唯「みんなが言ってたから」

紬「みんな?」

唯「うん。澪ちゃんにりっちゃんにあずにゃん」

唯「みーんな私にメールしてきたんだよー」

紬「みんななんて言ってたの?」

唯「すっごい楽しかったってさ~」

紬「そっかぁ、ふふ、よかったぁ」

唯「それで私の番はいつなのかってずっと待ってたんだよ~」

紬「そうだったんだぁ」

唯「ねね、なんかあったの?ムギちゃん」

紬「なにかって?」

唯「だってさ、ムギちゃんのお誘いって珍しいし」

唯「みんな順番に誘ってるみたいだから、なにかあったのかな~って」

紬「そうね、もうすぐみんな卒業でしょ?だから思い出作ろうと思って」

唯「そっかぁ」

紬「それに、寂しかったのかな」

唯「ふぇ?」

紬「ううん、不安だったのかも」

唯「不安?」

紬「梓ちゃんと遊んだときね、梓ちゃん言ってたんだけど」

紬「やっぱり私たちが卒業しちゃうのが寂しいみたい」

唯「へぇ~、私にはそんなこと一言も・・・・・・」

紬「それで、私は梓ちゃんにね」

紬「私たちはどこに行ってもずっと一緒だから大丈夫って言ったの」

唯「うん」

紬「それって、もしかしたら自分に言い聞かせてたのかも」

紬「大学生になって環境が変わって、今までのままでいられるか不安だったのかも」

紬「わかってるんだけど、どうしても不安になっちゃうの・・・・・・」

唯「う~ん、ムギちゃんの言うとおりだと思うんだけどな~」

唯「私たちはどこに行ってもずっと一緒だよ」

紬「うん、それはわかってるんだけどね」

唯「ん~、ねぇムギちゃん」

唯「前にさ、ほら、部室が使えなかったときがあったでしょ」

紬「うん」

唯「そのときってさ、いろいろ苦労したけど」

唯「部室がなくたってスタジオ借りたりして、ちゃんと部活できたじゃん」

唯「だからさ、関係ないんだよ」

唯「部室が使えなくたって、学校が変わったって」

唯「私たちがいればそこに放課後ティータイムがあるんだよ」

紬「あ・・・・・・」

唯「難しいことはよくわかんないけどさー」

唯「私たちは私たちじゃん」

唯「まわりが変わってもそれは変わんないよ」

唯「でしょ?」

紬「うん・・・・・・うん・・・・・・そうよね」

紬「あり、がとう、唯ちゃん」

唯「えへへ、あれ、どうしたのムギちゃん?お腹痛いの?」

紬「違うの、大丈夫。もう大丈夫だから」

唯「う、うん」

紬「シャワー出していい?」

唯「うん」

紬(やっぱり唯ちゃんはすごいなぁ)

紬(いつも真っ直ぐで、私たちを元気づけてくれて)

紬(私はもう大丈夫)

紬(私たちなら大丈夫)

紬(うん!)

