#イギリス海岸

澪「おお、これがイギリス海岸か……なんだか良い詩が浮かんできそうだ」

唯「海かと思ったら川なんだね」



#宮沢賢治記念館

澪「ふおおお……! ほら見てみなよ唯っ!」

唯「ま、待ってよ澪ちゃーん!」



#イーハトーブ館

澪「あ、お土産に絵葉書とか買っちゃおうかな」



#童話村

澪「わぁぁ……なんて幻想的な空間なんだ……」

唯「みおちゃ……おなか……すい……た」


#旅館

澪「……ごめんつい」

唯「いいよー。澪ちゃん楽しそうだったし」

澪「うん、ありがとう」

唯「でも明日はわんこそば食べに行こうね」

澪「うんっ」


#翌日

唯「目指せ100杯だよ澪ちゃん!」ヒョイパク

澪「100杯は無理だろう……」ヒョイパク

唯「そうかな? 私はいけそうな気がするよ!」

澪「あんまり無理するなよ?」

唯「だーいじょうぶだって!」

澪「でもさ、もっとゆっくり食べられるお店でよかったんじゃ……」

唯「いやいや、やっぱりわんこそばと言ったらこうでしょう!」ヒョイパク

澪「確かにそうかも」

澪「なるほどな、色んな薬味があるから少しずつ違った味が楽しめるのか」

唯「ねー」

澪「私はこのくらいでいいかな」

ポチャ

澪「あ」

唯「ぷぷ、澪ちゃん蓋を閉めないとどんどん入れられちゃうよ」

澪「そうだった……」

――

唯「う……ふぅ……」

澪「そろそろやめておいたら?」

唯「でもまだ35杯しか……」

澪「十分食べたよ」

唯「そ、そうだね……じゃあこれでごちそうさ……」

ポチャ

唯「……あ」

澪「蓋は閉めないとな」

唯「う……ぐ……」

唯「もぐもぐ……」

唯「もぐもぐ……やった、なんとか――」

ポチャ

唯「……けぷ」

澪「大丈夫か?」

唯「だめかな……うぷ」

澪「今車に乗せるのはまずいな」

唯「ええ、こぼしてしまいそうです」

澪「じゃあのんびりしてよう」

唯「かたじけない……っぷ」

澪「いいよ。別に急いでる訳じゃないんだし」

唯「……うん」

澪「次は青森だな」

唯「ほ、本マグロ……ぐぷ」

澪「たくましい」


#青森県

澪「青森かぁ、やっぱりねぶた祭りとかかな」

唯「私さっき調べたんだけどね、弘前のイルミネーションとか三角の建物とか」

澪「三角……?」

唯「あとはスキー場がいい雰囲気になれるらしいよ」

澪「スキー場は今の時期やってないと思う……ん、雰囲気? 唯は何を調べたんだ?」

唯「青森県のデートスポット!」

澪「そっ……却下」

唯「ええー! 大丈夫普通に観光スポットだからぁ!」

澪「八甲田丸とか青森ベイブリッジとか見に行こう」

唯「あ、そこもデー……」

澪「ん?」

唯「あ、わー! 私そこ行きたい!」

澪「そうかそうか」

澪「それとフェリーの時間も調べておかないと」

唯「フェリーか……」


#フェリー 青森-函館

唯「……」

澪「……」

唯「うっぷ……」

澪「乗り物酔いって大変だな……」

唯「もうおりる」

澪「無理だろ。あと1時間だから……」

唯「もう家帰るううぅ」

澪「こらこら」


#北海道

唯「や、やっとついた……」ヨロヨロ

澪「とりあえずどこかで休む?」

唯「うん……」

澪「ええと……公園とかがいいかな」

澪「……ん、千代台公園か。ここならよさそうだ」

唯「んはぁ……大分よくなったよ」

澪「よかった」

唯「でもこの公園凄いねえ。陸上競技場に野球場まであるなんて」

澪「プロ野球の試合もやるらしいぞ。今は高校野球が多いかも」

唯「そっかー。ねえ澪ちゃん、函館って夜景が見下ろせる所があるんだよね?」

澪「函館山の事? それなら割と近くにあるはずだよ。今から行けば丁度夜景が見られるな」

唯「行こう!」


#函館山 山頂展望台

唯「ふわあああ……!」

澪「きれい……」

唯「来てよかったぁ」

澪「うん。冬の景色も見てみたかったけど」

唯「冬かあ……でも今の時期の方がいいかな」

澪「どうして?」

