……

澪「…ん…」

澪「ふわ…寝ちゃってたか…」

みお「すーすー…」

澪「(朝…か…
  いろいろ考え事しててあんまり眠れなかったな…)

みお「んんっ…」

澪「!」

みお「……すー…」

澪「(起こさない様に…)」ソロー

……

律「ふすー…」

澪「りーつ」

律「くー……もう少しだけ…」

澪「たいなかさーん」ゆさゆさ

律「ふにゃ…!」

澪「…」

律「…」

澪「…起きた?」

律「…おはよう…ございます」

澪「おはよう」

律「…なんだよ澪、結局みおちゃんと寝ちゃったの?」

澪「うん、まぁ…ね…それよりもさ、律」

律「?」

澪「寝起きのところ申し訳ないけど、大事な話があるんだ」

律「なんだよ、改まって」

澪「一晩色々考えてみてさ、律は信じられないかもしれないけど…
  あの子、多分昔の私なんだ」

律「う、うん(えっ、今さら?)」

澪「いくらなんでも私との共通点が多すぎるし
  非現実的な事だけど、間違いないと思うんだ」

律「ええ(だから昨日からずっと私はそう言って…!まぁいいや…)」

澪「でさ、決断したんだけど…」

律「何をさ」

澪「警察には連れて行きません」

律「へっ?!」

澪「マ…お母さんに会わせます」

律「だ、大丈夫なのか?私達みおちゃんの親戚って事になってるんだぞ?」

澪「すべて話すよ、お母さんにさ
  あの子が昔の私で何故か私達の時代にきてるって事も」

律「自分で言っときながらなんだけど…
  そんな突飛な話澪のお母さんが信じてくれるだろうか…」

澪「さぁ、わからない…
  でも説得はしてみるつもりだよ」

律「え、説得って?」

澪「みおちゃんを家族にする事だよ」

律「ええぇぇぇ??」

澪「なに、その驚きよう…」

律「いやっ、まぁ…うん」

澪「考えてもみなよ律、あんなに小さい子が一人っきりでこの先
生きていけると思うか?
警察に連れていっても無駄だ
いくらなんでもみおちゃんが不憫すぎる」

律「そう…だよな、うん」

澪「という訳だから、もうすぐお母さん戻ってくると思う」

律「あぁ(がんばれ!澪!)」

……

みお「……」

みお「…(車の音…?)」

みお「…ママ…?」ムク


みお「ママだ、ママが帰ってきた!」

ドタドタ

澪「あ、みおちゃん起きた?おはよう」

律「おはよう」

みお「おはようございます」

律「ちょうどお母さん帰ってきたみたいだよ」

みお「はい、車の音でわかりました」

ガチャン

澪ママ「ただいまー」

みお「ママー…!」ぎゅ

澪ママ「澪ちゃん…?ただいま、あれ、なんか縮んだような…」

澪「おかえり…お母さん」

澪ママ「……ん?」

澪「……」

澪ママ「こっちにも澪ちゃん…」

律「お邪魔してます」

澪ママ「りっちゃん…いらっしゃい」

みお「ママー…会いたかったよぉ…」

澪ママ「澪ちゃんが、二人?」

みお「ママ…?…どうしたの?」

澪「……お母さん、実は」

律「(幼いみおちゃんは席を外し、澪と澪ママは話し合った
  その間私はみおちゃんの相手を任されていた
  あとで聞いた話になるが
  澪は全てを澪ママに伝えられたみたいだ
  あの子は昔の澪そのもので、何故か私達の時代にきてしまっているという事
  そしてあの子を自分たちの家族に迎え入れるべきだという事
  それに対して澪ママはすぐさま警察、役所へ連絡をとる措置をしたそうだ
  結果、みおちゃんに戸籍は存在せず、無戸籍児という事が判明した
  私と澪は警察からみおちゃんを発見した当初の事を事細かに聞きだされた
  その後は一切介入しないでくれと言われたみたいだが
  澪ママは役所と警察をいったりきたりで強引に両人の間に取り入った
  そしてついに澪ママは無戸籍児であるみおちゃんを養子縁組をもって
  秋山家の養女とするに至った
  色々大人の事情で揉めたみたいだが、流石澪ママだ

