77. 1です ◆duJq3nZ.QQ 2011/05/06(金) 13:40:48.19 ID:UxALpyY70
→C:「あずにゃん探しに来たんだー、ごめんね」
      ちょっと純ちゃんには悪いけどあずにゃんを呼んでもらおう。


純「……あ、そ、そうなんですか……ですよね、うん……よし、呼んできます」

唯「わ、悪いねえ……ちょっとあずにゃんに用があって」

純「気にしないでください。じゃ、すぐに行ってきます!  あーずーさーっ!」

唯「あはは。元気だな〜」


梓「何、純?  そんな大きい声で呼ばなくても……」

純「えーっと」

梓「?」

純「仲良しの唯先輩が呼んでるぞー!  梓と帰りたいみたい!」

梓「(朝のことかな?)まったく唯先輩は……っていうか、仲良しってなに!?」

純「あはは。事実じゃん!  んじゃ今日は二人で帰りなよ!」

梓「わ、分かってるよ!  唯先輩!  行きますよ!」


梓が鞄を手に、唯の元まで走り寄ってきた。
唯は嬉しそうに抱きつこうとするが、ひらりとかわされる。


78. 1です ◆duJq3nZ.QQ 2011/05/06(金) 13:47:03.03 ID:UxALpyY70
唯「あ、あずにゃんのいけずー!」

梓「……その前に、私に言うべきことがあるんじゃありませんか?」

唯「え?  えーっと……」

梓「……朝練」

唯「あ、ああーっ!!  そうだった!  ごめんあずにゃん!」

梓「ふん。知りません唯先輩なんて」

唯「ごめーんってば〜、待ってよぉ〜」


つんけんしながら早歩きで下駄箱に向かう梓を、慌てて追いかけていく唯。
その光景を見ながら、純は無意識にため息をついた。


純「(あれ?  何で今、ため息なんか……)」

純「(それにしても、唯先輩、やっぱり梓に会いに来たんだなあ)」

純「(分かってはいたけど……でも、私にも結構かまってくれたりするから、もしかしてって思って)」

純「(やっぱ、軽音部の結束の中には入れないなあ)」

純「(唯先輩、私といて楽しくなかったのかな?  ……あーあ)」


純の【楽しい】ステータスが  2/5  →  1/5  にダウンしてしまいました。



79. 1です ◆duJq3nZ.QQ 2011/05/06(金) 14:07:35.26 ID:UxALpyY70

二人きりの帰り道。
学校を飛び出してから、梓は一度も唯の方を見ない。
唯は、何とか梓に追いつきながら、必死で謝罪の言葉を続けていた。


唯「はあっ、はっ、あ、あずにゃーん…ごめんってばあ……」

梓「ゆ、る、し、ま、せ、ん!」

唯「頼むから、こっちに顔を向けるくらいしてよお」


自分でもわかるほどに、情けない声が出てきた。
梓も少しは譲歩したのか、ちらりと後ろの唯に視線を向ける。


梓「……なんですか?  言うことがあるなら、言ってください」


視線は向けられたものの……梓の顔はいまだ厳しいままだった。


唯「(どうしよう……?)」



*選択肢*

A:「ごべんねえ、あずにゃーん!!!」
      精一杯の謝罪の言葉をもって、秘儀・泣き落とし!  許してあずにゃん!

B:「ごめんね、軽音部の新入生勧誘のことも考えなきゃいけないのに……私って、だめだめな先輩だね……」
      本当にごめんねあずにゃん。謝りつつ、新入生勧誘についてあずにゃんの意見を聞いてみる。

C:「たいやき一つおごるから……それで許して下さい!」
      こうなったらたいやきさんに頼るしかないよ!  二人で屋台へ。

D:「……言うべきことなんて、ないよ……ごめんね、今日は一人で帰るね」
      こんなにあずにゃんに拒絶されるなんて……。日を改めてまた謝るしかないね……。



80. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/05/06(金) 14:12:26.62 ID:ZngvV3CSO
B一択
84. 1です ◆duJq3nZ.QQ 2011/05/06(金) 14:56:13.28 ID:UxALpyY70
→B:「ごめんね、軽音部の新入生勧誘のことも考えなきゃいけないのに……私って、だめだめな先輩だね……」
      本当にごめんねあずにゃん。謝りつつ、新入生勧誘についてあずにゃんの意見を聞いてみる。


