( 0w0)「ヴルインジタンダヨ。アンデッドハゴドスゴドゥガディギナイカラナ」

律「じゃあ不死身ってこと?」

梓「それよりダディさん」

(..0M0)「ミンナ、イママデスマナカッタ。オレノセイデ」

唯「ダディさん気にしないでよー。ちゃんと最後にはみんなの声に耳傾けてくれたんだし!」

律「そうそう。マジでカッコよかったぜぇ」

紬「見直しました!」

( 0w0)「ザァスカダディャーナザンディス!!」

( 0H0)「ヤッパリタチバナサンハイチリュウダナァ」

( 0M0)


(*0M0)


(*0M0)「アア!」

( <::V::>)(タンジュンナヤツ…)


唯「それもこれも、ケンジャキくんのおかげだねぇ」

澪「いきなり殴りかかっていったときはどうなることかと」

梓「ケンジャキくんもそうですけど、ムッコロさんのおかげでもあります!」

( *<::V::>)「アヅサチャン…」

( 0H0)「デモナンデフウインシタハズノアンデッドガマタ…」

( <::V::>)「ヤツダケジャナイ。ホカノアンデッドモフウインカラトカレテイソウダ」

(;0w0)「デイルカヴィンナ、ヂムンドボッデヅカードジッカディヴィタオルガイイナ…」

律「とりあえずー……一件落着?」

(0M0 )「ソウダ。オイシイオガジハドウシタ?」

紬「え、あ……あはは」

・・・



(...^U^) ニコニコ



数日後

憂「あれ、お姉ちゃんは?」

(0w0 )ゴロゴロ「ワガリャナイ。ダディャーナザンドイッヂョニドゴガヘディカゲタ」

憂「そう?」

・・・

( 0M0)「コゴナリャイイダロウ」

唯「バッティングセンター?」

唯「ねぇねぇ、仮面ライダーの特訓じゃないの?」

( 0M0)「フッ」

( 0M0)「マズハナガニハイレ。オリノヤリカタニケディヲドゥケルナド」

唯「は、はい! ダディ師匠ー!」


数時間前

( 0M0)「ナル? カベンライダーニナディタイ?」

唯「私も正義のヒーローになりたいです!」

(#0M0)「ガンダンニイウナッ! ライダーニナルノハゾウガンダンジャナイ」

(0M0 )「ナルヨディボ、ライダージスデヴニデギゴルジデイナゲリャーヘシンデキナインダ」

( 0M0)「ユイ! キミニゾノジガグガアドゥドイルドカ?」

唯「わかりません!」

( 0M0)「ダドウナ…」

(0M0 )「マァ、イイ。ツイデゴイ」サ

唯「え、どこ行くの? もしかして特訓とか修行!?」

(0M0 )「オバエルライダードギヴィジザァオオジエテヤム」

唯「わ~い」


現在に至る

唯「よし、師匠ー! バット持ちましたー」

(0M0 )「ゾンナモンイラン」

唯「へ?」

唯「でもバッティングセンターだよぉ? 他に何すんの」

(0M0 )「ダマッテミテイロ…」

…ウィーン、ビュンッ

唯「ぼ、ボール飛んできたよ。師匠!」

=○  (0M0 )<……

==○ (0M0 )<!

