次の日!

紬「うぅん。・・・ふぁぁ」

梓「スゥスゥ」

紬「・・・」ボーッ

紬「・・・よし!ご飯作りますか!」

紬「起こさないようにそーっと」ソーッ

紬「ふふっ、もう少し寝ててもいいわよ」ナデナデ

梓「ムニャ」ゴロン

紬「さて、なに作ろうかしら」

紬「卵あるし、オムレツ作ろうかな」

紬「よっと」ジューッ

・・・

梓「・・・ムニャ」ムクッ

梓「ふあああっ。よく寝た・・・」ボーッ

梓「おはようございます」

紬「あ、おはよう。顔洗ってらっしゃい。もうすぐご飯できるからね」

梓「ありがとうございます」

梓「わぁ。今日もおいしそうです」

紬「ふふっ、今日は練習の日だからね。たくさん食べてね」

梓「はい!いただきます!」

紬「いただきます」

梓「んーっ。このオムレツ、すっごくおいしいです!」

紬「そう?よかったわ」

梓「」モグモグ

紬「もう、お米とっついてるわよ」ヒョイ

梓「あ、どもです」

紬「ふふっ」パクッ

梓「あっ・・・」ドキッ

紬「ん?どうかした?」

梓「い、いえ・・・」///

紬「ご飯、おかわりいる?」

梓「んと、では半分だけ」

紬「はーい」ペタペタ

紬「どうぞ。たくさん食べてね」

梓「」モグモグ

紬「今日は何時頃帰りになりそう?」

梓「うーん。ちょっと遅くなるかもしれないです」

紬「なら晩御飯も私が作るわね!」

梓「すみません。ムギちゃんにばっかり・・・」

紬「いいのいいの。練習頑張ってね」

梓「はい!ごちそうさま」

紬「お粗末さま」

紬「じゃあ着替えてらっしゃい。食器洗っておくわね」

梓「あうぅ・・・。何から何まで・・・」

紬「ふふっ。お弁当もできてるから持って行ってね」

梓「・・・はい。ありがとうございます」ショボン

紬梓「行ってきまーす」バタン

テクテク

紬「じゃあまた帰ったらね」

梓「はい。ではまた」

梓「・・・はぁ。なんか最近ムギちゃんに全部任せっきりな気が・・・」テクテク

梓「・・・それに、あっちの方もムギちゃんにしてもらってばかり」

梓「・・・」

梓「・・・な、なに言ってるんだろ」カアァ

梓「は、早く学校に行こうっと」テクテク


高校お昼!

梓「お昼食べよう」

純「うん。私はパン買いに行ってくるよ」

憂「行ってらっしゃい」

梓「そういえば今日はさわ子先生来るのかな?」

憂「どうだろ?今日はみっちり練習するって言ってあるから来るかもね」

梓「・・・お茶が出ないから来なかったりして」

憂「あはは・・・。どうだろうね」

純「おっ待たせー!」

梓「・・・パン多くない?」

純「そう?でも今日は練習するんでしょ?たくさん食べなきゃ」

憂「純ちゃん。気合い入ってるね!」

純「まぁねぇ」モグモグ

梓「明日は雨かも・・・」

純「お、憂のお弁当。今日もおいしそうだねぇ」

憂「えへへっ、今日はお姉ちゃんが作ってくれたんだよ。よかったら食べる?」

梓「・・・へぇ。唯先輩もがんばってるんだね」

純「ありがと」パクッ

純「んー、この卵焼き。憂のと同じ味がするよ」

梓「えっ?それ本当?」

憂「梓ちゃんもどうぞ」スッ

梓「う、うん」パクッ

梓「・・・お、おいしい」

憂「えへーっ」

梓「(すごい。生活力0だった唯先輩がこんなに・・・)」

憂「お姉ちゃんすごいんだよ。どんどんお料理覚えてくの」

純「憂の教え方がうまいのもあるんだろうねぇ」

憂「そ、そうかな・・・」テレッ

梓「(わ、私だって負けないもん!)」

梓「(最近お料理もムギちゃんに任せっきりだから腕が落ちてるかもしれないし・・

  • )」シュン

純「・・・あ、梓?おーい」

梓「(私も頑張らなきゃ!)」ゴゴゴゴ

純「だめだ。また自分の世界に入っちゃったよ」

純「ま、梓は放っておいて。卵焼きのお返しにこのミニドーナツをあげよう」

憂「ありがとう。食後のデザートにしようかな」

純「やっぱ甘いものは必要だよねぇ」

梓「やーるぞー!」


放課後!

