和「唯。あなたはよくやってるわ」

助手「そうですよ。博士のおかげですくわれた命だって数えきれないほどなんですから」

唯「うん……ありがと」

さわ子「ね、ねぇ唯ちゃん……」

唯「? あ、そうだ。わかってくれた? あずにゃんって可愛いでしょ?」

唯「ほんと寝顔は天使だよー。ねー?」ナデナデ

梓「zzz」

さわ子「あのっ! 私っ! なにしにここにきたんだっけ?」

唯「えっ」

さわ子「あらやだ。もうボケたのかしらまだ三十代だってのにあはは」

和「先生?」

さわ子「なにもなかった。私はなにもなかった。いいわね?」

助手「山中さん……」

さわ子「だからその、ね? その子、大丈夫……よね?」

唯「……さわちゃん……先生……」

和「……管理局への対処願いを撤回、するということですか?」

さわ子「最初からなにもなかった! そういうこと!」

助手「でも山中さん、あなたの傷はたしかに」

さわ子「んもう! これ以上しらないわよ! ああこれ? 転んだの転んだだけ!」

唯「さわちゃん……さわちゃん」

さわ子「……これで、良かったのよね?」

唯「……この子は、幸せにします」

唯「もう決して誰も噛まないように……笑顔で暮らせるように」

さわ子「だから私は噛まれてませーん、うふふ」

唯「こういうのもなんだけど、さわちゃんで良かった……きっとさわちゃんがいなかったら、代わりに他の人を……」

さわ子「ふふ……ほら、もう帰っていい? 教師の休みは貴重なの」

唯「はい……ありがと、ほんとにありがとうさわ子先生」

さわ子「いい顔になったわ。唯ちゃん、かっこいい」

さわ子「オープンしたら遊びにいくからね。その子、抱かせてね。ちゃんとしつけとくのよ?」

唯「……はい! 待ってます! 絶対きてね!!」

和「よかったわね。上に話が行く前で」

唯「ほぉ~~」グッタリ

助手「大丈夫ですか」

唯「いや、なんか力抜けちゃって……」

和「そりゃそうよね。この件は一応パークの存亡にも関わってたし」

唯「助かった……和ちゃん、ぎりぎりまで話止めておいてくれてありがと」

和「どういたしまして」

唯「よかったねぇあずにゃん」

梓「zzzz」

和「その子はどうするの?」

唯「そりゃあねぇ。ウチで引き取る以外、局は納得してくれないでしょ?」

和「そうね、また賑やかになるわね」

唯「この子ちびにゃんと同じくらいかなー。仲良くなれたらいいねー」ツンツン

梓「にゃむ? ……zzz」

唯「うふふ」


……


唯「というわけで! 今日からまた新しい仲間が増えましたー!」

唯「オープンまであとちょっと! みんながんばろうね!」

梓達「おー!」

オタ「ドゥフフフフwww可愛いですなwww」

エロ「この子なんて名前なんです?」

唯「うーん、うーん?」

レズ「あー、ちびにゃん二号とかどうです?」

唯「えー。それは変だよー」

クズ「ゴミにゃんなんていいんじゃないです? デスデスデスwww」

唯「ひどいなー。とってもいい子だよ?」

唯「あ、そうだ! さわちゃんにつけてもらおっと!」

梓「結局なにかあったんですか?」

憂「心配してたんだよー?」

唯「んーん。全然なんにも! この子を引き取りに行っただけかな」

ちび「あうー?」

唯「ほらちびにゃん! ちびにゃんのお友達だよー?」

ちび「ウレシイデス!」

唯「よしよし」

エロ「さて園長」ガシッ

レズ「待ってました」ガシッ

シコ「にゃふふ」ガシッ

唯「ほえ!?」

エロ「今日は、私たちと一緒に寝る日ですよー?」

唯「えええ! 嘘! 嘘だよ!!」

レズ「そこのローテーション表みてくださいよ!」

唯「ひっ! あうあうあうあう……なんでこんなことに」

梓「ずいぶん愛されてますね」プイッ

唯「あーん、あずにゃん怒らないでー」

梓「今夜はお楽しみですねー」

唯「えーん、なんとかしてよぉ」

憂「お姉ちゃんってほんとアズニャンからモテモテだね」

梓「なんででしょうね? こんなぐだーっとした人なのに」

憂「ときどき、かっこいいからじゃないかな!」

梓「そう? まぁ、壇上で論文読んでる時は、ちょっとかっこいいかな?」

憂「うふふ」


唯「ねーあずにゃんもいっしょにきてよー」

梓「はいはい。私はこの子たちのリーダーですからね。リーダー権限発動です」

エロ「チッ」

レズ「邪魔だてを……」

梓「……はいもう寝るよー」



ベッド


唯「……」

エロ「にゃむにゃむ……唯えんちょ……」

レズ「んちゅ、ちゅ……」

シコ「狭……くるひ……うっ」ビクンビクン


唯「……」ソローリソローリ

梓「どこいくんですか?」

唯「あ、うん。ちょっと夜風にあたりに」

唯「あと今日きたアズニャンの様子も見に行こうかなって」

梓「私もいきます」

唯「いいよー寝ててー」

梓「一人でがんばりすぎですよ」

唯「そっかなー。でも大好きなみんなのためだもん。無限に力が湧いてくるよ」

梓「唯がたくさん想ってくれるから。私たちも信じてついていけるんです。ありがとうございます」

唯「私、あずにゃんに出会えてよかったな」

梓「そのあずにゃんはどっちのあずにゃんですか?」

唯「梓!」ビシッ

梓「指ささないでください」

唯「最初にあずにゃんに出会ったから、いまの私があるんだよ」

梓「なんだか照れますね」

唯「これからもよろしくね」

梓「いまさらです。もう何年の付き合いだとおもってるんですか」

唯「えへへ、だね。いまさらか、ごめんごめん」

梓「辛くなったらいつでも言ってくださいね。なんでも聞きますよ」

唯「うん! ありがと!」

梓「私たちも唯に出会えて、拾ってもらえて、幸せなんです。これ以上ないってくらいに」

梓「恩返し、たくさんしたいです」

唯「ほふぅ……もっともっと世の中に幸せなアズニャンが増えたらいいな……」

梓「優しいんですね。唯は」



そして……


唯「遂にこの時が……緊張するね……」

梓「ですね……」

憂「偉い人もいっぱいきてるんだよ……みんな大丈夫かな」

唯「初日が肝心……初日が……客入り……評判……あわわわ」

梓「足ふるえてます」


和「みなさん長らくおまたせしました。テープカットの時間です」

唯「えー、ごほん。 ……こんにちは! 当園の園長をつとめている平沢唯です!」

唯「本日は遠いとこからのご来園、誠にありがとうございます」

唯「可愛いアズニャンたちが皆様をお出迎えいたします。それでは! たくさん楽しんでってくださいね!」


唯「桜が丘にゃんにゃんパークへようこそ!」

チョキン


おしまい。






最終更新:2011年07月29日 12:26