  澪ママ、澪パパなら自分の子供と同じ…
いやそれ以上にみおちゃんを愛してくれるだろう
ともかく一件落着と言えるのではないだろうか?)」


………

澪「みお、迎えにきたよ」

みお「澪おねえちゃん、待った?」

澪「ううん、全然だよ」

律「(もちろん澪ママはみおちゃんを学校に通わせている
  あれからというもの澪はお姉さん肌を存分に発揮し、
  毎日のように妹のみおちゃんを学校まで送り迎えしている
  ちなみに私もけっこう付き添っている)」


みお「唯おねえちゃん」

唯「可愛いねぇ~みおちゃん、お菓子あげるっ」

みお「紬おねえちゃん」

紬「澪ちゃんとおてて繋いで…本当に仲がいいのね」

みお「りっちゃん」

律「あ、私はちゃんづけなんだ」

みお「あずにゃん」

梓「あだ名?!」

唯「私がみおちゃんに教えたんだよー」

梓「もう!唯先輩の影響ですか…」

みお「嫌…でしたか…?」

梓「…ううん、あ…あずにゃんて読んでくれていいよ…」

みお「はい…あずにゃん♪」

梓「(なんか違和感が…慣れるかな…)」

澪「あ、みお……これ、はい」

みお「……これ」

澪「うさちゃんのぬいぐるみ、私とみおの部屋から見つけたよ」

みお「澪おねえちゃん、ありがとう!失くしちゃったと思ってたのに…」

澪「ちょっとぼろぼろで…古ぼけちゃったかもしれないけど…ごめんな…」

律「…あっ」

みお「……?」

澪「……」

律「……」

澪「(…やっと思い出したか…忘れてたんだろ…?)」

律「(うん…お、思い出した…私が昔澪にプレゼントしたぬいぐるみだ…)」

澪「(本当に忘れっぽいんだから…律は…)」

律「……」

澪「……」

律「(ありがとう、澪)」

澪「(へっ…?!)」

律「(いや、まさか私があんな大昔にあげたぬいぐるみ…
今になってまで大事にとってくれてるなんて思わないじゃん?)」

澪「(だ、大事にするよ…それは…
  だって…初めて律が私にくれた物だし……)」

律「……」

澪「(す…捨てられなかっただけだっ!)」///

律「(ふふ…ありがと、澪しゃん)」

みお「ぼろぼろになっちゃって…りっちゃん怒るかな…?」シュン

澪「…え?…えーと…」

律「……」

律「…ううん、そんな事ないと思うよ
  きっとりっちゃんていう子はみおちゃんが大事にしてくれるだろうから
  嬉しがってると思う」

みお「そうかなぁ?」

律「そうだよ、きっと」

澪「ふふっ」

澪「ねぇ、みお」

みお「なにー?」

澪「私達さぁ、みんなで放課後ティータイムってバンド組んでるんだ」

みお「バンド?」

澪「みんなで演奏したり歌ったりしてるんだよ」

みお「そ、そうなんだ!お姉ちゃんかっこいいね」

澪「みおもさぁ、おっきくなったら私達と一緒にバンド組もうな?」

みお「私も仲間に…入れてくれるの?」

澪「もちろんだよ、なっ?部長」

律「勿論許可しましょう!みおちゃんが楽器弾けるようになったらな」

みお「やったぁ!」

紬「毎日一緒にお茶しましょう♪」

みお「お茶も出るんですね!」

唯「むしろもう入部でいいよ!カスタネット枠でどうかな?」

梓「いや…それは流石にちょっと…」


「すん…すん…」

唯「あれ…この子…」

梓「…どうしたの…?大丈夫?」

「迷子に…なっちゃった…」

みお「…あっ!」

律「げっ…」

おしまい








最終更新:2011年06月18日 01:15