夏「唯先輩ファイトー」

唯「よぉし」フンス!

姫子「唯、頑張れー」

唯「みんなの期待をこのボールに託したよ!」グッ

梓「大げさですよ」

テッテッテ

唯「とりゃっ」シュッ

ゴロゴロゴロゴロ

美冬「いいんじゃない?」

ガコーン!

唯「おぉ」

梓「8本です」

唯「やったよ!」ブイッ

エリ「・・・みんな上手だね」

アカネ「・・・うん」

いちご「・・・大丈夫」

憂「はい、頑張ります」グッ

冬「が、頑張って憂さん!」

テッテッテ

憂「・・・っ」シュッ

ゴロゴロゴロゴロ

ガコーン!

唯「なんとっ!」

冬「ストライク!」

いちご「・・・スペア」

冬「スペア!」

英子「やった!」

憂「いちごさんのアドバイスのおかげです」スッ

紬「・・・」ニコニコ

パァン

冬「すごいっ」スッ

憂「ありがと~」パァン


律「アドバイスだけでああも上手くいくもんか・・・?」

春子「・・・私もいちごに教えてもらった口だから」

律「え?」

唯「負けてらんないよ!」フンスッ!

憂「あ、お姉ちゃん!肩の力を」

テッテッテ

唯「それっー!」シュッ

ガタン

唯梓「「 あ・・・ 」」

澪「・・・うちのチームが少し負けているかな」

アカネ「そうなの?」

澪「憂ちゃんのスペアで差ができた・・・」

エリ「う・・・重圧が」

唯「うぅ・・・ハイタッチしたかったのにぃ・・・」ションボリ

紬「・・・!」スッ

唯「ありがと~」パァン

梓「なんのハイタッチですか」

春子「次は私か」

いちご「どうする?」

春子「今回は一発勝負だな」

いちご「・・・うん」

潮「詳しく」

春子「ストライク出したほうが勝ち」グッ

律「へ?」

テッテッテ

春子「・・・っ!」ブンッ

ゴロゴロゴロゴロ

冬「勢いが・・・」

紬「・・・」コクリ

ガッコーン!

律「ピンが吹っ飛ばされたぞ」

澪「・・・迫力だ」

春子「一本残ったかー」

夏「すご・・・」

エリ「今のうちに投げちゃおう」グッ

三花「エリー頑張れー!」

エリ「注目集めないで・・・!」

唯「ファイトー!」

エリ「・・・!」

トテトテ

エリ「・・・えい」シュッ

ゴロゴロゴロ

梓「・・・あ」

ガタン

エリ「うぅ・・・」

澪「ど、どんまい!」

エリ「はぅ・・・」ズドーン

律「追い討ちすんなよなー」

テッテッテ

春子「・・・」シュッ

ゴロゴロゴロゴロ

カコーン!

風子「ピンがかわいそうにも見える」

冬「スペア!」スッ

春子「ありがと」パァン

紬「・・・」ニコニコ

エリ「どうしよ・・・」オロオロ

アカネ「いちごさん・・・こっちにもアドバイスを・・・」

いちご「敵に塩を送るのは、いや」

エリ「・・・」ズドーン

律「シビアだ・・・」

姫子「さっき駅前で披露してたのは?」

エリ「遊びだから・・・」

姫子「そ、そうなんだ・・・」

エリ「どうしよう、アカネ・・・」

アカネ「このゲームだって遊びみたいなものだから」

律「されど遊びだぜー」

エリ「うぅ・・・」

澪「勝っていると強気なんだよな」

美冬「エリさん、アカネさんちょっと来て」

エリアカネ「「 ? 」」

美冬「さっき、いちごさんが憂ちゃんにアドバイスしている時探っていたんだけど」

唯「スパイだね」

美冬「・・・うん。あのレーンの中央にある印みて。指指さないでね」

梓「ありますね」

美冬「・・・あれをいちごさんは指していたんだと思う」

ちか「という事はどういう事?」

美冬「あの印の上を通るように投げればいいんじゃないかな」

エリ「な、なるほどっ」

美冬「他にもなにか言っていたけど、聞き取れなかった」

アカネ「私も次やってみる」

美冬「うん」

エリ「よぉし!」グッ

律「ガンバレー」

バシッ

律「いたっ!?」

澪「うるさいぞ」

律「応援しましたよ!?」

澪「冷やかし入っていただろ」

律「ばれたか」

冬「クスクス」

テッテッテ

エリ「・・・っ」シュッ

ゴロゴロゴロ

唯「いいですよ!」

ガコーン!

エリ「やった!」

梓「8本ですね」

エリ「やった、美冬さん!」スッ

パァン

美冬「さすが運動部ね」

潮「うちの秘密兵器発進!」

いちご「・・・」スチャッ

冬「それ、なんですか?」

いちご「グローブ」

紬「・・・!」

律「マジかよ・・・」

春子「マジなんだよ」

いちご「・・・」グッ

澪「プロの雰囲気だな・・・」

テッテッテ

いちご「・・・」シュッ

ゴロゴロ

律「あらー、ガーターだよ」

春子「カーブだよ」

いちご「・・・」クルッ

スタスタ

律「いやいや、まだピン倒れてねーし」

風子「・・・倒れる所みないの?」

ゴロゴロ

いちご「・・・」グッ

英子「ガッツポーズ・・・」

ガコーン!

