紬「ほら、梓ちゃん。座って」

梓「は、はい」チョコン

梓「(またでっかいシャンデリアだ・・・)」キョロキョロ

紬「お酒が飲めないのが残念ね」

梓「ま、まだ未成年ですからね」

紬「成人したら一緒に飲みましょうね」

梓「はい!」

使用人「こちら前菜の(ry」

梓「(少ないんだ・・・)」

梓「(うまっ!)」

使用人「こちらスープの(ry」

梓「」

使用人「こちら(ry」

梓「」

使用人「(ry」

紬「どう?梓ちゃん」

梓「とても、おいしいです・・・」

紬「それはよかったわ」

梓「こんなおいしいものを毎日食べてるんですか?」

紬「いいえ。今日は特別よ♪」

梓「は、はぁ」

紬「ほら、デザートがくるわよ」

梓「は、はい」

使用人「チョコレートのテリーヌと(ry」

梓「これもおいしそうです」

紬「これ私のお気に入りなの」

梓「そ、そうなんですか」パクッ

梓「・・・お、おいしい」ドキドキ

紬「でしょう?」

梓「今まで食べたデザートで一番おいしいです!」

紬「ふふっ」


紬の部屋!

紬「ふぅ。ちょっと食べすぎちゃった」

梓「私もです」

紬「少し休憩してからお風呂に行きましょ」

梓「はい!」

梓「(お風呂・・・)」

梓「(お風呂もきっとすごいんだろうなぁ)」モワワワワ

紬「よいしょっと」ボフッ

紬「ほらあずにゃんもベットに、おいで」

梓「は、はい」ボフン

梓「かわいい部屋ですよね。ぬいぐるみとかあって」

紬「ふふっ。そのぬいぐるみはりっちゃんと遊びに行ったとき取ったのよ」

梓「取った?」

紬「UFOキャッチャーよ。りっちゃん上手なんだから」

梓「へー。なんか意外です」

梓「律先輩は細かいことが苦手だと言ってたので」

紬「んー、確かにそうだけど・・・、ボタン付けは得意よ!」

梓「なんですか?そのピンポイントな特技・・・」

紬「お料理も得意だし、きっといいお嫁さんになるわね」

梓「ハンバーグ、おいしかったですね」

梓「私ももっと練習するです!」

紬「私も練習するわ!」

梓「あ、そうだ」

梓「えへへ」ガサガサ

紬「?」

梓「ムギちゃんにプレゼントです」スッ

紬「え?今日買ったの?」

梓「はい!」

梓「開けてみてください」

紬「えっと、なんだろう?」

紬「わあ」

紬「エプロンね!かわいいわぁ」

紬「あら、2枚?」

梓「はい。一人暮らしで料理がんばるって言ってたので必要かなと」

梓「私のも買ったので一緒にがんばりましょう!」

紬「・・・あずにゃん」ウルッ

紬「ありがとう!あずにゃん!」ダキッ

梓「えへへ。よろこんでくれてうれしいです」///

紬「一生大事にするわね!」

梓「大事にしてくれるのはありがたいですが」

梓「ちゃんと使いましょうね」

紬「えぇ。大事に使うわ」ギュッ

紬「つけてもいい?」

梓「どうぞです」

紬「ど、どうかしら?変じゃない?」

梓「とっても似合ってますよ。ムギちゃん」

紬「よかったわ。ほら、あずにゃんも」

梓「どう、でしょう?」

紬「すごくかわいいわよ。そうだわ!」

紬「それでネコミミつけたらもっとかわいいわよ」

梓「そ、そうですかね?」

紬「つければわかるわ。ほら」スチャ

梓「・・・うぅ」///

紬「・・・グット!」ビシッ

梓「次はムギちゃんです!」

紬「うん、どう?」スチャ

梓「かわいいですよムギにゃん」

紬「ふふっ。お料理が楽しみね」

梓「料理するときはネコミミはつけませんからね!」

紬「えーっ」

梓「と、当然です!」

コンコン

紬「なにかしら?」

メイド『お風呂の準備ができましたが、いかがなさいましょうか?』

紬「そうね。では入ります」

メイド『かしこまりました』

紬「さぁ、お風呂に行くわよ!」

梓「は、はい」ドキドキ

梓「着替え持ってっと」

梓「あれ?ムギちゃんの着替えは?」

紬「ん?さっきお風呂の準備ができましたって言ってたじゃない」

梓「・・・あー、あぁ」

紬「準備できたら行きましょ」

梓「大丈夫です!」

紬「こっちよー」

梓「んしょ」スルスル

紬「じゃあ入るわよー」

ガラッ

梓「・・・あれ?」

紬「どうしたの?」

梓「い、いえ。思ったより普通だなーと(それでも十分大きいけど)」

紬「ここは琴吹家専用だからね」

紬「お客様用の大浴場は別にあるわよ」

梓「」

紬「そっちの方がよかったかしら?」

梓「い、いえいえ。とんでもないです」アセアセ

梓「これでも十分大きいですよ」

紬「ふふっ」

紬「ほら、早く入らないと風邪引いちゃうわよ」ザパーッ

梓「で、ですね」ザパーッ

チャプン

紬梓「ふーっ」

紬「んんーっ」ノビー

紬「はぁー」

紬「癒されるわぁ」

梓「ですねぇ」グデー

梓「ふーっ」

