唯「ジングルベ~ル♪ ジングルベ~ル♪ 鈴が~鳴るぅ~♪」

憂「おねえちゃん、ケーキ持ってきたよ」

唯「待ってました! ところでこれどこで買ってきたの?」

憂「えっと、わたしの手作りだけど……買ってきた方がよかった?」

唯「ううん。私にとって大事なのはイチゴが一杯食べられるかどうかなんだよ」

憂「イチゴは沢山入れておいたよ」

唯「さすが憂~わかってるね。うんうん」

憂「はい、おねえちゃんの分」

唯「…………」

憂「どうしたの?」

唯「…………な、なんでも……ないよ」

憂「…………こっちと交換する?」

唯「いいの?」

憂「うん」

唯「それじゃ、お言葉に甘えて」

憂「あ、でも、そっちのほうがイチゴが多いかな」

唯「…………じゃあ、こっち」

憂「そっちでいいの?」

唯「…………どっちにしよう」

憂「…………あ、そういえばイチゴが少し余ってたんだっけ。おねえちゃん、ちょっと待っててね」



憂「はい、おまたせぇ」

唯「おお、イチゴが沢山っ!」

憂「これで大きいほうにのせれば……はい、おねえちゃん」

唯「ありがと~憂~。でも憂のが少なくない?」

憂「わたしはそんなに食べないから」

唯「うーん、やっぱり半分ずつで別けよう…………、これで同じくらいになったかな」

憂「ありがとう、おねえちゃん」

唯「えへへ、それより早く食べようよ~」

憂「うん、そうだね。では、いただきます」

唯「いただきま~す…………んんっー! 美味しいよぉー! 憂ー!」

憂「えへへ~///」

唯「はぁ~しあわせ~、このまま天国に行ってしまいそうな気がするね」

憂「おねえちゃん、口元にクリームついてるよ」

唯「そう言ってる憂もついてるよ」

憂「わ、わたしもっ!?」

唯「しょうがありませんな、わたしが取ってあげるね……」

憂「う、うん///」

唯「……んっしょ、取れたよー」

憂「ありがとうおねえちゃん」

唯「はむっ」

憂「あっ///」

唯「んー美味しいね。って、どうかした?」

憂「う、ううん…………わ、わたしもおねえちゃんの取ってあげるね」

唯「えーいいよー」

憂「駄目っ、わたしが取るからじっとしてて」

唯「ほーい」

憂「…………と、取れた///」

唯「あぅっ、わたしのクリームがぁ」

憂「…………はむっ……………………///」

唯「あーあ、食べられちゃった」

憂「だってお姉ちゃんもわたしの食べるから///」

唯「うふふ、冗談だよ」

憂「もう///」



憂「おねえちゃん、一緒に寝ていい?」

唯「いいよ~。ちゃんと枕持ってきた?」

憂「うん。ちゃんと毛布も持ってきたよ」

唯「よしよし。ささ、いらっしゃいな」

憂「おじゃまします」

唯「いらっしゃいませ~」

憂「……」

唯「憂~」

憂「お、おねえちゃん!?」

唯「こうしたほうがあったかいでしょ。嫌?」

憂「ううん。嫌じゃないよ///」

唯「……もうクリスマス終わっちゃうね」

憂「うん。でも、すぐに大晦日があるから、また美味しいもの食べられるよ」

唯「あーもう年越しソバの季節だね。一年はあっという間だなぁ」

憂「おねえちゃん、ケーキ美味しかった?」

唯「うん。憂は将来ケーキ屋さんになるべきだね」

憂「そんなに?」

唯「きっと世界一になれるよ」

憂「そうかな」

唯「わたしが言うんだから間違いないよ」

憂「うん」

唯「ふぅ…………」

憂「…………」

唯「…………」

憂「…………おねえちゃん、ちゃんと歯磨きした?」

唯「したよぉ。憂は?」

憂「わたしもしたよ」

唯「えらいえらい」

憂「えへへ」

唯「…………」

憂「…………」

唯「…………」

憂「おねえちゃん?」

唯「なーに?」

憂「小さいときにね、クリスマスの日に一緒にお留守番したことあったの憶えてる?」

唯「うーん、なんとなく。お母さんたちが全然帰って来なかったんだよね、たしか」

憂「うん。わたしが泣いちゃったのも憶えてる?」

唯「えーそうだっけ? なんで泣いたの?」

憂「だって、外が真っ暗になってもお母さんたちが帰ってこないんだもん」

唯「んふふ、憂はおこちゃまだねぇ」

憂「もうっ。…………それでね。わたしが泣いてたらおねえちゃんが抱きしめてくれたんだよ」

唯「えー」

憂「憶えてない?」

唯「うん~……憂はよく憶えてるね」

憂「そのときのおねえちゃんはなんか本当におねえちゃんっぽかったから」

唯「……え、それっていつもはおねえちゃんっぽくないってこと?」

憂「ううん。そうじゃなくて、いつもよりも余計におねえちゃんっぽかったってこと」

唯「えっへん」

憂「クリスマスになると思い出すんだぁ。今みたいに温かくて、それから寝ちゃったんだけど、おねえちゃんのおかげでとっても安心したんだよ」

唯「今はおねえちゃんっぽい?」

憂「おねえちゃんはいつもおねえちゃんだよ」

唯「いや~照れますな~」

憂「おねえちゃん、あったかい///」

唯「憂は甘えん坊さんだねっ」

憂「えへへ~」

唯「…………こちょこちょこちょ」

憂「きゃっ! やだっ! おねえちゃん、くすぐったいよぉ///」

唯「えへ~」

憂「もうっ! そろそろ寝るよ、おねえちゃん」

唯「はーい」



憂「おねえちゃん……さむいよぉ……」

唯「ZZZzzz......」


おしまい



最終更新:2011年06月16日 22:54