紬「・・・よし。次はあずにゃんの番ね」

梓「もう大丈夫なんですか?」

紬「うん。ちょっとぼーっとするけど問題ないわ」

紬「あずにゃんにも気持ち良くなってほしいもの」

梓「・・・はい」///

紬「じゃあ、脱がすわね」スルスル

梓「・・・うぅ」

紬「うん。かわいい」チュッ

梓「んっ、・・・あっ」

紬「んんっ・・・、ふぅ」ペロッ

紬「ちっちゃくてかわいいわよ」サワッ

梓「ま、また。小さいって・・・、んっ!」

紬「柔らかいわ」モミッ

梓「・・・はぁはぁ」

紬「もう固い・・・」クリクリ

梓「んぁあ!・・・んっ」

紬「ふふっ。自分で下もいじっちゃって」

梓「はぁはぁ・・・」クチュ

紬「我慢できなかったのね」

梓「・・・うぅ。だって・・」

紬「エッチなあずにゃんもかわいい」チュッ

梓「んっ、あ・・にゃ・・・」

紬「はぁ・・んっ・・」ピチャ

紬「下も触っちゃうわね」

梓「は、い・・・。おねがい、します」

紬「ん、もうトロトロ」

梓「・・・あんまり、見ちゃイヤ・・・」カアァ

紬「わかいい・・・」ペロッ

梓「んあぁ!ム、ムギちゃん!?」

梓「だ、ダメです。きた、ないです・・・んあっ」

紬「汚いわけ、ないじゃない」チュッ

梓「んんっ!それ・・・ダメぇ・・・」ビクン

紬「んっ、はぁ・・・ここがいいの?」カミッ

梓「ひぁっ!・・んはぁ・・ダメ、です・・・」

紬「すごい、どんどん濡れてる・・・」

梓「はぁはぁ・・・」

紬「・・・ごめんね」ツププ

梓「!ぁ・・な、中に・・・」

紬「はぁはぁ・・・」クニュ

梓「んあぁぁっ!い、くぅ・・・」

紬「いいわよ。イって・・・」ギュッ

梓「んんっぁ!・・・はぁはぁ、はぁはぁ」

梓「・・・すごかった、です・・・」

紬「・・・よかった」

梓「・・・でも。いきなり・・・その、ひどいです」ジトーッ

紬「ごめんね。あまりにかわいくて」

紬「でも、気持ち良かったでしょ?」

梓「うぅ・・・」


紬「ふふっ。夜は長いわ・・・」

紬「もっと、しましょう」

梓「はぁはぁ・・、はい。もっと、したいです」

紬「次はネコミミつけましょうか」

梓「」

紬「変化をつけるのも大事よ」

梓「・・・はい」スチャ

紬「かわいい・・・」

紬「んっ、・・はぁ・・・」ピチャ

梓「んぁ・・、あんっ・・・」

紬「あぁ、・・そこ、気持ち、いい・・・」

梓「ここ、ですね。・・・んぁあ!んっ、ふぅ」クチュ

梓「ム、ムギにゃ・・・、ダメ・・」

紬「もっと・・、んんっぁ!」ビクッ

梓「んにゃああ!」


・・・
・・


梓「・・・はぁはぁ」

紬「はぁ・・・ふぅ」

梓「も、もう無理です・・・」

紬「私も・・・もう動けない」

梓「ムギにゃん、激しすぎです・・・」

紬「あずにゃんこそ・・・」

梓「ふふっ」

紬「また、しようね」

梓「はい。また今度です」

紬「どうしよう。着替える?」

梓「・・・もう、動きたくないです」

紬「そうよね。暖房ついてれば裸のままでも・・・」

紬「おやすみ。あずにゃん」

梓「おやすみです。ムギにゃん」

チュッ

紬梓「スゥスゥ」


――――

ちょっと前!

