・・・

唯「あー。いい湯じゃった」ポカポカ

憂「おじいちゃん?」

唯「今日はなんか疲れちゃった」

憂「試験行ったりお買い物行ったもんね」

憂「早いけど寝ちゃう?」

唯「うん。そうしよっかな」

唯「久しぶりに憂と一緒に寝れるよー」

憂「そ、そうだね」///

唯「ほら、憂。おいで」

憂「うん!」

唯「明日は寝坊するぞー!」

憂「もう、明日だけだよ」

唯「憂厳しい・・・」

唯「明日楽しみだね」

憂「うん。みなさん今日の為にがんばってきたんだもん」

憂「明日は楽しんでもらおうね」

唯「うん!」

唯「きっとみんな憂の料理に期待してるよ」

憂「もう」///

唯「おやすみ、憂」

憂「うん。おやすみ、お姉ちゃん」

唯憂「スゥスゥ」


次の日!

梓「むにゃ・・・」ムクッ

梓「寒っ!」ブルッ

梓「あれ?なんで私裸・・・」

梓「」

梓「」カアァ

梓「」ガバッ

梓「(お布団あったかい・・・)」

梓「(そ、そうだ。昨日ムギちゃんと・・・最後まで)」///

紬「スゥスゥ」

梓「(ムギちゃんまだ寝てる)」ツンツン

紬「・・うんっ」

梓「(・・・いたずらしたい)」

梓「」ムニッ

紬「んぁっ・・・」

梓「(大きくていいなぁ)」モミモミ

紬「あっ・・・」

梓「(あ、固くなってきた・・・)」クリクリ

紬「はぁはぁ・・・」

梓「(・・・まだ起きない、なら)」キュッ

紬「んぅっ!・・・あれ?」キョロキョロ

梓「おはようです。ムギちゃん」

紬「え、あ・・うん。おはよう、あずにゃん」

紬「(・・・夢だったのかな?)」

紬「(あずにゃんにいたずらされる夢見るなんて・・・)」///

紬「(しかもちょっと濡れちゃってるし・・・)」

紬「・・・お風呂行かない?」

梓「へ?あー、そうですね。行きましょうか」

紬「じゃあ軽く着替えて・・・」

紬「よし!行きましょう!」

梓「はい!」

バタン

カポーン

梓「はふー」

梓「朝風呂っていいですよねー」

紬「そうねー。・・・ふぅ」パチャパチャ

紬「昨日の疲れがとれるわぁ」

梓「」///

紬「あ・・・」カアァ

梓「たくさんしましたからね・・・」

紬「あ、あずにゃんがもっとしようって・・・」///

梓「・・・む。ムギちゃんだって楽しんでました!」

紬「ふふっ。そうね」

梓「・・・ムギちゃんとできてよかったです」

紬「私もよ」

梓「・・・」

紬「ここではしないわよっ」

梓「!」

梓「と、当然です!」アセアセ

紬「毎日なんてやったら倒れちゃうわ」

梓「で、ですよね!」

紬「今日のパーティー楽しみね」

梓「ですね」

紬「そうだわ!試験合格パーティーはここでやりましょうか?」

梓「ここってムギちゃんちで?」

紬「うん。毎回唯ちゃんのお家じゃ悪いもの」

紬「どうかしら?」

梓「えっと、ムギちゃんがいいならいいのでは・・・?」

紬「そ、そうよね」

紬「一週間後だし、調整してみるわね」

梓「(調整・・・?)」

紬「あがろっか」

梓「はい!」

ザパッ

紬「今日はどうしましょっか」

梓「うーん。もうお昼前ですからね」

梓「何時に唯先輩の家に集合なんですか?」

紬「・・・あ、まだ聞いてない・・・」

梓「・・・」

紬「ちょっと電話してみるわね」

梓「はい」

紬「・・・唯ちゃん、電話でないわ」

梓「寝てる姿が目に浮かびますね・・・」

紬「そうね・・・」

紬「きっと憂ちゃんなら」プルルルッ

紬「・・・あ。憂ちゃん?」

・・・

紬「・・うん。じゃあまたあとで」ピッ

紬「夕方に来てほしいそうです」

梓「夕方ですか」

梓「寝てる姿が目に浮かびますね・・・」

紬「そうね・・・」

紬「きっと憂ちゃんなら」プルルルッ

紬「・・・あ。憂ちゃん?」

・・・

紬「・・うん。じゃあまたあとで」ピッ

紬「夕方に来てほしいそうです」

梓「夕方ですか」

紬「また軽くご飯食べてお散歩しましょうか」

梓「ですね。トンちゃん2号にエサもあげたいです」

紬「それもいいわね」

梓「ではまずは荷物まとめておきますね」

紬「うん。ご飯お願いしてくるわね」

梓「はい。お願いします」

梓「パーティーかー」

梓「・・・太っちゃいそう」


――――

チュンチュン

律「おーい澪ー。起きろー」

澪「ううん・・・」

律「そろそろ出る時間じゃないのか?」

澪「・・・んむぅ」ムクッ

律「おう、おはよう」

澪「・・・おはよ」

律「ほれ、出る準備する!」

澪「・・・これでよしっと」

律「早く出ようぜ。見つかったらやばいって」

澪「焦るなって、そうそう見つかるわけ・・・」

エリ、アカネ「」

律澪「」

エリ「こ、こんにちわー」

律「・・・こんにちわー」

・・・

澪「」

律「・・・で、では私達はこれで・・・」

エリ「う、うん。・・・また学校でね」


澪「お、おい!なんであの二人がホテルにいるんだ!」アセアセ

律「お、落ち着けって。あの二人もそうなんだろ?」

澪「」

澪「・・・なるほど」

