澪「……」ゴクゴク

澪「こ、これでいいのか?なんか変わった様子はないけど……」

ガチャ

澪(唯か!?)

律「ういーっす」

澪「あぁ、律か……」

澪「!!!!」

律「はいはい、唯じゃなくって悪かったなー……って、どうした?澪」

澪「律……」

律「な、何だよ澪、何かお前変だぞ?」

澪「好きだ……」ギュ

律「!!!????」

律「みみみみ澪しゃん!?いいい一体何を言って……」

澪「私が馬鹿だった!!なんで……なんでお前の魅力に今まで気づかなかったんだろう!!」

律「や、やめろよ!!からかうなよ!!」

澪「からかってなんかいない!!私は本気だ!!」

律「み、澪……」

澪「とっちゃえよ、これ」

律「や、やめろ!!私のカチューシャ返してくれ!!」

澪「なんで!」

律「何でって……だって……」

律「おかしーし……」

澪「おかしくねーし!!!!」

律「!!」

澪「律かわいいよ律」

律「澪……信じて……いいのか?」

澪「ああ……」

律「澪!!」

澪「律!!」

澪「幸せってこんなに近くにあったんだな……気づかなかったよ……私」

律「うう……澪ぉ……」

菫(めでたしめでたしです)


がちゃ

唯「おいっす、って澪ちゃん?律ちゃん?何してるの」

澪「ああ、唯か……ちょうどいいところに来たな。実は私達付き合う事になったんだ」

唯「ええ!?本当律ちゃん?」

律「あ、ああ……実はそうなんだ」

唯「そうなんだぁ、よかったね!二人とも!」

澪「ああ、ありがとう唯。唯も梓とお幸せにな」

唯「う、うん……////」

唯(あれ?なんだろう?テーブルの上に見たことないジュースがおいてある……おいしそう……)

澪「さぁ、律。私達は皆が来るまであそこで愛を語り合おうじゃないか」

律「あ、ああ……////」

唯「ダメだよ……」

澪「ん?何か言ったか?唯」

唯「それはダメだよって言ったんだよ……澪ちゃん」

澪「はぁ……?唯にそんな事言われる筋合いな……」

唯「だって……だって……」

唯「私も律ちゃんの事好きになっちゃったんだもん!!」

澪「!?」

律「!?」

菫(!?)

菫(しまった……これは予想外の展開……)

澪「な、何を言ってるんだ唯!!そんなの許さないぞ!!大体唯が好きなのは梓のはずだろ!?」

唯「そんなのもう忘れちゃったよ!!乙女心は上の空なんだよ!!」

澪「それをいうなら秋の空だろ!!」

唯「そ、そうとも言うよ!!と、とにかく律ちゃんは澪ちゃんには渡さないよ!!」

澪「何だと!!そんな勝手が許されると思うのか!!」

唯「それは律ちゃん次第だよ!!」

律「お、おい二人とも一体何を言って……」

澪「おい、律お前はどうなんだ!?」

唯「どっちが好きなのか答えて律ちゃん!」

律「あ……あ……そ、そんな事言われたって……」

ガチャ

梓「こんにちはー……なんか今日は一段と騒がしいですけどどうかしたんですか?」

澪「律!!もちろんお前が一番好きなのは私だよな!?」

唯「律ちゃん!!澪ちゃんに遠慮する必要はないよ!!私の事のほうが好きだよね!?」

律「うぅ……」

梓「え……?唯先輩?一体何の話ですか?」

唯「あぁ……あずにゃんか……。ごめんね、あずにゃん。私もうあずにゃんには興味ないから」

梓「え……?」

唯「さぁ、マドモアゼル律ちゃん!私に甘い愛の囁きを!!」

澪「柄にもない言葉を使うな唯!!」

梓「ゆ、唯先輩……一体どうしちゃったんですかぁ……」

梓「ほ、ほらほら!!唯先輩の好きなネコミミですよ!!にゃ、にゃあ~!!」

唯「…………」

梓「にゃあにゃあ!!にゃあにゃあ……にゃあ……」

唯「はぁ、あずにゃん……諦めてよ……私のあずにゃんへの愛はもう冷めちゃったんだよ……」

梓「そ、そんな……もう生意気なこと言ったりしませんから……素直になりますから……嫌いにならないでよぉ……」

唯「あずにゃん……うっ……頭が痛い……何か……大事な事を忘れてるような……」

梓「唯先輩!?」

唯「だけど……ごめん、あずにゃん!ガイアが私に律ちゃんを愛せと囁くんだよ!!」

梓「そんな……律先輩!!一体唯先輩になにをやったんですか!?」

律「うるせぇよ……」

梓「え?」

律「うるせえよ!!!みんなして私をからかいやがって!!!!もう付き合ってられるか!!!!」

澪「あ、おい律!!」

唯「律ちゃん!!」

澪「律、行っちゃったじゃないか……唯が変な事言い出すからだぞ?」

唯「澪ちゃんがしつこいからでしょー?」

梓「もうなにがなんだか……」

紬「大変な事になったわね……」

梓「ムギ先輩!?いたんですか!?」

紬「ええ、一部始終見させてもらったわ……」

梓「私もうどうしたらいいのか……」

紬「…………」


紬(このジュース見覚えがあるわ……)

