ぶしつまえ!

梓(何で…突き飛ばしたりなんかしたんだろう…)

梓(純とキスするのは嫌じゃない…むしろ、もっとしたいのに…)

梓(なんとなく、このままじゃいけないような気がする…それは確かだ。けど…)

梓(どうしたらいいのか…私には分からない…)ガチャ


紬「あら、梓ちゃん♪いらっしゃい」

梓「こんにちは、ムギ先輩。他の皆さんは来てないんですか?」

紬「ええ。期末試験が近いし、今年は受験もあるから、みんな早めに勉強して成績上げるんだって。澪ちゃんはりっちゃんに教えるためにだけどね」

梓「そうですか…」

紬「で、私は一人でこうして梓ちゃんを待ってたところなの。今お茶入れるね♪」

梓「あ、はい。ありがとうございます…」

紬「でも良かったわ~。梓ちゃん最近遅刻気味だし、来てくれなかったらどうしよう、って思ってたのよ」コポコポ

梓「すいません…」

紬「うふふ、いいわよ。さ、お茶が入ったわよ」コトン

梓「ありがとうございます…」ガタッ

紬「…」

梓「…」

紬「梓ちゃん何かあった?」

梓「えっ?」

紬「なんか、悩んでる顔してたから」

梓「ああいや、なんでもないです。心配かけてすいません。」

紬「私でよければ相談に乗るわよ?」

梓「いや、結構です。本当に大丈夫ですから」

紬「『結構です』ってことは、やっぱり何か悩んでるのね?」

梓「あっ…」

紬「話してみて。私、後輩の相談を聞くのが夢だったの」

梓「…ムギ先輩は」

紬「?」

梓「女の子同士が付き合うとか、そういうのに偏見がない人でしたよね?」

紬「ええ。本人同士が良かったら、私はいいと思うわ♪」

梓「…実は」

………
……

紬「…」

梓「…と、いうわけなんですけど…」

紬「…ぷくく」

梓「あの…ムギ先輩?」

紬「ぷっ…あはははは!」

梓「なっ…いきなりどうしたんですか!?」

紬「うふふ、ごめんなさい。部活で一番真面目だった梓ちゃんが、裏でそんな淫乱なことしてると思ったら、何だか可笑しくなって…ぷくく」

梓「い、淫乱なんて言わないでください!それに、笑うのもなしです!!」

紬「ご、ごめんなさい。梓ちゃんは真剣に相談してくれてるのに…」

梓「…別にいいですけど」

紬「で、純ちゃんとほぼ毎日キスをしていたけど、今日は訳もわからず突き飛ばしちゃった、だったかしら?」

梓「そうです」

紬「…おそらくだけど」

梓「?」

紬「今の梓ちゃんは、純ちゃんとのキスに酔ってるんじゃなくて、純ちゃんそのものに酔ってるんじゃないかしら?」

梓「!! そ、それって」

紬「梓ちゃんは、純ちゃんが好きってこと」

梓「私が…純を?」

紬「ええ」

梓「でも…」

紬「なに?」

梓「私、今まで純とずっとキスを繰り返して…」

梓「純とのキスはとても気持ち良くて…」

梓「だから、もしかしたらこの気持ちは、純とキスしたい、って気持ちとの錯覚なんじゃないかって思うんです」

紬「なるほど。でも梓ちゃん、考えてみて」

紬「今、梓ちゃんが純ちゃんとしたいことって、本当にキスだけなのかしら?」

梓「…!」

紬「純ちゃんとキスするのを躊躇ったのは、純ちゃんのことを友達だと思うのが苦しくなったからじゃない?」

梓「…私は、どうすればいいんでしょうか」

紬「梓ちゃんが今純ちゃんに抱いている気持ちを、そのまま純ちゃんにぶつければいいのよ」

梓「…」

紬「今までキスしあってきた仲なんでしょ?悪い結果にはならないと思うわ」

梓「…キスが気持ちいいから好きって、理由になるんでしょうか」

紬「きっかけなんて何でもいいじゃない。好きだって気持ちを隠す方がよっぽど辛いわ」

紬「それに、梓ちゃんが純ちゃんを好きになった理由は、キスとは別のところにあるはずよ」

梓「…!」ガタッ

紬「うふふ、頑張ってね、梓ちゃん♪」

梓「ムギ先輩…ありがとうございます!!」ダッ!

…………
………
……

きょうしつ!

純「うぅ…ひぐっ…(泣き疲れた…)」

純(ダメだ…今日は何も出来そうにない…ジャズ研休も)スクッ

純(梓…)


タッタッタッ

純(ん?誰か来る…)

