紬「…んっん~♪」

梓「……」

紬「…ん、いい感じね」

梓「……」

梓「あのぉ~…」

紬「ん?」

梓「先輩…それって…」

紬「…えへへ~…ペニスバンドよ♪」…キュッ

梓(…あ…あわわ…)

梓(マジです…この人マジで私を犯す気ですっ…)

紬「うふふ…梓ちゃんのバージンを、私が貰うのよ♪」ウキウキ

梓「はわわ…む、ムギ先輩…」

梓「ご、ご経験があるですか?」

紬「経験~?…」

紬「…あるわよ?」

梓「えらい間がありましたねえ…」

紬「まあまあ…とりあえずお茶でも飲んで♪」カチャ…

梓「あ…はぃ…」

梓「いただきマウス…っ…」ズッ…

紬「……♪」ニヤリッ

梓(…ん…って…あ、あれ?)クラァ…ッ…

紬「んふふ~…♪」ニコニコ…

梓(なんか…カラダが熱くなってきたです…?)ジワ…

梓「こ…これって…」ハッ…ハッ…

紬「…えへへ~…び・や・く♪」

梓「…はっ…はわわ…」…カクカク…

紬「ウシの発情を促すためのものって聞いたわ♪」

梓「…あ…ああっ…」…ブルブル…

梓(あっ…アソコが…ウズウズするぅ…)ハッ…ハッ…

紬「あらあら…梓ちゃんったら。顔が真っ赤よ?」

梓「う~…う~…」ハッ…ハッ…

梓「ヒドいです、先輩っ…一服盛るなんて…」ジン…ジン…

紬「だってえ~…処女喪失は痛いって言うじゃない?」

紬「しっかり発情させてあげた方がいいと思って♪」

梓「…あっ…あぁ…そんなぁ…」ジワ…ジワ…

紬「う~ふ~ふ~…あーずーさーちゃん♪」グイッ…!

梓「…ひゃっ…!」

…グリュッ…

梓「…んはぁ…っ…」ヒクヒク…

紬「んふふ…ワレメにグリグリされるの、気持ちイイ?」クイッ…クイッ…

梓「…っふぁ…ひゃ…」カクカク…フルフル…

…ヌリュ…ヌリュ…ッ…

紬「あらあら♪濡れてきた、濡れてきた♪」

梓「はひっ…せ…せんぱぁい…」ハッ…ハッ…

梓「…も…もっとぉ…♪」

紬「梓ちゃん…机に手をついて、お尻向けて…♪」

梓「…ハッ…ハッ…」…クルン

梓「どっ…どーぞ…先輩…♪」…ドクンッ…ドクンッ…

梓(…ダメ…カラダが…欲しがってる…)ハッ…ハッ…

紬「あはんっ…もう太ももまで垂らしちゃってるのね…♪」

梓「…はぁっ…はぁっ…じっ、焦らさないでぇ…」フルフル…

紬「ダ~メ。ちゃーんとおねだりが出来たら…ね♪」

…ヌリュッ…プリュッ…ヌチュ…

梓「…します…しますっ…おねだり…するですぅ…!」…ガクガク…

梓「あっ…梓の…バージンおまんこ犯して下さいっ…」ハッ…ハッ…

梓「む…ムギ先輩のおチンチン…梓のっ…梓のエッチなおまんこにねじ込んでっ…!」ハァ~…ハァ~…

紬「ん~、いい子いい子♪」

紬「ほらもっと…足開いて、梓ちゃん♪」

梓「…あはぁ…♪…おチンポっ…ムギ先輩のおチンポっ…!」…ポタ…ポタ…

紬「んふ…梓ちゃんの初めて…」ハァ…ハァ~

…ギチッ…

梓「…あハァ…来るぅ…おチンポ来るぅ…♪」ヒクヒク…

紬「ん~っ…!」…グッ…

…ググッ…ずリュッ…

梓「…ン…ひっ…」ピクピク…

…ぬぶぶっ…ププ…!

梓「…っっ…はあぁ…っ…!」…ブルルッ…

紬「ん…んんっ…入ってる…私っ…梓ちゃんのおマンコ犯してる…♪」

梓「…お…おぉっ…」ピクピク…

…ずプンッ…!…ゴリッ…ゴリッ…!

梓「んおぉ!?…っひ…」…ビクンッ…!…ビクンッ…!

紬「ん…あはっ…全部入ったぁ…♪」グリンッ…グリュンッ…

梓「んぎぃ…!?…せっ…せんぱ…ねじっ…ねじっちゃ…らめぇ…!」…ビックン…!…ビックン…!