紬(そしてその近くに落ちてた金色の髪の毛……髪質からみて私のものではないわね……)

紬(そうなると……つまり……)

紬「梓ちゃん、私ちょっと律ちゃんを連れ戻してくるわね」

梓「え?」

紬「それまでその二人を帰らせないようにしてて」

梓「は……はぁ……」

紬「律ちゃん?ちょっといいかしら?」

律「ムギか……お前は私の味方か?」

紬「もちろんよ。私だけじゃないわ、唯ちゃんも、澪ちゃんも、梓ちゃんだって律ちゃんの味方よ」

律「ッ!!嘘だっ!!!!」

紬「律ちゃん……」

律「だってさ……おかしいだろ?あいつらいきなり手の平返したみたいに……きっと心の中でせせら笑ってたに決まってる……」

紬「そんな事ないわ……唯ちゃんも澪ちゃんも律ちゃんの事本当に好きだったのよ」

律「そんな馬鹿なこと……!!」

紬「そうね……移ろいやすい思春期の乙女心だから発作みたいなものだとも思うけど……
  勘違いの恋って所かしらね……」

律「そうか……そうだよな……」

紬「とにかく一度皆の所に戻って落ち着いて話ましょう?」

律「……分かった」

律「その……悪かったな、ムギ……八つ当たりみたいなことしちゃって」

紬「ううん……全然平気よ!」

律「そっか……ムギはすごいな……」

紬「はい、みんな。今日の紅茶はちょっと特別なのよ。ゆっくり味わって飲んでね?」

梓「ありがとうございます……」

律「悪いな、ムギ」

唯「今日はそんな気分じゃないよぉ……」

澪「右に同じだ」

紬「いいから騙されたと思って飲んでみて?」

唯「ぶー……」

 「「「「…………」」」」ゴクゴク

唯「あれ……?なんだか私眠く……」

梓「わ、私も……」

澪「くっ……意識が朦朧と……」

律「うう……何だこれは……」

 「「「「zzzzz……」」」」

紬「ふう……これでよし……。目覚めたときには今日の事はきれいさっぱり忘れてるわね」

紬「さて……後は……」

紬「菫ちゃん!!いるんでしょ!?出てらっしゃい!!」


菫「は、はいぃっ!!」

紬「こんなことして、一体どういうつもりなの!!」

菫「もも、申し訳ありません本当は 梓=唯 澪=律 となる予定だったのですが私の力不足で……」

紬「私はそういう事に怒ってるんじゃないの!!」

菫「え……え……?」

紬「大事な友達の心を操って、それで仮初の平穏を手に入れて、それで私が喜ぶとでも思っていたの!?」

菫「ご、ごめんなさい……私……私……グスッ……」

紬「いい?菫ちゃん、こういうのは例えもどかしくても辛くても本人達が向き合って乗り越えていかなくてはならない問題なの。
  そして、それを静かに見守りながら支えてあげるのが友達というものなのよ?」

菫「グスッ……お嬢様ぁぁぁぁ……!!うえぇぇぇぇん…………」

紬「よしよし……」ナデナデ

紬「もう落ち着いた?菫ちゃん」

菫「はい、取り乱してすみません……。お役に立とうと思ったのに……情けないです……」

紬「いいのよ、人は失敗して成長するんだから……なんて、バイトの先輩からの受け売りなんだけどね」

菫「はぁ……お嬢様はやっぱりすごいです……」

紬「あ、だけどそうは言っても、けじめはちゃんと付けなくちゃいけないから今日は久しぶりにお仕置きね♪」

菫「え、ええ!?」

紬「うふふ……今夜は覚悟しててね♪」

菫「は……はい////」



あれから数日が立ちました。
結局部内の人間関係は何も変わっていません。
正直今は辛い時期ですが、それでも私達ならきっと乗り越えていけるはずだと私は信じています。

唯「あ~ずにゃ~ん♪えへへ~……////」ダキッ

梓「も、もう唯先輩ったらまた……。特別ですよ?////」

澪(クソっ梓のやつ、これ見よがしに……)イライライライラ

律(澪…………)

紬「…………」

うん……きっと大丈夫……なはず……多分……。



おしまい



最終更新:2011年06月22日 22:25