ガラッ

梓「純!」

純「うわぁ!?あああ梓!?」

梓「純、黙って聞いて!!」

純「は、はい!(なになに!?いきなりどうしたの!?)」

梓「純!私、最初はただ気持ちいいってだけで純とキスしてた!」

梓「でも違う!今の私は、そんな気持ちで純とキスはしたくない!!」

純「えっ…?」

梓「純とのキスは確かに気持ちいいけど、私、純とはキス以外のこともいっぱいしたいの!」

梓「2人っきりで色んな場所に行って楽しいことしたいし、雨が降ったら相合い傘したいし、手を繋いで一緒に歩きたい!!」

梓「私、純が好きなの!だから、私と…」

純「ちょ、ちょっと待って!色んなことが起こりすぎて分からないから整理させて!」

梓「はぁ…はぁ…」

純「えと…要するに梓は私のこと嫌いなんじゃなくてえーっと…」

梓「はぁ…はぁ…今、私何を言った…?」

純「えっ?」

梓「…!」

梓「う…うわああああああああ!!!////」ガンガンガン

純「あ、梓やめて!机が血まみれになっちゃうから!!」

ギャーギャー ワーワー

………
……

純「…落ち着いた?」ギュー

梓「うん…ごめん…」ギュー

純「いいよ、全然」

梓「えへへ、やっぱり…」

純「ん?」

梓「そうやって、何だかんだで私の話にちゃんと答えてくれるとこ…」

梓「やっぱり、私の好きな純だね」

純「えっ!?まあ、うん…///」

梓「えへへ」ギュー

純「…」


純「梓、ありがとね」

梓「え?」

純「さっきの、私への、その…告白なんだよね?///」

梓「えっ!?ま、まあね…///」

純「…私、さっき梓にキスを断られたとき、すごく悲しかった」

梓「…」

純「でも、今の梓の告白聞いたら、堪らなく嬉しくなった」

梓「そうなの…///」

純「うん…好きとか嫌いとか、まだよく分かんないけど…」

純「こうやって抱き合ってると…すごく幸せなんだ…」ギュー

梓「私もだよ…」ギュー

純「たぶん、私も梓のこと、そういう意味で好きなんだと思う」

梓「…そっか///」

純「うん。だから梓」

梓「ん?」

純「私と…付き合ってくれないかな?」

梓「…」

純「梓?」

梓「…ずるいよ」

純「?」

梓「私から言おうと思ったのに…さっき純が私の言葉を遮るから…」

純「へへーん、早い者勝ちだよ」

梓「むー…」

純「で、返事は?」

梓「…そんなの、OKに決まってんじゃん」

純「ぃよっしゃー!!」ギュー!

梓「ちょ、純痛い!」ギリギリ

純「梓ー!大好きだぞこんにゃろー!」ギュギュー!

梓「分かった!分かったから力緩めて!」ギリギリ

純「あ、ごめんごめん」パッ

梓「全く…ねえ純」

純「なに?」

梓「キス以外のこともいっぱいしたいって言ったけど…」

梓「やっぱり、キスもしたい…」

純「ふふっ、ワガママだな~梓は」

梓「うぅ…嫌?」

純「嫌ではないよ。ただ…」

梓「ただ?」

純「私、さっきキスしようとしたら梓に突き飛ばされたしな~」

梓「うっ…それはホントに悪かったって」

純「ふふっ、冗談だよ。梓、頭上げて?」

梓「うん…」グイッ

純「いくよ、梓…」スッ

梓「きて、純…」ギュッ

純「…」

梓「…」

純「…」

梓「…?」パチッ

梓「純?どうしたの?」

純「で、できない…」

梓「えっ?」

純「いや、何ていうか…恥ずかしい…///」

梓「…今さらすぎるでしょそれ」

純「し、仕方ないじゃん!恥ずかしいもんは恥ずかしいんだし…///」

純「それに…梓が可愛すぎるのがいけないんだし…///」

梓「えっ!?あ、ありがとう…///」

純「…///」ドキドキ

梓「…///」ドキドキ

純「ぅ…ああもう!」

梓「?」

純「キスする!絶対にする!」

純「梓!目閉じて!」

梓「う、うん…///」ギュッ

純(…ダメだぁぁ!!やっぱりできない!)

純(やばい、梓ってこんなに可愛かったっけ…?)ドキドキ

梓(純…早く来てくれないかな…)

梓(…こうなったら)グイッ

純「えっ?」


チュッ


純「ん~~っ!///」

梓「んっ…ぷぁっ」パッ

純「い、いきなり何すんの!?」ドキドキ

梓「純がいつまでも来ないのが悪いんだよ?」

純「くっそー…でも…」

梓「ん?」

純「さっきのキス…今までで一番よかった」

梓「私も…ただのキスなのに、純のことが好きだって思ったら、すごくドキドキする…」

純「あ、私もそれ…」ドキドキ

梓「…///」ドキドキ

純「…梓?下向いちゃってどうしたの?」

梓「な、何でもないよ(どうしよ…純の顔、まともに見れない…///)」ドキドキ

純「…ねえ梓」

梓「…なに?」

純「昨日やった大人のキス…今やったらどうなるかな?///」ドキドキ

梓「えっと…正直今のだけで胸が張り裂けそうな勢いなんだけど…///」ドキドキ

純「わ、私だってそうだけどさ…///」

梓「…」



梓「じゃあ、する?」

純「えっ?」


純「いいの?」

梓「うん」


純「じゃあ、いくよ…」

梓「うん…今度はヘタれないでね?」

純「ヘタれてなんて…でも、次は大丈夫」

梓「ほんとに?」

純「ほんとに。じゃ、目閉じて…」

梓「うん…」ギュッ

純「…」

梓「…」

純「梓…」

梓「ん?」



純「大好きっ!」

梓「私もっ!」


チュッ


おしまい!





最終更新:2011年06月18日 21:46