紬「さぁ~…ここからがお仕置きなんだからね?」

梓「…はへっ…?」

紬「じゃ~ん。はい、ネコミミ♪」…クイッ…

梓「…ふぇっ…♪」

…ズンッ…!

梓「あぐぅっ…!?」…ビビクンッ!

紬「あぐ~じゃないでしょ?梓ちゃんは猫さんなのよ~?」

梓「…はひっ…はひぃ…!」

…ズブッ!…

梓「…んにゃんっ…!」…ビクッ!

紬「んふ…その調子よ、あずにゃん♪」

梓「…にゃ…にゃお…♪」ハッ…ハッ…!

紬「あ~もう…可愛いっ♪可愛いっ♪」…ズンッ…ズンッ…!

梓「にゃはっ…!んにゃっ…♪」

紬「えいっ」…グボォ!

梓「にゃふうっ!?」ガクガクッ…!

紬「誓いなさい、梓ちゃん…!」ギュボッ…!ギュボッ…!

梓「…んにゃっ…んにゃんっ…!」…ブルルッ…ビクンッ…!

紬「私だけのペットになりますって…♪」…ズゴンッ…ズゴンッ…!

梓「にゃへェェ…!あヘぇっ…!」ビグッ…ビグッ…!

梓「…なっ…なりま゙ずぅ…!」…ガクガク…

紬「ちゃんと言いなさい、梓ちゃんっ…!」ゴリィッ…!

梓「んごォっ…!」ビックンッ…!

梓「はぁっ…はぁっ…あっ…あずしゃは…ムギせんぱいのぉ…」ハッ…ハッ…

梓「…ムギせんぱいせんよーペットにぃ…なりまふっ…にゃん!」ハァ~…ハァ~…

紬「うふふ…とうとう言ったわね、梓ちゃん…♪」

紬「これから私が梓ちゃんの飼い主だからねっ…♪」

梓「はいぃ…飼い主さまぁ…!」ブルルッ…

梓(…あは…私…ペット♪)

梓(ムギせんぱいせんよーペットなの♪)ゾクゾク…

紬「うふふ…じゃあ梓ちゃんが私だけのペットになった記念に…」ドキ…ドキ…

紬「一番奥までゴリゴリしてイかせてあげるわ♪」…グイッ…!

梓「…ごりごりっ…おまんこごりごりっ…♪」ゾクゾク…

…グボボッ…!…ギチッ…

梓「いぎいぃぃぃ~!?」…ガクッ…ガクッ…

紬「んふ…ほら、梓ちゃんのクリチンポも一緒に…ね♪」

…ぎゅむっ…!

梓「ひにゃあぁぁぁぁ!?」…ビクビクッ…!

紬「…はぁっ…はぁっ…梓ちゃん…梓ちゃんっ…♪」…パンッ!…パンッ!…パンッ!…

梓「あヒッ…!あヒィ…!」ビックン…!ビックン…!

梓「…こっ…こわれるぅぅっ…!…おまんこバカになっちゃうぅ…!」…ガクガク…

紬「…あはっ…今度は許してあげる…派手にお漏らししながらイっていいわよ…♪」…ズブッ!…ブリュッ!…ブプッ!

梓「イきましゅうぅぅぅ~!あへ♪おもらしアクメしましゅうぅぅぅ~!あヘッ♪」…ビグッ…ビグッ…!

紬「えへへ…見せて♪…ハァ…ハァ…!」ズンッ…ズンッ…!

紬「私のペットになった…梓ちゃんのイヤらしいイき顔見せて♪…ハァ…ハァ…!」パンッ…!パンッ…!

梓「ひぎぃっ…ひぎぃぃぃ~!イきますぅ~!イきますぅ~!…ん…ぐっ…♪」…ブルブルッ…!

…プシャアァァァ~…!…ビックン…ビックン…!…

紬「…あはっ…あらあらぁ…すごいアへ顔♪」ゴソ…

梓「…んひぃ…ヒッ…ヒッ…ひぐ…」ビクンッ…ビクンッ…

紬「梓ちゃんこっち向いて~…」カチカチ…

梓「…はぁっ…はぁっ…ふぇ?」ピクッ…ピクッ…

紬「はい、両手でピースして~…」

梓「…あ…はぁっ…♪」ニコッ

…パシャ!

紬「うふふ…よく撮れたわ♪」





お付き合いしてくれた人たちありがとう。



最終更新:2011年06月18日 23:39