梓「えっ?  あっ……」

唯「ごめんね、ちゃんと軽音部に力入れなくちゃいけないのに」


唯のしおらしい態度に、梓は戸惑った。
同時に、目下の懸案事項にも思い当った。


梓「……いいですよ、許してあげます。新入生勧誘のためにも、力を合わせないといけませんし……」


そこまで言うと、急に梓は口をつぐんだ。
不思議に思った唯が、梓の顔を覗き込む。


唯「……どうしたの」

梓「……いえ、何も……」

唯「……新入生勧誘のこと?  それで、何か悩んでいることでもあるの?」

梓「!!」


梓は、唯の鋭さに舌を巻いた。
まったく、この先輩は、変なときに人の気持ちを見抜くから困る。


梓「……唯先輩」

唯「うん?」

梓「あの、これ嫌だったら聞き流してくれてもいいですから」

唯「……うん、分かった。でも、あずにゃんの悩みならいくらでも受け止めるから、安心して話して?」

梓「……はい、ありがとうございます」
85. 1です ◆duJq3nZ.QQ 2011/05/06(金) 15:09:50.86 ID:UxALpyY70
梓は一つ深呼吸をし、それから話し出した。
唯も、神妙そうな顔つきでじっと聞いている。


梓「……先輩たちが、来年の軽音部のために、私のために、新入生を獲得しようと頑張ってくれているのは知っています」

唯「うん。……あずにゃんを、一人にしたくないからね」

梓「その気持ちはすっごく嬉しいです。それは、本当の気持ちです。私も、次期部長として、しっかりと軽音部を存続させていかなくてはいけない。それも、分かってるんです」

唯「うん」

梓「でも……でも、どこかで、このままでいい、この五人で、このままやっていきたいっていう気持ちがあるんです」

唯「……あずにゃん」

梓「……分かっていますよ、わがままだってことくらい。それに、五人でやるっていったって、後一年もすれば先輩たちは卒業して、私は一人になりますし。でも……」


梓が、真剣な目で、唯を見つめる。


梓「でも、私は、あの五人で、放課後ティータイムのメンバーで過ごす時間が、何より嬉しくて、楽しいんです!」

唯「……」

梓「だから、だから……それがなくなるかもしれないのが……こわいんです」

唯「……あずにゃん」

梓「すみませんでした、唯先輩。こんなことを言っても困らせるだけですよね……」

唯「いい子、いい子」


唯は、ゆっくりと梓の頭を撫でてあげた。
梓は、驚いたような顔で唯を見上げる。
86. 1です ◆duJq3nZ.QQ 2011/05/06(金) 15:33:08.17 ID:UxALpyY70

梓「わっ、わっ……きゅ、急に何ですか?」

唯「あずにゃんはいい子だねえ。でも、ちょっと忘れてるよー?」

梓「えっ……」

唯「あずにゃんだけが、五人でいる時間が楽しいって感じてるわけないでしょう?」

梓「え、えと」

唯「私も同じ。放課後ティータイムのメンバーといる時間が何よりの宝物だよ」

梓「唯先輩……」

唯「そんなに難しく考えることないんだよ、あずにゃん。新入生が入ってくれば、また違った楽しい時間が生まれるかもしれないし、軽音部の中の空気も、良くも悪くも変わるかもしれない」

梓「……」

唯「でもね、私達五人が過ごしてきた時間は消えることはないし、例え私達が卒業したとしても、あずにゃんは一人じゃない。永遠に、放課後ティータイムのメンバーだよ。五人、一緒なんだよ」

梓「せ、せんぱい……」

唯「だからね、そんなこと不安に思わなくてもいいのっ!  五人皆、心の中では、『軽音部』じゃなくて『軽音部で過ごした時間』を何より大切に思ってるんだから」

梓「……はい」

唯「新入生勧誘も大事だけどね。そんなに存続に縛られる必要もないと思うよ……って、卒業する私が言っても、説得力無いね」

梓「……本当ですね。一人残される後輩に対して、ひどい言い方ですよ。他の先輩たちにいいつけちゃいますよ?」

唯「えーっ!  そんなぁ!  お、お願いだからこのことはあずにゃんの胸の中にだけ……」

梓「ふふ、はい。先輩も、内緒にしておいてくださいよ?」

唯「えへへ、はーい!」


それから、二人は、軽い足取りでそれぞれの家へと向かった。
梓の気持ちは、嘘のように軽くなっていた。


梓「(唯先輩に元気づけられちゃった……)」

梓「(普段ふわふわしているのに、こういうときには……なんか、頼りになるんだよね)」

梓「(不思議な人だなあ、唯先輩)」

梓「(ちゃんと、このことは二人の秘密にしておこう。……ふふふっ)」


梓の【尊敬】ステータスが  2/5  → 3/5  にアップしました!

