―――その頃―――

律「なぁ唯」

唯「?なぁに、りっちゃん?」

律「憂ちゃんってエロいよな…」

唯「えっ」

紬「わかるわぁ…」ウットリ

唯「!?」

律「な?澪もそう思うだろ?」

澪「ば、ばかっ!唯の前でそんなっ…」

律「ほら、イエスかノーで」

澪「そ、そりゃあ…イエス…だけど…」ボソボソ

唯「!!?」

唯「う、憂はえっちくないよっ!!」

唯「ないよっ!!!」

律「唯、憂ちゃんはエロいぞ?」

唯「り、りっちゃんのばかっ!」

律「だって、なぁ?」

紬「うん!憂ちゃんは官能的よね!」

唯「か、かんの…?」

澪「…///」

律「まぁエロいってことだ」

唯「だ、だからえっちくないよっ!!」

律「あー…うっさいなぁ…エロいもんはエロいの!」

唯「ひ、ひどいよっ!わ、私の妹なんだよ!?」

律「…しゃあねぇな、憂ちゃんのエロさを語ろうか」

唯「えっ…」

紬「!」ワクワク

澪「…///」

律「まずは、そうだな…」

紬「はいはーい!」フンス

律「おっ、じゃあムギ!」

紬「ポニーテール!」
唯「ん?」

律「…なんつーかもっと詳しく」

紬「んとね、ポニーテールにすることで後ろから見えるうなじが魅力的!」

律「ほぅ…なかなか…」

澪「…マニアックなところを…」

唯「ムギちゃん!ほら、うなじうなじっ!」チラッチラッ

律「お前ちょっと黙ってろ」

唯「!」ガーン

律「それにしてもうなじか…確かにエロスを感じるな…!」ゴクッ

澪「あの…」スッ

律「お、澪」

澪「妹っていうのもいいなぁ…あの、唯を『お姉ちゃん』って呼ぶ時の笑顔見るとさ、可愛くて…なんかムズムズする…」

澪「お姉ちゃんって呼ばれたいな…なんて…」

紬「わかる!私も呼ばれたい!」

律「憂ちゃんみたいな妹欲しいな、ホントに」

唯「憂のお姉ちゃんは私だよっ!!」フンス

律「だからお前ちょっと黙ってろ」



―――――――――

その後、律を筆頭として憂ちゃんトークが繰り広げられたのであった

―――――
―――

ガチャッ

唯「ただ…いま…」フラッ

憂「おかえり、お姉ちゃん!ご飯できてるよ!」

唯「うーいー…」

憂「お姉…ちゃん…?」

唯「あのね…う、憂はね…えっちなの…?」

憂「!」ドキーン

憂「えっ…えっ…?」

唯「んとね、今日ね…りっちゃんたちが憂はえっちぃんだって…」

憂「!」

憂「た、たちって…紬さんも?」

唯「うん…」コクン

憂「み、澪さんも!?」

唯「うん…で、でも私は違うって言ったんだよ?」

憂「!」

憂(梓ちゃん…純ちゃん…紬さん…澪さん…皆…私を…)

憂(…なんだ…私って…やっぱりえっちな娘だったんだ…)

憂「ごめんね…お姉ちゃん…えっちな妹でごめんね…」ギューッ

唯「!」

憂「ごめんね、お姉ちゃん…」

憂「…私のこと…嫌いに…なった…?」

唯「!」

唯「めっ!だよっ、憂っ!」

憂「えっ…」

唯「憂がえっちくてもえっちくなくても…憂は憂だよ…だから、嫌いになんてならないよ」ギューッ

憂「お姉…ちゃん…お姉ちゃんっ…!」ギュッ

唯「大好きだもん」ギューッ

憂「うん…うん…!」ギューッ

唯「あったかあったか♪」


お わ り







最終更新:2011年06月20日 23:40