ガタンゴトン

律「・・・本当に直行するんだな」

澪「あぁ!もちろんだ!」

律「あまり無駄使いは関心しないぞ」

澪「無駄になんかならないから安心しろ」

律「やれやれ・・・」

澪「」ワクワク

澪「着いた!」

律「テンション高いですね。澪さん」

律「(笑顔の澪を見れるのはうれしいがかなり複雑な心境だな・・・)」

澪「よし!行くぞ律!」

律「へいへい・・・」

・・・

澪「なんか店の商品が増えてるぞ!律!」

律「(店長。余計なことを・・・)」


澪「どれ・・・」キョロキョロ

律「(梓が最初に店入るの嫌がった理由がよくわかるよ・・・)」

律「・・・にしても、確かに増えてるな・・・」

澪「律ー。はい!」スチャ

律「・・・なにつけた?」

澪「触角!」

律「・・・」

澪「オプションで尻尾も!」

澪「羽もつけて・・・」

澪「小悪魔りっちゃんの完成だ!」

律「・・・」

澪「よし!セットで買おう」グッ

律「ちょいまち」

律「なんで悪魔なんだよ?」

律「ここは天使じゃないのか?」

澪「いや、律は小悪魔って感じじゃないか?」

澪「いたずら好きだし、天使ってガラじゃないな」

律「・・・なんか泣きたくなってきた」

澪「よく似合ってるぞ」

律「うれしくない!」

澪「ふむ。じゃあ天使セットもつけてみるか」パパパッ

澪「・・・」

律「」キャピッ☆

澪「・・・ないな」

律「」シクシク

澪「まぁせっかくだし両方買うか」

澪「会計行ってくるよ」

律「はいはい」

律「まったく、澪にあんな性癖があったとは・・・」

律「なにか面白いものないかな」キョロキョロ

律「」

律「・・・ほう。これは面白そうだ」

律「・・・よし、澪にばれないように会計を・・・」コソコソ

律「よし、気づいてない」

澪「あれ?律どこいった?」キョロキョロ

律「おっす。会計終わったか?」

澪「どこ行ってたんだ?もう買ったよ」ガサッ

澪「さて、どうする?どっか見たい店あるか?」

律「んーっ。まぁ帰ろうか、早く部屋でゆっくりしたい」

澪「そうだな。早く二人っきりになりたいな」

ガタンゴトン

律「でもどうするんだ?今日は普通に両親いるぞ?」

澪「家もだ・・・」

律「・・・」

澪「こういう時、大人はどこに行くか知ってるか?」

律「・・・おい、まさか」

澪「せっかくだし、なっ!」

律「・・・うっ」

律「いや、未成年って入れるのか?」

律「そもそも同性だし」

澪「行ったことないからわからん!」

律「」

澪「まぁきっとなんとかなるさ」

律「・・・はぁ」

律「澪のほうがよっぽど悪魔だよ・・・」

澪「~♪」

律「(でも、なんでこんな小悪魔に惚れちゃったんだろうな・・・)」

律「(初めは恥ずかしがりやで私がしっかり支えなきゃって思ってたのに)」

律「(今では嫌がる私を無理やり犯す子に・・・)」

律「(・・・あれ?もしかして私のほうが変態?)」

律「(まさかね)」

律「」

律「(・・・あまり考えないようにしよう)」

澪「よし。降りるぞ」

澪「じゃあ今日は適当に唯の家にお泊まりとか言って出るように」

律「徹底してるな」

澪「バレたら面倒だからな」

律「・・・確かに」

澪「じゃあまたあとで」

律「おう」

律「・・・ラブホか」

律「」ドキドキ


ピンポーン

律「来たか。じゃあ行ってくる」

聡「行ってらー」

澪「よう」

律「おう」

律「でも、場所とかわかるのか?」

澪「あぁ、家で少し調べてきたからな」

律「・・・さいですか」

――

澪「ここだ」

律「ほう」

澪「ここは入口が無人でな、問題なく入れると思う」

律「そ、そうか」

澪「・・・緊張するな」

律「あ、あぁ」

澪「・・・行くぞ!堂々としてろよ」

律「お、おう」

律「うわっ」

澪「」ピピッ

澪「どの部屋にする?」

律「な、なんでもいいよ。早く」

澪「なんでもいいんだな?」ニヤッ

律「」

律「普通の部屋でお願いします」

澪「やれやれ」ピッ

