」

唯「……あぇ?」

和「……心配しないでも、無理矢理キスしたりしないわよ。そんなに震えないで」

 そんなふうに言われて、ぽんぽんと頭を撫でられました。

唯「……」

 目を開けると、和ちゃんが困ったように笑っていました。

和「ちゃんと、唯がいいって言うまで待つから……」

 私は、和ちゃんを抱きしめるはずだった両手で、和ちゃんの肩を掴みました。

和「あら、なに?」

 そのまま足をつっぱって、和ちゃんを向かい側のブロック塀に押していきます。

和「ちょっと、未遂なんだからそんなに怒らなくても……」

和「唯ー?」

 私がされたのと同じように、和ちゃんを壁際に追い込みました。

 手のひらを刺すブロック塀の感触が、少しだけ痛く感じました。

和「……ちょ、ちょっと待って?」

 ようやく状況を理解したらしい和ちゃんが言いました。

唯「……」

 まさかね。

 和ちゃんは賢いし、私のこともよく知ってるし、

 まさかそんな一言で私が止まるなんて思っていないでしょう。

和「こ、心の準備が……!」

 つまりこれは「OK」ということです。

 そうだよね、和ちゃん。



和「ん~~~!?」

 ファーストキスは、歯みがきしたあとみたいな、ちょっと苦いような味でした。


   おーわり



最終更新:2011年06月13日 22:29