キーンコーンカーンコーン

梓「よし!部活に行くよ!」

純「はいはい」

憂「うん。今日はがんばろうね」

・・・

梓「・・・ふぅ。ちょっと休憩しようか」

純「だね。腰痛ーい」トントン

憂「ふふっ。純ちゃん、おばあちゃんみたい」

純「あ、そういえばさ。ボーカルは憂のまま?」ズズズッ

梓「・・・」

憂「梓ちゃんも一緒に歌おうよ」

純「唯先輩達に披露した時と新歓ライブも憂だったしさ、梓も歌いなよ」

梓「・・・だって、あまりうまくないし・・・」

純「・・・あれ?そう言われてみれば梓の歌って聞いたことないかも」

憂「私も聞いたことないかも」

純「ねぇ、ちょっと歌ってみてよ」ニヤッ

梓「や、やだよ。本当に下手なんだって」

憂「私も聞いてみたいなぁ」

梓「う、憂まで・・・」

純「ほらほら、ギター持って!」

梓「も、もう・・・。ちょっとだけだよ・・・」

純「」ワクワク

梓「コ、コホン。・・・では」

梓「」ボエーッ

憂「・・・」

純「・・・」

梓「・・・」

純「・・・ご、ごめんね」

憂「えっと・・・、独特でいいと思うよ!」

梓「・・・うぅ、だから下手って言ったじゃん」

梓「ギター引きながら歌うって難しいんだよ!」

純「いや、ギター関係なく根本的に・・・」

憂「じゅ、純ちゃん!」

純「よーし。ここは歌の特訓もしますか!」

梓「え゙っ」

梓「そ、そんな。別にいいよ・・・」

純「・・・私達のオリジナル。梓が歌えばムギ先輩も喜ぶと思うなぁ」チラッ

梓「!」

梓「・・・で、でも」

憂「諦めちゃダメだよ。一緒に頑張ろうよ」

梓「憂・・・」

梓「」グッ

梓「・・・そう、だよね。私、頑張るよ!」

純「(扱いやすい子)」

さわ子「話は聞かせてもらったわ!」バターン

梓「ひぃっ!」ビクッ

純「さわ子先生!?」

さわ子「誰かの為に歌う・・・。素晴らしいじゃない!」

さわ子「私が特訓してあげるわ!」

梓「先生・・・」

憂「さわ子先生の特訓なら安心だね」

憂「お姉ちゃんもさわ子先生のおかげですっごく上達したんだよ」

さわ子「あぁ・・・。も、もっと言って!」ポワワッ

さわ子「さぁ!行くわよ!」

梓「えっ、今からですか!?」

さわ子「もちろんよ!青春は待ってくれないわよ!」

純「頑張ってこいよー」フリフリ

憂「行ってらっしゃい。梓ちゃん」

さわ子「腕が鳴るわぁ!」

梓「うわーん」ズルズル

バタン

純「・・・てか、なんでさわ子先生あんなにテンション高いの?」

憂「私達はどうしよっか?もう少し練習する?」

純「うーん。・・・まぁ、梓が頑張ってるのにいつまでもお茶は飲めないよね」

純「練習しよっか!」

憂「うん!」

・・・

カァ・・・カァ・・・

憂「暗くなってきたけど帰ってこないね・・・」

純「どんな特訓してるんだろうね?」

憂純「・・・」

憂「そういえば前の特訓ではお姉ちゃん、声嗄らして帰ってきた・・・」

純「ま、まさか梓も・・・」

ガチャ

憂純「!」

梓「ただいまー」

純「あ、梓!大丈夫!?声嗄れてない!?」

梓「へっ?普通だけど」ケロッ

さわ子「失礼ねぇ。唯ちゃんと同じ失敗はしないわよ」

憂「よ、よかった・・・」ホッ

純「どんな特訓だったの?」

梓「えっと、割り箸噛んだり。バケツ被って歌ったり」

純「・・・なにそれ?」

憂「あ、それ聞いたことある」

さわ子「地味だけど効果はあるわよ。やり方は教えたからあとは頑張るだけね」

梓「はい!ありがとうございました!」

さわ子「ふふっ、お代は手作りクッキーにしておくわ。楽しみにしてるわね」

梓「純が作るのであまり期待しないでください」

さわ子「え゙っ?」

純「ちょっと、どーゆー意味よ」

さわ子「じゃああまり遅くならないようにね」

梓「はい。すぐに帰ります」

純「んんーっ。練習疲れちゃった」ノビーッ

憂「だね」

梓「よし。忘れ物はないね?」

純「ないよー」

憂「私も大丈夫だよ」

梓「じゃあ帰ろうか」

憂「うん!」

テクテク

憂「でも帰ってくるの早かったね。お姉ちゃんは何日も特訓してたよ?」

梓「・・・私の場合は歌だけだったから」

憂「・・・そ、そっか」

純「まぁギターは上手うまいもんね。ギターは」

梓「うぅ・・・。さっきの仕返しのつもり?」

純「」ピピュー

梓「吹けてないし・・・」

憂「あはは・・・」

純「じゃあ私こっちだから」

憂「また明日ね」

梓「じゃあね」

純「梓は特訓するんだよ」

梓「わかってるって」

純「あははっ。お菓子作りも楽しみにしてるから。よろしくね」

憂「うん。がんばろうね」

純「じゃーねー」フリフリ

梓「・・・全然疲れてないじゃん」

憂「純ちゃん、いつでも元気いっぱいだよねぇ」

梓「じゃあ私もここで」

憂「うん。また明日ね」

梓「バイバイ」

・・・

梓「・・・ふぅ。すっかり遅くなっちゃったな」

梓「・・・」

梓「・・・ムギちゃん。怒ってないよね?」

紬『もう!こんな時間まで何してたの!?』

梓「・・・まさかね」

梓「・・・。・・・早く帰ろっと」テクテク

梓「そーっと・・・」カチャ

梓「ただいまぁ・・・」ボソッ

梓「・・・あれ?いない」

グツグツ

梓「でもお鍋に火が付きっぱなしだし・・・」

紬「わっ!」

梓「きゃーーっ!!!」ビクン

梓「なななななっ!!!」ペタン

紬「」フンス

紬「もう、遅くなるなら連絡入れてって言ったじゃない」

梓「ムムム、ムギちゃん!心臓に悪いです!」ドキドキ

紬「ふふっ、ごめんね」

梓「でも・・・、連絡忘れてごめんなさい・・・」

紬「いいのよ。でも、次忘れたら・・・」

梓「わ、忘れたら・・・」

紬「」ニコッ

梓「」

紬「さ、ご飯食べましょう。今日はカレーよ」


※次スレへ



最終更新:2011年06月14日 21:11