夏「一緒に見ていた空を思い出したんです・・・」

紬「・・・」

夏「・・・この空は・・・『北海道に繋がっているね』・・・って」

紬「・・・!」

夏「・・・約束を果たさなきゃいけないのに・・・・・・」

紬「・・・」

ギュ

夏「?」

紬「・・・」スラスラ

夏「お昼ですか?」

紬「・・・」コクリ

夏「は、はい・・・」


唯「おはよーあずにゃん!」

梓「おはようございます。むぎせんぱいは?」

律「あれー、スルーされたかなー?」

澪「・・・夏とくるんじゃないかな」

梓「夏と・・・?」

憂「純ちゃんは?」

梓「さ、さぁ・・・」

憂「なにかあったの?」

梓「ぴぃ~ぷぅ~」

唯「ぷぅ~ぴぃ~」

律「おはよーアキヨ!」

アキヨ「・・・おはよ」

スタスタ

「みんな入らないの?」

澪「むぎを待っているんだ」

「私も待ってよっと」

和「私は先に教室に入ってるから」

スタスタ

純「・・・マイペースです」

憂「おはよ~」

純「おはよう」

梓「・・・」ギクシャク

律(ケンカにでもなったか・・・)

澪「来たか」

梓「!」

夏「一匹狼というより一匹虎ですよね~、ネコ科だし」

紬「・・・」ニコニコ

夏「今日から合同で作業するじゃないですか?だからみんなビックリしますよきっと」

紬「・・・」ニコニコ

夏「私も最初ビックリしましたけど、でも慣れたら面白いですよね」プクク

紬「・・・」ニコニコ

夏「いっつもすました顔してるから・・・あ」

梓「おはようございます。むぎせんぱい・・・」

紬「・・・」ニコニコ

夏「おはよ~梓」

梓「・・・」フンッ

スタスタ

夏「えぇー・・・」

憂「・・・」

純「・・・」

紬「・・・」フリフリ

「おはよう紬さん」

律「それじゃ今日もガンバロー」

澪「・・・おー」

「いつも紬さんの周りは賑やかだねー」

紬「・・・」ニコニコ

「・・・楽しそう」

唯「圭子ちゃんも騒がしくすればいいんだよ」

律「意味分かんねえー」

圭子「・・・」

夏「梓の今のリアクションってなに・・・?」

憂純「「 さぁ・・・? 」」


―――――お昼

姫子「中庭に行かないの?」

和「えぇ、行かないわよ。そっちは?」

姫子「行かないよ。・・・楽しそうだけど」

圭子「楽しいの?」

和「さぁ・・・。騒がしいのは確実だけど」モグモグ

圭子「・・・うーん・・・興味ある」

風子「行ってきたらいいよ」

圭子「誰か一緒に行かない?」

英子「それじゃ、お昼ご飯食べ終わったら行きましょうか」

圭子「ありがとー」

姫子「・・・和」

和「どうしたの?」

姫子「むぎの・・・出発の日って決まってるの?」

和「えぇ・・・。決まっているわよ」

風子「そうなの!?」

姫子「いつ?」

和「学園祭の次の―――」



―――――中庭


唯「28日」

澪「来週・・・か・・・」

律「一ヶ月って早いな・・・」

梓「・・・」

律「一週間はもっと早い・・・」

澪「一日はもっと短いぞ」

唯「・・・そだね」

梓「・・・」

澪「・・・」

圭子「本当だ、楽しそう」

英子「みんなどうしてここにいるの?」

唯「ちょっと考え事を~」

律「よし、行くかー」

澪「律、タッグ組もうよ」

律「いいぜー、むぎ夏ペアに勝てるのは私たちしかいない!」

唯「ふふ、次は私とあずにゃんチームで挑むんだよりっちゃん」

梓「・・・私はパスです」

唯「なんと」

圭子「はい、じゃ私が!」

唯「いいでしょう」フフン

律「じゃ、私らが対決して勝った方が挑むってのはどうだ?」

唯「分かったよ」

圭子「バトミントンなんて久しぶりだなぁ・・・。ダブルスなんてやったのいつ以来だろ」

紬「・・・」ポン

シュー

多恵「・・・」ポン

シュー

夏「・・・そーれ」ポン

シュー

未知子「・・・」ポン

澪「和やかだ・・・」

梓「英子先輩・・・ふぅ先輩は来ないんですか?」

