紬梓部屋!

紬「ただいまー」

梓「おかえりなさい。カバン持ちますね」

紬「ありがとう。ふぅ、ちょっと疲れちゃった」

梓「軽音部結成おめでとうございます。あとで詳しく聞かせてくださいね」

梓「もうすぐご飯出来ますからね」

紬「うん。あ、そうだ。明日は午後からだからお弁当は私が作るわね」

梓「午後からならゆっくりしてた方が・・・」

紬「いいの!私に任せて!」

・・・

梓「・・・へぇ、その顧問の方は私達のこと知ってたんですか」パクパク

紬「そう言ってたわね。無事見つかってなによりだわ」

紬「それで明日の午前中に機材運ぶの。ゆっくりしてる時間はないわ!」

梓「ではやっと練習再開ですか」

紬「ううん。明日は軽音部結成記念のお茶会よ!」

梓「・・・。そりゃそうですよね」

紬「明日の朝にお菓子が届くから憂ちゃん達と食べてね。お裾分けよ」

梓「ど、どうもです」

紬「練習はあってもあまり遅くならないようにするからね」

紬「唯ちゃんのこともあるし」

梓「そうですか。私は別に遅くなっても構わないですけど」

紬「・・・一人の方がいいんだ」グスッ

梓「へ?い、いえ。そういう意味ではなくてですね」アセアセ

紬「・・・くすっ、冗談よ」

梓「・・・もう!」プイッ

紬「ご、ごめんね。あずにゃん」

梓「」ツーン

紬「怒っちゃった?」

梓「」プイッ→

紬「許して、あずにゃーん」

梓「」プイッ←

紬「ほ、ほら。私のおかずあげちゃう!」

梓「・・・私が作ったんですけど?」

紬「うぅ・・・」ショボン

梓「・・・ふふっ、冗談ですよ」

梓「仕返しです」

紬「あずにゃん!」ダキッ

梓「ご、ご飯中ですよ!」アセアセ

紬「ふふっ、いいじゃない」ギューッ

梓「も、もう・・・」///

紬「せっかくだし食べさせてあげる!」

紬「はい、あーん」

梓「うぅ・・・、あーん」パクッ

紬「どう?」

梓「・・・味が分からないです」ドキドキ

紬「そうなの?それじゃあせっかくの料理がもったいないわね」

梓「あ・・・」

紬「?」

梓「い、いえ・・・」

紬「」ピコーン

紬「ふふっ、あずにゃんがどうしてもって言うなら食べさせてあげるわよ」

梓「うっ」

紬「どうする?」ニコニコ

梓「・・・お、お願いします」///

紬「よくできました。はい、あーん」


お風呂上がり!

梓「」ゴクゴク

紬「そっちの部活はどう?」

梓「相変わらず誰も入りません・・・。でもちゃんと練習はしてますよ!」

紬「えらいえらい」ナデナデ

梓「えへへっ」

紬「無理はしないでね。適度な休憩も大事よ」

梓「適度ならいいんですけどね」

紬「・・・むぅ」

梓「さ、寝ましょうか。お弁当、期待してますよ」

紬「任せて!うんとおいしいの作るから!」

梓「ふふっ。寝坊しちゃだめですよ」

紬「今日は大丈夫よ」

紬「じゃあおやすみ」

梓「はい!また明日です」チュッ

紬梓「スゥスゥ」


平沢家!

憂「結成おめでとう!」

唯「えへへっ。めぐみん先輩のおかげだよー」

憂「今日はごちそうだよ。いっぱい食べてね」

唯「わーい!」

唯「私だけ早めに帰ったけど今日は疲れたからね」

唯「ふふふ、お姉ちゃん張り切っちゃうぞー!」

憂「はい、ご飯」

唯「うむ。いただきます!」

憂「いただきます!」


学生寮!

律「ふいー。疲れたー」

澪「ドラム置いたから部屋が狭い・・・」

律「一日の我慢だ。さ、ご飯にしよう」

澪「だな、さすがにお腹空いた・・・」

律「おかわりしたら意味ないぞー」

澪「わかってるよ」

澪「いや、この後も運動すれば食べても大丈夫か」

律「」



次の日!

紬「」ムクッ

紬「・・・よし!やるわよ!」

・・・

梓「スゥスゥ」

紬「あずにゃーん、朝よー」

梓「・・・ムニャ」ゴロン

紬「起きなさーい」

梓「スヤスヤ」

紬「・・・こうなったら」テクテク

梓「(・・・あれ?行っちゃった)」

紬「起きなさーい!」カンカンカン!!!