紬「唯ちゃん!今度は私が背中流してあげるね!」

唯「おぉ!ムギちゃんおねが~い」

―――――――
―――

唯「憂~あがったよ~」

紬「いい湯でした~」

憂「じゃあ私はいってくるね」

憂「あ、冷蔵庫にアイスあるから食べていいよ~」

唯「おぉ!さすが憂!ムギちゃん食べよ~」

紬「うん!」

唯「おこたでアイス~おこたでアイス~」

唯「ん~おいし~」

紬「ほんと、こんな組み合わせがあったなんて・・・・・・」

唯「ムギちゃん、アイスは夏だけじゃないんだよ!」

唯「おこたでアイス!これも冬の醍醐味だよね~」

紬「おいし~い」

憂「ふぅ・・・・・・」

唯「憂おかえり~」

憂「2人ともなにしてたの?」

唯「別に~ゴロゴロしてただけだよ~ね~」

紬「ゴロゴロ~」

憂「そっかぁ」

唯「憂も一緒にゴロゴロしようよ~」

憂「うん!」

―――――――
―――

唯「ふぁ、眠くなってきちゃったや」

憂「そろそろ寝よっか」

紬「そうね」

唯「みんな一緒に寝ようよ~」

憂「えぇ?大丈夫かなぁ・・・・・・」

唯「ちょっとくらいせまくったっていいじゃん」

憂「紬さんいいですか?」

紬「ええ、私はもちろん・・・・・・」

憂「ほらお姉ちゃん準備して」

紬「ねぇ、憂ちゃん。普段も一緒に寝てるの?」

憂「え?はい、たまに・・・・・・ですけど」

紬(素敵)

唯「じゃあムギちゃん真ん中ねー」

紬「うん」

唯「ん~、憂もうちょっと寄って~」

憂「こ、こう?」

唯「おっけー、ふわぁ~、ムギちゃんは本当にあったかいね~ぬくぬく~」

憂「ほんと・・・・・・あったかいです・・・・・・」

憂「ひゃあ!?冷たっ!お、お姉ちゃん?」

唯「ごめんごめん~、足当たっちゃった?」

紬「唯ちゃんあんまり動くと・・・・・・」

唯「えへへ、ムギちゃんをぎゅーってしたくて」

紬「もう・・・・・・」

唯「あったかあったかだね~」

紬「ふふ、あったかあったか」

憂「・・・・・・えへへ」

紬「唯ちゃん、今日はありがとうね」

紬「私のわがまま聞いてもらっちゃって」

紬「憂ちゃんも」

唯「えへへ、私も楽しかったよ~。ね~憂」

憂「うん!」

紬「ありがとう2人とも」

紬「それじゃ、おやすみなさい」

紬(はぁ、みんなと遊べて楽しかったなぁ)

紬(ずっと忘れられない思い出になったわ)

紬(それにしても)

紬(右に唯ちゃん、左に憂ちゃん)

紬(2人とも私の腕に抱きついて・・・・・・)

唯「おやすみ~」

憂「おやすみなさい」

紬(この状況は・・・・・・)

紬(紬は今、無敵です)

紬(・・・・・・)

紬(寝れない・・・・・・)


琴吹家

紬「いろいろと刺激が強かったわ・・・・・・」

紬「唯ちゃんと憂ちゃん予想以上に仲良しだったのね」

紬「もしかしたら、今日なんかも一緒にお風呂に入って一緒に・・・・・・」

紬「ふはっ、いけないいけない」

紬「明日から学校かぁ」

紬「いっぱい遊んじゃったし、勉強がんばらなくちゃ」


放課後

紬「そろそろお茶にしよっか」

唯「おー!待ってましたー!」

律「もう勉強いやだー!」

澪「おい」

紬「ほら、梓ちゃんも」

梓「あ、はい」

律「そういやさ、ムギー」

紬「え?」

律「みんなと遊んだんだってー?」

紬「うん」

唯「いいなぁ、私もみんなと遊びたいよ~」

律「私も遊ぼっかなー」

唯「そうだ!お互いに誘えばたくさん遊べるよ!」

澪「いいかもな、それ」

梓「そうですね!」

律「じゃあ、私はムギから誘っちゃおうかなー」

唯「えー!私がムギちゃんを誘おうと思ったのにー」

澪「だ、だめだ!私もムギと遊びたい!」

梓「わ、私だってムギ先輩と遊びたいです!」

律唯澪梓「む~」

紬「みんな・・・・・・」

紬(私たちはどこに行っても変わらない)

紬(まわりがどんなに変わってもね)

紬(だってこんなに仲良しなんだもの!)

紬「ふふ、みんな大好きー!」


おわり

―――


紬「あ、でも!」

律唯澪梓「え?」

紬「受験勉強は?」

律唯澪梓「あ・・・・・・」


ほんとにおわり



最終更新:2011年06月14日 22:05