英子「うん。・・・後で部室に行きたいって、いいかな?」

梓「・・・はい」

律「なんでだ?」

梓「昨日の話の続きを・・・」



―――――廊下


夏香「しないの?」

風子「・・・どう話をしたらいいか、纏まらなくて」

夏香「難しい所だね」

いちご「・・・どうしたの?」

風子「いちごちゃんに聞きたいんだけど・・・」

夏香「待って」

いちご「?」

風子「一緒にキャンプに行ったから大丈夫だよ?」

夏香「知ってるけど、これは風子が考えなくちゃいけないと思う」

風子「私なりに結論は見えてるよ。話すか、話さないか、ウソをついて誤魔化すか」

夏香「・・・」

風子「私は意見を聞きたい」

夏香「・・・うん・・・。でもね、それは多数で結論を見つけ出す事にならない?」

風子「・・・」

夏香「人に聞けば正しい答えに辿りつけると思うけど、それは彼女が抱えているものを
   軽く扱ってしまいかねないよ?」

風子「・・・それは」

いちご「・・・」

夏香「ごめんね、いちごさん・・・。変な話しちゃって・・・」

いちご「・・・彼女って・・・?」

姫子「・・・英子の隣に居る子だよね」

和「・・・梓?」

風子「・・・・・・うん」

姫子「ふふっ、楽しそうにバトミントンなんかしちゃって」

いちご「・・・姫子は知ってるの?」

姫子「知ってるような、知らないような・・・。未知子って運動神経いいんだね」

和「・・・えぇ」

いちご「・・・どっちなの?」

姫子「え?」

いちご「知ってるの、知らないの?」

姫子「・・・・・・昨日、冬とケンカした事だよね、風子?」

風子「う、うん・・・」

姫子「じゃ、知ってる・・・。あ、負けちゃった」

夏香「・・・」

和「・・・面白い対戦になってるわね」

姫子「やっぱり唯を応援する?」

和「勝つほうを応援するわ」

姫子「それはずるいよ。澪と律のコンビに勝てるかどうか」

いちご「・・・私に聞くことって無いよね?」

風子「ご、ごめんね・・・」

いちご「・・・いい。けど、知る事で視野が広がる事だってあると思う」

姫子「それは私に言ってるのかな」

夏香「違うよ。私に言った―」

いちご「そう聞こえたんだ」

姫子「・・・」

いちご「心当たりある?」

姫子「まぁね・・・。私は知る事で動けなくなる事が怖いんだけど」

いちご「・・・」

風子「・・・」

姫子「判断が難しい・・・」

いちご「・・・人の意見を尊重したら?」

姫子「・・・時と場合によるでしょ」

いちご「知らないことで動けなくなったら本末転倒」

姫子「・・・」

いちご「自分を計り損ねているだけ」

姫子「・・・」

いちご「それを人に押し付けるのはどうかな」

姫子「どうしたの、やけに突っ掛るね」

いちご「・・・」

姫子「風子、私は夏香の意見に賛成だから。人に聞くことじゃないよ」

風子「う、うん・・・」

いちご「人と一緒に考えることの選択を遮るんだ」

姫子「時と場合によるって言ったよね・・・」

いちご「悪いけど、触りだけでいいから教えてくれる?」

風子「・・・」

夏香「・・・」

姫子「梓と波長の合わない人がいて、その人の過去を梓は知らないから
   それでいいのかって話」

いちご「・・・その過去って」

姫子「うん・・・。ご両親と相棒さんの事」

いちご「・・・」

姫子「ごめん、話しちゃった」

風子「・・・うん」

夏香「・・・」

いちご「・・・聞かなかったことにする」

姫子「フェアだねぇ・・・」

いちご「・・・それでも、他の人の意見は聞くべき」

姫子「・・・逆なんだよ」

いちご「逆・・・?」

姫子「難しい話だから一歩下がって見守りましょうって話じゃないよ
   梓が遠回りしてでも、自分で辿り着かなきゃいけないことだと思う」

いちご「・・・遠回させてるだけ」

姫子「私はそれも必要だと思う」

いちご「時間が無い」

姫子「急いては事を仕損じるって言葉があるでしょ」