  ③⊂(0M0#)<ザンッッッ!!! パシッ

唯「お、おおぅ……」

( 0M0)「イイガ、トンディグルボーヅニカイテアルスウジヲヨムンダ」

( 0M0)「ライダーニドッデドウタイシリョグハカカセナイモドダガラナッ」

・・・

アンデッド「ぎゃああああ!?」

(0H0 )「フンッ!」シュルルルル…ピトッ、パシッ

( <::V::>)「マチナカニアンデッドガアフレテイル…イゼンオレタチガフウインシタヤツラダ」

( <::V::>)「コレハナニカアルナ」

( 0H0)「ソレハソウダロウデスケド、デモイッタイナニガ…」

律「もしかして、あんた達が元の星からここに飛ばされちゃったっての関係あり?」

紬「てことは伊坂さんって人の他に何か企んでいる真犯人がいるのね!」

(0H0;)「アアッ、マタカッテニツイテキテ…! アンデッドハキケンナンダゾ!」

紬「でも、何もしないわけにもいかないようがして」

(0H0;)「キモチダケデジュウブンダヨ…」

( <::V::>)「トニカク、アヅサチャンヲキケンナメニアワセナイタメニモ、カイホウサレタアンデッドヲフウインシナケレバ」

律「え、梓? 梓がどうかしたの?」

Σ(<::V::>;)「イ、イヤッ…! ナンデモ…」

紬「ムッコロくんは梓ちゃんが大事なのねぇ、ふふふ」

(;;<::V::>)「ヨ、ヨセ……」

律「大事って……ようは好きってこと?」

(0H0;)「ホッ、ホントデスカ!?」

律「違いなぁ~い。うひひ」ニヤニヤ

紬「ヒーローの恋~……」

(<::V::>;;)「……」

(<::V::>;;)「ソ、ソンナモノジャナイッ!! アヅサチャンニハタスケテモラァータオンガアルダケダッ!!」

律「だったら目逸らさないでこっち見て話せよ~このこのっ」

(#<::V::>)「オマエェ…ヒトヲオチョグルノモイーカゲンニシロオッッ!! 」

律「うわっ! ご、ごめん……」

(0H0;)「ナニモソコマデオコラナクテモ…」

(#<::V::>)「ダバレ! チョウシニノッテンナラムッコロスゾッ!!」

(0H0;;)「……」

(<::V::>;)(オレハ…ドウシタトイウンダ……アマネチャン)


――――

澪「……」スタスタ

ガヤガヤガヤ

澪(あ、あそこのお婆さん歩道橋昇るの苦戦してる)

澪「手伝わないと……」

?「大丈夫ですか、お姉さん」

婆「ひぃ、ひぃ……おやまぁ、イケメンだこと……」

?「はははっ! よく言われますよ。さ、お手伝いをしましょう」

?「女性に無理はさせられませんからね」

婆「惚れちまいそうだわい……///」

澪「あの人……こないだの」

(^U^)「足元に気をつけてください!」

婆「ふぇー、助かったよ。そいじゃ、イケメンのお兄さん」

(^U^)「どうかお気をつけてー」

澪「あ、あの」

( ^U^)「ん?」

澪(……な、なんで私声かけちゃったんだ!?)

澪「やっぱり! なんでも……」

( ^U^)「ふふ、素敵なお嬢さんだ」

澪「……え?」

( ^U^)「それで、何か用があって声をかけてくれたんじゃないのかい?」

澪「あ……まぁ」

( ^U^)「どうして人助けをするか、だって?」

澪「最近あなたのことよく見かけて、そのたびに人を助けているからどうしてかなって……」

( ^U^)「そんなの決まっているじゃないか! 人を助けることに理由はいらない」

( ^U^)「俺は俺のしたい事をしたまでだよ。はい、ジュース」ス

澪「ありがとうございます……って、あなたのそれは何ですか?」

( ^U^)⊃麦「これかい? これは金麦さ」

澪(お、お酒……?)

( ^U^)「最高に美味いビールなんだ。俺はこれが好きでね」

( ^U^)「そしてもう一つ! 俺の好きな物があるんだ」

澪「またお酒ですか?」

( ^U^)「いや、巨乳さ!」

澪「……」

澪「……は?」

(^U^)ニコニコ

( ^U^)「巨乳が大好きなのさ、秋山澪ちゃん」

澪「ひっ!? ど、どうして私の名前……!」

(^U^)「おっと、俺だけが名前を知っているのも悪いよね」

(^U^)「よく周りからニーサンと呼ばれているが、俺は」

(^U^)「志村、志村純一」

( ^U^)「そして俺は……」シュル…

澪「!」

(^U^)「変身」オープンアップ

(<>)「フンッ」ハラパン

澪「ぐふっ……!?」



澪「 」バタッ




(<>)「仮面ライダー……グレイブ」

(<>)「君をお持ち帰りさせてもらう。澪ちゃん」


――――

唯「……むっ!」

=○

唯「うわわっ」サ

ガシャン

(#0M0)「ヨゲルナ、ヅガメ!」

唯「無茶だよ~……」

(0M0 )「ヨシ、モウイッギューイクド」

=○

唯(無理に掴まなくても書いてる数字読めれば……)