梓「!」ビクッ

梓「なななな!」

紬「ふふっ、フライパンとおたまで起こすのってロマンよね」

梓「・・・」

梓「・・・心臓に悪いです」

紬「狸寝入りしてる方も悪いです。さ、ご飯にしましょう」

・・・

ピンポーン

紬「はーい」ガチャ

斉藤「おはようございます。こちらです」

紬「朝早くからありがとう。すぐに下に行くから待っててね」

斉藤「はっ」ガチャ

紬「あずにゃん。はい、お菓子持って行ってね」

梓「ありがとうございます」

紬「今日は車で登校しましょうか」

梓「・・・お菓子多くないですか?」

紬「・・・焼き菓子だから余っても大丈夫よ」

紬「さ、早く下に行きましょう!」

梓「は、はい!」

・・・

純「・・・」

キィィ、ガチャ

梓「あ、純。おはよう」

純「・・・あんた勝ち組だよ」

紬「おはよう、純ちゃん。久しぶりね」

純「おはようございます。梓から聞きました、大学で部活結成できたとか」

紬「ふふっ、ありがとう。いつでも遊びに来てね」

紬「あずにゃんはどう?ちゃんと部長できてる?」

純「紬さんからも言ってくださいよー。厳しすぎて倒れそうです」

梓「ちょっと純!なに言ってるの!」

純「あはは。安心してください、問題ないですよ」

梓「もう!」

紬「そう。二人とも、今日もがんばってね」

梓「はい。そちらもお気を付けて」

紬「またね」バタン

ブロロロロ

梓「今日はお菓子貰ったから少しだけお茶するよ」

純「お、いいねぇ。ケーキ?」

梓「焼き菓子って言ってたよ」

梓「ちゃんと練習してからだからね」

純「はいはい。わかってますよ」


学生寮!

澪「クゥクゥ」

律「・・・ノーブラか」

律「やれやれ、将来形崩れても知らないぞ」

律「ほれ、起きろ。朝だぞー」

澪「・・・あと5分」ゴロン

律「・・・」

律「恵さーん。入っていいですよー」

澪「今起きた!」ガバッ

律「ったく。私も疲れてるんだから手間かけさせるな」

澪「」プイッ

律「ほれ、顔洗って朝ご飯行くぞ」

澪「・・・」グーッ

澪「・・・そうするか」

律「・・・。夜の運動じゃなくて他にも運動したらどうだ?」

律「筋トレとかすればいいって聞いたことあるぞ。あとはジョギングか」

澪「・・・うーん。面倒だな」

律「・・・」

澪「まぁ適度に運動はするよ」

澪「太って律に見限られたくないしな」

律「べ、別に太ったからって見限ったりは・・・」ボソッ

澪「ん?何か言ったか?」

律「は、早く行くぞって言ったんだよ!」

澪「はいはい。今行くよ」

ガチャ

恵「おはよう。りっちゃん、澪たん」サッ

律「あ、おはようございます」

澪「それなんです?」

律「コップ?」

恵「え、えと・・・」

恵「洗いに来たのよ!」

律「そうでしたか。恵さんも一緒に朝食行きませんか」

恵「そうね」

澪「恵さんは今日は朝からですか?」

恵「そうよ。澪たん達は午後からだっけ?ゆっくりできるわね」

律「でも午前中にドラムとか運ぶので微妙ですね」

・・・

唯「りっちゃーん。きたよー」

律「おう、おはよう」

紬「おはよう。りっちゃん、澪ちゃん」

澪「おはよう。よし、早速始めるか」

紬「食器とかはもう運んだからあとはドラムだけよ」

律「さすがムギ、手際がいいな」

紬「ふふっ、早く終わらせてお茶にしましょう」

唯「おー!」

カチャカチャ

律「おし。セッティング完了!」

紬「私もできたわ!」

唯「やっとだねー」

澪「お茶の前に一度合わせないか?」

律「いいね。せっかくだしやるか」

唯「うん!」

紬「じゃあどの曲やる?」

ワイワイ

ジャーン・・・

唯「・・・ふぅ」

律「・・・始まったな」

澪「あぁ」

紬「あとはあずにゃん達が来るだけね」

唯「待ち遠しいねぇ」

律「おっし!お茶だー!」

唯「おー!」

澪「食べ過ぎるなよ。少ししたらお昼なんだから」


高校お昼!

梓「今日のおかずはなにかな?」ワクワク

純「あれ?梓が作ってるんじゃないの?」

梓「今日はムギちゃんが作ってくれたんだ」パカッ

梓「おぉ、おいしそうです」

憂「彩りもいいね。さすがムギ先輩」

純「よし。私のパンと交換しようか」

梓「だめだよ。これは私のだもん」サッ

純「おかずの一つだけでも・・・」

梓「・・・しょうがないなぁ。はい、卵焼き」

純「お、ありがと。・・・うまい!」モグモグ

梓「でしょ?ムギちゃん料理はおいしいんだよ」

憂「梓ちゃんが教えたんだよね」ニコニコ

梓「・・・ま、まぁね」テレテレ

純「じゃあ私も梓に教われば上手になるかな?」

梓「純じゃ無理だよ」

純「なにおー!」

憂「ふふっ」

純「ふん!今度作るクッキーは梓にはあげないもんね!」

梓「・・・作れるの?」ジトーッ

純「来週、学校終わったら憂の家で教わるんだよ!」

梓「・・・部活は?」

純「これも部活の一環だよ」

純「手作りお菓子持ってくるって言ったのは部長だし!」

梓「うっ・・・」

憂「梓ちゃんも来る?お姉ちゃんも喜ぶし」

梓「来週かー。ムギちゃんに聞いてみるよ」


14
最終更新:2011年06月14日 18:45