唯「冬は寒すぎると思う」

澪「そっか」

唯「……」

澪「……」

唯「景色、すっごくよかったね」

澪「うん」

唯「なんか言葉がでないや」

澪「私も」

唯「……」

澪「……」

唯「……そういえば澪ちゃん、もう遅い時間だけど今日どこに泊まるの?」

澪「……あ」


#翌日

唯「んああ……」

澪「おはよ」

唯「おはよー」

澪「今日はちゃんとした所に泊まりたいな」

唯「そうだね。ソラ君の寝心地いまいちだもんね」

澪「車だし仕方ないよ」

唯「いつかソラ君にベッドつけてあげるねぇ」

澪「どこにそんな場所があるんだよ……」

澪「とりあえず札幌辺りを目標にするか」

唯「いいね! カニ! ラーメン!」

澪「はは」

唯「ねえ澪ちゃん」

澪「ん?」

唯「旅って楽しいね!」

澪「そうだな」


#札幌

澪「これが時計台かぁ……」

唯「これがフルーツケーキファクトリーかぁ……」

澪「円山動物園……!」

唯「チョコレートファクトリー……!」

澪「豊平館と清華亭……どっちにしようか」

唯「どのラーメン屋さんがいいんだろう」

澪「ふう、大分見て回れたな」

唯「うん、お腹いっぱいだよ」

澪「……どうしようかな」

唯「何が?」

澪「そろそろ折り返さないと大学に間に合わなくなる可能性が」

唯「あー、忘れてたやー」

澪「どうする? そろそろUターンしようか?」

唯「あ……北海道でもう一か所だけ行きたい所があるんだけど……」

澪「どこ?」

唯「十勝平野」

澪「十勝平野か……うーん」

唯「やっぱりダメかな?」

澪「……いや、せっかくここまで来たんだし行ってみようよ」

唯「いいのっ!? ありがとう澪ちゃん!」

澪「私も行ってみたいしさ」

唯「そうと決まったら早速行こう! 充電が切れるまで走るよ!」


#十勝平野

唯「おわー……どこまでも一本道」

澪「地平線が見える……」

唯「広いね」

澪「うん、広い」

唯「いい天気。どこまでいっても青空だよ」

澪「風も気持ちいいな」

唯「はー……」

澪「来てよかった……」

唯「来年の今頃はこんな旅行なんて出来ないよね」

澪「ん、まあ働いてるだろうしな」

唯「残念だねぇ……」

澪「……」

唯「澪ちゃん、えっと、うーん……」

澪「?」

唯「なんて言うか……また」

澪「え?」

唯「来年の4月までにまた旅行しようよ!」

澪「って今回の旅行がやっと半分終わったところだぞ」

唯「そうだけどさ」

澪「……そうだな。今度はどこに行こうか」

唯「行きたい所はいっぱいあるよ~。それにソラ君もパワーアップさせたい!」

澪「車で気ままに、か……卒業旅行にぴったりだな」

唯「だねっ」

澪「それじゃあ、帰るか」

唯「……うん!」


#函館

唯「フェリーか……もう帰らなくていいや」

澪「おい」

唯「だってえ……」

澪「私フェリーの手続きしてくるからな」

唯「はぁい……」

澪「お待たせ……っていないし」

澪「どこいったんだ?」

唯「あ、澪ちゃーん! ほらほら『白い恋人』売ってた! 流石函館!」

澪「白い恋人はどちらかというと札幌のような……」

唯「ふふ、そんな事もあろうかと流水まんじゅうも買っちゃった」

澪「それはどこだっけ、稚内?」

唯「これもだめか……ならチーズオムレットはどうかな!?」

澪「あ、それは函館……って買い過ぎだろ」


#フェリー 函館-大間

澪「ちょっと元気になったと思ったら……」

唯「……うっぷ」

澪「あ、フェリーの中にもお土産売ってるんだ。ちょっと見てくるね」

唯「……いてらさい」

澪「そうだ、フェリーはバスと違って後ろの方が酔わないらしいぞ」

唯「おけ……」


#大間

唯「今度旅に出る時はフェリーに乗らない方向で行きたいです」

澪「ははは」

唯「ところでどうして大間?」

澪「ちょっと行きたい所があって」

唯「あれ、大学大丈夫なの?」

澪「…………うん」

唯「そっか」


3
最終更新:2011年06月22日 20:46