==○

唯「8!」

( 0M0)「…アテズッポウハダメダ」ヒョイ

( 0M0)⊃㊥

唯「うそーん……」

(0M0 )「ワカッタカ、ライダーガドリダケスゴイカ…!」キリッ

( 0w0)「ユイヂャン、ダディャーナザン!」

唯「あ、ケンジャキくぅん……」

(;0w0)「ドジテソリャニヅカリデイヅンダ?」

( 0M0)「ゴイヅニライダーノギビジサヲオシエテイタトコロダ。ケンジャキ」

唯「もうへとへとだよー」

(0w0 )「ドゥディアエヅ、キョウハゴドベンルジデオイデイエルカエドル?」

唯「う~……」

(#0M0)「ケンジャキ…アマヤガスノハヨクナイゾ…」

(0w0;)「アンダ、イッバンヂンルヴディザァゼナイディグダザァイヨ」

唯「明日から! 明日から頑張るよ! ダディ師匠っ」

(0M0 )「オデタチニアシタハ…クルガワカラナイ!」

(;0w0)「モウイイダロ」

・・・

唯「今日の夕飯はハンバーグ~だったら~いいなぁ?」

(0w0 )「シルカ」

(*0M0)「ガノジョノメシハウマイガラナ、オデハナンデモイケル」

?「ウォー……」

唯「んー?」

?「オオ、オォーーー!!」ガシャンガシャン

唯「ぎゃー! なんか変なのこっち来てるよー!?」

(0M0;)「ヤツハ…!」

(0w0;)「トライアル!?」

トライアルE「オオオ……!!」ズドォンッ

唯「!」

(#0w0)(# 0M0)「ヘシンッ!」ターンアップ

シュ~…

(;0w0)「カ、カンイッパドゥダッタ…ユイヂャンダイヂョルムカ?」

唯「う、うん」

( 0M0)「トライアルマデデテクルトハナ! ケンジャキ、イクゾ」

( 0w0)「ハイ!」

トラE「……」ズドォン、ズドォン

( 0w0)<コレデドゥダ  メタル

キィン、キィン

(#0M0)<ウワアアアアアアア!! ビシバシッ

(#0M0)「ユイ! ヨグミデオケ! コレガライダードタダガイダ!」

唯「はい、師匠ー!」

トラE「フングッ」バキッ

(;0M(.⊂ <ウワアアアアアアアア!?

唯「し、ししょー!!」

ガシボカガシボカ

(.;;0M)、;'.・<ウ、グッ、ハ……!

(;0w0)「ダディャーナザン!! ウェーーーイッ!」ブンッ

トラE「!?」ヨロ…

唯「だ、ダディ師匠ー!! 大丈夫!?」

(;;;0M)「 」

唯「ケンジャキくん! ダディさんがなんかやば気だよ~!」

トラE「……」タタタ

(;0w0)「ウェ!? マ、マデッ……グッ」

(0w0;)「ダディャーナザン! ダディャーナザァン! ジッカディジデグリ!」

唯「と、とりあえず怪人逃げちゃったし、ウチに運ぼうよっ」


平沢家

唯「ダディさぁん……」

憂「とりあえず包帯巻きますね」

(0w0;)「アイヅ、ダディャーナザンノルゴギヲヨヴヨルルタディバワッデイタ…」

(;;;0M)「ヤヅハ…オデノザイボウヲツカッデツクラレタトライアルダカラナ…」

(;;;0M)「オゾラグ、オレノコウゲキパターンガテニトルヨウニワガルンダロウ…」

(0w0 )「ゾレナラ、オリガャヅヲタオスバディディス!」

(;;;0M)「アア…」

唯「ダディ師匠ー……」

(;;;0M)「ズマナイユイ。アンナコトヲイッテオイテゴノザマトハ…」

唯「そんなことどうでもいいんだよぉ~! 師匠が死ななくてほんとよかったぁ……」

(0w0;)「コレハハヂメドムヅキニモシラセナクチャナ…!」

唯「あ、電話。りっちゃんから? もしもし――――」


中野家

梓「ムッコロさん、今日は帰り遅いなぁ」

梓「ちょっと探しに行こっか、心配だし……」

?「その必要はないよ」

梓「! あなた、誰……ですか」

?「ジョーカーって面白いからさぁ。僕としては思いっきり暴れてほしいんだよね」

梓「本当に誰……?」

キング「キングって名乗っておこうか。ジョーカーに好かれた人間くん」

梓「は?」

キング「別にバトルファイトに興味ないんだけど、ほら」

キング「色々めちゃくちゃにしたくてさぁ……!」ギュゴゴ…ガシッ

梓「ひっ!?」

キング「そういうことだから君を使わせてもらおうと思ってね」

梓(怪人……!!)

ドタバタ、ガチャリ!

(;;<::V::>)「ハァハァ……!」

梓「ムッコロさん!」

(;<::V::>)「アヅサチャン!」

キング「随分と立ちあがりが早いね、ジョーカー。もっとへばっていると思っていたよ」

(#<::V::>)<キサマァァァァァァァッッッ!! ブンッ

キング「全然、痛くない」キンッ

(;;<::V::>)「ッ…!」

梓「ムッコロさん助け……!」

キング「じゃあね、こいつを返してほしければ、1人で僕のもとに来るんだ」

シュッ

(;;<::V::>)「……」



(#<::V::>) プッツン


5
最終更新:2011年06月23日 01:04