澪「いやよくないって!」

律「落ち着けって。まぁバレたのは痛いけどそれはむこうも同じだ」

律「わざわざ自分たちの危険になることはしないだろ」

澪「・・・なるほど、お互いに秘密にすると」

律「そういうこと。お互いなにも見なかったのさ・・・」

澪「・・・心臓が止まるかと思った」ドキドキ

律「・・・同じく」

澪「もうラブホなんかには行かないよ・・・」

律「さて、どうする?」

澪「とりあえず家に戻るか」

澪「憂ちゃんに電話したら夕方に来てほしいって言ってたし」

律「夕方か・・・。二度寝でもするかな」

澪「そうしようか。昨日は疲れた・・・」

律「誰のせいだ、誰の」

澪「じゃあまたあとでな」

律「おう」

律「やれやれ」

ガチャ

律「ただいまー」

聡「おう。姉ちゃんおかえり」

律「今から寝るから起こすなよ」

聡「・・・朝帰りか」

律「ブッ」

律「あっちいけ」シッシッ

・・・

律「んあー。・・・よく寝た」

律「4時か。そろそろ準備するかな」ゴソゴソ

律「・・・ん。これは・・・」

律「」ニヤリ

律「せっかくのパーティーだしいいよな」ゴソゴソ

律「んじゃ行ってくるわ」

ガチャ


――――

憂「お姉ちゃん。もう2時になるよ」

唯「んがー」Zzzz

憂「いくら寝坊してもいいからって寝すぎだよ」ユサユサ

憂「そろそろ料理作らないと」ユサユサ

唯「・・・んあ。・・・料理」ムクッ

憂「おはよう。お姉ちゃん」

唯「・・・料理、ない。嘘つき」

唯「・・・ぐぅ」

憂「おねえちゃーん」

唯「いやー。もうこんな時間になってるとは」

憂「早くしないとみなさん来ちゃうよ」アセアセ

唯「面目ない」

唯「やーるぞー」

憂「うん!」

・・・

唯「料理って楽しいね」グツグツ

憂「そうだね」


ピンポーン

唯「来た!だれだろ?」

律「おいっす」

澪「おじゃまします」

唯「おー。あがってあがって」

律「こんばんわ。憂ちゃん」

憂「みなさんこんばんわ」

澪「ごめんな。いきなり押しかけて」

憂「気にしないでください。試験、おつかれさまです」

律「いやー。確かに肩の荷が下りたって感じだよ」

澪「そうだな。やっとゆっくりできるよ」

憂「ふふっ。大したものは用意できないですがゆっくりしていってください」

律「いや!憂ちゃんの料理はおいしいからね。期待してるよ」

澪「あぁ。毎回すまないな」

憂「好きでやってるんですから気にしないでください」

唯「適当にテレビでも見ててー」

ピンポーン

唯「お。ムギちゃん達かな?」

紬「こんばんわー」

梓「こんばんわです」

唯「いらっしゃい。ささっ、どうぞどうぞ」

梓「おじゃまします」

紬「わぁ。おいしそうな料理」キラキラ

梓「ですねー」

憂「そういえば和さんは?」

唯「さっき連絡したらね、遅れてくるって」

憂「よかった」

唯「じゃあこれで全員そろったかな?」

律「おー」

ピンポーン

憂「あれ?だれだろ」

信代「ちわーっ。三河屋でーす」

唯「お、ありがとー。のぶちゃん」

信代「これ、昨日の注文の品ね」

憂「昨日・・・」

唯『ごめん。ちょっと用事あるから行ってくるよ』

憂「昨日行ってた用事ってこれ?」

唯「そうだよ。黙っててごめんね」

憂「・・・これって、お酒?」

信代「私は唯のクラスメイトでさ、実家が酒屋なんだよ」

唯「いやー。せっかくのパーティーなんだしちょっとくらい」

憂「・・・もう。怒られても知らないよ?」

唯「えへへっ」

律「おかえり。どうした?」

憂「お姉ちゃんがお酒注文したみたいで・・・」

唯「ちょっとだけだよー」

律「・・・さすが唯だぜ!」ゴソゴソ

律「私も持ってきちゃった」ドンッ

澪「おい!なに持ってきてるんだよ」

律「いいじゃん。パーティーだぜー」

唯「そうだそうだー」

澪「もう、ムギからもなにか・・・」

紬「」スッ

紬「えへへっ」

澪「ムギーー!」

梓「ムギちゃん・・・、いつの間に・・・」

梓「・・・チューハイ、日本酒、ワイン」

澪「ここは居酒屋か?」

唯「まさかみんなが持ってくるとは」

律「まぁ今日だけだしな」

紬「そうよ!少しくらいなら大丈夫よ!」

澪「み、未成年なんだからだめだって!」

律「では澪は水で乾杯しようか」

澪「う・・・」

澪「あ、あぁ。そうするよ!」

唯「わたしこのオレンジのー」

律「じゃあ私はこのレモンのにしようっと」

紬「私は桃ー」

梓「・・・」

紬「あずにゃんはどれにする?」

梓「・・・うぅ。と、とりあえずジュースで様子見します」

憂「わ、私も」

律「ほら、唯があいさつしろよ」

唯「わ、私?えっと・・・」

唯「では、みなさん昨日は試験お疲れ様でした!」

律「うむ」

唯「みんながんばったよね。だからきっと合格だよ!」

唯「今日は私もお料理手伝いました」

唯「少ないですが楽しんでください」

唯「かんぱーい!」

律紬「かんぱーい」

澪「か、かんぱい」


10
最終更新:2011年06月14日 17:56