梓の【気になる】ステータスが  0/3 →  1/3  にアップしました!
87. 1です ◆duJq3nZ.QQ 2011/05/06(金) 16:02:45.90 ID:UxALpyY70

唯「う〜い〜っ、ただいま〜っ」

憂「!  おねえちゃんっ、おかえりー!」

唯「ふう。今日は疲れたよー」

憂「?  でも、今日部活とかなかったでしょ?」

唯「ううん。最上級生の一日は忙しくてたまらないよ……」

憂「うふふ。そっかあ」

唯「へへへっ、そうなんだよぉ」

憂「お姉ちゃん、着替えてきたら?  夕食までまだ少し時間あるから」

唯「そうするー。今日はどうしよっかなぁ」


*定期選択肢*

A:勉強する

B:運動する

C:ギターの練習

D:ショッピングしつつ、おしゃれの研究

E:家事スキルを磨く

F:ご飯を食べて、今日一日はおしまい!


---------定期選択肢について-----------

・これは、唯が帰宅時に毎回現れる選択肢です。
・Fを選ぶと、「明日に備えて寝る」、「日記に書いてから寝る」の選択肢に移ります。
・A〜Eの選択肢のうち、一日に一つだけ実行できます。
・実行することで、唯のステータスを伸ばせるイベントが発生します。

--------------------------------------

88. 1です ◆duJq3nZ.QQ 2011/05/06(金) 16:04:10.66 ID:UxALpyY70
-------唯のステータス----------------

・唯には、全部で5つのステータスが存在します。(今後、増えることもあるかもしれません)
  
  【勉強】:唯の頭の良さの度合。「勉強する」のコマンドを選び、イベントを経ることで、アップします。
  【運動】:唯の運動神経の良さの度合。「運動する」のコマンドを選べば、アップのためのイベントが発生。
  【ギター】:唯のギタースキルの度合。「ギターの練習」のコマンドにより、アップの可能性が。
              部活の練習でもアップは図れます。
  【おしゃれ】:唯のおしゃれ度。「おしゃれの研究」コマンドで、アップするかも。
  【家事】:唯の家事スキルの度合。「家事スキルを磨く」コマンドで、イベントが発生し、伸ばせるかもしれません。

・これらのステータスは、ストーリー展開の上でも重要になってきます。
・例えば、【勉強】のステータスが高ければ、テストで低い点を取ることはないですし、人から尊敬されるかもしれません。
  また、勉強ができる人とのコミュニケーションも円滑になるかもしれません。
・これらのステータスの最大目盛りは5です。
・初期設定では、どれも  0/5  となっています。
・せっかく伸ばしても、それからしばらく(二ヶ月間)手をつけていないと、ステータスは自然に一つずつ下がっていきますので、注意してください。
  なので、伸ばしたいステータスがある場合、こまめにコマンドを実行することが大事ですね。
・うまく伸ばして、お好みの展開となるようがんばってください


・なお、これらのステータスを5まで極めると、そのステータスごとに、とてもいいことがあります。

---------------------------------------
89. 1です ◆duJq3nZ.QQ 2011/05/06(金) 16:08:59.77 ID:UxALpyY70
-------「寝る」について-----------

・疲れを取るために、寝ることも肝心です。
・A〜Eのコマンドを実行すれば、ステータスは伸ばせますが、同時に疲れもたまります。
・たいていは一晩寝ることでリフレッシュされますが、あまりに疲れている場合は、すべて回復されず、翌日まで持ち越します。
・そうなると、翌日寝坊する可能性が高くなります。
・これらの点にも注意して、定期選択肢を選んでみてください。

-------------------------------------------
90. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/05/06(金) 16:12:51.22 ID:cL8l1TOIo

94. 1です ◆duJq3nZ.QQ 2011/05/06(金) 16:41:35.69 ID:UxALpyY70
→C:ギターの練習


唯「よし!  ギターの練習をしようっと!!」


愛しのギー太を手に、ふんすと張り切る唯。


唯「やっぱり、ギターはもっともっとうまくならなきゃね!」

唯「……どうやって練習しようかな?」



*定期選択肢*

A:「自力で頑張ろう!  皆をあっといわせちゃうぞ!」
      テープを聞きながら、一生懸命独学で練習。

B:「うーん、ここはギタリストの先輩、あずにゃんと練習する?」
      あずにゃんに電話!  もしもし?

C:「後輩に頼るのも……そうだ!  困ったときの澪ちゃん!」
      澪ちゃんに電話するよ!  もしもし?

D:「憂〜、ここちょっと弾いてみて〜?」
      憂にちょこっとだけ教えてもらおう。

E:「さわちゃんに特訓してもらおう!  ふんすっ!」
      さわちゃんに電話をしてみる。
98. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/05/06(金) 16:56:47.76 ID:0z4XqiRBo
D


4
最終更新:2011年06月21日 04:27