律澪唯梓「「「「 えぇーッ!? 」」」」

紬「!」

冬「す、ストラーイク!」

姫子「野球じゃないんだから」

夏「ブフッ」

春子「また負けた・・・けど、その演出はなに?」

いちご「少し燃えてたから嬉しかった・・・」

憂「かっこよかったです」キラキラ

いちご「・・・」カァァ

春子「照れてんのか」

アカネ「注目が逸れている今のうちに」グッ

テッテッテ

アカネ「・・・っ」シュッ

ゴロゴロゴロゴロ

ガコーン!

アカネ「あ・・・やった、ストライク!」グッ

律「すっげえな、いちご!」

澪「かっこよかったよいちご!」

梓「ですよいちご先輩!」

風子「投げてすぐ振り返ってくるから、ビックリしたよいちごちゃん!」

ちか「びっくりだよね!」

三花「すぐ取れるって分かったのいちごさん!?」

いちご「・・・う、うん」

美冬「ボウリングが趣味なのいちごさん!?」

いちご「趣味というより・・・」タジタジ

冬「そのグローブをつけると上手になるんですか!?」

姫子「腕次第だと思うよ」

夏「・・・」プクク

英子「かっこよかったぁ・・・」ウットリ

唯「ガッツポーズの直後に全部倒れたもんね!」

エリ「すごかった!」

憂「はい!」

紬「・・・」コクコク

いちご「・・・」カァア

潮「!」ピコン

春子「お菓子でいいでしょ、みんなの分買ってきてもいいよ?」

いちご「・・・今日は無しでいいよ。楽しいから」

春子「おっけ」

アカネ「・・・」ポツーン

紬「・・・?」

アカネ「私もね・・・取ったんだよ・・・ストライク」

紬「!」

アカネ「あはは・・・」

紬「・・・!」スッ

アカネ「ありがと」

パァン

夏「あ、アカネ先輩も取ってますよ!」

唯「おぉ!」

澪「ナイスだアカネ」スッ

梓「すごいです!」スッ

アカネ「ありがとっ」

パンッパァン

潮「さて・・・、私の実力をみせてやろうかな」グッ

律「お、なんか雰囲気作ってるな!」

テッテッテ

潮「・・・っ」シュッ

ゴロゴロ

潮「・・・」クルッ

スタスタ

冬「ま、まさか・・・!?」

律「潮にもできるのか!?」

ゴロゴロ

潮「・・・」グッ

ガタン

夏「グフッ」

梓「外れましたね」

冬「ふふっ」

律「こら・・・」

潮「フッ・・・」ストッ

律「余裕かまして座ってんじゃねえ!ガーターだぞっ!」

潮「うそっ!?」

唯「ほんとだよ~」

澪「なにを疑っているんだ・・・」

夏冬「「 あっはっは! 」」

紬姫子「「 ! 」」

ちか「あはははっ!」

梓「美冬先輩ファイトです!」

美冬「うん・・・」グッ

テッテッテ

美冬「えいっ」シュッ

ゴロゴロゴロ

ガコーン!

美冬「7本か・・・。勢いに乗りたかったな~」

梓「スプリットですね・・・。スペアは難しそうです」

美冬「少しでも点数取れるよう手堅く行こうかな」

潮「・・・」グッ

テッテッテ

潮「それっ!」シュッ

ゴロゴロゴロゴロ

潮「・・・頼む・・・律よりは倒したい・・・!」

律「今度はちゃんと見守るんだな」

ガコーン!

潮「6本か・・・上出来上出来」ホッ

美冬「スペア取れたら面白い展開になりそうなんだけど・・・」

梓「会議です!」

澪「よし、どうすればいいんだ?」

夏「分かりません!」

唯「スパイしてくるよ」

スススッ

姫子「待って唯」

唯「ん?」

姫子「こうやって」チョチョイノチョイ

夏「憂だ!」

憂?「行ってくるよ」キラン

冬「・・・っ」プクク

憂「お姉ちゃん・・・」

憂?「いちご先輩、あの配置を全部倒すのにはどうすればいいの?」

いちご「・・・右端のピンを右から当てるといいけど、難易度高いよ」

憂?「ありがとうございます!」ペコリ

テッテッテ

春子「塩送るんだ?」

いちご「負けても楽しめればいいかな・・・って」

憂「そうですよね」

紬「・・・」ニコニコ

憂?「バッチリ聞いてきたよ」

姫子「おつかれさま」バサッ

唯「いえいえ」

夏「潜入作戦バッチリでしたね!」

唯「いちごちゃんとうい仲よいからね」フフフ

澪「よいのか・・・」

美冬「あの・・・それで、どうすればいいの?」

唯「右端のピンを右側から当てればよいって」

エリ「じゃあさ、ここの位置からまっすぐに転がせていけばいいんだ?」

梓「そうですね」

アカネ「少しでも右にズレたらガーターだよ」

美冬「ここはもう賭けだよね・・・」

ちか「面白いっ!やろう!」

唯「うんうん」

澪「勝とう!」

夏唯エリ「「「 おぉー! 」」」

美冬「よぉし」


52
最終更新:2011年10月04日 22:54