ウイーン

澪「ここだな」

ガチャ

律「おぉ。でっかいベット」

澪「もう雰囲気がいやらしいな」

律「ま、まぁ。そういう場所だし・・・」

澪「」ボフッ

澪「おぉ。フカフカだ」

澪「よし」

澪「律。先にシャワー浴びてこいよ」

律「へ?いつもみたいに一緒じゃないのか?」

澪「この台詞、一度言ってみたかったんだ」

律「」

律「そ、そうか・・・」

澪「よし、一緒に入るか」

律「あいあい」

律「・・・普通だな」

澪「まぁしょうがないさ」

律「ん?なんかこの椅子変だな?」

律「なんか妙にへこんでる・・・」

澪「」ニヤリ

澪「律から座ろうか」

律「へ?まぁいいけど」

澪「先に身体洗うか」

澪「」コシコシ

澪「子供のころはよく一緒にお風呂入ったな」

律「最近増えたけどな」

澪「痒いところないか?」

律「あぁ。大丈夫。気持ちいいよ」

澪「そうか」

澪「なら、もっと気持ちよくしてあげるよ」

律「へ?」

スッ

律「!」ビクッ

律「お、おい。澪!」

澪「こっちも綺麗にしないとな」ナデナデ

律「んぁ・・。くっ、こ、これは・・・」

澪「あぁ。スケベ椅子って言ってな」

澪「大事なところも洗いやすいだろ?」

律「そんな・・。あっ・・」

澪「ふふっ。律、かわいい」コシコシ

律「お・・い。いきな・・あっ・・んぅ・・・」

澪「」モミッ

律「んぁっ!」

澪「後ろからじゃ見えないけど前も洗おうな」

律「そ、それ。洗って、んっ。ないって・・・」

澪「ふふっ」

澪「ほら、泡でヌルヌルだ・・・」

律「(・・やばい。最近ご無沙汰だったから・・・)」

澪「ふふっ」コシコシ

律「はぁ・・、あっ。もう、ダメだ、ってぇ・・・」

澪「まだ少ししか触ってないじゃないか」

澪「そんなに興奮してるのか?律は」ニヤニヤ

律「うっ・・。あぁあ・・・もう・・・イく・・っ」

澪「あぁ。律も久々だもんな」

澪「いいぞ。イってくれ」ツプッ

律「あぁっ!」ビクッ

律「はぁはぁ・・・」

澪「どうだった?久しぶりにイった感覚は?」

律「・・・あぁ。・・やばい」

澪「ふふっ、そうか。もっと気持ちよくしてあげるからな」

律「・・ちょっと、休ませて・・・はぁはぁ・・・」

澪「あぁ」

律「・・・ふぅ。じゃあ交代だな」

澪「え?私はいいって」

律「この状況でその選択肢はないなぁ」

澪「・・うっ。じゃあ、任せるよ・・・」

律「まずは普通に・・・」コシコシ

澪「うん」

律「そして、・・・こう」サワッ

澪「んっ!」ビクッ

律「これ考えたやつすごいな」

律「えい」コスッ

澪「ひゃあっ。も、もうやめろって」

律「んー?澪もイくまでだろ?」モミッ

澪「んぁっ。はぁっ・・・」

律「ちくしょー。羨ましい」クリッ

澪「お、おいっ。もうっ・・くっ・・・」

律「下も綺麗にしないとな」クニクニ

澪「ああっ!・・そこはっ!」ビクン

律「・・・なんか感度上がってないか?」ムギュッ

澪「し、知るかぁ・・はぁっ・・・」

律「ならここはもっと感じるのかな?」キュッ

澪「あうっ!っつぅ・・・」ビクッ

律「おぉ・・」

澪「はぁはぁ・・・この感覚、久しぶりぃ・・・」

律「だよな。軽くシャワー浴びて出ようぜ」

澪「あ、あぁ・・・」

澪「・・・みんなもこうしてるのかな?」

律「いや、ラブホにいるのは私達だけだろう・・・」

澪「そうじゃなくって」

澪「好きな人と一緒にいるのかなって・・・」

律「あー、きっとそうだろうな」

澪「・・・そうか」

澪「今日は恋人と、明日は仲間と・・か」

律「どうした?らしくない」

澪「なんでもないよ」

澪「にしても、あの律がよく試験勉強がんばったな」

律「ん、まぁな」

律「澪こそよく我慢できたな!」

澪「・・・あぁ。正直何回襲おうとしたことか・・・」

律「」

澪「だがもう我慢しなくていいからな・・・」

律「(性欲の塊か?こいつは・・・)」


8
最終更新:2011年06月14日 17:52