いちご「これは仕事や義務なんかじゃない。苦労する必要も無い」

姫子「山の頂上をみて登山するの?足元の花はどうでもいいの?」

いちご「論点がズレてる」

姫子「ズレてないよ。近道することで足元の花を見過ごす事の方が多いんだから」

いちご「どうして登山の話になってるの?」

姫子「ケーブルカーで行くより自分の足で登ったほうが心に残る
   梓にはそっちを選んで欲しいから・・・。例えが下手なのは流して」

いちご「それは梓が決める事。押し付けていい選択ではない」

姫子「そうじゃないと夏と冬の距離が縮まらない」

いちご「・・・それが本音?」

姫子「・・・どうだろ。・・・よくわからない」

いちご「・・・無責任」

姫子「簡単に答えを見つけていい問題ではないと思ってる」

夏香「・・・」

風子「・・・」

いちご「・・・そう、じゃ」

スタスタ

和「唯と圭子ペアが負けたわよ」

姫子「・・・予想を裏切らないね」

風子「ちゃんと話してくる・・・」

夏香「風子」

風子「分かってる・・・。私自身で考えて梓ちゃんに話してみるよ」

スタスタ

姫子「律と澪が相手か・・・。どっちを応援する?」

和「勝つほうね」

姫子「ずるいって」

和「珍しいわね、感情を高ぶらせるなんて」

姫子「どうしたんだろうね、いちごは」

和「姫子も少しムキになってたわ」

姫子「そんな事ないよ」

和「自分を客観的に見られないのね」

姫子「和に言われたくない・・・」ハァ

和「?」

夏香「・・・」

和「しっかり風子に意見を伝えてしまったわよ」

姫子「・・・うん。梓は冬が入院して危険な状態になったことを知らない。だから夏と対等に言い合える
   それと似たような事なんだけど・・・難しいね・・・」

夏香「・・・いちごさんの意見も聞いて考えると思うよ」

姫子「それなら・・・いいのかな・・・」

和「どうかしらね」

姫子「・・・」

和「それで、本音は?」

夏香「聞くんだ・・・」

姫子「・・・知らないままでいたほうが冬と夏を引っ張ってくれるような気がする。・・・他力本願だよね」



―――――教室


風子「相馬さんの過去を知ると、梓ちゃんは夏ちゃんと冬ちゃんを置いて先に進んでしまうって事かな」

いちご「・・・どうして?」

風子「知ると知らないでは、その人の見方って結構変わるよね」

いちご「・・・」

風子「私もさっきの姫ちゃんとのやりとりで、いちごちゃんが優しいって」

いちご「話がズレてる」

風子「・・・はい」

いちご「・・・」

風子「よくない先入観を持っているけど、そのおかげで少しずつ学んでいけてると思う」

いちご「・・・」

風子「遠回りだけど、辛い道だけど・・・。この道のほうが確実だと思う」

いちご「・・・それじゃ、どうして迷ってるの?」

風子「・・・うん」

いちご「話を聞く限りでは・・・」

風子「・・・うん。人を知らないで嫌いになるのは寂しいよ」

いちご「・・・」

風子「・・・」

いちご「・・・もう会わない人なのに?」

風子「卒業した後に、いちごちゃんに嫌われるのって私は悲しい」

いちご「・・・」

風子「・・・」

いちご「そ、それで?」

風子「意見を貰おうと思って」

いちご「止められたよね」

風子「・・・姫ちゃんの意見も聞いたから、いちごちゃんの意見も聞いて、私が決めれば問題ないと思う
   それに、反対にある意見だから多数で結論を見つけ出すことにはならないよ」

いちご「・・・」

風子「どうぞ」メモメモ

いちご「・・・ふざけるなら」

風子「・・・」サッ

いちご「・・・取り返しのつかないことになるのが嫌なだけ。近道でも答えを必ず見つけたい」

風子「・・・」

いちご「・・・」

風子「そっか・・・。ありがと・・・・・・」

いちご「・・・」

風子「・・・どうして突っ掛ったの?」

いちご「・・・・・・・・・姫子のやり方が納得できない」


75
最終更新:2011年10月04日 23:41