梓「んっ」パチャパチャ

梓「ふはーっ」

紬「だらけたあずにゃんかわいい♪」

梓「ムギちゃんも十分だらけてますよ~」

紬「そうかもね」

紬「温まったし身体洗いましょう」ザパッ

梓「ふあーい」ノロノロ

紬「ほら、あずにゃん座って」

梓「」ストッ

紬「きれいにしましょうねー」

梓「おねがいしまふ」ボーッ

紬「まかせて」コシコシ

梓「きもちいれふ」

紬「ふふっ。前も洗っちゃおうか」

梓「おねがいしまふ」

紬「そうよねー。・・・ええぇ!」

紬「そ、そう。あずにゃんがいいって言うなら!」ドキドキ

梓「」ムニャムニャ

紬「(でも、ど、どうしよう。いたずらで言っただけなのに・・・)」

紬「(あ、あずにゃんがいいって言ったんだから洗ってもいいよね?)」

紬「(で、でも始めてはベットでゆっくりしたいし)」///

紬「(違うわ!そう、洗うだけ、洗うだけ!)」

紬「(やらしいことなんてしないんだから)」

梓「?」

梓「自分で洗うです」ゴシゴシ

紬「あ・・・」

梓「♪~」ゴシゴシ

紬「あずにゃん・・・」グスン

梓「さぁ、ムギにゃんの背中も洗うです」

紬「う、うん。おねがいね」

梓「よいしょ」コシコシ

梓「そういえばさっき何か言いました?」

梓「のぼせたのかなんかぼーっとしてて」

紬「な、なにも言ってないわよ!」アセアセ

紬「あ、あずにゃんこそのぼせたのは大丈夫?」

梓「はい。身体流してさっぱりしました!」

紬「ならよかったわ。じゃあサウナに入る?」

梓「サ、サウナもあるんですか?」

紬「えぇ。お母様が好きなの」

梓「そ、そうですか」

梓「ではせっかくなので」

紬「じゃあ行きましょう」

ムワッ

梓「うわ、結構本格的な・・・」

紬「ふふっ。さあどうぞ」

梓「は、はい」チョコン

紬「さぁ、サウナに入ったからにはすることは一つ!」

梓「?」

紬「我慢大会よ!」

梓「我慢、大会ですか・・・」

紬「先に出た方の負けよ」

紬「さっきのぼせちゃったあずにゃんには不利かしら?」チラッ

梓「む。や、やってやるです!」

梓「負けた人は勝った人の言うことなんでも聞くも追加です!」

紬「あらあら、あずにゃん乗り気ね」

梓「ま、負けませんよ!」

紬「私だって!」

・・・

紬「いい汗が出るわねぇ、あずにゃん」

梓「そうですね。デトックスです」

・・・・・・

紬「ふぅ。まだ大丈夫ね」

梓「ま、まだまだ余裕です」

・・・・・・・・・

紬「そ、そろそろきつくなってきたかしら」

梓「な、ならギブアップしてもいいんですよ」

・・・・・・・・・・・・

紬「ふ、ふふっ。我慢は身体に毒よ・・・」

梓「・・・それ、我慢大会しようって言う人が言っちゃダメだと思います・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・

紬「な、なかなか頑張るわね。あずにゃん」

梓「」

紬「あ、あずにゃん?」

梓「げ、限界・・・です・・・」ポテッ

紬「あずにゃん!あずにゃーん!!」

梓「ううん・・・」パチッ

紬「起きたわね」

梓「はれ?ここは?」キョロキョロ

紬「私の部屋よ。何か飲み物持ってこようか?」

梓「は、はい。のどかわいてます」

紬「なにか飲み物お願い」

メイド「かしこまりました」ペコッ

梓「?」

梓「あれ?確かサウナに入って・・・」

紬「あずにゃんって負けず嫌いなのね。外に出ないで中で倒れちゃったのよ」

梓「あー」

梓「あれ?服が・・・」

紬「わ、私が着せたわよ」カアァ

梓「それって・・・」

梓「」

梓「!」ボフン

梓「ム、ムムムムムギちゃん!」///

紬「だ、大丈夫よ。ちらっと見えただけだから」

紬「じっくりなんて見てないわ」

梓「あうー」///

紬「さて、我慢大会に勝ったしお願いはどうしようかしら♪」

梓「このタイミングでそれをいいますか!!」

紬「ふふっ。どうしようかしらねー」

梓「あわわわわ」

コンコン

紬「どうぞ」

ガチャ

メイド「飲み物をお持ちしました」

メイド「脱水症状の心配はないと思いますが念のためスポーツドリンクを」

紬「そうね、ありがとう」

梓「あ、ありがとうございます」

メイド「では、失礼します」ペコリ

パタン

梓「」ゴクゴク

梓「・・・ふう」

紬「落ち着いたかしら?」

梓「はい。もう大丈夫です」

紬「もう、あまり無茶しちゃダメよ」めっ

梓「あう。気をつけます・・・」

梓「そ、それでお願いっていうのは」オソルオソル

紬「ん?さっき言ったじゃない」

梓「え?」

紬「あまり無茶しないでねって」

梓「あ・・・」

紬「あまり私を心配させないで」ギュッ

梓「ムギちゃん・・・」


9
最終更新:2011年06月14日 17:22